スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    127時間
    0
       
      週末、主人公がルンルン気分で遊びにいくあたり・・・
      まるで自分にそっくりな状況でした!
      あの超ーうれしそうな雰囲気、わかるなー!!

      が!!!

      あんな狭いところ、しかも人っ子一人いないあんな渓谷に・・・
      腕が岩に挟まって身動きとれないって・・・

      絶望的すぎるー!!

      しかし、ここからが見てる側からしたら心理的に面白かったです。
      たしかに苦痛なシーンもあったけど、
      岩に挟まれたシーンだけで、アーロンの生い立ちからして理解できる構造が飽きさせなかった。

      そして最後には・・・腕を・・・
      いっきにオノとかでばっさりやってくれればまだしも、
      ナイフでちまちまと・・・
      いや〜さすがに画面直視できなかったわ

      よく気絶しなかった!と思いながらも、
      ラスト必死で生き延びていく姿に不思議と爽やかなものを感じました。


      2012/10/7 WOWOWにて録画鑑賞
      「英数字」の作品 | comments(0) | trackbacks(1)
      entry_bottom
      2番目のキス
      0
        2番目のキス
        2番目のキス
        野球もそうだけど、どんなスポーツでも熱狂的なファンってある意味怖いよなぁたらーっ わたしがドリューだったら完璧にひいちゃってました。お互いに自分の趣味を理解してもらうのは大切なこだとおもうけど、その限度を超えちゃってましたねひやひや
        実際こんな人とつきあったら、疲れちゃうとおもう。

        でも映画としては楽しめました。レッドソックスの試合のチケットを割りあてるシーンとか。客席でのみんなの会話とか。大の大人なのにみんな真剣で〜〜。でもボールが直撃ってのだけはかんべんしてほしいなぁたらーっ

        2007/9/16 WOWOWにて録画鑑賞
        「英数字」の作品 | comments(0) | trackbacks(4)
        entry_bottom
        50回目のファースト・キス
        0
          50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
          50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
          どの作品でもそうだけど、ドリュー・バリモアの笑顔がとってもキュートハート大小
          アダム・サンドラーがドリューの相手だし、水族館での笑いネタが多かったので、最初はコメディーだとおもってました。ところが・・・交通事故にあって記憶が1日しかもたない、ってわかってからちょっと見方がかわりました。
          だんだんとあま〜いムードになって結婚の話までしたのに・・・翌日忘れているって〜悲しい 自分だったらへこみます。あきらめます汗
          アダム・サンドラーだったから涙ぐましい努力ってのはかんじなかったけど、でも気持ちはよ〜く彼女に伝わったはずだよ。
          ある朝目覚めたら・・・船の上だった!!ってわかったときにはうっポロリときちゃった。
          1日で記憶がなくなるのは嫌だけど、毎日がファースト・キス&新婚気分ってのもなんだかわるくないよなぁ〜。

          2006/8/27 WOWOWにて録画鑑賞
          「英数字」の作品 | comments(4) | trackbacks(8)
          entry_bottom
          13ウォーリアーズ
          0
            前々からちょっと気になっていたアントニオ・バンデラスの「13ウォーリアーズ」を見ました。


            老婆の巫女さんが出てきて魔物退治〜ってストーリーだとは思ってもいませんでした汗でも私は案外こーいう意外な!?展開は好きだたりするのですが・・・(意外な展開というよりは魔物退治が好きだったのよ!楽しい)洞窟の中での戦闘シーンとか、脱出するシーンとかけっこう私好みなのよ。


            アントニオ・バンデラスは目のあたりが若い頃のラッセル・クロウに似ていたと思ったのだけど・・・そう思った人、いませんか〜?


            そうだ!ラッセル・クロウといったら、先日「シンデレラマン」の予告を見たのだけども・・・またふざけた邦題をつけやがった!!怒りと思ったらどうやら原題も「シンデレラマン」らしい?!そういえば、「シンデレラ」物語は外国だったものなぁ〜汗


            2005/6/5 AXNにて鑑賞
            「英数字」の作品 | comments(0) | trackbacks(0)
            entry_bottom
            S.W.A.T.
            0
              基本的に私って、派手なドンパチものやっぱり好きだわぁ〜、と感じた作品。公開されたときはあまり世間の評判よくなかったけども、私はけっこう好きだった。DVDこそ買わなかったけど、今日またWOWOWでリアルタイムで見ちゃいました。


              S.W.A.Tにかきらずネイビーシールズとか、とにかく特殊部隊が活躍する映画って、ついつい見入ってしまう。拳銃をかまえるしぐさとか、きびきびした行動とか、任務を遂行してバンバン派手に打ちまくっている映像を見ているだけで気持ちがいい。(そんな私って、危ないなぁ〜〜!)


              WOWOWで「S.W.A.T」が放送される前に、やはりコリン・ファレル出演の「デアデビル」をちらっと見たのだけども、あちらのコリンは坊主頭の悪役。坊主頭よりもSWAT隊員の役のほうがりりしくて好き。(笑)


              上司となるサミュエル・L・ジャクソンの運転手をしながら、SWATに誘ってもらうまでのじれったさがちょっとよかったりして(苦笑)あとやっぱり拳銃をかまえている姿も。


              それと一番いい味だしていたのが「バイオハザード」でもそうだったけどもミシェル・ロドリゲス。彼女、カッコいい〜!母親役ってことで最後のほうでチラッと子供の写真が見れたけども、案外似ていましたねぇ〜(笑)


              とにかく麻薬王の護送云々〜といったストーリーよりも、私は冒頭の立てこもり強盗の鎮圧シーンとか、SWATの訓練シーンとかが何よりも好きなのでしたぁ〜。(笑)


              2003/アメリカ
              監督:クラーク・ジョンソン
              出演:サミュエル・L・ジャクソン
                 コリン・ファレル
                 ミシェル・ロドリゲス
                 

              2005/1/9 WOWOWにて鑑賞
              「英数字」の作品 | comments(2) | trackbacks(0)
              entry_bottom
              MOON CHILD
              0
                たんなる若者の青春映画・・・だと思ったのだけど、WOWOWのガイドブックを見ていたら、“アクション満載!”という言葉につられて裏番組の『砂の器』をすっかり忘れて見てしまいました。

                西暦2014年、日本は経済崩壊して人々が移民となって諸外国へ流出した・・・という凄い設定だった(汗) なんか近未来でほんとに日本経済が崩壊してありそうな話(^^;〜〜

                ストリートチルドレンだった若者たちのストーリーだっただけに、バンバン撃ちまくって弾除けなんかマトリックスばりで見ていて案外楽しんじゃった(笑)

                でも、心のどこかで凄く切なさを感じるんですよねぇ〜。仲間が1人、2人〜と死んでいくせいもあったけど。アクション映画なのに、ファンタジーぽかったし、それに青年の一人はとてつもない正体だったし(汗)

                出てくる子供たちは、ジャニーズみたいな顔ばっかりだったわぁ(笑)


                監督: 瀬々敬久
                出演: HYDE/ Gackt/ ワン・リーホン/ ゼニー・クォック/ 鈴木杏/ 山本太郎/ 寺島進/ 石橋凌/ 豊川悦司 

                2004/2/1 WOWOWにて鑑賞 ★★★


                「英数字」の作品 | comments(0) | trackbacks(0)
                entry_bottom
                MOON CHILD
                0
                  たんなる若者の青春映画・・・だと思ったのだけど、WOWOWのガイドブックを見ていたら、“アクション満載!”という言葉につられて裏番組の『砂の器』をすっかり忘れて見てしまいました。

                  西暦2014年、日本は経済崩壊して人々が移民となって諸外国へ流出した・・・という凄い設定だった(汗) なんか近未来でほんとに日本経済が崩壊してありそうな話(^^;〜〜

                  ストリートチルドレンだった若者たちのストーリーだっただけに、バンバン撃ちまくって弾除けなんかマトリックスばりで見ていて案外楽しんじゃった(笑)

                  でも、心のどこかで凄く切なさを感じるんですよねぇ〜。仲間が1人、2人〜と死んでいくせいもあったけど。アクション映画なのに、ファンタジーぽかったし、それに青年の一人はとてつもない正体だったし(汗)

                  出てくる子供たちは、ジャニーズみたいな顔ばっかりだったわぁ(笑)


                  監督: 瀬々敬久
                  出演: HYDE/ Gackt/ ワン・リーホン/ ゼニー・クォック/ 鈴木杏/ 山本太郎/ 寺島進/ 石橋凌/ 豊川悦司 

                  2004/2/1 WOWOWにて鑑賞 ★★★


                  「英数字」の作品 | comments(0) | trackbacks(0)
                  entry_bottom
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << November 2019 >>
                  PR
                  recent_entry
                  archives
                  RECENT COMMENT
                  RECENT TRACKBACK
                  LINK
                  PROFILE
                  MOBILE
                  qrcode
                  twitter
                  2019年映画館鑑賞リスト
                  15.アリータ★★★☆
                  14.翔んで埼玉★★★★
                  13.女王陛下のお気に入り★★★
                  12.シティーハンター★★★★
                  11.ファーストマン★★★
                  0.アクアマン★★★★
                  9.メリーポピンズリターンズ★★★
                  8.フロントランナー★★★☆
                  7.サスペリア★★☆
                  6.マイル22★★★★
                  5.ミスター・ガラス★★★☆
                  4.マスカレードホテル★★★☆
                  3.クリード炎の宿敵★★★★
                  2.ワイルド・ストーム★★★
                  1.ボヘミアン・ラプソディ
                  search