SP 野望編




さすが、SPのアクション!

これってもともと人気ドラマだったんですね。
最近はめっきり情報仕入れないで見るようにしてるので、
ドラマで謎に包まれたエンディングとか、
岡田准一の特殊能力のことなど、
何も知らないまま見たけど、、、

おもしろかった!

序盤の犯人を追いかけるながーいシーンや、
官房長官を官邸まで警護するシーンのアクションが見ていてびっくり。
スタントなしでやったという岡田准一、
こんなにアクション俳優だとは知らなかった
かっこよかった〜!

SPということもあって、
格闘する姿や道具の使い方が、
見ていてなんとなく普通のアクションとは形が違うな、
とおもいました。

ただ、犯人側はナイフや爆弾、ライフル銃など使用しているのに、
あくまでも体をはってるのがいかにも日本の警察といったかんじ。
せっかく銃をかまえても・・・
一発もぶっ放さないのはちょっと残念な気もしたけど。。。

まぁ〜拳銃でバンバンやってたら、
これだけのアクションシーンは楽しめなかっただろうけど。
それゆえ、岡田准一のアクション見てるだけで大満足だった!

なにやら大きなたくらみがあるみたいだけど、
そのへんのところは革命編のお楽しみということで待つとしよう〜。


2010/10/30 ★★★★☆


ナイフや弓でケガしたSPの人たち、
再起不能だとおもってたけど革命編でピンピンと職場復帰してるの見て驚いた!

 


 

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2010/11/06 16:04
>KLYさん、
私も3キロもある道のりを歩いて・・・
はちょっとひきましたが、
そうしなければアクションの見せ場が少なくなってしまったかと(苦笑
いやでもやっぱり私は拳銃をかまえながら1発も発射しないのは
もどかしくて一番ダメでした。

>qさん、
日本のアクションもグレードアップしましたね。
でも〜〜1発くらい発砲してくれよー!
とおもいました(苦笑
見ていてそこだけDがもどかしくてしかたなかった。
ドラマは欠かさず観ていたのよね〜
アクションは楽しんだわ
堤真一サマサマ←ご贔屓♪が どうなる?!どうなるっ?!
と楽しくて・・・
官房長官を制止できない為
3キロ歩いて警護!!!!!どひーっ何故「歩いて」なのよっ?
爆弾を警棒で打ち返すって何じゃそりゃーっっ
ストーリーは どーもイマイチ
「ストーリー」では無く「繋ぎ」
いや〜まだまだあるぞ 突っ込みが!!!!!
なんかもっと「ストーリー」を魅せて欲しかった
でも。日本のアクションもグレードup
してるよね〜

不死身のメンバー達は
必ずドラマの次回では どっぴんぴんの元通り
もしかして後編映画のオチはゾンビ化状態 だったら嫌だわ
  • KLY
  • 2010/10/31 23:37
設定も魅力的だし岡田君だけじゃなくて残りの3人のアクションも大したものでした。ただやはり私にはリアルとフィクションのバランスが崩れているように思えてならなかったです。銃は撃てないのがリアルならそれはそれで構わないんですが、それなのに歩いて3キロも日本のナンバー2をしかもたった4人で守るというフィクションは成立してないと思います。例えばせめてエクスキューズで応援を頼んだけど何らかの理由で辿り着くのが遅れているだとかがあればまた全然違ってくるのですが…。
  • 管理人
  • 2010/10/31 17:48
>yukarinさん、
まったくなにも知らないで見たのですが、
岡田くんのアクションでテンション上がって楽しめましたわ(笑
いままでそんな雰囲気、ぜんぜん感じてなかったのでビックリでした。

SPの人たちはけっこう重症だったのに・・・
予告でピンピンと職場復帰している姿に驚きました。
キャスト変わるんじゃないかとおもってたのよ(苦笑
ドラマ観てない方には不評かなと思ってましたが、
えふさんは楽しめたようで良かったわ。
岡田くんのアクションシーンはカッコ良かったですね。
冒頭からテンションあがりました。
SPは要人の盾となる人だからぶっ放せないんですよねぇ。
ここらが日本らしいんだけど。

そうそうあのSPたち不死身なんですよ。
ドラマでもえらいことになってても次回はではピンピンしてる(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2010/10/31 14:13
2010/10/30公開 日本 98分監督:波多野貴文出演:岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑、堤真一、山本圭要人警護に当たるSPの活躍を描いたテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版2部作の前編。ドラマは大好きで見てきましたが映画