SPACE BATTLESHIP ヤマト




う、うっ、、、デスラー総統のお姿がぁ〜〜〜

初めて映画館で見た作品というのが、
ある日、父親に家族総出で浅草に連れられて見た
「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」でした。
子供ながらに“古代くん”“ユキ”に胸がキュンとなりながら、
ラストでは必死に涙をこらえて二人の最後を見届けました!
いまだにあの時の感動は忘れられない!
それ以降、缶ペンケースや消しゴム、下敷き、ノート、定規、、、
といったキャラクター商品は買いまくり、
“ヤマトよ永遠に” “新たなる旅立ち” “ヤマト完結編”とすべて鑑賞。
これだけ想い入れのあるアニメ作品が、
古代進があの、、、キムタク!?
森雪が、、、エリカ、メイサ!?
し、信じられませんでした。。。
(あしたのジョー実写版も同じ心境
ですからはっきり言って、
ケチョンケチョンにけなすために見てきました。

が、、、

主役であるヤマトそのものがチープだったらどうしよう!?
とおもってたんですが意外とヤマトの実写とか、
VFXはけっこう良くできてました。
(あ、あくまでも主役はキムタクか!

それはそれでとても満足したけど、、、
やはりかんじんの“古代くん”と“ユキ”がねぇ〜。。。
自分の中では長髪のキムタク“古代くん”なんて許せないし、
まして奥ゆかしい女性だった“ユキ”が
酒呑んでグーをくらわすなんて、ありえねー!!
ある時は生活班、またある時は白衣の天使だった“ユキ”が
ブラックタイガー隊の隊員・・・
ぜったいありえねー!!!
あとヤマトの映像は良くても、人間ドラマが浅い。
スパイダーマンやバッドマンのように人間ドラマとして
クオリティの高い作品ってできないもんなのかと。。。

それと古代と宿敵となるガミラス軍のデスラー総統の描き方も・・・
現在の技術からしたらあれはあれで良くできてるんだけども、
あの描き方は今どきのもろエイリアンですよ。
コスプレとまでいかなくてもせめて人間、いや伊武雅刀さんに
青白い顔でマントをひるがえして
“や〜マトの諸君・・・ははは〜〜〜”と演じてもらいたかった!
ついでにデスラー総統登場の音楽も流してほしかった。
デスラーファン、けっこういたっけなぁー。

アナライザーはずいぶんとコンパクトになったなぁ〜
とおもったけど、急に飛び出してきてビックリしたー!

ところどころアニメとかぶって感動はするのだけど、
(特に真田さんと空間騎兵隊の斉藤始の最後なんてそのまんま!
自分としては、褒めたいんだけど褒められない、
けなしたいんだけど、けなせない・・・
そんな矛盾が入り乱れた作品でした。。。


2010/12/4 ★★★☆☆




あまりにも想い入れがありすぎるのでついつい、つぶやいてしまう。

ヤマトが発進するときにはやはりささきいさおの“さらば〜地球よ〜”と流れてほしかった!

波動砲を発射するときの“ターゲットスコープオープン〜“はそのまんまだったので感動したけど、ワープはチープになっててがっかり。。。

デスラーの瞬間物質移送機使ってほしかった!

てっきりイスカンダルに行ったら古代守がいるとおもってた!

第三艦橋にへばりついたガミラス軍はアニメではパメル将軍だった。はず。けっこうかっこいい敵ですきだったわ。

放射能除去装置があるかどうか・・・実は賭けだった!って・・・唖然としちゃったわ!

波動砲の発射口に突っ込まれたミサイルは真田さんが逆回しにして敵にくらわせるとおもってたのに最後まで残ってたのね。

アニメではイスカンダルとガミラスは二重惑星だったのに。

ガミラス星で亜硫酸の海につかってるヤマトのエピが好きだったのに。

今回気づいたんだけど、アナライザーの声って、マスオさん!?

キムタクとメイサのいきなりのキスシーンはえぇ〜〜とおもったけど、さらにオチがあったとは。そこまでやっちゃってたのかよ〜〜

ヤマトの制服・・・ツナギだとおもったらパンツは違うんだ。。。

アニメのように古代進や沖田艦長が生き返ることはないでしょう(願い)

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2010/12/11 15:56
>にゃむばななさん、
はい、いっぱいありますとも!
なんで古代くんがキウタクなのー!とか・・・
わたしもまさか古代くんが波動砲発射したのにはビックリでしたわ(爆

>森山樹さん、
アニメを見てない人はけっこう楽しめるとおもいますよ。
特にヤマトの実写はけっこういいせんいってたし。
それだけに尺が足りないのが残念でしたね。

>KLYさん、
けなせないけどほめることもできない・・・
そんな複雑な心境でした。
KLYさんのように大きな心で受け入れられたらいいんですけどね。
でもどこかで骨が突き刺さってしまって(苦笑
素直な気持ちになれなかったです。

>yukarinさん、
デスラー総統がある意味楽しみだったんですけどねー。
あんなお姿になってあっけにとられてしまいましたわ(苦笑
あとどっから見てもキムタクにはまいりました(汗

>おくやぷさん、
森雪はイメージ変わりすぎですよね!
酒飲んでパンチくらわす雪なんて、
雪じゃない!
これだけは許せなかったわ。
こんにちは。はじめまして。

面白かったのですが…

ヤマトのロマンや郷愁を感じて涙しては、
雪のところでスーっと涙が引っ込んで忙しかったです(笑)

どーも雪の改変については冷めてしまったですよ。

でも熱くなったところもあって…
イスカンダルに特急でいくように忙しかったです。
デスラー総統がどう出てくるのか楽しみにしてたんですが、
まさかあんなお姿で出てくるとはビックリでしたね。
声は嬉しかったケド!

いろいろと思う所はあるけど思ってたより映像も迫力あって
良く出来てたと思います〜。

みなさん言ってるけどキムタクは果てしなくキムタクだった(笑)
  • KLY
  • 2010/12/05 17:41
言いたいことは山ほどありますよねぇ。
でも私はれで良かったんだと思います。ヤマトは偉大すぎ。
だからそれぞれの中のヤマト像は満たすことは出来ません、絶対に。
良いとか悪いとかの問題じゃないと思うのです。これは山崎監督の
ヤマトへの想いであって、それ自体に良いも悪いもないのだと。
それはきっとみな無意識に解ってる人が多いんだと思います。
ある種ヤマトが好きな仲間だから。だからクソミソにはけなせないし
けなしたくないんだと思うんです。
こんにちは。
逆に私はヤマトをよく知らない分,楽しめましたvv
まあ,ツッコミどころは山ほどあるんですが。
ただ全体的に尺が足りなかったのは残念ですね。
デスラーの正体も尺の短さに対応する為かと思いました。
あれだけの時間でガミラス側の描写は無理なんで。
にしても,やっぱりキムタクはキムタクですね。
あの演技はもはや伝統芸と呼ぶべきかもしれません。
ヤマトに思い入れのある人にとっては言いたいことがヤマほどありますよね。
しかし私は古代進も波動砲を発射してたというオチにビックリでした。
何であんなオチにしたんでしょうね?

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2010/12/06 10:00
2010/12/01 日本 138分監督:山崎貴出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、橋爪功、池内博之、マイコ、矢柴俊博、波岡一喜、三浦貴大、斎藤工 ...
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2010/12/05 17:35
いわずと知れた国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画化だ。ガミラスの攻撃により放射能に覆われた地球の最後の希望として、イスカンダルへと旅立つヤマトの戦いの旅を描いている。監督・VFXは『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。主人公の古代進を木村拓哉、ヒロ
  • こねたみっくす
  • 2010/12/05 15:49
さらば、ヤマトよ。旅立つ船は宇宙戦艦コダイ(Jr.)。 名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を完全実写化したこの映画。メカニックやVFXなどスタッフ個々のヤマトに対する溢れんばかりの愛を ...