ものすごくうるさくて、ありえないほど近い



原題:Extremely Loud and Incredibly Close
監督:スティーブン・ダルドリー
出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...

ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)

なんてうざったい邦題なんだろう?とおもってたけど、、、
言葉では言い表せないけど、見終わった後は心の中で納得。

あの日・・・ベットの下で縮こまっていたオスカーが、
勇気を振り絞って鍵穴を探す姿がけなげで涙があふれた。
アスペルガー症候群らしい?オスカーが、
タンバリンで街中の雑踏をかき消したり、
橋を渡ったり・・・(地下鉄で毒マスクをかぶってたのはおかしかったけど)
すぐに祖父だとわかった間借人と一緒に
父親が残してくれた鍵穴を必死で見つける事が、
残された少年の再生物語なんだと悟った。

母親はいつまでも悲しんでいるだけだし、
息子の行動にはあまり関心がなかったように感じたけど・・・
オスカーの先回りをしていたのには胸がいっぱいになった!


なんて奥深い愛情だ〜。


母親役のサンドラ・ブロックがこれまたさりげない存在感。
息子のオスカーよりもしゃしゃりでない控えめな演技だったからこそ、
このシーンはよりいっそう涙がこぼれた。
オスカー役のトーマス少年の演技もすごく繊細で、
母親と衝突した時や、鍵穴の持ち主や間借人に気持ちをぶちまけたシーンなどなど、、、
なんてすばらしいんだ!
最近はTVをつけると子役がかわいいだけでちやほやされてるのにうんざりしてただけに、
こちらの子役は本物!
じつにすばらしい演技でした!

鍵穴の結末はオスカーにとっては残念な結果だったけど、
鍵穴を探す旅で、心の鍵を開けたのだった。。。
だから・・・ブランコに乗れたんだな〜。


2012/2/18 ★★★★☆



















素晴らしい演技の子役に巡り会えたときにいつもおもうのだが・・・


頼むから道をはずれないでくれぇー!

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2012/02/25 17:54
>えいさん、
私は涙腺決壊ではなくて、
じわ〜じわ〜ときました。
特にサンドラ・ブロックの言葉に。
  • 管理人
  • 2012/02/25 17:54
>qさん、
あの日にトモダチを亡くされたとは・・・
辛いながらにもいい演技でしたよね。。。
サンドラ・ブロック演じる母親の一言にやられました。
「ありえないほど近い」ところに、
その「愛」はあった。
もう、涙腺決壊です。
ボクからのてがみ
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚
パパがくれたボクの部屋、観た?
アイデンティティで溢れてるよ
ボクは「パパの鍵」を探すのに
いっぱいの事と出会ったよ
心の旅。これからのボク
色々と会って拾って来たよ
落とさないようにしていくね
あのさ。痛みは愛があるからだよね
あの鍵で多分だけどパパってば
ママのハートも開けたよね?
ボクのママってすげーでしょ♪
大変!沢山の「I love you」を
ママにプレゼントだぜっ
愛があるのは優しくて強いの?
怖くてふかふかであたたかくて
しあわせって思うんだな
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。
リアルに9.11で幼ダチ達を失くした私としては
辛いものもあったけど・・・
マックス・フォン・シドー やばい♪すげぇツボ
  • 管理人
  • 2012/02/19 17:06
>yukarinさん、
あの旅で心の鍵穴を開けることができたんですよね〜(涙
トーマスくん、このまま横道にそれないでほしいわ〜。
  • 管理人
  • 2012/02/19 17:04
>KLYさん、
私なんかトーマスくんから目が離せなくって、
とうとうトム・ハンクスの感想、
描き忘れましたわ(汗
さすがにサンドラ・ブロックははずせなかったですが(笑
  • 管理人
  • 2012/02/19 17:02
>まっつあんこさん、
日本の子役はちょっと売れてくるとすぐCMやバラエティー番組に出ずっぱりになって、かえってうっとうしくなっちゃいますね(苦笑
  • 管理人
  • 2012/02/19 17:01
>にゃむばななさん、
なんでこんなにレベルがちがうんでしょうかね?(苦笑
でも・・・無事大人になるかどうかが心配ですが。
長いタイトル・・・見たら納得でした。
まさに鍵穴を探す旅で心の鍵を開けたんですよね。
トーマス君が演技はじめてだなんてビックリ。
アメリカの子役は違いますなー。
  • KLY
  • 2012/02/19 02:55
宣伝的にはトムとサンドラなのはまあ仕方ないで
すけど、実際にはトーマス君のお話でしたよね。
正直母親が何でサンドラ?と思ってたんですが、
最後に来て納得。懐の広さを感じさせる彼女の
演技力はまさにこの母親にピッタリだ
ったと思います。
「子役がかわいいだけでちやほやされてるのにうんざり」同意!
おっしゃるとおりレベルが違いました。
本当にアメリカの子役はレベルが違いますね。
子供らしさを演技でも表現できるんですから。

この長い長いタイトルに込められた無数の意味が心を優しく、そして温かくしてくれる映画でしたね。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2013/04/07 13:29
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そ
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2012/11/04 13:09
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカー
  • kintyre's Diary 新館
  • 2012/04/28 18:26
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハ
  • 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜
  • 2012/03/20 19:29
 ジョナサン・サフラン・フォア原作の小説を、「愛を読む人」のスティーブン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演で映画化。  アメリカ同時多発テロ事件で父を亡くし、心を閉ざした少年。ある日、遺品の中から鍵の秘密見つけた彼は、その秘密を
  • 映画とライトノベルな日常自販機
  • 2012/03/12 16:50
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前も
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2012/03/11 07:07
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言える
  • soramove
  • 2012/02/26 02:01
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」★★★★ トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、 ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル出演 スティーヴン・ダルドリー監督、 129分、2012年2月18日公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2012/02/25 08:58
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2012/02/22 12:04
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
  • シネマ親父の“日々是妄言”
  • 2012/02/22 11:08
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映
  • Said the one winning
  • 2012/02/20 21:08
監督 スティーヴン・ダルドリーキャスト トーマス・ホーン トム・ハンクス・サンドラ・ブロックジェームス・ガンドルフィーニ・ゾーイ・コールドウェル、マックス・フォン・シドー 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を
  • 心のままに映画の風景
  • 2012/02/19 23:32
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
  • SOARのパストラーレ♪
  • 2012/02/19 18:31
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの
  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2012/02/19 11:56
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2012/02/19 10:19
<ものすごくうるさくて、ありえないほど近い を観て来ました> 原題:Extremely Loud and Incredibly Close 製作:2011年アメリカ 人気ブログランキングへ ヤプログさんのご招待で少し早く鑑賞してきました。いつもありがとうございます。 この作品、原作は読
  • 笑う学生の生活
  • 2012/02/19 08:14
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に
  • ★tip of the iceberg★
  • 2012/02/19 07:07
ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じくユナイテッドで試写会に当たった『P.S.アイ・ラブ・ユー』
  • 日々“是”精進!
  • 2012/02/19 06:30
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞してきました「僕の大事なコレクション」の原作『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』でデビューした注目の作家ジョナサン...
  • 日々“是”精進! ver.A
  • 2012/02/19 06:30
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラ
  • 映画の話でコーヒーブレイク
  • 2012/02/19 01:06
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック
  • タナウツネット雑記ブログ
  • 2012/02/19 00:07
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にア
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/02/18 23:52
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
  • ラムの大通り
  • 2012/02/18 23:41
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろ
  • A Day In The Life
  • 2012/02/18 23:21
初日にての観賞 解説 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の 残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。 ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクス とサンドラ・ブロックと
  • 勝手に映画評
  • 2012/02/18 23:10
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもし
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2012/02/18 23:08
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2012/02/18 22:49
2012/2/10、よみうりホール。 開場時刻を15分も過ぎたころ到着したら、入場の列はなくなっていて、 1階席はほぼ満員だった。 いつもより開映時刻が早い(18:30)ためか、始まってからも 暫くは席を探してうろうろする人がいた。 ***    トム・ハ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/02/18 22:47
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のステ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2012/02/18 22:46
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうと
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2012/02/18 22:45
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカ
  • まてぃの徒然映画+雑記
  • 2012/02/18 22:17
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/02/18 22:13
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ
  • こねたみっくす
  • 2012/02/18 21:57
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...