スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    アーティスト
    0


      原題:The Artist
      監督:ミシェル・アザナビシウス
      出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・

      サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!

      ドンパチド派手なハリウッド映画大好き人間としては、
      いくらオスカー作品といわれても・・・
      白黒でしかもサイレント映画を見るのは正直心配でした。
      でも、不思議とどんな会話がされているのか?

      スクリーンを見て感じとれる魔法のような映画でした!

      もちろん日本語じゃないから口の動きがアップになっても、
      具体的になにを話してるから解らないけど、
      雰囲気というか想像というか・・・見ていてまったく支障なく、

      自分の頭の中で会話が飛び交ってました。

      あと背景に常に流れている曲、これでまたどんな雰囲気が想像できた!

      ジョージとペピーのはがゆい恋は、
      ジョージがオークションに出した物をペピーが落札してたのを始め、
      ジョージが火事の中から大事に持っていたフィルムをペピーが見たシーンは、
      ニュー・シネマ・パラダイスを思い出してホロリときてしまいました。

      忘れてはならないのが犬のアギー!
      お巡りさんをよびに行ったシーンなんて、
      隣にいたお婆ちゃんが“早く行きなさいよっ”って言ってるんだろうな〜
      とおもったら可笑しくなっちゃった。
      じつにすばらしい演技でしたワン!


      2012/4/7 ★★★☆☆

      2012/映画館鑑賞 | comments(8) | trackbacks(38)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >yukarinさん、
        そうそう、こんなこと言ってるんだろうな〜
        って自然と解るのが良かったですね。
        あとアギーの演技はすばらしかったワン!
        管理人
        2012/04/14 8:57 PM
        >migさん、
        ちゃんとTBできたのかどうかわからなくて〜(汗
        失礼しました〜。
        特別に良かったというわけではないけど、
        想像してた以上に良かったです。
        アギーは別格で良かったですワン!
        管理人
        2012/04/14 8:55 PM
        >KLYさん、
        見る人によって違った作品になるかもしれませんね。
        でもそこがサイレントのいいところですね。
        管理人
        2012/04/14 8:53 PM
        雰囲気でこんなこと言ってるんだろなーとわかるし、
        自然と頭の中でセリフが出てくる感じでしたよね。

        アギーが本当に可愛い。
        芸達者なわんこで素晴らしい!
        とってもキュートでした。
        2012/04/08 11:06 PM
        こんばんは☆
        ちゃんとTBキテマシタヨ〜。
        認証制にしてるので、1度で入ってます、2度きちゃってました(笑)

        私は良かったけど期待程ではなかった感じ。
        アギーもっとみたかったな☆
        2012/04/08 10:04 PM
        観る人によって微妙に違う作品になるのがサイレントなのかもしれません。それはそれぞれの人が培った人としての素養によって感じ方が少しづつ変わってくるんでしょう。もちろん好き嫌いはまた別の話で。素敵な映画でした^^
        KLY
        2012/04/08 9:42 PM
        >にゃむばななさん、
        不思議とセリフが聞こえてきましたね。
        そしてアギーが名演技で!
        可愛かったワンワン!
        管理人
        2012/04/08 6:06 PM
        ほんと聞こえなくてもセリフが聞こえてくるんですよね。
        これぞサイレント映画の醍醐味。
        そして名犬アギーは本当に可愛かったワン!
        2012/04/07 10:04 PM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/1157
         84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。
        | よしなしごと | 2012/08/20 1:54 AM
        サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤 (かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリ カの映画賞をも席巻。芸術
        | Said the one winning | 2012/05/10 8:42 PM
        Data 原題 THE ARTIST 監督 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン  ジェームズ・クロムウェル  ペネロープ・アン・ミラー 公開 2012年 4月
        | 映画 K'z films 2 | 2012/05/01 11:49 PM
        ご存知2011年のアカデミー作品賞に輝いた映画です。 白黒でサイレント映画ですから、物珍しさも有るでしょうが 物珍しさだけでは30分がせいぜいで、そこから観せる力は本物です。 作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門受賞も頷けます。 主演のジョージ・ヴァ
        | カサキケイの映画大好き! | 2012/04/30 12:36 AM
        13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞し
        | 笑う学生の生活 | 2012/04/21 7:05 PM
         「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン&ベレニス・ベジョ主演。1920年代のハリウッドを舞台に、世間から忘れ去られた無声映画のスター男優と、トーキー映画時代のスター女優の深い愛情を描く、ロマンチッ
        | 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2012/04/20 7:02 PM
        □作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、
        | 京の昼寝〜♪ | 2012/04/19 12:12 PM
         THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
        | 真紅のthinkingdays | 2012/04/16 8:24 AM
        映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
        | 悠雅的生活 | 2012/04/16 12:22 AM
        注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
        | FREE TIME | 2012/04/15 8:33 PM
        時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2〜3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、
        | 映画の話でコーヒーブレイク | 2012/04/15 12:32 AM
        「アーティスト」★★★★★満点! ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ出演 ミシェル・アザナヴィシウス監督、 101分、2012年4月7日公開 2011,フランス,ギャガ (原題:The Artist ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 第84回
        | soramove | 2012/04/13 11:28 AM
        全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
        | ★ Shaberiba  | 2012/04/12 8:54 PM
        最新の特撮技術に驚かされていた昨今だが、サイレント映画にもトーキー映画にはない素晴らしい表現力がある。ミシェル・アザナヴィシウス監督のガッツと、ジョージとペピーの映画人生を賭けたラストに拍手喝采! 幸せな気持ちで映画館を後に出来る、That's Entertainme
        | 作曲♪心をこめて作曲します♪ | 2012/04/12 11:51 AM
        ★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。 ストーリーは、大きな転換の波
        | 映画とライトノベルな日常自販機 | 2012/04/12 11:47 AM
        原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラ
        | to Heart | 2012/04/12 12:42 AM
        「アーティスト」を鑑賞してきましたフランスで人気のスパイ・コメディ「OSS117」シリーズのミシェル・アザナヴィシウス監督と主演のジャン・デュジャルダンのコンビが、ハリ...
        | 日々“是”精進! | 2012/04/11 2:14 PM
        この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 584
        | 日々“是”精進! ver.A | 2012/04/11 2:14 PM
        ☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「
        | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2012/04/11 6:16 AM
        1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージとエキストラ女優のペピーは、短い共演シーンの中で互いの存在を意識する。 1929年、セリフのあるトーキー映画が登場するが、サイレント映画にこだわり続けるジョージは観客に見放され落ちぶれていく。 一方
        | 象のロケット | 2012/04/09 10:55 PM
        人生は悲しいが美しい。  
        | Akira's VOICE | 2012/04/09 10:48 AM
        【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ〜(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優
        | 労組書記長社労士のブログ | 2012/04/09 10:01 AM
        サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
        | 水曜日のシネマ日記 | 2012/04/09 7:09 AM
        原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当
        | Nice One!! @goo | 2012/04/09 12:49 AM
        「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
        | オールマイティにコメンテート | 2012/04/09 12:23 AM
        モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
        | ノルウェー暮らし・イン・原宿 | 2012/04/09 12:11 AM
        無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう
        | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver | 2012/04/08 10:46 PM
        【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレン
        | 新・映画鑑賞★日記・・・ | 2012/04/08 10:45 PM
        Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...
        | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 2012/04/08 9:43 PM
        アーティスト@東商ホール
        | あーうぃ だにぇっと | 2012/04/08 8:28 PM
        なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で
        | SOARのパストラーレ♪ | 2012/04/08 2:47 PM
        既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑) 一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。 にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず! 当ブログで
        | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2012/04/08 10:44 AM
        噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ
        | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2012/04/08 10:36 AM
         こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
        | 映画のブログ | 2012/04/08 2:14 AM
        第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
        | はらやんの映画徒然草 | 2012/04/07 11:12 PM
        どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
        | こねたみっくす | 2012/04/07 10:04 PM
        ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2012/04/07 9:43 PM
        新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、
        | LOVE Cinemas 調布 | 2012/04/07 5:57 PM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search