127時間

 
週末、主人公がルンルン気分で遊びにいくあたり・・・
まるで自分にそっくりな状況でした!
あの超ーうれしそうな雰囲気、わかるなー!!

が!!!

あんな狭いところ、しかも人っ子一人いないあんな渓谷に・・・
腕が岩に挟まって身動きとれないって・・・

絶望的すぎるー!!

しかし、ここからが見てる側からしたら心理的に面白かったです。
たしかに苦痛なシーンもあったけど、
岩に挟まれたシーンだけで、アーロンの生い立ちからして理解できる構造が飽きさせなかった。

そして最後には・・・腕を・・・
いっきにオノとかでばっさりやってくれればまだしも、
ナイフでちまちまと・・・
いや〜さすがに画面直視できなかったわ

よく気絶しなかった!と思いながらも、
ラスト必死で生き延びていく姿に不思議と爽やかなものを感じました。


2012/10/7 WOWOWにて録画鑑賞

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 風に吹かれて
  • 2012/10/11 11:00
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア