永遠の0



監督:山崎 貴
出演:岡田准一
, 三浦春馬、井上真央、 濱田岳、 新井浩文、 染谷将太、 三浦貴大、 上田竜也、、、
戦争映画は暗いのであまり好きじゃないけど、
SPや図書館戦争で私の心を奪った岡田くんだったので、
当然のごとく見てきましたラブラブ

臆病者と言われた宮部と接点のある人と会って、
宮部の人となりがだんだんと解っていくにつれて、
じわじわと涙が出ちゃった。

生き抜く事が臆病者と呼ばわれた時代に生き延びた人たち、
特に余命3カ月と宣告された井崎や、
健太郎の祖父・・・
やっと語る事が出来て肩の荷が下りたのではないでしょうか。

特攻隊なんて・・・ほんと無駄死にですね。
景浦でしたっけ?
こんな作戦をたてるようじゃもう終わりだ〜
みたいな事を言ってたのは。
ほんとです。。。
みんなどんな想いで出撃していったのかとおもうと・・・悲しい

九州に旅行に行ったときに資料館で一度、
まだ10代の特攻隊の人が出撃前に書いたという、
両親に宛てた手紙を読んだことがあったけど、
当時もそれを読んだだけで涙がこみあげてきたっけ。

宮部が妻に言った、

必ず、帰って来ます。

たとえ死んでも、生まれ変わって・・・


と言った意味が解ったときは、
もうどっと涙があふれちゃった。。。


途中、コンパで健太郎の仲間たちが
特攻なんて自爆テロと同じだ、って言ってたけど、
それは違うでしょ!と思った。
今の時代、そう思う人がいるのが哀しくなった。

物語の終盤は、
血を吸ったことのある刀を持っていた景浦が、
ヤクザから松乃を救ったことや、
健太郎の祖父のことやら、、
いろいろな伏線をきれいに回収でき、
ここでまたさらに涙が。。。

目を真っ赤に腫らして映画館を後にしたのでした。


2014/12/21 ★★★★

 


鑑賞するまでは、
サザンの曲のイメージが合わなかったんだけど、
生まれ変われたならまた恋もするでしょう〜
と聞いて納得でした。

 

スポンサーサイト

Comments

以前鹿児島の知覧・特攻平和会館に行っても思ったし
文庫出版して即、読んだけど
もー苦しくなっちゃってねぇ・・・
亡夏八木氏を始め役者勢の静かな真摯な演技にも
感涙しまくったよ〜
美しい青い空と青い海に対する気持ちが
この世の切ないもの、哀しみの世界
思い出すと、また込み上がり
ただ、原作にはあったけれど
バック・ボーンや、もっとリアルなのは
映画では無かったかな〜
どちらにしても2度と起してはならぬ事
そういう意味でも、深い作品でじんわり・・・
  • 管理人
  • 2014/01/12 14:37
>nakajiさん、
もー泣いちゃったよね!!
ほんに、岡田くんにそこまで想われたいわw
こんにちは。

もーーー泣きすぎて目が真っ赤より頭までいたかった。。。
本当にいい映画だったね〜
女としてそこまで思われたいって思ったわよ。
それも岡田君に!!!

岡田君が素敵すぎました。。。
  • 管理人
  • 2013/12/28 17:24
>はるみんさん、
サザンの歌って、いまいちあわないよな〜?
と思ってたのですが、、
宮部さんの気持ちにぴったりな詩でした!
もう泣けたよ〜〜
  • 管理人
  • 2013/12/28 17:22
>yukarinさん
岡田くんみたさに見に行ったけど、
やっぱりすてきだったわ〜♪
でも切なくて泣けたね。。。
特攻って・・・悲しい戦略だよね。
  • 管理人
  • 2013/12/28 17:20
>にゃむばななさん、
自ら死にに行くという形は同じでも、
心情的に同じとは思いたくありませんね。。。
でもいつになっても自爆が絶えないのは、
悲しいものです。。。
「蛍」の歌詞は宮部さんの想いを歌ってるんでしょうね。
ラストに流れる歌を聴いて、また涙が溢れました。
「夢溢れる世の中であれ」と祈った願いが叶ってない今を思うと悲しいです。
私も戦争映画は好きじゃないんだけど、やはり岡田くん.....。
動機は不順でも、泣けた切なかった....。

特攻なんて自爆テロと同じだ...と思ってる人たちに観て欲しい作品だと思うな。
これで違うとわからなかったら...どうしようもないけど。

それにしても岡田くんは素敵すぎたわ!
  • にゃむばなな
  • 2013/12/22 14:36
特攻ってアメリカ側から見れば、間違いなく自爆テロなんですよね。
ですからイスラム圏で起きている自爆テロも考えてみれば、どこかしら特攻と似て非なるところはあると思います。

でもだからこそ特攻の無意味さと、特攻に挑まざるを得なかった先輩のおかげで今を生きている有難味を理解している日本人だからこそ、こういう物語は自爆テロと同じにしちゃアカンのですよね。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2014/01/17 06:40
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血
  • Said q winning
  • 2014/01/15 22:30
監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲2013年5月亡くなる夏八木勲氏は演じたのは現在の、健太郎の祖父これをもって、遺作となるのね
  • ここなつ映画レビュー
  • 2014/01/07 16:47
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見
  • No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.
  • 2014/01/07 11:23
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでえ
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/01/06 16:42
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2013/12/29 00:21
最後の所は蛇足かな。
  • 京の昼寝〜♪
  • 2013/12/28 13:27
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、   
  • 西京極 紫の館
  • 2013/12/28 11:42
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に
  • よくばりアンテナ
  • 2013/12/23 22:36
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人
  • こみち
  • 2013/12/23 20:35
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦
  • オールマイティにコメンテート
  • 2013/12/23 11:56
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
  • はるみのひとり言
  • 2013/12/23 00:07
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2013/12/22 23:23
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖
  • Akira's VOICE
  • 2013/12/22 21:56
命を生む零。  
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2013/12/22 20:35
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
  • パピとママ映画のblog
  • 2013/12/22 20:01
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2013/12/22 17:21
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
  • こねたみっくす
  • 2013/12/22 14:46
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2013/12/22 07:06
永遠の0@イイノホール
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2013/12/22 06:22
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5
  • 風に吹かれて
  • 2013/12/21 23:29
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
  • 勝手に映画評
  • 2013/12/21 23:15
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2013/12/21 22:45
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦
  • こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
  • 2013/12/21 22:10
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作