フューリー



原題:Fury
監督:デビッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペニャ、ジョン・ペーニャ、ジョン・バーンサル

今までの演技がちゃらんぽらんに思えるほど
今回のブラピはえらく気合の入った演技でした!
けっこう汚い言葉も飛び交い、
戦車の上で上半身を出して指示を出していたシーンなど、
指揮官としてすごい気迫がこもっていました。

あ、ブラピ目当て見に行ったわけではありませんよ
もちろん戦車ヒューリー目当てです

今まで戦車に重点をあてた作品は見たことなかったので、
戦車での戦い方が凄く新鮮だったわ。

戦車の後ろに歩兵部隊が身を隠すようにして進撃してくるシーンは、
初めて見てとても参考になりました!(おいっ!)

戦車VS戦車のタイマンの迫力あることといったらもう〜!

興奮したわ!

敵の対戦車砲の威力がこれまた凄くてビックリ!
しかもレーザービームみたいな光線を放つし。
銃撃戦のドンパチとは比較にならないほど、
地の底からズドオォーーーンと響く音にシビレタ〜!

なんだかもの凄く興奮して喜んでるみたいだけど、
やっぱり戦争だから心のどこかで引っ掛かる違和感があるのも感じた。
特にひよっこだったノーマンが軍人として成長していった姿は、
戦時中とはいえ、ちょっと複雑でした。。。



2014/11/29 ★★★★☆










ブラピが女性の家で上半身裸になった時、
  ひょっとして抱いちゃうの?!とハラハラヤキモキしながら見てたw


トランスフォーマーのシャイア・ラブーフがいたのにはまったく気がつかず・・・

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2014/12/06 17:46
>yukarinさん、
戦車のドンパチってすげー迫力でしたね!!
音だけでテンション上がったわ(苦笑
こういう作品はお互いいろいろと勉強になることが多いよね(爆
  • 管理人
  • 2014/12/06 17:43
>itukaさん、
戦車のタイマンシーンは迫力ありましたね!
おもわず身をのりだして見ちゃいましたw
花火というよりも、
レーザー光線にみえました。
きれいだたね。
  • 管理人
  • 2014/12/06 17:42
>にゃむばななさん、
子供みたいだった新入りを鍛えていくあたりは、
正直きついシーンだったですね。
でもそれが現実なんですよね。。。
あまり戦車を重点にした作品はないかも。
いやー迫力ありました。
ドンパチの音が半端なかったわ。

戦車の後ろに歩兵部隊....あれは私も勉強になった。
狙われた時に参考にする 笑


同じくシャイア・ラブーフは気づかず、、、
戦車同士のタイマンは迫力ありましたね!
相手のシャーマン重戦車は当時世界一だったらしいですね。
大砲や機銃から出る弾道がすごく綺麗で
ある意味、花火大会をみてるようでした(笑)
この作品を戦争ドラマとして昇華させたことは素晴らしいと思いましたよ。
理想を夢見る者は現実を知らないと言われますが、でも理想を追う者はみんなの希望。
そんなノーマンが英雄と呼ばれても複雑な表情をするラストは秀逸でしたよ。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 偏愛映画自由帳
  • 2015/03/27 22:54
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年
  • C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
  • 2014/12/22 23:03
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・
  • 映画のブログ
  • 2014/12/20 16:08
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2014/12/18 20:54
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シ
  • 真紅のthinkingdays
  • 2014/12/15 21:23
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマ
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2014/12/13 00:56
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッシ
  • ここなつ映画レビュー
  • 2014/12/12 12:44
第二次世界大戦物で、戦車戦にスポットを当てた作品。よく考えてみたら当然のことだけれど、戦車はチーム制になっていて、内部のメンバーや役割は定められている。そこには命を賭けた、友情を超えた絆が存在する。その中の一機フューリー号での戦いを描いた作品である。
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2014/12/09 01:36
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、世界で唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその「脅威」を、超リアル に感じさせるのに非常に効果的だっ
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/12/06 02:29
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリ
  • はるみのひとり言
  • 2014/12/04 22:29
試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもの
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2014/12/03 17:32
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵
  • 風に吹かれて
  • 2014/12/02 09:46
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2014/12/02 00:47
ティーガー、固いなぁ。
  • てんびんthe LIFE
  • 2014/11/30 22:55
「フューリー」ジャパンプレミア TOHOシネマズ日劇1で鑑賞FURI2014-092今回公開2週間前のジャパンプレミアでしたが、この2日前にソウルで「フューリー」ワールドプレミアがあって、ブラピとローガンが挨拶してましたね。ブラピが韓国に上陸したのは初めてかどうかわか
  • Akira's VOICE
  • 2014/11/30 16:31
血と涙が轍となり命になる。  
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2014/11/30 06:09
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/11/30 00:01
【フューリー】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で
  • MOVIE BOYS
  • 2014/11/30 00:01
ブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2014/11/29 23:59
第二次大戦モノ。 全年齢向けとは思えない描写満載だから 小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない? 戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
  • こねたみっくす
  • 2014/11/29 23:35
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2014/11/29 23:27
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/11/29 23:16
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/11/29 22:13
『フューリー』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。(本日の2本目) 相変わらずのブラッド・ピットのファンサービスは素晴らしい! それに倣ってのローガン・ラーマンも素晴らしかった 【ストーリー】  1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍