バンクーバーの朝日



映画館はちびっ子たちであふれていたけど、
ここのスクリーンはお年寄りばっかでした

なんというか、、、
役者の演技(ヘタクソという意味ではありません)をはじめ
作品全体になんて覇気がないんだ!
と、観ていて思いました。

あの時代は暗かった、と言ってしまえばおしまいですけどね。

最初は移民の子だからひっそりと暮らしてるんだ、とか、
昼間は必死に働いてるんだから疲れていてあたりまえ、だと思ってたんだけど、
試合シーンでも、さあ!、これからだーっ!てところでも盛り上がらない。
うわぁー!って感動する心の準備をずっとしていただけに
ホームランのつもりが内安打になってしまいました。
って感じでした。

審判のジャッジがアンフェアだったり、
白人がだんだん朝日を応援していく過程、
初めて試合に勝った時などなど、
感動する場面はたくさんあったのにぜんぜん覇気がない!
野球ができる!という喜びや躍動感がまったく感じられなかった。

なによりもチームで円陣つくっても、
さあ行くぞ!っていう気迫のなさが、
この作品全体を物語っていました。

2014/12/20 ★★★





あの〜・・・
ユースケ・サンタマリアが出演していた意味がわからないのですが

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2014/12/28 19:44
>にゃむばななさん、
そういう時代だったのかもしれませんが・・・
それにしてもみなさん覇気がなさすぎて盛り上がりませんでした。

>観客が求めているのは史実の奥にある当事者たちの熱意や想い。
そうなんですよね!!
この熱い想いがみたかったのに、全然伝わってこなかったです。
  • 管理人
  • 2014/12/28 19:42
>yukarinさん、
盛り上がらなかったねー!!
これからだー!っていうシーンでもなんかみんな覇気がなくて。。。
ちょっと残念な作品だったな。t
時代背景を考えればこういう作り方もありなのかも知れませんが、それではただの史実を描いただけになってしまう。
観客が求めているのは史実の奥にある当事者たちの熱意や想い。
そこのところが盛り上がりませんでしたね〜。
やっぱりチョイ役が豪華だと各事務所からの圧力も凄かったんでしょうね。
なーんか盛り上がりに欠けたよね。
野球チームの話なのに試合のシーンも少なかったし盛りあがらなかったのは残念。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • たかやんブログ
  • 2015/02/13 18:08
これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。
  • 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
  • 2015/02/11 03:16
[バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働
  • ここなつ映画レビュー
  • 2015/01/26 17:32
2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2015/01/13 06:26
 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで3年働けば日本で一生暮らしていけるほど稼ぐことができるという話
  • cinema-days 映画な日々
  • 2014/12/31 15:27
第二次大戦前のカナダに実在した 日系人野球チーム「バンクー バー朝日」の チームメイトたちが、差別や偏見に負けずに 生きる姿を描く... 【個人評価:★★★ (3.05P)】 (劇場鑑賞)
  • 京の昼寝〜♪
  • 2014/12/28 08:45
□作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日」□監督 石井裕也□脚本 奥寺佐渡子□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市■鑑賞日 11月23日(火)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cy
  • to Heart
  • 2014/12/27 22:57
明日も見えない異国の地で、 そのチームは希望になった。 上映時間 133分 脚本 奥寺佐渡子 監督 石井裕也 出演 妻夫木聡/亀梨和也/勝地涼/上地雄輔/池松壮亮/高畑充希/宮崎あおい/貫地谷しほり/田口トモロヲ/鶴見辰吾/光石研/石田えり/佐藤浩市 戦前のカナダ・バンク
  • パピとママ映画のblog
  • 2014/12/23 12:02
1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。製材所で肉体労働に就く野球チーム
  • こねたみっくす
  • 2014/12/21 23:43
差別にも負けず、野球で日系移民の希望となったチームがあった。ただそれだけで他に何も描いていない映画。 恐らく各事務所の圧力が入り乱れたがために、石井裕也監督を始め製作 ...
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/12/21 23:15
2014/12/20公開 日本 133分監督:石井裕也出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市
  • オールマイティにコメンテート
  • 2014/12/21 21:18
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ...
  • 風に吹かれて
  • 2014/12/21 20:29
移民の苦難と忍耐 公式サイト http://www.vancouver-asahi.jp12月20日公開 監督: 石井裕也  「舟を編む」 「ぼくたちの家族」 19世紀末から戦前にかけて、一攫千金を夢
  • MOVIE BOYS
  • 2014/12/21 19:22
1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだった…。監督を務めるのは『舟を編む人』や『ぼくたちの家