スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    ヘイル、シーザー!
    0

      観る前はジョージ・クルーニーばかり目立っていたので主役かとおもったけど、
      たばこを吸ってしまいました、と告解していたジョシュ・ブローリンが主役ですな。
      てっきり“殺人を犯してしまいました”と告白するのかと思ってただけに、
      か、かわゆいたらーっ

      いろいろな映画の撮影シーンが出てきて、
      それはそれで面白かったんだけど、
      それが本筋と繋がる、というわけでもなく宙に浮いた感じで
      正直んって思いながら観てました。

      それでもスカちゃんの人魚姿の裏の実態はヤンキー姉ちゃんだったり、
      カウボーイのオールデン・エアエンライクの大根役者っぷりがうけたり、
      水兵服姿のチャニング・テイタムの美声とタップダンスが堪能できたのは楽しかった!

      特にチャニング・テイタムのミュージカルはマジック・マイクよりもノリノリで、
      帰りの電車の中で思い出してニタニタしてたら、
      最寄りの駅を降りそこなってしまいましたとさったらーっ

      後はジョージ・クルーニーが往復びんたされたときの表情が笑えたわ。

      潜水艦のシーンも撮影かと思ってたら・・・汗

      全体的にはいまいち感だったんだけど、、、
      個々の撮影シーンだけは楽しかった♪♬


      2016/5/19 ★★★

      2016/映画館鑑賞 | comments(4) | trackbacks(9)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >itukaさん、
        ジョージは史劇には向かないですね。
        あの顔は(苦笑
        大根役者、じれったかったな〜(爆
        私はチャニングだわ。
        管理人
        2016/05/28 5:23 PM
        >maniyonさん、
        チャニングのダンスはほんと良かったですね!
        これだけでももっと見たかったわ。

        コーエン兄弟、
        あまり笑いのツボがあわなかったりします(苦笑
        管理人
        2016/05/28 5:21 PM
        ジョージ・クルーニーは中世の史劇に向かないと断言したいほど
        思いっきり不細工でした。
        あの映画が当時の大作映画って笑っちゃいますよね^^;
        あの若手大根役者くんが結構お気に入り(笑)
        2016/05/22 6:00 PM
        ハリウッドの(しかもあの年代の)裏側ってだけでも、
        点が甘くなるんですが、今回、ほんとうに楽しかったです。
        チャニングのダンス、マジあっぱれ(笑)
        あれを、雑巾がどうのと、もう1回ほんとうに
        やらさせたら切れますよん。

        コーエン兄弟の映画はあわないときはぜんぜんダメなんですが、
        これは好きでした。
        2016/05/22 4:37 PM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/1451
        オスカー常連のジョエル&イーサン・コーエン兄弟によるサスペンスコメディー。ハリウッド黄金期を舞台に、超大作映画の撮影中に誘拐された大スターを奪還すべく、スタジオに雇われた何でも屋による捜査を描く。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、チャニング
        | パピとママ映画のblog | 2016/07/07 5:46 PM
        1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。 1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中 主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動
        | 笑う社会人の生活 | 2016/06/30 7:47 AM
        『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白
        | 映画的・絵画的・音楽的 | 2016/06/15 5:37 AM
        『ヘイル、シーザー!』 を鑑賞しました。 六本木ヒルズはかなり久しぶりである。 【ストーリー】  1950年代のハリウッド。スタジオの命運を左右する超大作『ヘイル、シーザー!』の撮影中、世界的大スターの主演俳優ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者
        | 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!− | 2016/05/29 4:38 PM
         HAIL, CAESAR  1950年代のハリウッド。エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、映画撮影 スタジオで起こる様々な揉め事や困り事を調停するフィクサーとして、多忙な日 々を送っていた。ある日、大作映画 「ヘイル、シーザー!」 の撮影
        | 真紅のthinkingdays | 2016/05/24 8:24 PM
        世界的大スターが、映画撮影中に誘拐される・・・。 ちょっと、期待していた内容と違ったな。キャッチコピーとか、パンフレット等を見ると、誘拐されたスターの捜索に、何でも屋のエディが残されたヘボな(失礼!)俳優たちを使っていく話かと思ったら、全然違いますね
        | 勝手に映画評 | 2016/05/23 10:43 PM
        もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょう
        | ここなつ映画レビュー | 2016/05/23 4:13 PM
        評価:★★★☆【3.5点】(11) ジョシュ・ブローリンのイメージそのままの男臭さが光る主人公!
        | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2016/05/22 5:20 PM
        絶えないストレスで禁煙できない 公式サイト http://hailcaesar.jp 監督: ジョエル・コーエン, イーサン・コーエン  「ファーゴ」 「バーン・アフター・リーディング」 「 トゥルー
        | 風に吹かれて | 2016/05/22 10:54 AM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search