マダム・フローレンス! 夢見るふたり

最初に謝っておきます。


夢のない私ですみません。

 

マダム・フローレンスの音痴を金を払って観客や新聞社など買収したり、
夫であるシンクレアには女がいたり、、、
なんか冒頭の劇からして茶番劇を観てるみたいでした。。。

 

特にシンクレアがフローレンスが眠った後に向かう家が、
最初は理解できなくて執事?なのかと思ったりしてしまった。
のちに病気のことを知って納得しましたが。

彼女に対する献身的な働きっぷりはそれはそれは見事でしたが、
やはり二重生活はいまいち納得できなかった。

 

カーネギーホールでの公演もみんな失笑してるのにブラボーと言ったり、
正直とまどってしまいました。
でもそのギャップにふいてしまいました.


そうなんです!顔をしかめながらところどころ吹いちゃうシーンがあって、
自分でもそのギャップに戸惑ってしまいました。

 

ピアニストのコズメがエレベーターの中で我慢できず吹き出しちゃうシーンは
まじで可笑しかった。

 

チャラ男のイメージがあったヒュー・グラントは、
二重生活とはいえタキシードの似合う紳士でした。

 

メリル・ストリープはわざと音程をはずすのが難しかったのでは?

 

良かったのか悪かったのか?

自分でもよくわからない作品でした〜(苦笑

 

2016/12/3 ★★★

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2016/12/04 16:25
>itukaさん、
一般人がカーネギーホールを借りたらいくらかかるんでしょうかね?
金持ちだからできたんだと、
夢のない私は想像してしまいました(苦笑
  • 管理人
  • 2016/12/04 16:23
>BROOKさん、
コズメ、、、エレベーターの中でこらえてたのが、
笑ってしまいました(苦笑

メリルはどんな役でも凄いですね!
社交界のマダムだから成立するんでしょうけど
これが名無しの一般人だったらこうは行きませんよね(笑)
型破りなヒロインに勇気をもらいました(笑)
伴奏者のコズメが印象的でしたね。
あの笑い…観ているこっちまで思わず吹き出しそうになりました。

フローレンス役のメリル・ストリープの成り切りっぷりは凄かったと思います。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2016/12/22 15:58
【FLORENCE FOSTER JENKINS】 2016/12/01公開 イギリス 111分監督:スティーヴン・フリアーズ出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ それは、いちど聴いたらクセになる“しあわせ”
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/12/16 06:49
 『マダム・フローレンス!夢見るふたり』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)メリル・ストリープの主演作というので、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、「based on true stories」の字幕が出て、1944年のニューヨーク。  シンクレア(ヒュー・グラント)が
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/12/11 16:35
ニューヨーク社交界の顔にしてソプラノ歌手でもあった実在の女性、フローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルにしたドラマ。絶望的な音痴であるにもかかわらずソプラノ歌手になる夢を追う彼女と、それをかなえようと奮闘する夫の姿を描く。監督は、『クィーン』な
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2016/12/11 14:34
イマイチな邦題。 ヒュー・グラントも夢見てたっけ? 笑いあり涙ありの本編を想像させる本編に反して、わ笑いも涙もピンとこない本編で残念。 無自覚音痴関連で笑わせたいのか、 ...
  • よくばりアンテナ
  • 2016/12/04 20:53
映画の日ってことで、いつもよりお安く観られる日にお休みが被ることってあんまりないので観てきました。 今日から公開ですって。 今日からの公開で、しかも映画の日だっていってもやっぱり平日昼間はスカスカです(; ^ω^) この地域にはシネコンが乱立して