海賊とよばれた男

メジャーに会社の舵を渡してはいかん!

 

外国企業相手に日本人としてあっぱれな心意気でした。
すみません、映画ではハリウドかぶれしている私ですがたらーっ
でも、岡田さんの熱い演技を見て国岡鐡造という男の生き様に感動しました。
衝動で久しぶりにパンフも買ってしまいました!

 

東京オリンピックが決まったというのに、

ごたごたもめてばかりで気持ちが上向かないのとは大違いで、
戦争で敗れたとはいえなんだか力強く活気があって羨ましかった。
社員を家族のように思い、野心があって、どんな圧力にもめげない。


しかも即決!!

 

今の日本企業とは大違い!!!汗

こんな社長、いや店主の会社で働きたいものですな。
どこぞのグループ会社のように4〜5年で社長の顔をまわしていくのとはえらい違いますね。

 

どこの石油会社かな?と思って観てけど、出光興産だったんですね。
昭和シェルとの合併が上手くいかなかったのは今になってみればうなずけますね。

 

戦後、こんな人たちがいたからこそ日本は経済成長したんですねと思った。
イランのアバダンへ行った日承丸事件は知らなかったけど、
凄い決断でしたね。
船が戻って来た時には涙腺が緩みました。

 

最初のころ海の上で軽油を売るとは驚きでした。

これが原点だったんですね。
さすが、海賊とよばれた男!
最初は手漕ぎ船だったのが、エンジンつきの船に代わったのが感動でした。

 

今年はエベレストに登った岡田さん、60歳、90代と演じた岡田さん、

いろいろな面を見せていただきました。

来年は刑事、その後関ケ原と活躍が楽しみです!

 

 

2016/12/10 ★★★★


 

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2016/12/17 16:44
>にゃむばななさん、
ほんとこんな上司がいたらいいですよね!
そう思える人物でした。
こんな店主だったらついていきますわ!
  • 管理人
  • 2016/12/17 16:42
>パピのママさん、
たくさんのTBありがとうございました。
こちらもTBしてるのですが、
最近TBできないブログサイト様が多くて(涙
悩んでおりまする。
コメント欄が閉じていた?ためこの場にてお礼申し上げます。
  • 管理人
  • 2016/12/17 16:39
>itukaさん、
こういう人が今の日本に欲しい人材ですね。
特に政治家!(苦笑
戦争には負けたが経済での戦い、いや日本人としての誇りを賭けた戦いには絶対に負けないという気合い。
それを行動に移したいと集まってくる猛者たち。
何とも格好のいい映画でしたね。
ほんま、こんな上司に出逢いたい!
こんにちは、たくさんのTBを送らせて頂きました。
この作品は、出光興産創業者である出光佐三の生涯を描いた映画であり、原作も読んでいるので、感無量でした。
残念ながら、原作とはだいぶ違っての脚本だったので、中でもイランへ行ったタンカーの船長の堤さんの物語をもっと出して欲しかった。
それでも、日本人として企業を存続させるために、何でも進んでやり遂げる気骨な精神力に感心し、誇りに思います。
同意なく勝手にブックマークへ入れました。嫌でしたら外しますのでご了承下さい。
こういう熱血タイプの男って今では貴重ですよね。
しかも先読み出来てアイデアも凄いと来たから鬼に金棒(笑)
こんな男が日本のリーダーにほしいですね^^;

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2016/12/17 20:08
原作はイイ話なんだろうなぁというのは解る。 でも2時間の映画にしてみるとどうも散漫な感じで。 登場人物もエピソードも多いのなんの。 もうちょっと厳選するなり、2部作にする ...
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2016/12/16 00:46
一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きでしょうがないという話。 それは百田尚樹 原作の同名小説のほうがより強く描かれていたけ
  • 西京極 紫の館
  • 2016/12/13 23:48
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で
  • こねたみっくす
  • 2016/12/12 23:51
海賊とよばれた男、國岡鐡造。士魂商才で日本の未来を信じ、礎を築いた男。 改めて日本人としての誇りを感じさせる、何とも日本的で和の心に満ち溢れた作品なのか。 出光興産株式 ...
  • 風に吹かれて
  • 2016/12/11 22:42
士魂商才 公式サイト http://kaizoku-movie.jp12月10日公開 原作: 海賊とよばれた男 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「ALWAYS 三丁目の夕日」 「永遠の0」
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2016/12/11 20:58
監督:山崎貴 出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、光石研、綾瀬はるか、堤真一、近藤正臣、國村隼、小林薫 【解説】 第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2016/12/11 16:59
『海賊とよばれた男』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 舞台挨拶は男が多くて華が無い  岡田准一、綾瀬はるか、 吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、鈴木亮平、ピエール瀧、  堤真一、國村隼、小林薫、山崎貴監督 の11名が登壇 【ストーリー】  敗戦後の1945年、東
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/12/11 16:35
百田尚樹の一大ベストセラーを「永遠の0」に続いて山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した大作ドラマ。若くして石油業に乗り出し、欧米石油メジャーに果敢に立ち向かって激動の時代を駆け抜けた男の一代記を吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、堤真一、綾瀬はるか、小林薫を
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/12/10 23:59
評価:★★★★【4点】(P) 戦中、戦後の日本のドラマはこの黄金トリオにお任せあれ〜!(笑)