素晴らしきかな、人生

たとえどん底に落ちても、やっぱり人生って素晴らしい〜!
っていう内容かと思ってました。

全然違った。
うさんくさい演出でハワードを立ち直らせようって・・・
ちょっとノレなかった。

劇団員にヘレン・ミレンってもったいないなぁ〜。
やっぱ勇ましい軍服姿のほうが好み(おいったらーっ

でも後半になって集会所にいたマデリンがハワードの妻だったということと、
ホイットと娘の問題、クレアの出産問題、サイモンの病の問題が
うさんくさい演出と思っていた愛・時間・死 とリンクするあたりは良かった。

けどやっと出発地点に立ったってこれからというラストでちょっと悶々として席を立ちました。

 

2017/2/25 ★★★
 

スポンサーサイト

Comments

予告のイメージと違っていましたが、
たしかに、悶々とする内容でした。
でも、ラストの奥さんネタはなかなか良かったですね。
ただ、お友達の病気にも気が付いているし、けっこう周りをみているのに
2年間も仕事もしない、会社も気に欠けない、友人が訪ねてきても返事もしない。
それもどうかなぁ〜〜って。はい、悶々としました。
え!?あのナオミはリス(←わざと誤変換やめなさい)は妻だったんですか!
ずっと寝てたワタシは、どん底の男と付き合い始めた集会所の
自助グループの主催者だとばかり^^;
やはり、寝てしまうのは作品に対して失礼ですね(反省)
劇団員に愛や死や時間を演じさせようとするかな?と、
作品の根本的な部分が気になりました。

映画だと割り切ってみれば、そんなに悪くないような気もします♪
ウィル・スミスのシリアス顔、印象に残りました。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2017/04/25 02:31
仕事もプライベートも絶好調! だったはずの主人公。 ところが一気に地獄落ち… まだ小さかった大切な娘が亡くなってしまったのだ! 何もやる気がしないまま、半年以上が経過。 立ち上げた会社が危機に陥り、困って周りが考えた「復帰作戦」とは?!
  • 風に吹かれて
  • 2017/03/07 14:57
ヘレン・ミレンはやっぱりうまい 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie2月25日公開 監督: デヴィッド・フランケル  「プラダを着た
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/03/04 21:11
評価:★☆【1.5点】(10) 最愛の一人娘を亡くした絶望感で会社をつぶす気?
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2017/03/04 16:56
人生は、人との繋がり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702280000/ 7つの贈り物【Blu-ray】 [ ロザリオ・ドーソン ]