ライオン 25年目のただいま

せっかくお花見休暇をとったのに朝から豪雨ですよ!!むかっ怒りマーク
なのでシネコンへGOー

Google Earth恐るべし!
前にGoogle Earthで家を見つけた、というニュースありましたね。
いつか映画化されるんだろうな〜と思ってたら今年のアカデミー賞候補になってたとは。

迷子になってインドの貧困地帯を見てビックリした。
特に子供。地下街に子供たちが寝転んでるのみてショック。
さらにその子供たちを連れていこうとしてるのは人身売買なの?
それに身寄りのない子供たちが施設にたくさんいて胸が痛かったわ。
もしもサルーが泣いてたらつられて泣いてたな。

ニコール・キッドマンがすごくおばさんに見えたけど(こらっ汗
オーストラリアの夫婦がすごくいい人でほっとした。
こんな夫婦いるんだなぁ〜と。

EDで実際に再会したときの映像が流れたのは感動でした。
けど、募金はユニセフ云々が流れたら覚めちゃった〜。

列車の速度と距離を計算してって・・・そんな難しい計算私には無理だわ。

ライオンって・・・いくら5歳とはいえ自分の名前くらい覚えなさいたらーっ

ほんとかどうか疑わしかったんだけど新聞に迷子の広告をだしたと言ってたけど、
どう見てもあの母親や住んでる地域は新聞を読む習慣なさそうなんですけど汗

 

2017/4/7 ★★★☆

スポンサーサイト

Comments

5歳のサルーが意外と逞しかったですね。
路頭に迷っても決して泣かなかったのはさすがでした。
ワタシも彼が泣いてたら一緒に泣きそう(笑)
文盲がまだまだ多いインドにおいて、この奇跡の物語はある意味過酷な現状を世界に知らしめるうえでも重要な作品なのでしょうね。
それにしてもサルー少年を演じたサニー・パワールくん。
何て愛らしいんだ♪

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2017/04/15 13:13
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれ
  • 風に吹かれて
  • 2017/04/11 09:15
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
  • こねたみっくす
  • 2017/04/08 23:11
大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家 ...