カフェ・ソサエティ

やっぱり私の肌に合わなかった。。。
上映時間96分が2時間くらいに思えました。

あいかわらずジェシー・アイゼンバーグの喋りは引き込まれるんだけど、
肝心の物語が引き込まれなかった。

あ、でもギャングの兄は単調な物語にメリハリを与えてくれて良かった。

ハリウッドで成功しているいい歳したおっさんが若い女とって〜〜〜むかっ
よくある事だとは思うけど。

クリステン・スチュワートの衣装が可愛い子すぎて似合ってない!
後半の気高く気取った衣装のほうがしっくりとくる!!
反対にブレイク・ライブリーは似合った役だったな。

ラストどっちも未練たっぷりな顔のアップで
え、これで終わり・・・とぽか〜んとしてしまいました。。。

 

2017/5/5 ★★☆

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2017/05/07 15:54
>itukaさん、
クリステンのぶりっこ衣装は似合わなかったですね。
そもそも控え目な印象なんてないもんだから、
違和感ありありでした(苦笑

兄の存在は良かった!
親族に一人いるといいですよね。(爆
クリステンの秘書用の衣装が、どこぞのメイドみたいで
ちょっと似合ってないと思ったのは同じでしたね(笑)
親族には必ず一人いる問題児。
自分の親族に居たら困るけど、切羽詰まったときに頼れるから
カッコよく見えちゃいますね(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ♪HAVE A NICE DAY♪
  • 2017/05/11 22:01
ウディ・アレンの最新作ですが今回も楽しめた 面白かった〜 今回の女優さんはクリステン・スチュワートかー・・・と失礼ながら思ってましたが 綺麗なんだけど・・・なんか違う・・・でも綺麗だけどさ。。。(笑) でもでもブレイク・ライヴリーやスティーヴ・カレルが
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2017/05/09 00:37
個人的にはブレイク・ライヴリーの方が好み。
  • 勝手に映画評
  • 2017/05/07 08:30
ウディ・アレンによる、1930年代の社交界の人々によるロマンティック・コメディ。ウディ・アレン自身が、ナレーションを務めている。 タイトルの『カフェ・ソサエティ』とは、社交界の事。社交界を通じたラブコメな訳ですが、社交界は狭いという意味もあるんでしょうか
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2017/05/06 23:43
ウディ・アレン(写真:右)の新作。 時代は1930年代。 親戚のツテをたどり、NYから憧れのハリウッドに挑戦する主人公(ジェシー・アイゼンバーグ 写真:左) キラキラしている生活を送れる映画界にスッカリ夢中に。 そんな日々の中、運命の女性(クリステ
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/05/06 19:18
「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」のウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台に、2人のヴェロニカに翻弄される青年のほろ苦い恋と成長を描くロマンティック・コメディ。主演はジェシー・アイゼンバーグ、共演にクリステン・スチ
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/05/06 17:18
評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め
  • 風に吹かれて
  • 2017/05/06 13:34
大人になると... 公式サイト http://movie-cafesociety.com5月5日公開 監督: ウディ・アレン 1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は