June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スリーパーズ

最後に“名前と場所を変えた実話”とテロップがながれました。。。ほんとか嘘かはわかりませんが、少年たちのことを思うと、心が痛む内容でした。

少年院に送られてしまった4人の子供たちが看守からうけた虐待。すごく不愉快でした。でもその看守役のケビン・ベーコンが憎たらしいけど、いじわるさが出ていて良かった。だけど、素直に良かったとは受け入れられない複雑な心境でした(苦笑) 14歳の少年の心にあたえた影響を考えると・・・

裁判によって少年院での虐待を暴き、復讐を果たしていった4人の友情がじ〜んときました。たとえ友達がヤクザになろうと、友達としてつきあっていく・・・裁判が終わった後にみんなで酒場で楽しそうにしていた姿に涙があふれてきたラストでした。

神父役のロバート・デニーロが、少年院での虐待を打ち明けられたときの表情や、裁判での証言での苦悩の表情が印象に残りました。


1996/アメリカ
監督: バリー・レヴィンソン
出演: ジェイソン・パトリック / ブラッド・ピット / ロン・エルダード / ビリー・クラダップ / ロバート・デ・ニーロ / ダスティン・ホフマン / ケヴィン・ベーコン 

2004/1/4 WOWOWにて鑑賞 ★★★★

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop