June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ニューオーリンズ・トライアル



いやーおもしろかったぁー!やっぱり法廷サスペンスもの第一人者、ジョン・グリシャムの原作だけのことはありました。アクション映画ではないにのに、こんなに心理的にドキドキとしたのは久しぶりでした。

原告側の弁護士であるダスティン・ホフマンと被告側の陪審コンサルタントのジーン・ハックマン、陪審員であるジョン・キューザックと謎の女レイチェル・ワイズ。この4人をとうして銃器メーカーへの訴訟の裁判の姿が面白かったー!

まず最初に、ジーン・ハックマンの役である“陪審コンサルタント”の存在!さすが訴訟社会のアメリカ、こんな職業もあったのですねぇ〜(苦笑)弁護士を裏から支えるといえば聞こえはいいけど、その実態は007も真っ青な諜報活動!!(獏) 

有利な陪審員を選ぶために、陪審員候補の性格や病歴、法廷での目線や癖などを法廷に隠しカメラまで持ち込んで分析して裏から弁護人に指示をだしている。そこまでして陪審員を選ぶなんて、これっぽっちも思っていなかっただけにオドロキ!〜。こりゃ陪審員に選ばれるのも大変なことだわ(^_^;)

次に、40年来の親友というダスティン・ホフマンとジーン・ハックマンの演技!弁護士であるホフマンと裏で諜報活動なみのことをしている陪審コンサルタントのハックマン。見てるものをひきつける演技でした。いったいこの2人のどちらが勝つのだろう?!と思ったのですが・・・根本的にそういう問題ではなかったのですねぇ〜。

話が進むにつれて、陪審員であるジョン・キューザックがなんだか怪しい存在でねぇ〜。この裁判とどんなかかわりがあるのか?!と思ったのですが。。。それは007なみの諜報活動でジーン・ハックマンが暴いてくれます(笑)

陪審員になるのも大変だけど、なってからも大変〜(苦笑)


2003/アメリカ
監督:ゲイリー・フレダー
出演:ジョン・キューザック/ ジーン・ハックマン/ ダスティン・ホフマン/レイチェル・ワイズ

2004/1/31 映画館にて鑑賞 ★★★★★

スポンサーサイト

comments

   

trackback

J・エドガー

【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命

  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2012/01/29 8:46 PM
ニューオーリンズ・トライアル

 コチラの「ニューオーリンズ・トライアル」は、「ペリカン文書」の原作者で元弁護士のジョン・グリシャムのベストセラー小説「陪審評決」をベースに映画化したスリリングなリーガル・サスペンスです。  監督は、「コレクター」、「サウンド・オブ・サイレンス」の

  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2009/03/17 8:09 PM
pagetop