ゲット・アウト

白人の彼女がすごくキュートだっただけに、
豹変したのはびっくり。

そもそもローズの実家があんなに人里離れたところにあるのからして
これは何かある!と違和感ありまくりでした。

ローズママの禁煙の催眠術しかり、
管理人やお手伝いの黒人とかしかり、
ローズの一家もなんか不自然にいい人ぶってるし。

でもそれがいったい何なのか?よくわからず・・・

何かおかしい!?と感じたらとっととその場を去ることですね。

ラストに駆けつけたパトカーがもしや?と思うとハラハラドキドキ。
友人で良かったわたらーっ

 

2017/11/11/4 ★★★☆

スポンサーサイト

Comments

ホラー映画ジャンルに組み込んだ
人種差別問題
コメディというとそうもなるし
これ新ジャンルだよね
現実問題として決して起こらない
と言い切れないしねー
あのゲットアウト!は
出ていけじゃなくて逃げろ!
やっぱ「笑いながら泣く」がツボだったわ
これを観て
ハリーポッターの世界は現実味じゃん!と思ってしまったわ(笑)
ローズ家の使用人は彼女の祖父母で
脳だけ入れ替えて黒人の強靭な肉体をもらったんです。
あの使用人たちの額には大きな接合痕が。。。
ビンゴ大会は黒人の肉体をゲットする抽選会でしたね^^;

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • Said q winning
  • 2017/11/22 20:58
  監督・脚本・製作/ジョーダン・ピールキャスト ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード あらすじ:ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/11/10 21:45
評価:★★★【3点】(F) 恋人の実家へと半ば強引に招待されたら。。。“何かがおかしい”