モリーズ・ゲーム

ジェシカ・チャステインの胸の谷間に目がいってしまったたらーっ

前々から外国のオリンピック選手は、引退したら弁護士や医者になるという人が多くてびっくりしてたんだけど、モリー・ブルームもまさに文武両道だった。ちょっと道はずれちゃったけど、なるほど打たれ強いわけだ。

ポーカーのルールはよく知らないけど、高額な掛け金だけでスリルが味わえた。しかし顧客である映画俳優やスポーツ選手とか、誰なんだろう〜?と思いながら観てたんだけど、誰もが知ってる有名人でびっくりしたわ!裁判沙汰になっても決して彼らの情報を渡さなかったモリーに感服。

子供の頃から父親との確執があったけど、最後の父親との会話に思わずほろりときてしまった。父親役であるケビン・コスナー、すっかり名脇役になったな!

そうだ、モリーが使ってた表計算ソフトって、どんなのかな?興味津々。

 

2018/5/12 ★★★☆

スポンサーサイト

Comments

  • yukarin
  • 2018/05/15 15:03
顧客がすごい人ばかりだから情報を渡してたら大混乱になってたでしょうねぇ。
父親役のケビン・コスナーが良かったですね〜
ジェシカって意外に肉感的ボディでしたね。
今回初めて彼女の美貌を知ったワタシです。
そうそう、なんのソフトなのか気になりますよね(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL