僕の彼女を紹介します

今年はほんとにものすごい韓流ブームですね。今年になて「ブラザーフッド」、そしてついこの間「誰にでも秘密がある」を見たばかりなのにまたまた韓国映画の鑑賞です。去年までの私には考えられないことです。でもやっぱり私の基本はハリウッドですが。(笑)


正直いってこんなにも純粋なラブストーり−だとおもってもいませんでした。前半はちょっぴりクスクスと笑ったりしましたが後半はかなり泣けました。。。特に「風」を感じるあたりから・・・両目からうるうる〜でした。


そう、風を感じるあたりから・・・風と共にイカのにおいがプンプンと流れてきました〜。(苦笑)たのむから映画館でイカを食うのはやめてくれぇ〜〜!けっこう強烈なにおいなのよ(涙)せ、せっかくの風がぁ・・・・


いつか「私の彼を紹介します」と言ってみたいですねぇ〜(苦笑)



2004/韓国
監督:クァク・ジェヨン
出演:チョン・ジヒョン
   チャン・ヒョク
   キム・テウ
   チャン・ホビン


2004/12/11 映画館にて鑑賞 ★★★


以下、ネタバレ感想
前半はほんと、コミカルでしたね。ギョンジンがタバコを吸っていた高校生を殴ったことでその父親が警察にやってきて彼女をバンバン殴っていたとき、私だったら拳で殴り返してやるのに・・・とおもっていたところにミョンウがたんかをきって相手をひざまづかせたりとか、手錠をしたまま寝て、無意識に彼女が手錠を手からスルスル〜と抜いてしまってまたはめちゃったりとか。


でも旅の道中にあった事故あたりから涙腺がゆるんできましたね。あの事故でてっきりミョンウは死んでしまうのかと思ったのですが違った。ほっと一息させといてあの事件・・・そりゃ〜ないよねぇ。でも、ミョンウを撃ったのはギョンジン自身だったの?!私はとっとと逃げてしまった刑事、のちに彼女とコンビを組むことになったあの刑事が撃った!?とおもっていたのですが。


紙飛行機に誘われたかのように自分の部屋に入ったギョンジを迎えたのが「風」だったときにはやられましたよー。いっせいに風車がまわり白いカーテンがフワフワと・・・それだけで胸が苦しくなりました。そして初めて彼女が口にした言葉、「ごめん」も。演出がよすぎるよォ〜(涙)そしてX−JYPANの曲がいっそう雰囲気を盛り上げてくてましたね〜!


ラスト、「僕は君のそばにいるよ。今日、君はその人にであうはず・・・」という言葉とともに駅のプラットホームにあらわれた男を見たら引いちゃいました。汗あまりにも私好みの男性じゃなかったもので。スミマセン。でも、この人「猟奇的な彼女」に出演したサプライズゲストだそうですね。いやぁ〜男であのボテっとした唇は私の好みじゃないのよ。アハハ〜〜(汗)

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2005/07/20 20:35
>ぼたんさん、
もっと二枚目な人が出てくればよかったのに〜〜(苦笑)
涙腺がゆるんでいただけに、
なんでー?!って・・・かんじでした(笑)
初めまして、ぼたんです★☆

TBさせていただきました^^
もう大ッ好きな映画です><

あたしはあのお間抜けな顔が好きです♪でも言われてみればぽてっとしたくちびるですね!あはは

これからもよろしくお願いします!!
  • 管理人
  • 2004/12/24 22:55
>まっこさん、
やっぱり「猟奇的な彼女」をみていれば、
ラストはうけるんですね〜(笑)
猟奇を上映していたころはまだまだ私は
韓国映画を見る気にはなれなかったので(汗)
最近は世間の波に押されて韓国映画、
見てますが(苦笑)
はじめましてー!googleで検索していたら、こちらにたどり着きました★
まっこと申します!
僕カノ、今日初めて見ました!私は猟奇的〜見てからいったので、最後笑ってしまったクチですが笑

TBさせていただきました★よろしくお願いします★
  • 管理人
  • 2004/12/13 12:38
>kossy さん、
「猟奇的な彼女」は見てないので、
なんでもっとかっこいい人をださないのかなァ?!
とおもってました。
あのケイジが病院で伝えたいことがあるんだ!
っていっていたので気になったのですよ。

>月の風さん、
「猟奇的な彼女」見てればうけたかもしれませんね。
でも、、、やっぱり私の好みじゃないわ(苦笑)

>chishi
この作品はあまり突っ込まないで見れたのでよかったです。
突っ込んだらまったく泣けなかったでしょう〜。
Tearsが、私に泣け泣けと催促するみたいで辛かったです〜。
たくさん笑ったし、ちょびっと泣いたしで楽しめました。
が、ツッコミどころが満載なので、私は人にはススメられませんね(笑)
あれれ、最後、ネタばれしちゃいましたね。
「猟奇的な彼女」知ってる人は結構受けてましたよ。
というか呆れてたというか。
かなりの反則わざでしたね。
TBありがとうございます。
猟奇的のキョヌくんですね。
かなり賛否両論になってます(笑)
撃ったのは誰か・・・考えないようにしてましたぁ〜
これもリピートが必要かなぁ・・・
  • 管理人
  • 2004/12/12 15:55
>青龍さん、
いや〜〜イカにはまいりました。
缶ビール飲んでたらどうしようかと思いましたもの(汗)
青龍さんだったら・・・きっと号泣きだとおもいますよ(笑)
  • 青龍
  • 2004/12/12 13:26
早速泣いてきたようですね。
イカの話は面白いですが(笑
自分は自宅で泣こうかな〜

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
  • 2006/02/28 02:39
原題:Windstruck 韓流ラブストーリーの傑作『猟奇的な彼女』の衝撃が今再び・・と期待に胸を膨らませて観たが・・中盤はダレるも、出だしと終盤は期待を裏切らない・・。 ハリウッドかと見間違えそうな夜景を空撮する導入部、高層ビルの屋上から今まさに飛び
  • L'Auberge espagnole
  • 2005/07/19 22:57
僕の彼女を紹介します 〜愛を信じるあなただけに、僕の彼女を紹介します〜 ストーリーは“主人公は、仕事に燃える熱血女性警察官。誤認逮捕が元で知り合った男性高校教師と恋に落ちた。無鉄砲な主人公を、ハラハラしながら見守る高校教師は、何があっても彼女を守る
  • 坂部千尋のsparrow diary
  • 2005/05/06 02:16
 一本だけ返却されていたので借りるべきなのかと思い借りてみました{/hiyo_en1/}言うまでもないかも知れませんが”猟奇的な彼女”のチョン・ジ・ヒョンとクァク・ジョエン監督ペアの韓国ラブストーリーNO.1観客動員数映画{/face_warai/}千尋は”猟奇的な彼女”が大好
  • ヲイラのだいあり?
  • 2005/05/05 02:35
■ 僕の彼女を紹介します (2004) 原題:WINDSTRUCK もし僕が死んだら… 君は追いかけて来てくれるかな? 2001年「猟奇的な彼女」を世に送り出したクァク・ジェヨン監督と、主演女優のチョン・ジヒョンが再び挑む「もうひとつの彼
  • ある在日コリアンの位牌
  • 2005/05/01 09:46
タイトル: 僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉  日本公開韓国映画史上NO.1記録を樹立。韓国映画として、これまで日本で興行成績が一番だった「シュリ」を抜いたという映画です。チョン・ジヒョンの恋人役にチャン・ヒョク(「火山高」出演)
  • 京の昼寝〜♪
  • 2005/01/20 00:35
☆★☆★☆ 「僕の彼女を紹介します」 ☆★☆★☆ 「僕カノ」が昨年12月の封切り以来、までの公開37日間で、観客動員数137万人、何と興行収入は18億円を突破し、今まで韓国映画ナンバーワンだった「シュリ」を抜いたそうです! この記録で、今まで日本で公
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2005/01/07 20:13
毎々「この映画は何点?」アンケートにご協力いただきましてありがとうございます! ちょっと集計に手間取ってしまい、発表が2005年になってしまいました(汗) この作品は、点数が幅広〜く分かれています。 このベタさがアカン!、いやいやこれが面白いんだって!
  • De hygger sig
  • 2004/12/23 02:13
今日はレイトショーじゃありませんで(笑) 今日のロードショー ってことで 僕の彼女を紹介します うひゃあーーー とうとう見てきました 前回の誰ヒミの苦い思い出があるので、はよいかなーー と思ってたら、また寝坊してしまった お〜〜ば〜〜か〜〜!!
  • Various topics BLOG
  • 2004/12/22 23:58
これはコメディ?? 水曜日でメンズ・ディだったので、CMで気になっていた僕の彼女を紹介しますを 観てきました。猟奇的な彼女を観ていないので、あの監督と女優の待望の最新作と 言われてもピンときません。観た感想としては、これはコメディですか??CMで ボロボロ
  • I N T R O + UptoDate
  • 2004/12/21 05:09
話題作チェックに、高野雲による「僕の彼女を紹介します」評を追加。 「僕の彼女を紹介します」は、『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジェヨンと同作品主演女優のチョン・ジヒョンのコンビによるラブストーリー。“男までもが泣いている!83%が泣いた!”とあらゆる媒体
  • FOR BRILLIANT FUTURE
  • 2004/12/20 20:22
韓国中の83%がこの映画を見て泣き、また、同時に日本以外のアジア各国で公開され、当時公開されていた「トロイ」などを完全に抑えた観客動員数を上げたと言われる映画。 監督は未だに日本でも人気のある「猟奇的な彼女」の監督。また、主演女優も同じ。しかも、主演女
  • ☆ 瞑麟の プチ萌え日記 ☆
  • 2004/12/16 17:53
★大好評の「僕の彼女を紹介します」公式HPはこちらです。 ★今、オリジナル・サウンド・トラックもとても売れているそうですね。 HPを開くと、韓国のシンガー・ユミが歌う「天国への扉」(ボブ・ディランの名曲のカバー)が流れてきますが、これ、映画冒頭の印象的
  • kaoritalyたる所以
  • 2004/12/16 08:16
今の韓流ブームには乗り切れないし乗る気もありませんが観ちゃいましたよ、僕カノを・・。確かワーナーのアドレスがbokukano.jpみたいな・・でしたよね。予告で何度か見ていたので。まぁ、それは置いといて、「猟奇的な彼女」の評判の高さに気になりつつ観て
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2004/12/16 00:15
「猟奇的な彼女」を超える?チョン・ジヒョン主演のアクション・ラブ・ファンタジー。 2004年12月、日本公開作。 超久しぶりに劇場鑑賞しちゃいました。 チョン・ジヒョン主演だから。 監督も「猟奇的〜」と同じ人。 共演の男は・・・誰でもよしっ。 あらすじ 気
  • 私的映画的ダイアリィ
  • 2004/12/14 21:09
「僕の彼女を紹介します」を観てきました。 「83%が泣いた」の83%の方に入っちゃいました。 しかも号泣(´・ω:;.:... ストーリーはベタベタです。 これでもか、これでも泣かないかってくらいに ベタベタに厚塗りしてきます。 が、観ている最中は感情
  • ブログアフィリエイト徹底ガイド マイバブルタイプ
  • 2004/12/13 10:55
韓国映画「僕の彼女を紹介します」と「猟奇的な彼女」の秘密!実はこの2作品で1つの運命が出来上がっている!?
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2004/12/13 00:56
〜この映画、10点満点なら何点つけますか?〜 舞台で映画を観るなんて久し振りです・・・小学生の頃の子ども会以来(笑) なんだかドキドキしながらいつもとは違う座席に腰を下ろして始まるのを待ちました。 幕が開きました。ここ数日あちこちから流れている聞き覚
  • xina-shinのぷちシネマレビュー?
  • 2004/12/12 22:48
12月15日で切れてしまう私の車の車検。今日の朝コバックに渡してきました。バッテリーの交換等も頼んできたので最終的には10万弱ぐらいになりそうです。 今週の体調は最悪でした。久しぶりに会社を休んでしまいました。それも火曜日と金曜日。水曜日は何とか定時まで、
  • おえかき上達への道
  • 2004/12/12 21:47
僕の彼女を紹介します ★★★★☆ 前回の猟奇的な彼女が★3つで(DVDですけど)、今回は★4つ。 色々詰め込まれて飽きさせません。 ベタな表現すぎとか、いやにヒロインをアップで映しすぎとか、予想してたし、予測範囲内だったので必要以上にイライラはしませんでした
  • ネタバレ映画館
  • 2004/12/12 21:15
 『猟奇的な彼女』、『ラブストーリー』を世に送り出したクァク・ジョヨン監督の第3弾。見終わった直後は、壮大なストーリーの「ドラクエ掘廚鬟リアした時の感覚と同じになった!『猟奇的な彼女』を観ていないと意味がわからないかもしれません。 【ネタバレ注意】
  • 30歳独身男Kazuakiの映画日記
  • 2004/12/12 17:58
「チョン・ジヒョンファンには◎。それ以外の人には×。ファンタジーの域に達してしまったラブストーリー。チョン・ジヒョンに思いっきり殴られても笑っていられるであろう人は、きっと何度も泣かされるはず。」 新潟に帰るまで待ちきれずに、朝一で品川プリンスシネマ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2004/12/12 17:53
■監督 クァク・ジョエン ■出演 チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク 一見うら若い乙女、ギョンジン(チョン・ジヒョン)は、激しい思い込みと正義感に燃える熱血警察官。 引ったくりと間違え、誤認逮捕が元で知り合った高校教師、ミョンウ(チャン・ヒョク)と恋に落
  • 「月の風」シネマ日記
  • 2004/12/12 15:56
クァク・ジェヨン監督 チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク主演 チャン・ヒョク演じる”彼”が、彼女を紹介する話でした。タイトル通り。 う〜ん、見事なまでに彼女を紹介されてしまった。 でもね、カントク〜っ、「マンネリ化してませんか」って聞きたくなるシーン