マイ・ボディガード

「トップガン」や「スパイ・ゲーム」「クリムゾン・ダイド」のトニー・スコット監督作品、凝ったカメラワークとか好きなので楽しみにしていました。それに予告やチラシを見るかぎりでは、ジャン・レノの「レオン」やケヴィン・コスナーの「ボディガード」のにおいがぷんぷんただよってきて“泣ける”映画だと思い込んでいました。はい、、確かに泣けるシーンもありましたが。。。


そういう作品ではないということが鑑賞後にパンフを読んで原題を知って納得しました。原題は「MAN ON FIRE」、「燃える男」ですよ!デンゼル・ワシントン、たしかに燃えていました!これは立派な復讐劇ですよ。R−15の指定もあったのでとはおもっていたのですが、これほどの復讐劇だったらたしかにねぇ〜(苦笑)


あからさまにデンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングの切ない物語を期待している客層を呼び込むための邦題と宣伝の仕方にがっかりしてしまいました。中身の良し悪しは別として、邦題と宣伝の仕方が悪すぎる。。。


でもやっぱりラストには泣けちゃったぁ〜。。。


2004/アメリカ
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン
   ダコタ・ファニング
   クリストファー・ウォーケン
   ミッキー・ローク 


2004/12/18 映画館にて鑑賞 ★★★
  

ペン予告メモ
「アビエイター」
レオナルド・デカプリオを久しぶりにスクリーンで見ましたよー!


以下、ネタバレ感想
ピタが言っていたとうりにクリーシーは“大きな寂しそうなクマ”でした。言われてみればデンゼル・ワシントン、クマに似てますね。(笑)そのクマにピタが、初めてクリーシーを笑わせたシーンとか、二人で水泳の特訓をしたシーン、プレゼントにペンダントをあげたシーン、ピアノのレッスンに行く前に黄色の花をあげたシーンとか、そういった二人のふれあいがクリーシーの心に生きる希望を吹き込んでいったシーンが好きでした。あ、ダコタ・ファニングの水着姿、セクシィ〜でしたね(笑)私はピンクの水着がかわいかったなぁ〜♪


このあたりまではピタとの心の通うシーンがまさに“ボディガード”でしたが、ピタが誘拐されてから・・・クリーシーが“復讐”するあたりからけっこうひいちゃった女性、多いんじゃないかしら。指そぎ落としたりとか数々の拷問シーンに(苦笑)私はドンパチもの好きだからへちゃらだったのですが、それでも“えー!?な、なんか雰囲気違うじゃないの〜〜!”と思いました。


とどのつまりがあちらのお国柄とはいえ、腐敗しきった警察や弁護士、そして父親までもがぁ〜ってのがなんか見ていて腹ただしくなってきたました。(そんなマジに突っ込んでどうするんだぁ〜)


それと全体的には説明不足な気も。。。クリーシーの米軍でのテロ対策にあたっていた経歴とかがわかりずらかったし、特にあのピタも質問していたクリーシーの手の傷跡・・・どうしてできたのでしょうかね〜?そこらへんの事情とかピタとのやりとりをもっと描いてくれたら、感情移入できたと思います。


とは言ってもラストはやっぱり泣けました。あれだけの有名な子役ダコタ・ファニングがあっさりと死んじゃった・・・なんておもってませんでしたが、それでもデンゼル・ワシントンと抱き合ったシーンはウルウル〜。



最後にもう一度、言わせて。
邦題と宣伝が悪い!

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2005/02/12 00:19
>キョヌ&バムセさん、
この邦題、偽りアリ!ですよね。
誰が考えたんだー!?といまでも怒ってます(苦笑)
  • キョヌ&バムセ
  • 2005/02/11 02:39
こんにちは。
TBさせていただきました。

楽しんで見ることはできたのですが、
これ、邦題に偽りあり…ですよねぇ。
  • 管理人
  • 2005/01/10 20:24
>るるる@fabさん、
予想していたのとぜんぜん違って、
そのギャップがちょっとショックでした・・・

>onoxさん、
きっと邦題をかえたのは、
私のようにお涙頂戴物語を期待して見に行く人を
呼び込むためだったとおもいます。
原題のままでもデンゼル・ワシントンとダコタ・ファニング
だったら見に行ったのに!
  • onox
  • 2005/01/10 02:40
ほんと,宣伝のイメージとは違いますよねぇ.
原題は知ってはいたし,原作もちょっと立ち読みしたので
かなり改変してきたのかな?くらいに思っていたんですけど,
そうではなかったんですよねぇ.
おかげで,最後のシーンも感動が対してなかったですわ.

イチイチ原題を変える必要があったのかなぁ?って思いましたね.
そのままでいいじゃん,って感じでした.
これ、俳優陣も良かったし話も悪くなかったんですが
如何せん予想と違ってかなりハードでビックリしちゃいますよね(笑)。
男性陣にはとっても人気があるみたいで、私の夫も「面白かった」と喜んでおりました。
  • 管理人
  • 2004/12/24 23:01
>まっこ さん、
R−15だったので???とおもったのですよ。
でも見に行くときはすっかり忘れてましたが(苦笑)
見れば納得のR−15でしたね。
中身と違う邦題のつけかたにはちょと“カチ〜ン!”
ときちゃいました。
デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニング共演だっただけに、
もっときちんと宣伝して欲しかったわ。。。
またまた、まっこです。
MYボディーガード、確かに邦題悪いような気がします(^-^;
私は試写会で見たので、パンフを手に入れることができなかったのですが、試写会の葉書をみて、「なぜR−15?」と思ってはいました笑

でも、わたしも同じところで泣いてしまいました。
最後にぐっときてしまう映画ですよね。
TBさせていただきました!
  • 管理人
  • 2004/12/19 15:27
>みやりん1966さん、
私もちょくちょくそちらのサイトを覗かせていただいております(笑)
感想はみなさん、邦題からうけるイメージとかけ離れている・・・ことに一致するとおもいますよ(苦笑)
こんな邦題のつけかた、ちょと哀しいですね。

そう、手のキズ意味ありげだったのに・・・
なんにも説明がなかったわね。
はじめまして、TB入れさせていただきましたチラシ野郎です。
コメント初めてですが、たびたびお邪魔させていただいてました(人見知り)。
自分の記事をUPした後で訪問させていただいたところ、感想がほとんど同じ(^_^)であることを知り、これは一言ご挨拶をせねばと思った次第です。
私は気に言った記事やコメントをノートに書きとめて、参考にしたりする習慣はございませんので(^_^)、ご了承ください。

すっかり忘れてましたが、確かに手の傷の説明ありませんでしたね。なんだったんだろう…

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ネット丸トク情報
  • 2007/01/27 05:23
12歳の米天才子役のダコタ・ファニングさんが、新作の「ハウンドドッグ」への批判に怒りをあらわにしました。どうしたんだろ?ダコタ・ファニングさんといえば、「シャーロットのおくりもの」に主演した12歳の米天才子役ですよね。ファニングさんは「ハウ...
  • Yuhiの読書日記+α
  • 2006/06/25 20:16
デンゼル・ワシントン演ずる対テロ部隊出身の退役軍人クリーシーが、メキシコに住むお金持ちの娘ピタ(ダコタ・ファニング)の護衛を依頼されるところから話は始まります。 物語の前半は、長い軍人生活で、すっかり心が荒んでいるクリーシーが、子供らしい愛らしさと率
  • 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
  • 2006/04/20 02:16
原題:Man on Fire 生きる目的を見失い地獄を彷徨う男を、少女の暖かな眼差しが救う。男は少女のために立ち上がり命を懸けて・・ハートウォームに殺戮が同居する。 ジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、米軍で暗殺を仕事としていたことで心身共に疲
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2006/04/09 03:27
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2004年 アメリカ/メキシコ映画 146分 アクション 採点★★★★ “『レオン』の~”って宣伝される映画って、一年間にどのくらいあるんでしょうね?なんというか、まだ『レオン』が基準ですか?ダコタ・ファニングをメ
  • I Love Movie!【ホームシアター映画日記】
  • 2005/12/22 00:23
マイ・ボディガード 通常版デンゼル・ワシントン トニー・スコット ダコタ・ファニング 松竹 2005-06-29売り上げランキング : 6,678Amazonで詳しく見る by G-Tools ★ストーリー★ 元CIAの特殊部隊員ジョン・クリーシー。彼はこれまで、米軍の対テロ部隊に所属
  • Rohi-ta_site.com
  • 2005/08/19 02:23
DVDでデンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング出演の「マイ・ボディガード」を観ました。 ●ストーリー CIAの特殊工作員として、各地で暗殺を繰り返していたジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は今まで自分がしてきた事に後悔の念を持ち、酒に溺れ、
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2005/08/05 00:24
主役はオスカー俳優・デンゼル・ワシントン・・・ まっ、そんなのはどうでもよくてぇ・・・ ひらりんのお目当てはダコタ・ファニングちゃん。 名子役の作品を見逃すわけにはいきません。 原題は「MAN ON FIRE」=燃える男。 2004年製作のアクション・サスペンス、146分も
  • 利用価値のない日々の雑学
  • 2005/07/15 20:48
シアター公開時にたまげた作品のひとつ。というか、筆者の悪い癖で予告だけ見て、デンゼルとダコダちゃんの組み合わせで、もっと「ハート・ウォーミング」な作品(そう、ケビンとホイットニーの「マイ」が付かないボディーガードのような・・・)だと勝手に思っていた訳で
  • 映画の休日。
  • 2005/02/11 02:36
デンゼル・ワシントン主演という理由だけで観ることを決めた「マイ・ボディガード」 共演は天才子役ダコタ・ファニング。大人顔負けの演技をするダコタちゃんですから、 もしかして、さすがのデンゼル・ワシントンも演技くわれてしまうかも…と不安でしたが、心配御
  • Bardus Scriptor
  • 2005/01/10 02:40
 デンゼル・ワシントン主演の感動作・・・じゃなくて,復讐劇がメインな作品でした.  予告では,かなりの感動作のように紹介されていただけに,ちょっとばかり意外だったのですがね,なにやらグロいっぽいことも感想を書かれている他の方々が仰っていられたので,ち
  • るるる的雑記帳
  • 2005/01/09 12:22
「マイ・ボディガード」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 意図的にかどうかわからないけど、とにかく驚くほど前半と後半の毛色が違っています。 本家でも触れましたが、クリーシーが如何に腕利きの仕事人間であったかとい
  • Slater.C@
  • 2004/12/31 18:38
デンゼル・ワシントン、クリストファー・ウォーケンのアカデミー賞俳優の演技はやっぱり「さすが」で、ダコタ・ファニングの演技もなかなかだし、ストーリーも犯罪サスペンスものとしてはなかなかヒネりもきいていたんですが、何だかイマイチ。あと味が悪いって言えばい
  • ★★かずくんままのマネー日記+α(TB企画 今年観た洋画&邦画のNO.1は何ですか?大募集中!!)★★
  • 2004/12/28 23:04
今日は前日オークションで購入した松竹の優待券で「マイ・ボディーガード」を観てきました。 明日も映画を観る予定なのですっかり映画三昧です♪ 日本ヘラルド配給です。 秋頃公開予定だったのですがお正月映画に昇格となった映画です。 出演はデンゼル・ワシント
  • De hygger sig
  • 2004/12/23 02:36
マイ・ボディーガード 試写会があたったので見てきました。 ちゅーても先週の土曜だけど・・ 面白い・・・というか、ハラハラ、2時間強あるのですが、時間忘れます。エエ 子役の子がかわいかった 今年は面白い映画が多いですね。 レオンに昔はまったなぁ。
  • おえかき上達への道
  • 2004/12/22 02:07
マイ・ボディガード ★★★★☆ SFでもファンタジーでもない作品はなんだか久しぶりな気がします。 印象的だったのがカメラワーク。 そしてチカチカと入れ替わる画像や色彩。 どんな手法なのかよくわからないんですが画面にすっかりひきつけられました。 ラモス家の内装
  • 生きてるだけで儲けもの☆
  • 2004/12/20 20:59
? 守りたい−生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。 ? デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング出演。 ★公開は12月中旬 --------------- デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング出演。 原作:『燃える男』(A.J.クィネルという人の
  • 京の昼寝〜♪
  • 2004/12/20 09:16
■監督 監督:トニー・スコット ■脚本 ブライアン・ヘルゲランド(『ミスティック・リバー』『L.A.コンフィデンシャル』) ■出演 デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、クリストファー・ウォーケン、ラダ・ミッチェル、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ミッキー
  • ネタバレ映画館
  • 2004/12/19 18:22
 おいおい、こんな映画だったのか・・・知らずに観てる女性客の中には「ヒーッ!」と悲鳴をあげてる人さえいるのに・・・もっと「復讐劇」「R15」ということを宣伝しなけりゃね。  何がいけなかったのだろう。全く感情移入できなかったのは事実。中盤までは『アップ
  • xina-shinのぷちシネマレビュー?
  • 2004/12/19 14:43
富山シアター大都会で行われた試写会で『マイボディガード 原題:MAN on FIRE』を観てきました。 主演はアカデミー賞俳優「デンゼル・ワシントン」、共演に天才子役「ダゴタ・ファニング」、監督は大御所「トニー・スコット」です。 元特殊部隊の隊員だった『クレイ
  • 映画チラシ集めました
  • 2004/12/19 10:48
             あんだけ騒いでた手前、早速観てまいりました。 しかしR