ネバーランド

先週寝坊して見そこねたので今日はしっかりと起きて見てきました〜。「シークレットウインドウ」とか「パイレーツ・オブ・カリビアン」など一癖も二癖もある役しか知らない!?ジョニデの今回の役は純粋でステキな役でした〜。ただ、それとなかみは別です(汗)















そうそう、ジョニデの生写真、しっかりともらってきましたよ!どうせポストカードみたいになってるんだろう?!とおもったのですが、ほんとうに生写真でしたね。ん〜〜先週はどんなポーズのジョニデだったのだろう・・・(笑)









2004/アメリカ・イギリス
監督:マーク・ホスター
出演:ジョニー・デップ
   ケイト・ウィンスレット 
   ジュリー・クリスティ
   ラダ・ミッチェル
   ダスティン・ホフマン
   フレディ・ハイモア


2005/1/22 映画館にて鑑賞 ★★★


以下、ネタバレ感想
   

涙の嵐で大絶賛されている方が多いなか・・・私の心は雲っていたらしく「ネバーランド」へは行くことができなかった。(涙)ジョニデはいままで見た作品の中で一番ステキに見えましたが、やっぱり私は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のほうが好きだ。(苦笑)


最初のほうでバリ夫妻が家に戻ったときに別々の部屋に入って行ったので“もしや?”とおもていたのですが、やっぱり夫婦仲に傷がはいっていたのですね。いつまでも子供のような心を持った夫と現実を冷めた目でみているような妻・・・妻が社交界の名士デユ・モーリエ夫人とお近づきになるために夕食に招待したとき、きっと別れるだろうとおもいました。あ、もしかしたら今の私の心はバリの妻と一緒なのかもしれない!?(苦笑)


バリが公園で犬と踊っていながらもそれはクマと踊っているという想像のシーンとか、子供たちと海賊ごっこをしたシーンなど、私にはどれもが目の前に見えない壁がそびえたっていてあちらの世界“ネバーランド”へは行けなかった。(涙)


ただ病の床にいたシルヴィア夫人にピーターパンの芝居を見せて“ネバーランド”へ連れていったシーンは涙がこぼれた。。。。でもあのがみがみと口やかましいシルヴィアの母親が真っ先に拍手をするシーンはふいてしまったけども。(笑)あとバリがピーターパンの初日に25席確保しておいて、お客さんが現れたシーンとかもジーンときた。


でもやっぱり私には創造の世界“ネバーランド”へは行くことができなかったなぁ〜。。。




あ、そうだ!
初舞台のときにカーテンの後ろで客席をこっそりと覗いているジョニデはかわいらしかったですねぇ。




追記
昨日はちょっと本音を書くことに躊躇してしまった。
だってみなさん涙の大絶賛されているから。
鑑賞中もかなりの方が鼻をすすっていたけども、私はぜんぜんそんな気持ちになれず、なんだかかやの外っていうかんじで見ていて居心地が悪かった(苦笑)
感想は見た人それぞれなので自分と違う感想をどうこういうつもりはありません。ただ・・・涙の大絶賛された人のところへ自分からトラバ、コメントするのにはなんだか申し訳なくてできない〜(苦笑)してくれた方には喜んでこちらからもしてますけども。

スポンサーサイト

Comments

結構評価が分かれる作品ですね。
良いシーンもいくつかあるのだけれど、全体として中途半端でパッとしない印象でした。
ピーターパンの物語に思い入れがある人は、楽しめるのでしょうか?
「ネバーランド」の事を考えると「ビッグ・フィッシュ」が観たくなります。
  • 管理人
  • 2005/01/27 20:43
>るるる@fabさん、
バリと奥さんって、、、
普通の仲ではなかったんですよね!?
奥さんがいるのに、シルヴィア夫人になんか
肩入れしすぎだなぁ・・・とおもったのですが。
でも病床の彼女にピーターパンのお芝居を見せるシーンは
よかったです。

  • 管理人
  • 2005/01/27 20:38
>ゆえひささん、
すみません、あちらはミラーサイトでして〜(汗)
トラバはずしておくの忘れたしだいです。

さすがに鑑賞中、多々鼻をすすっている方がいたのに、
私はぜんぜんその気にならなかったのにはあせりました。
でも仲間がいたので安心〜(笑)
まぁ〜映画っていうのは見たひとそれぞれ感想が違うものですからね・・・
いまとなっては回りに影響されないで自分なりの感想がもてたら、とおもってます。
やっぱり普通の人ではなかったとは思うんですよ、バリ(笑)
奥さんが段々引いていってしまう気持ちはよく理解できますよー。
 こんばんは。別棟トラバで失礼しました〜(汗)改めてこちらにもはらせて頂きましたので。
 ええ〜っと。仰るように確かに周囲が大絶賛で,批判をすることすらはばかられる感じですよね。まぁ,幸い,わしのネット映画仲間さんにも「う〜ん,あれはちょっと…」という方もいるので,そんなにマイノリティーじゃないのね,とちょっとホッとはしてますが。

 結局「この人がピーター・パンだ」ってのはスゴい皮肉なのでは?などと思えるこの頃。とほほほ。
  • 管理人
  • 2005/01/24 20:26
>0120Blogさん、
おいてけぼりくってネバーランドへは行けませんでした(苦笑)
この映画にひたりきることができるということは、
その瞬間、心が純粋だったのでしょう。
私はドロドロでした〜〜(汗)

でも他の作品ではみなさんと反対のときもあるので〜〜(笑)
気にしないでおこう・・・
絶賛派の私です。(笑)
…そうですか、ネバーランドには行けませんでしたか。
私のとこは幼い娘が2人いて、『ピーターパン』と『ピーターパン2』をこれでもかと観ていた日々がありました。映画では男の子兄弟ですが、私も今しか出来ない経験を娘達と送っています。
なもんで、ジョニデとかぶった…とまでは言いませんが、ジェームズの気持ちが良く分かり、この映画に浸りきってしまいました。
おっと、奥さんの事も忘れていませんからね。
  • 管理人
  • 2005/01/23 17:01
>chishiさん、
最初、何やってるんだ?とおもったのですが、
自分のお芝居の出来を覗いてるなんて、
かわいらしかったですよね。
こっそり覗くジョニデ。かわいらしかったです(笑)
鏡まで使って観客の反応を気にしてるんですから。
でもピーターパンでは、観客がどう思うかなんてもう気にしない。
彼もまた成長したっていうことなのでしょうね。
  • 管理人
  • 2005/01/23 11:01
>あおいさん、
そうなんです。
後半からあちこちで鼻をすする音が聞こえたのですが、
私はさっぱり(汗)
なんだかとり残されたかんじでした。

オスカー、デカプリオくんですか。
アビエーターはまだ見てないのでなんともいえませんが、
私は「コラテラル」で初めて悪役を見せてくれたトムを応援しています(笑)


>みやりん1966さん、
劇中、とくにあぶない、っていうわけでもなかったのですが〜。
ただ私個人的にネバーランドへは行けないわ、
と想ったのです。。。
私はDVD鑑賞になると思いますが…
こういう、いつまでも子供の心を忘れない大人って、どうなんでしょう?一歩間違えばただのあぶない人?
アリス書いた人とか。
私も空想(妄想?)とかしますけど、もっと大人な内容(^_^)。
クマはぬいぐるみでしたか?ヒグマとかじゃなくて(^_^)。
ご覧になったんですね。
かなり席が埋まっていて殆どの人が泣いてましたね。

私はバリの行動にどうしても共感できなかったので
映画の中味に入り込めませんでした。
都合良いよな・・・
そうやって逃げてりゃいいさ。
みたいなノリで見てしまった(^^;)
子どもたちに罪はなくともダメでしたー(笑)

ジョニデの演技は相変わらず冴えていたと思います
でもそれよりダスティン・ホフマンがよかった。
オスカーの主演にノミネートされたとしても
今年はディカプリオに譲って欲しいですね。(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • *モナミ*
  • 2007/04/19 21:34
おなじみ「ピーター・パン」ができるまでの物語。 ディズニー映画も、大好きだなぁ。 傷つくことを恐れ、早く大人になりたい子供と、 早く大人になってしまった大人が紡ぎ出すお伽噺。 人は、大人になるにしたがって、夢を見ることを、 忘れてしまう。 夢を
  • Styleborg
  • 2005/08/22 11:35
    監督:マーク・フォースター 出演もしくは声の出演: ジョニー・デップ 、ケイト・ウィンスレット 、ジュリー・クリスティ 、ラダ・ミッチェル 、ダスティン・ホフマン 内容:ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物
  • 猫姫じゃ
  • 2005/08/19 14:07
ネバーランド   ピーター・パン は、ディズニー の専売特許じゃなかった。   サー・ジェイムズ・マシュー・バリー が1904年に、戯曲「ピーター・パン 」を書き上げるメイキング・ストーリーで、実話なんですって。 ま、ネバーランドっちゃぁ、マイコ
  • ヲイラのだいあり?
  • 2005/06/06 12:23
  ■ ジョニー・デップ Johnny Depp 1963年6月9日生まれ アメリカ / ケンタッキー州 本名:John Christopher Depp II   ・チャーリーとチョコレート工場 (2005) ・シークレット ウインドウ (2004) ・ネバーランド (2004) ・フレンチな
  • ヲイラのだいあり?
  • 2005/05/22 21:30
■ ネバーランド 原題:FINDING NEVERLAND ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。     信じれば、必ず行ける。 父親を亡くし心を閉ざした1人の少年と、劇作家ジェームズ・バリとの心の触れ合いと、不朽の名作「 ピー
  • Love*Love*Love
  • 2005/04/27 00:27
【邦題】ネバーランド 【Cast】Johnny Depp, Kate Winslet, Julie Christie, Radha Mitchell 【Director】Marc Forster 【Length】106 minutes 【Genres】Drama, Period Pieces, Biographies, Melodrama, Tearjerkers 【Awards】 2005 Academy Award: Best M
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2005/03/24 10:10
いつも『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます! 今回の作品は、アカデミー賞ノミネートの記憶も新しい「ネバーランド」。全体的に、泣いた、感動した、というご意見が大変多かった作品でしたが、失ったものの大きさに心が囚われてしまった方
  • 試写会帰りに。
  • 2005/03/13 00:02
12/14、CAZで当選。 ピーターパンのモデルになった少年と、劇作家との心の交流というストーリーで、主演がジョニー・デップ。それなりに期待。観る前に思っていたイメージは、“二人のあたたかい心のふれ合い”。 まず、少年と出会った時、ジョニー・デップ演じる劇作
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2005/02/21 01:05
なにげにジョニデ・ファンのひらりん。 アカデミー賞前までには見とかねば・・・と。 早くしないと終わっちゃいそうなタイミングでしょ。 ということで、またまたチネチッタのナイト・ショウに見参っ。 いつものTOHOシネマズじゃ、そもそもやってないしーーー。 2
  • エンタメ系のススメ
  • 2005/02/12 13:30
(映画)ネバーランド(2004/英=米)素直に心に染み入る感動の秀作家族の物語、そして「ファンタジー」誕生の瞬間スコットランドの劇作家ジェームズ・マシュー・バリ。彼が「ピーター・パン」を生み出すに至った、実在の子供たちとの「心の交流」を描いた秀作。散髪したて・
  • 30歳独身男Kazuakiの映画日記
  • 2005/02/02 13:53
「劇場の外が現実世界だというのであれば、ここから出たくない。ジョニー・デップ、ありがとう。オレは今日、人生の中でも5本の指に入るかもしれないほどの映画に出会えたんだ。」 今日3本目は「ネバーランド」です。ジョニー・デップ主演。「シークレット・ウインドウ
  • るるる的雑記帳
  • 2005/01/27 17:29
「ネバーランド」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 「大人になっても子供の心を忘れるな」「想像力を働かせろ」 この類のメッセージを最初から最後まで見せられるのだったら正直辛いんだよなぁ、と思っていました。 そ
  • そーれりぽーと
  • 2005/01/24 02:15
ピーターパン100周年で2本製作されたうち、映画会社が版権を持っていないので「ピーターパン」に1年遅れて公開ることになってしまったいわく付きの「ネバーランド」を観てきました。素晴らしいとの声が多い中、申し訳ない全然楽しめなかった。 面白さ:★★ 想像力が現
  • おえかき上達への道
  • 2005/01/24 01:01
ネバーランド ★★★★★ 映画館で涙が流れちゃったのって久々な気がします。 絶賛の★5つ 簡単にまとめると・・ 大人になることを選んだウェンディは、大人になっても子供の心を忘れませんでした。 そんな作品でした。 なんだそれ!? すいません、感動しすぎたの
  • シネマの実
  • 2005/01/24 00:57
【好感度】 82% 想像力を解き放て!
  • シネマの実
  • 2005/01/24 00:52
【好感度】 82% 想像力を解き放て!
  • 0120 Blog
  • 2005/01/23 21:54
あなたは子供の頃、走って来て“やぁーっ”とジャンプしたり、机なんかから“ピョン”と飛び降りれば『空を飛べる』って思っていましたか?私は思っていましたよ。それがほんの少しの距離であっても、子供の頃は『空を飛んだ事』に匹敵するような喜びがありました。 本
  • AV(Akira's VOICE)映画,ゲーム,本
  • 2005/01/23 18:10
思いやりに満ちた,あたたかい映画! 泣きました・・
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2005/01/23 12:40
この映画、10点満点で貴方は何点と採点しますか? ※自分の好み度   ←金返せ! / ブラボー!→             0点□□□□□□□□□□10点 ※人にオススメ度  ←止めさせる/ 推薦する→             0点□□□□□□□□□□1
  • シカゴ発 映画の精神医学
  • 2005/01/23 07:46
 この作品は、12月1日、全米批評家協会作品賞を受賞しました。アカデミー賞へ向けての、賞レースの一番最初の賞です。 http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFRJAPAN-163852/index.html  シカゴでは、まだ街外れの小劇場で上映しているだけで、来週から街中の大き
  • Anemoscope
  • 2005/01/22 23:11
昨日のゴールデングローブ賞でもノミネートされていた作品だったし、ジョニーの作品は殆ど見ているのですが、急に見たくなったので見てきました。
  • あのね・・・
  • 2005/01/22 22:17
今年初めての映画鑑賞は・・・久々にふたりで(何年ぶりだろう?)。もちろんこの割