オペラ座の怪人

今日は先着?名に「赤いバラ」がもらえるということで・・・さっそくもらってきました。チケットを購入したときにはバラがついてこなかったので“もらえないの?!”とおもっていたら売店で交換ということでニッコリ。さっそくもらいに行ったら・・・どうせちゃっちい造花だとおもっていたのに、まさかまさかの本物の真紅のバラ。しかもちゃんと茎の下のほうにはお水までついていた。一輪の真っ赤なバラをもらって映画鑑賞なんて、ちょっといい気分。


紫のバラじゃないのか・・・ってそれは「ガラスの仮面」だったけ。(笑)


「オペラ座の怪人」というミュージカルは有名でも見たことがなかったので何故“赤いバラ”がプレゼントされたのか?!見るまでわかりませんでした。でも最後の最後まで“赤いバラ”は重要な小道具だったんですね〜。その“赤いバラ”にファントムの哀しい愛の物語を知り、そして“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン♪”(音階は想像してください!)という有名な音楽に痺れました!!いやー、鳥肌がたちましたよ!豪華キャストが12人集まったあの作品ですら鳥肌がたつなんてことなかったのに。あ、比べるほうが間違ってるか。(苦笑)


これを見たら、本場のミュージカルとやらを見たくなりました。


2004/アメリカ
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:ジェラルド・バトラー
   エミー・ロッサム
   パトリック・ウイルソン


2005/1/29 映画館にて鑑賞 ★★★★★



わかっているとはおもうけど・・・ミュージカル嫌う人にはすすめられない。

以下、ネタバレ感想
これがもらったバラ。やっぱり本物をもらうと気分がいいわ〜(笑)


パイプオルガンから奏でられる“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン”という音楽が頭にこびりついて離れません。いまだに私の頭の中には“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン”とパイプオルガンが響きわたっています。エンディングまでじっくり聞いてしまったほど、音楽がすばらしかった。


オークション会場でシャンデリアが出てきて“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン”と鳴り響き一気に全盛期の華やかなオペラ座に変わった瞬間や、舞台の途中でいきなり死体が落ちてきて“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン”と鳴り響いたり、クリスティーヌがファントムの仮面をはがした瞬間に“ジャ〜ン、ジャジャジャジャ〜ン”と鳴り響くパイプオルガンの音に何度も鳥肌がたちました。


そしてクリスティーヌやファントム、ラウル、はもちろん脇役の人たちまでもがすばらしい歌。劇中の9割りがオペラというのにみなさん歌がうまいので聞きほれてしまいました。そしてファントムとクリスティーヌ、ラウルの三角関係に引き込まれていきました。


後半徐々にあかされるファントムの悲しい生い立ちとクリスティーヌへの切ない愛。特にファントムが自ら創りあげた「勝利のドン・ファン」のシーン。まさか本人が舞台に出て来るとおもわなかったけども、あれだけ情熱的に歌われたら私がクリスティーヌだったら彼に心を奪われていた。


劇中何本かの一輪のバラがクリスティーヌに贈られていたけども、最後彼女のお墓の前に置かれていたバラが、一番彼女への想いが込められているとおもいました。このバラを見たときにはファントムのクリスティーヌへの切ない愛を感じて胸がいっぱいになってしまいました。。。


でもオークションで猿のオルゴールの人形を落札したラウルの心境を考えると・・・墓に添えてあったあの一輪のバラはショックだったんだろうなぁ〜。


しかし、真っ赤なバラも印象的だったけどもあのシャンデリアはもっと凄かったなぁー!!

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2005/03/30 20:55
>brezzaさん、
素顔のファントム(ジェラルド・バトラー)は、
トウームレイダー2でばっちりですよ!
しかも上半身もみれるし、ジョリ姐さんとのラブシーンもバッチリ(笑)
はじめまして!TBさせていただきました。
赤い薔薇とっても羨ましいです!
私は見たのがかなり遅かったため、主要キャストがすでに来日して帰ってしまった後にファントムの魅力にやられました。
なので、来日した時のみなさんの映像が見れなかったのです(涙)
素顔のファントムの夢はDVDの特典映像には託すことにしました☆


  • 2005/03/16 21:44
>FLUFFY さん、
「ジャーン、ジャジャジャジャーン」はその後毎日聞いています。(笑)
あの音楽はきょ〜れつでした!鳥肌たちました。
ところで「アビエーター」の音楽もいいのですか!?
監督とデカプリオがオスカーのがしてから、
だんぜん気になりだした作品ですが(笑)
公開が楽しみです。

>スワロフスキーっていう店〜
えーそ、そんな名前のお店あったのですか!?
よくチェエクされてますね。
たぶんもう劇場で見れないとおもうのでDVDが出たらしっかりと
チェックします!
こんばんは。
えふさんの記事の「ジャーン、ジャジャジャジャーン」って文字だけで
音がアタマの中を巡ってしまう・・・
今は部屋で「アビエイター」のサントラを聴いているのにもかかわらずですよ!
恐るべき威力です(^。^;)
バラプレゼントなんていいですねー。
シャンデリアがスワロフスキー制作だってのは有名な話ですよね。
作品の中でラウルとクリスティーヌが待ち合わせるシーンに
スワロフスキーっていう店があったのが面白かったです。
  • 管理人
  • 2005/02/21 21:23
>るるる@fabさん、
あのシャンデリア、凄かったですよねー。
ご〜じゃす!!

ラウルはクリスティーヌに対してファントムほど
情熱的に歌ってくれなかったですよね!?
そこがファントムに惹かれた原因だと思います(笑)
私も?ラウルよりファントム派です(笑)。
でもやっぱり歳が近い人の方がいいのかしら・・・とか思って観ていました。
あのシャンデリアってスワロなんですよね、綺麗でしたね♪
  • 管理人
  • 2005/02/08 20:22
>nicoco さん、
もらったバラはドライフラワーにしている最中です(笑)
ファントムの愛が永遠であれ。。。
TB・コメントありがとうございました♪
今となっては、ホントに死ぬほど欲しいファントムからのバラの贈り物・・・^^;ステキですね〜(〃∇〃)
  • 管理人
  • 2005/02/07 20:32
>Yuri#さん、
オークション会場で見たマダム・ジリーは、
ぜんぜん老けてないないなぁー!?
とおもったのですが、
晩年のラウルのほうが大変で老けた・・・
って解釈納得しました!
それがラストの赤いバラに象徴されていたのでしょう〜。

>バラのような情熱を胸に抱き続けて人生を生きていた。
このコメントを読んでファントムの哀しくも切ない愛の生き方に・・・あ〜〜また涙が・・・(涙)

>MoonDreamWorksさん、
あのラストシーンの赤いバらはとても印象的でした。
あの深紅のバラにファントムの真っ赤な血が流れているようにさえ、思えました。。。


>cocoaさん、
やっと感想UPされたのですね!
実はこっそりと何度かお邪魔しに行ったのですよ(笑)
これから楽しみに読ませていただきますね。
遅くなりましたー。
やっと記事に(^-^;
TBさせてもらっちゃいました♪
私も、あのお墓に置いてあったバラ、すごく印象的でした。
バラってだけでも美しいけど、
そこに込められてる気持ちがなんとも表現されてたように思います。
TBありがとうございます〜

>最後の最後まで“赤いバラ”は重要な小道具だったんですね

そうですね〜
ラストシーンでは、黒いリボンのかかったバラを見て、ほっとして帰ってきました♪
ほんと鳥肌たちましたね〜(*'▽'*)
  • Yuri#
  • 2005/02/05 22:34
TBありがとうございます(^−^)ノ

オークションで猿のオルゴールの人形を落札したラウルの心境を考えると・・・墓に添えてあったあの一輪のバラはショックだったんだろうなぁ〜。

オークション会場にはマダム・ジリーもいましたよね。ラウルのほうが年下のはずなのに・・・。
あの老けぶりがあの事件のあとの彼とクリスティーヌの人生がかならずしも明るいものでは無かったことを表しているように思えました。
で、あのお墓のバラと指輪・・・。ショックでしょうね。誰が勝利者かわからない最後でしたもん。

エンディングの曲の中で「人生は独りでも愛せるもの」って詩がありました。ファントムのための書き下ろし曲だったそうです。
あの後、ファントムの心は雪のように清らかになり、バラのような情熱を胸に抱き続けて人生を生きていた。
わたしはそう思いました・・・。

  • えふ
  • 2005/02/05 22:28
>しゅ〜る♪さん、
入れ違いにコメントしていたみたいですね(笑)

もらった赤いバラ、リボンはついてなかったけど、
ファントムの愛はしっかりとうけとめました〜。
TBありがとうございます!
バラの花、もらえたんですね〜。
良いですね〜。黒いリボンはかかってなかったのかな。^^;
私も舞台がみたくなりました。
  • 管理人
  • 2005/02/03 20:48
>ヒロトさん、
オペラ座の怪人はミュージカル嫌いではなかったら、
オススメというかぜったい劇場で見るべきですよ。
映像マジック、オペラ、音楽、どれもすばらしかった。
ミュージカルに入っていけない人はたいくつだったみたいだけども(笑)

リンクは堅苦しいことを言ったり、言われたりするのは嫌いなのでご自由にどうぞ。
はじめまして!ヒロトっていいます。今は大学の関係で大分県に住んでます、本籍は埼玉県だけど。
「オペラ座〜」今度。東京に行くときに見に行こうか迷ってたんですけど、行く事にしました!

それと僕のURL http://blog.drecom.jp/hhnet/ です。
リンク貼らせてもらっていいですか?返信まってまーす♪
  • 管理人
  • 2005/02/01 12:52
>alexさん、
田舎のシネコンだったので、
お客さん都心に比べたら少ないのでもらえたのですよ。
でもロビーは赤いバラを持った人たちでごったがえしていましが。
あのパイプオルガンのジャーン、じゃじゃじゃじゃーん♪
って音楽、頭から離れませんよね(笑)
そしてファントムの切ない愛と重なって・・・
いっそう印象に残ります。。。
  • alex
  • 2005/01/31 21:04
こんばんわ!
TBありがとうございました。

きゃ〜、真紅の一厘のバラがもらえたんですかっ?!
う、うらやましいです(T^T)

私も頭の中を音楽が永久ループしています。
ジャーン、ジャジャジャジャジャーン♪
あのパイプオルガンの音を聞くだけで期待で胸が高鳴り、ゾクゾクしてきますよね。

ほんとに、ファントムのクリスティーヌへの愛がとても哀しくて切なかったです。
  • 管理人
  • 2005/01/30 16:50
>アウラさん、
本物のバラをもらって鑑賞なんて、
それだけでオペラの世界にはいってしまいましたよ。
正直なところ、バラをもらったなんて初めてだったし(笑)
私ももう一回、見たいです!
薔薇もらえたんですね〜私は最後の回に行ったので、
もちろんナシでした(涙)うらやまし〜
明日も行って来ます。もちろん薔薇はナシですが・・持参しちゃいたい気分。
  • 管理人
  • 2005/01/29 22:20
>tora-mie さん、
すです。マイカルです。
でもどこのシネコンもバラのプレゼントがあったみたいですよ。

ファントムのクリスティーヌへの愛は、ラストのほう切なくて胸が苦しかったですね。
私ももう一回見に行きたいなー!
こんにちは!
TBありがとうございました。
バラのプレゼント(ワーナーマイカルですか?)素敵ですね♪

ファントムの愛には、切なくて私まで胸が苦しくなってしまいました。私は試写会鑑賞なのですが、ぜひ映画館の音響でもう一度みてきたいと思ってます!
  • 管理人
  • 2005/01/29 19:35
>紗吏さん、
これは音楽がすごく効果的に使われているというか・・・
ほとんどの人が一度は耳にしているあの有名な音楽ですからねー。あの曲が流れた瞬間、映像も凄いので鳥肌たちました。
これはぜひ劇場の巨大スクリーン&音響効果の整ったところで見ることをオススメします!
これ予告編を見てから気になってるんですよ。音楽がすごくいいし。小説はいまいち盛り上がらないんですが、映画化となるとすごい演出でしょうね。
ネタバレ感想は読んでませんが、よかったってことですね?
見に行こうっと!

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ノルウェー暮らし・イン・London
  • 2009/08/09 00:15
8月末にロンドンのミュージカルを鑑賞する予定なので、予習もかねてDVD鑑賞。 重厚で、豪華絢爛、舞台をそのまま観ているようで、まさに圧巻! それにもまして、ファントム演じるジェラルド・バトラーの、なんとセクシーなこと!!
  • Addict allcinema 映画レビュー
  • 2009/06/26 16:31
あなたの声で私の花が開きはじめる。  
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★
  • 2008/01/03 12:58
多くの方に愛されているこの映画、ず〜〜〜っと観たかったのやっと観られて嬉しいなってことで、今年初の映画感想は、魅惑のミュージカル映画で〜す^^・【story】19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・バトラー)の仕業とされる怪事件が多発
  • シネマ・ワンダーランド
  • 2006/04/10 22:51
世界中で公開されたミュージカルを映画化した「オペラ座の怪人」(2004年、米・英、ジョエル・シューマカー監督、ワーナー映画配給)。この映画は映像として、まるでルキノ・ヴィスコンティ監督の「ルートヴィヒ」(1972年、伊・西独・仏)や「イノセント」(7
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2006/03/22 23:37
あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオルガンの荘厳な響きとともに時は半世紀を遡り豪華絢爛な
  • I Love Movie!【ホームシアター映画日記】
  • 2005/12/24 03:11
●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点 歌の素晴らしさとオペラの豪華絢爛さにすっかり引き込まれてしまいました。。 過去への回想へ入るシャンデリアのシーンは、タイタニックを思い出しますね〜 目を奪われてしまいます。 ヒロインを演じるエ
  • デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
  • 2005/12/10 02:41
監督:ジョエル・シュマッカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン 評価:95点(100点満点) 公式サイト かっこええ・・・。 これはたまりませんわ。 今頃見てなにをゆうとんじゃと突っ込まれそうだ
  • のら猫の日記
  • 2005/09/09 16:18
@早稲田松竹 来週、劇団四季の舞台を観に行くので、明日で上映が終わる早稲田松竹へ駆け込みで。 原作もはるか昔に読んではいるけど、ミステリファン(のはしくれ)にとっちゃ、ガストン・ルルーといや、オペラ座よりも「黄色い部屋の謎」の人という認識のほうが強いん
  • Extremelife
  • 2005/09/07 00:38
世界中を魅了した不朽の名作ミュージカルを絢爛豪華に映画化。舞台版を手掛けた天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、男女3人の哀しき愛の物語を壮大なスケールで描く。監督は「依頼人」「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。 オペ
  • 映画のブログBLOG@今日のいいこと。明日のいいこと。
  • 2005/05/24 08:08
ジャーンジャジャジャーン♪(ジャンガジャンガ、ジャンガジャンガ♪おーい違うぞ。)ついに「オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション」予約スタートしました!発売日は8月26日ですが、初回限定版を狙うなら、事前予約がマスト。初回限定版の商品内容は
  • 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
  • 2005/05/20 23:32
★本日の金言豆★製作総指揮は「ミッション・インポッシブル」シリーズと同じ人(P・ヒッチコック) 15年も前から映画化の企画が持ち上がりながら、紆余曲折を経てようやく完成にこぎつけた本作。その舞台裏のそのまた裏には「インポッシブルなミッション」に挑むエ
  • 社長の本音日記
  • 2005/05/14 21:32
今朝、タイ出張から戻りました。バンコックからの帰国便は夜行なのですが、偏西風の関係で飛行時間が極端に短く、成田でも5時間半ぐらいしか飛んでいませんので、あまり眠れません。 それに加えて、たった2時間の時差も帰国する時には結構ききます。 結局、往路で
  • なおのオススメ文芸。
  • 2005/04/14 20:44
『19世紀のパリ、オペラ座で、そこに住む伝説の男ファントムの仕業とされる怪事件が多発。それらの事件は、彼が見初めた歌姫クリスティーヌをプリマドンナにするために起こされたものだった。彼女と心を交わしながらも、彼女はラウルという伯爵の恋人ができ、事件は悲劇
  • ☆Happy diary☆
  • 2005/04/05 22:40
昨日、ようやく観て来ました! 切ない…。 怪人の哀しみとか、情熱とかが画面から伝わってきて、 とっても切なくなりました。 映画のつくり方や俳優陣に関してはいろいろ意見があるみたいですね。 でも、私は感動したので、それだけでもう「いい映画」基準は満たして
  • Lady'sSiesta
  • 2005/03/30 10:09
今日は『オペラ座の怪人』についておおいに語りたいと思います。語りまくります。止められても止まりません。ノンストップ、シベリア超特急で行きます。あとで見返して意味不明な内容でも今だけは本能に任せて。ファントム、ヤバイくらいカッコいいんですけど(*´`)観
  • kikumasamune
  • 2005/03/29 18:58
(原題:The Phantom of the Opera)  サー・アンドリュー・ロイド=ウェバーの名を世界に知らしめた脅威のミュージカル作品。また日本でも劇団四季が20年近く上演を繰り返しており、(日本世界問わず)リピーター率の高い作品としても知られている作品がよーやく映
  • lunatic's 映画評
  • 2005/03/19 01:13
もう最高!でした。 いや、正確に言えば不満な点は何カ所かありますけれど、映像の美しさと歌の美しさにあっという間に時間が過ぎました。女性一人を巡る二人の男、この心理描写も古典的ではありますが良く描けていたと思います。 この映画については、多くの感想を語
  • CINEMA e MUSICA di FLUFFY
  • 2005/03/15 23:21
ミュージカル「オペラ座の怪人」の映画版 The Phantom of the O
  • Kenji's cafe
  • 2005/02/27 03:31
先日、六本木ヒルズで映画『オペラ座の怪人』を鑑賞しました! 感想ですが、最初から感動!あまり言うとネタバレになってしまいますが(と言ってもそんな隠す事もありませんが(^^;)、冒頭のオークションのシーンでシャンデリアに掛かった布をバッと取るシーンと音楽に
  • エンタメ系のススメ
  • 2005/02/25 12:04
(ミュージカル映画)オペラ座の怪人(2004/米=英)エンターテイメントの極み!!これぞ劇場で見るべき映画!まさにまさにミュージカル映画!(第7章)オペラ座の怪人(2004/米=英)やっと、ここまでたどり着きました。だいたい鑑賞したのは以下の通りなのでもう2週間近くた
  • るるる的雑記帳
  • 2005/02/21 19:12
「オペラ座の怪人」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 冒頭のモノクロのオークションシーンから一気に当時の絢爛豪華なオペラ座へと連れて行ってくれるあたりは、これこそ映像の醍醐味だなぁと嬉しくなってしまう瞬間です
  • soramove
  • 2005/02/21 07:47
「オペラ座の怪人」★★★☆ エミー・ロッサム、ジェラルド・パトラー出演 ミュージカルには基本的に 押さえておかないと いけない部分がある。 普通の映画のつもりで見に行くと、 急に歌いだすという違和感を 引きずることになるからだ。 自分の心情を歌
  • 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
  • 2005/02/20 10:17
雪まつりも終わったことだし、と札幌に行って見てきました。 映画はネタバレしません。
  • Cinema,British Actors
  • 2005/02/17 14:52
「オペラ座の怪人」DVD発売日決定! 2005年5月3日!!! 「オペラ座の怪人 コレクターズエディション」 DVD3枚組! 詳細はこちら↓↓ Amazon.com:Phantom of the Opera Collector's Edit 注:リージョンコード 1。 日本
  • 日刊 「美しい人」
  • 2005/02/17 09:59
大ヒット上映中の映画「オペラ座の怪人」を見てきました。作品のヒロインを演じている「エミー・ロッサム」の美しさにすっかりやられてしまいました・・・。素晴らしい歌唱力&演技力をを披露した彼女ですが、7歳の時からオペラの舞台に立っていて、現在キャリア11年の1
  • シエナブラウンな日々。。。
  • 2005/02/13 23:05
今まで行ったことが無かったので、今日は六本木ヒルズ内のヴァージンシネマズにて「オペラ座の怪人」を見てきました。 「アレキサンダー」とどっちを観るか迷ったのですが…オペラ座の怪人のストーリー自体を知らず、興味があったのでこちらを選びました。 以下
  • kaoritalyたる所以
  • 2005/02/13 13:28
以前、劇団四季の舞台を見たのはいつだっただろう・・。もう何年も前に見たミュージカルの名作、『オペラ座の怪人』を観てきました。映画でやるには間延びしそうで正直、それほど見たいと思っていたわけではなかったが、ブログ仲間が見た感想にサッと目を通すとかなり良
  • Anemoscope
  • 2005/02/13 12:11
今年、観た4本目は「オペラ座の怪人」です。 この作品、どんなものか全く知らなくて 予\告を観て、エミー・ロッサムに気がついて 観たい! と思った程度なのです。 1919年のモノクロ映像から
  • 30歳独身男Kazuakiの映画日記
  • 2005/02/13 09:33
「ショック。全く世界に入れず。ミュージカルは合わないみたいね。何一つ胸に響いてこなかった。」 今日3本目は「オペラ座の怪人」です。実はこの映画、僕の1月の本命だったんです。インフルエンザにかかってしまい1月中に観れなかったので、1月のベストは「ネバーラン
  • 徒然日誌
  • 2005/02/13 01:53
これはミュージカルで何度も見ているので、イメージ壊れると嫌だから行かないでおこうと最初は思っていた作品。でも、ま、評判よさげだし、どんな感じになっているのか興味はあるしで結局行ってみた(笑)。 混んでいると聞いていたのでちょいと早いと思いながらも朝一
  • ユミヘヤ
  • 2005/02/10 17:52
劇場鑑賞。 こんなに切ない物語だとは知りませんでした(舞台見たことなかったので・・・) あの有名なテーマ音楽をはじめ、終始鳥肌が立ちっぱなしでした。 上映後もしばらくは余韻に浸っちゃってました。 『ミスティック・リバー』のあの娘が、こ〜んなに歌が上
  • CinemaCoconut
  • 2005/02/07 22:20
『あなたの声で私の花が開きはじめる・・』 何も考えずに・・ 夢に身をゆだねるのだ どんな熱い炎が 魂を包み込むのか・・・
  • 見る?ミル☆ブログ
  • 2005/02/07 20:31
遂に「オペラ座の怪人」2回目見に行きました!! (前回の感想はこれ) 前回は >「最高」とまではいかないですが、「良かった」と思います。 ってなことをぬかしてますが…その言葉、全面的に撤回します!!(爆) 読んで頂いた方で「最高だったじゃん!何がいけ
  • ココアのお部屋
  • 2005/02/06 23:45
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、 パトリック・ウィルソン出演のミュージカル。 ☆ストーリー☆ パリ、1919年。過去へとタイムスリップを始める。 かつては豪華絢爛だったパリ・オペラ座。 その栄華を偲ぶ品々が、廃墟となった劇場でオークション
  • MONKWELL MANOR GUEST HOUSE
  • 2005/02/06 21:17
 最近どんな映画が映画が流行っているかなんてまったく知らなかったのだが、めざましテレビで映画「オペラ座の怪人」のキャスト・インタビューが紹介されていたらしく、「どうしても見たい」と嫁さんが言うので、ついていった。  「オペラ座の怪人」はずいぶん昔に
  • MoonDreamWorks
  • 2005/02/05 22:49
監督 : ジョエル・シューマカー 主演 : ジェラード・バトラー  / エミー・ロッサム /      パトリック・ウィルソン /公式HP:http://www.opera-movie.jp/  ガストン・ルルーの原作を元に15年の時を経て、アンドリュー・ロイド=ウエーバが作曲・脚本
  • MoonDreamWorks
  • 2005/02/05 22:18
監督 : ジョエル・シューマカー 主演 : ジェラード・バトラー  / エミー・ロッサム /      パトリック・ウィルソン /公式HP:http://www.opera-movie.jp/  ガストン・ルルーの原作を元に15年の時を経て、アンドリュー・ロイド=ウエーバが作曲・脚本
  • シネマ パラダイス♪
  • 2005/02/05 22:11
実は、「オペラ座の怪人」あんなに有名なのに、舞台もみたことないので、ストーリーは、なんとなくしか知らなかったです。でも、かえってよかったのかも。。すごく感動的でした。セット、衣装、出演者の美しさと豪華さが、すばらしかったです。歌声もすごくよかった。ク
  • It's a Wonderful Life
  • 2005/02/05 18:21
しかし1週間で同じ映画を劇場で3回観た!ってのは正直初めてですね。 →映画を観る前の期待についてのブログ(ミュージカル舞台版について) →「オペラ座の怪人」初見の感想。 感想にも書いてますが、決して映画として大きく完成度の高いものだとは 思
  • 十六夜の月
  • 2005/02/05 12:32
レイトショーということあり指定席でのんびり観ることができました。周りカップル多!!(゜д ゜)レイトショーなのに?レイトショーだから?!女独りで観てるのわたしだけですかそうですか・・・(/ω<。)しかーし!!(`・ω・´)そんな居心地の悪さも始まってしまえ
  • 映画の休日。
  • 2005/02/05 12:22
それは、美しくも哀しい愛の物語。 The Phantom of the Opera 1月29日。 「オペラ座の怪人」公開初日初回上映を観に行く。 ミュージカル「オペラ座の怪人」を観たことはなく、物語もさらりと流れを知る程度。 期待しないで観たことが、感動をより大きな
  • 空のつぶやき
  • 2005/02/04 02:59
水曜日は映画の日。 今週もやはり映画を観て来た。 今日は、「オペラ座の怪人」。 最も有名なミュージカル「オペラ座の怪人」を完全映画化したと言われるもの。 豪華絢爛で音楽も美しく、ミュージカルの映画化としても最も成功した例といえるんじゃないだろうか。
  • Marさんは○○好き
  • 2005/02/03 22:54
う〜む、なんて言ったらいいだろう。悩むねぇ。 待望の大ヒットミュージカルが映画化
  • そーれりぽーと
  • 2005/02/03 21:25
ジョエル・シューマッカーが何故か作ってるからよっぽど見せてくれるんだろう、アンドリュー・ロイド=ウェーバー自身も携わっているんだから凄いに違いない!と大期待して「オペラ座の怪人」を観てきました。 確かにアンドリュー・ロイド=ウェーバーの楽曲や、それが幾
  • (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
  • 2005/02/03 10:13
KAZZのこの映画の評価 全世界で8000万人以上が劇場に足を運び涙したと言う感動のメガミュージカルの完全映画版”オペラ座の怪人”やっと見てきました 先日、試写会に入れずに。。。 凄い素晴らしい映像といい、台詞回し、演出、最高です 現在?(モノクロ)
  • 無言さんのつぶやき
  • 2005/02/03 00:36
映画:オペラ座の怪人 →公式サイト →オフィシャルブログ オペラ座の怪人(Amazon.co.jp) 自分の評価:★★★★(4/5点) ミ...
  • FOR BRILLIANT FUTURE
  • 2005/02/02 22:52
ファーストデイスペシャルの今日はもう一度、「オペラ座の怪人」を見てきました。 前回は試写会でホールみたいな所でしたし、スクリーン位置も余りいい物とは言いがたいものでしたね。 それで、今日は実際、どっちのシネコンに行こうか、悩んだんですが、サービスの良
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2005/02/02 04:06
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、ア
  • 今日のいとかず
  • 2005/02/01 10:34
The Phantom of the Opera (Original Motion Picture Soundtrack) (Special Edition) Simon Lee, Alison Skilbeck, Chris Overton, Ciaran Hinds, David Langham, Emmy Rossum, Gerard Butler, Halcro Johnston, Imogen Bain, James Fleet 昨日さっそく映画版を観
  • シネマの実
  • 2005/01/31 21:07
【好感度】 90% この世で一番のミュージカル!
  • Cinema,British Actors
  • 2005/01/31 20:59
やっと、やっと観てきました。試写会にはどれも時間が合わなくて行けなかったから、公開を楽しみに楽しみにしてたんです。 感想は、一言で言うと「背筋がゾクゾクした」 あのOvertune。 鏡に映るthe Phantom。 ロンドン公演のCDを聴き慣れているので、ジェ
  • こぶたのベイブウ映画日記
  • 2005/01/31 17:28
もし私が怪人だったら、淋しくて、やりきれない。この世界に、自分の理解者が、誰ひとりいないのだ。クリスティーヌへの愛が屈折したものだとしても、彼の心の傷みを思うと、仕方のないことだと思う。もう中盤から涙ボロボロ、最初から最後まで、心に響く名場面の連続で
  • Earthly pleasures:映画・スポーツ雑記 from USA
  • 2005/01/31 17:17
(後編です)やっと観に行ってきました。自分はこのミュージカルには思い入れが強いんです。英米日でこれまで、通算5回劇場に足を運んでいます。CDも3種類あって聴き込んでいて、殆どの歌詞は覚えてたりする。そんな自分ですが、かなり満足できましたよ!痺れる箇所が何
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
  • 2005/01/31 02:52
MUSICAL THE MOVIE。ちょっと想像していたものとは違ったですが、凄い!金かけてるぞっ!って感じ。 内容は言わずと知れたミュージカルなので・・・ 1919年の廃墟と化したオペラ座でのオークション。最後に天井から落ちるデカイ「シャンデリア」のオークションから
  • FOR BRILLIANT FUTURE
  • 2005/01/30 20:16
今日は公開前だが、試写会に偶然行ける事になり、見てきました。多分、私の事だから、また、きちんと公開されたら見に行く様な気がします。じゃ無くて 絶対、行くなあと思います。(笑) この映画は前宣伝でも言われている通り、アンドリュー・ロイド・ウェバーの作曲
  • Diarydiary!
  • 2005/01/30 20:07
《オペラ座の怪人》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - The Phant
  • RAKUGAKI
  • 2005/01/30 18:25
凄い映画を観たという興奮でいっぱいです。何よりもワンシーン毎にとても惹き付けられ
  • movie impression
  • 2005/01/30 16:03
(原題:The Phantom of the Opera)  サー・アンドリュー・ロイド=ウェバーの名を世界に知らしめた脅威のミュージカル作品。また日本でも劇団四季が20年近く上演を繰り返しており、(日本世界問わず)リピーター率の高い作品としても知られている作品がよーやく映
  • ::あしたはアタシの風が吹く::
  • 2005/01/30 13:51
1月29日(土) 待ちに待った【オペラ座の怪人】公開初日!朝一番の回で観て来ました{/heartss_pink/}{/heratss_blue/}{/heartss_pink/} オペラ座の怪人フリークの方々が大勢いらっしゃるので詳細は控えたいと思います(^-^) 上映10分後に"あのシャンデリア"を映し出
  • ◆覇王の書斎◆
  • 2005/01/30 12:11
ジョエル・シュマッカー 監督/ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム主演 映画館でミュージカルを観るチャンスがやってきた、と言うしかないですね。この映画は。なんってったって、その生みの親、ロイド=ウェバーが作らせたんだから。映画だと思っちゃダメで
  • distan日誌
  • 2005/01/30 11:08
期待を裏切らない出来映えでした。 というか、期待をかなり上回っていました。 ここまで心を揺さぶられるとは、 正直なところ、思っていませんでした。 特に、音楽がすばらしかった。 ミュージカル映画は、どちらかというと、苦手な方なのですが、 (いきなり歌い出さ
  • It's a Wonderful Life
  • 2005/01/30 10:21
初日に観てきました。僕の鑑賞前の期待度については1月25日のブログ参照↓ http://yaplog.jp/kazupon/archive/75 素晴らしい!! まず、何らかの形でこのアンドリュー・ロイド・ウエーバー版の ミュージカルが好きな人なら、かなり満足の行く出来栄えで
  • 「映画の精神医学」資料室
  • 2005/01/30 06:11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                                         シカゴ発 映画の精神医学   ●第43号●   2004年1月20日発行                発
  • おえかき上達への道
  • 2005/01/30 04:22
オペラ座の怪人 ★★★★★ 今までこんなに待ち遠しかった映画があったでしょうか。 席について他の映画の予告とかやるじゃないですか。 いつもはあ〜この映画要チェックかも。とか楽しんでるのですが、今回は・・ 早くはじめてよ。もうまだやんのかよ・・・暗転した・
  • ミニチュア日記
  • 2005/01/30 01:55
昨日のブログの予告どおり、仕事が終わってから 「オペラ座の怪人」を見て来ました。 映画だと思っていたけど、これはミュージカルですね。 私が想像したり知っているオペラ歌手は、けっこう体格が良い イメージだったので、クリスティーナ役の女優さんが細い体系で 驚
  • EaSY gOInG+
  • 2005/01/30 01:51
またもや初日に観に行っちゃったよ・・・でも、この映画(・∀・)イイ!!でつよ!コズミはミュージカルの方の「オペラ座の怪人」も見たことあって、ストーリーは知ってたんだけど、すごく楽しめました!まぁ、最後の方チロっと泣いたのは内緒ですが・・・う〜ん、なにがい
  • 極私的映画論+α
  • 2005/01/30 00:35
 1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。当時、華やかな舞台でにぎわ
  • ともやの映画万歳!
  • 2005/01/29 21:35
(原題:THE PHANTOM OF THE OPERA) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身が、製作・脚本・作曲を担当したミュージカルの完全映画版。 舞台では語られないオリジナルのエピソードを加え、男
  • しねまぶっくつれづれだいありー
  • 2005/01/29 20:11
『やっぱり名曲♪そして、ファントムの哀しい愛に涙』  さて、ず〜っと楽しみにしていた「オペラ座の怪人」です。私はこの物語が好き…といいながらも、実は原作(ガストン・ルルー著文庫アリ)は挫折してるし、四季の舞台も未見(今月いくんです!)。なのに、なぜ好
  • AV(Akira's VOICE)映画,ゲーム,本
  • 2005/01/29 18:00
音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!