コーラス

「オペラ座の怪人」を見て感動したからといって言うのもなんなのですが・・・それでもあえて言いたくなる。“歌って、音楽って・・・やっぱり感動する”って思いました。


そしてあの青年の歌声は、やっぱり聞いていていると素直に感動できました〜。できればもっと歌声を聞きたかったなぁ〜。それから全体の雰囲気というか創りが「ニュー・シネマ・パラダイス」に似ているなぁ〜と、私は思いました。。。


パンフを買ったらハモニカのキ−ホルダーをくれました!
このハーモニカ、どんな意味が含まれているのかなぁ〜?と思ったら・・・ほんの一瞬しか出てきませんでしたねぇ〜(苦笑)









2004/フランス
監督:クリストフ・バラティエ
出演:ジェラール・ジュニョ
   フランソワ・ベルレアン
   ジャック・ベルレアン
   ジャン=バティスト・モニエ


2005/4/9 映画館にて鑑賞 ★★★


以下、ネタバレ感想
けっこうな悪ガキや問題児が集まった学校でしたが、一番の問題児はなんといっても校長でしたね!(苦笑)まァ〜最後には自分で自分の首を絞めましたが。なんてったって“やられたらやり返せ!”がモットーでしたからね(苦笑)


予告を見たときに煙があがっている映像は、戦争が始まったんだ、と思ったのですが、あれは施設から送りこまれた凶暴なモンダンの仕返しだったのですよね!?あれだけ校長に殴られたらねぇ〜(苦笑)子供たちが校舎にいなかっただけに、個人的には拍手を送りたいです(笑)


「天使の歌声」のピエール役ジャン=バティスト・モニエが真直ぐな目線で歌う澄みきった歌声は、私のドス黒い心を清らかにしてくれました。もちろん少年たちの合唱もです。


マチューがピエールのソロをはずしたのは、ピエールの母親に「ほ」の字でへそを曲げたのが気にいらなかったのだとおもっていたのですが、心を閉ざしたピエールに歌うことの喜びをかみしめるためだったんですね。パンフを読むまで気がつきませんでした(大汗)


紙飛行機が舞う中、マチューが学校をやめて行くシーンが一番じわ〜と暖かい涙があふれてくるシーンでしたね。全部拾わなきゃダメじゃない!と、ちょっと突っ込みを入れてしまいましたが(笑)でもその後に土曜日を待ち続けていたペピノの姿を見たときにはそんな不謹慎な突っ込みは一気に吹っ飛んでしまいました。

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2005/04/28 22:13
>sannkenekoさん、
ボーイソプラノって、
声変わりする前のほんのわずかな期間の声なんですよね〜。
とてももったいないですね。
だからこそ、あの歌声にしびれちゃうんですよね。

あの校長は見ていてちっと
ムカっツ!としちゃいましたね(苦笑)
「オペラ座の怪人」以来の鳥肌ものの映画でした。
ボーイソプラノってあんなに綺麗なものなんですね。

>一番の問題児はなんといっても校長でしたね!
一票!(笑)
  • 管理人
  • 2005/04/27 23:01
>るるる@fabさん、
私は髪飛行機を飛ばして机の上に乗ったときに、
精進したんだ!?と思ったのですがねぇ〜(苦笑)
ダメでしたね(爆)

紙飛行機のシーンは、
なんとしても全部拾ってくれたほうが私としては感動できたなぁ〜!
あの校長、サッカー?一緒にやり始めた時には「おお!性根を入れ替える気なんだわ」と感激したのにさ(笑)珍しいかも、最後までダメダメな奴のままなんて。
紙飛行機、多分あれ以上振り返るとマチューも立ち去りがたくなってしまうからなんでしょうね。
  • えふ
  • 2005/04/20 22:39
>chishi さん、
髪飛行機が舞うシーンが感動でしたね!
全部拾わなくちゃ!って思いましたが。

あのボーイソプラノは永遠の歌声ですね。。。
歌、感動しましたー!
最後にペピノがバスを見送る姿、
ダダダダーって駆け寄ってぎゅってしたくなりました。
いい映画だったー(T▽T)
  • 管理人
  • 2005/04/18 20:21
>tommy-styleさん、
パンフを買ったらなにやらついてきて、
よ〜く見たらハーモニカのキーホルダーでした。
こーいうのって、とってもうれしい!(笑)
パンフレットを買ってキーホルダーがもらえるとかあるんですね。確かに「ニューシネマ・パラダイス」に似てると言われていますねー。同じ人がでていますしね。「コーラス」と「コンステンテリン」にTBさせていただきました。前回「アビエイター」へのコメントありがとうございました。ディカプリオの演技がすごいという感想を持つ人がやはりまわりに多いです。
MyBlogでは「映画のレイティング」を行っています。コメント欄に10点満点で行ってもらっていますので、宜しければご参加ください。Hope you don’t mind my TB♪
  • 管理人
  • 2005/04/14 22:04
>onox さん、
出ている悪ガキたちが歌っているのかなぁ〜?
とおもったのですが、どうやら違うみたいですね。
でもそれでもやっぱり歌っているシーンはよかったですね。
もちろんソロの主役の子も。
  • 管理人
  • 2005/04/14 22:00
>cocoaさん、
だよね!校長が一番の悪がきだったよね!
ほんとに憎たらしかった(苦笑)

それとは逆に天使の歌声は、
聞いていると心が清らかになる感じでしたね。
きょうえふの、オペラが感動したかもー。
それでもえふのネタが感動するつもりだった?
そしてえふの、ハモニカを苦笑したいです。
それでもえふで歌声は鑑賞したの?
こんばんは〜。
ほんとほんと、1番の“問題児(児?)”は校長でしたね。
キー!憎たらしい、って感じ(笑)
だからこそ、マチューの優しさが引き立つんですけど(^-^;

あ!私も予告のそのシーン、
戦争が始まった設定なのかと思ってました。勝手に(笑)
違いましたねぇ。

あの“天使の歌声”を聴いてるだけで、ジーンとしちゃいます。
  • onox
  • 2005/04/13 14:55
主役の子は,本当に美しい歌声でしたね.
実際に合唱団に入っているだけあって,さすがだな,と思いました.

歌は確かに良かったですけど,出ている子たちが実際に歌ってるわけじゃなかったのが少し残念だったですねぇ.
成長する過程の意味もこめて,歌ってほしかった気もします.
  • 管理人
  • 2005/04/11 20:07
>0120 Blogさん、
私も『ウイーン少年少女合唱団』を想像しちゃいました。
やっぱり一番有名ですものね。
ほんとうに映像と音楽がマッチすると、
心底響きますよね。

あの校長は青春ドラマでいったらいじわる教頭っぽかったですね(笑)
でもあのキャラはそれなりに楽しかった(爆)
特に一人で紙飛行機を飛ばしていたシーンとか(笑)
こんにちは。
少年少女の天使の歌声と言うとつい『ウイーン少年少女合唱団』位しか思い浮かばない私ですが、素敵なメロディーを美しく伸びのある歌声で奏でられると引き込まれてしまうものですね♪
『オペラ座の怪人』の時もそうでしたが、映像と音楽がマッチすると目と耳と心で味わえるので、ただ聞くだけより何倍も感動出来ると思いました。

 >全部拾わなきゃダメじゃない!

全くその通り(笑)。校長もせっかく更生の兆しがあったのに、純情な心を取戻すには至らなかったようで残念!って感じですかね。
でも校長はキャラ的・ビジュアル的に良かったので、別の意味でOKです!?

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • シネマ de ぽん!
  • 2006/09/30 01:02
コーラスDVDレンタル発売中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  
  • ホームシアター映画日記
  • 2006/01/15 11:10
●映画の満足度・・・★★★★★★★★☆☆8点 モニエくん、なんて美しい歌声なんだ〜〜 まさしく「天使の歌声」ですね、聴くだけで心が清められるような気がしました。
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2005/08/17 23:55
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは天使の歌声を持つ美少年ジャン=バティスト・モニエ君主演のフランス映画「コーラス」です。ハッキリ言って、大変好評でした(笑)地味だけどいい映画だった、感
  • 今日のいいこと。明日のいいこと。
  • 2005/05/05 13:30
コーラス ♪コーラス見ました。悪ガキで荒れた寄宿生を新しい先生が合唱で更生させる。そう、一言で言えば、こんなに王道でありきたりなストーリーなんです。 「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョが、真摯なまでに子供たちに立ち向かい、鬼のよ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2005/04/26 23:30
 涙がながれそうなとき、歌があった ■監督 クリストフ・バラティエ ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン  世界的指揮者のピエール
  • るるる的雑記帳
  • 2005/04/26 21:35
「コーラス」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 うーん、実に実に程良い映画です。どっちかというと子供以上にダメな大人達による程良い笑いと、少年達から垣間見える孤独が上手いことバランス良く織り交ぜられていました
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
  • 2005/04/19 09:51
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 予告を映画館で観てか
  • CINEMA DU MODE
  • 2005/04/18 04:14
France, 2004JPN Release 2005/04/09Running Length: 1:39Director&Scrennplay&MusicChristophe Barratier /クリストフ・バラティエー ProducerJacques Perrin / ジャック・ぺラン 「ニューシネマ・パラダイス」CastJean-Baptiste Maunier /  ジャン=バティ
  • 欧風
  • 2005/04/14 23:51
この映画も試写会だったんですけど、試写会の日が16日でサイパンの前日だったんで、次の日朝早いし準備してないし〜って事で行くかどうか迷ったんですが、当たった以上行けるなら行かねば!行かないと負けだし!って事で観に行きました。 ハガキの写真を見て、どこ
  • ココアのお部屋
  • 2005/04/13 22:17
ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、 ジャン=バティスト・モニエ、 マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン 出演のヒューマン。 公開日:4月9日 ☆ストーリー☆ 1949年、フランスの片田舎。 失業中の音楽教師クレマン・マチューは、「池の底」
  • Bardus Scriptor
  • 2005/04/13 14:55
 1949年,フランスの片田舎にある学校.問題児とされ,家を離れて宿舎で暮らしながら学校で過ごす子供たちと,その学校に赴任してきた音楽家崩れの教師・マチュー(ジェラール・ジュニョ)が歌を通じて交流していく物語.本国フランスでは,『アメリ』を超える観客動員
  • すちゃらかな日常 松岡美樹
  • 2005/04/13 01:30
 ジョニー・デップの爆発ぶりを見ていると「かっこいいけど性格俳優」な時代がきたんだなあ、と実感させられる。  その系譜を紐解くと、ここ10年〜20年の範囲なら元祖はまちがいなくカイル・マクラクランだ。デヴィッド・リンチが好んで彼を使ってることでもそれは
  • It's a Wonderful Life
  • 2005/04/12 18:47
音楽が人生を少しだけ豊かにしてくれる。 こういう話にはとても弱いので、ボロボロ泣いてしまいました。 泣かせるような演出の映画じゃないのに。 タイトル通り、コーラス楽曲の素晴らしさを再認識 させてくれる映画ですが、 「先生もの」の定番、ダメな生徒
  • ひるめし。
  • 2005/04/10 13:48
涙がこぼれそうなとき、歌があった。 今まで観たフランス映画は「アメリ」と「ぼくセザール10歳半1m39cm」くらいでして、フランス映画つてコジャレてちょと合わないなって密かに思ってたんです。 コーラスもはじめは見る予定ではなくて、ちょうど土曜出勤だし招待券ある
  • 0120 Blog
  • 2005/04/10 09:31
それは、聴くだけで涙があふれる不思議な歌声・・・。 続々と気になる映画が公開されますが、まずは我が家に一番近い映画館で『コーラス』を観て来ました。1時間37分という最近の作品の中ではちょっぴり小粒。だけどその中に育まれている優しい感動の物語…。 親