スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
    0
      当然のことながら、このての作品は何も情報収集しないで見る作品です。ということで、ご覧になった方だけ感想読んでください。たいしたこと書いてないけどさぁ〜(笑)



      そういえば、アナザーエンディングバージョンも公開されているのだけども、こちらはAMCだけでしかも夜のみ上映だった。ん〜〜気になるよなぁ!どんな結末なんだろう・・・















      2005/アメリカ
      監督:ジョン・ポルソン
      出演:ロバート・デ・ニーロ
         ダコタ・ファニング


      2005/4/23 映画館にて鑑賞 ★★★

      以下、ネタバレ感想
      “もーいいかい?”と言ったら・・・その後に怖いお化けでも出てくるホラー映画だとおもったのだけども、ホラーというよりはサスペンス感のほうが強かったですね。私としてはもっと怖いのを期待していたのだけども。


      最近は、「シックス・センス」「saw」「アイデンティティー」のようなラスト一発逆転劇のオチが多いだけに、そういう作品だということが解っちゃうだけで面白さ半減しちゃう。「ラスト15分が〜」っていう宣伝しないほうが、かえって楽しめるんだと思うのだけど。。。


      前半はダコタちゃんに注目。母親が自殺した後の彼女の顔は、目をカッツと見開いてその彼女の心の向こう側にはにどんなことが隠されているのだろう?と思うとそこがちょっと恐怖。そうそう、黒髪のダコタちゃんはなんとなく子役だったころの安達裕美ににていたりして!?


      そして謎の人物チャーリーの存在がが出てくると、“チャーリー”って誰なの?とチャーリーに注目(笑)←見えてないのに(苦笑)引越し先の家のそばの森にあった洞窟が何か関係しているのかとおもったのだけども、全然関係なかった(苦笑)あの洞窟は結局、どんな意味があったのだろう?


      最後はやっぱりデ・ニーロに注目!ですよね(笑)かくれんぼしていたのは彼自身だったし。心を閉ざした娘を立ち直らせようと良きパパでしたのでなおさら注目してしまいました。ここにくるまでには夜中に目覚める時間が決まっていたりとか、パーティーで妻の姿の夢を見たりとか、それなりに伏線があったけども、当然見ているときは解るわけがない!


      ラストで一発逆転のオチが待っている!とわかっていても、鈍い私にはまったく予想がつかず、チャーリーが誰だったのかわかった瞬間は面白かった。時系列の作品では頭の回転が鈍いとほんと、わからなくなっちゃってつまらないのだけども、こーいうときはほんと楽しめる!(爆)


      最後にダコタちゃんは正常な精神だと思っていたのだけども・・・あの絵を見たら先が心配でしたねぇー。
      2005/映画館鑑賞 | comments(13) | trackbacks(40)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >小六さん、
        わたしもオツムが鈍いので、
        こ〜いう作品は最後まで謎のまま見れます(苦笑)
        感のいい人は、おもしろさ半減ですよね。
        2006/10/20 10:42 PM
        こんばんは。
        ハイドアンドシーク、面白かったですー
        頭が固いので、あまり先読みせずオチを考えずに観たのが良かったのかもしれません。
        チャーリーって誰だ?
        なんて真剣に考えてましたよ。
        単純にエミリーの中に居る人物だと思っていましたし…
        おバカなわたくしです。
        でもいつも思うのですが、おバカな方が映画を楽しめますよ。
        とりあえず、どんな映画でも面白さを見出せます。

        では、またー
        2006/10/20 8:25 PM
        >ジャ二 さん、
        そうかもしれませんね!?
        最後の絵・・・別の人格のエミリーがいそうでしたね。
        管理人
        2005/05/22 11:17 AM
        父は病気にかかってましたよね。
        だから、チャーリーにもなってました。だとしたら、最後の絵のもう一人の子はエミリーのもう一人なのでは!?
        ジャ二
        2005/05/22 11:07 AM
        >るるる@fab さん、
        確かに「感動するスリラー」ではなかったですね。
        最近、宣伝がヘタな作品が多すぎますよね。
        私だったらもっといいのを考えるわ!


        なーんちゃって(笑)
        管理人
        2005/04/28 10:10 PM
        オチがわかっても楽しめる話もあるんだけど、これに関してはダメでした(笑)デニーロの壊れ具合も足りなかったし。
        にしても宣伝はよく考えた方がいいと思います、「感動するスリラー」だったとはとても思えませんもん。
        2005/04/28 8:40 PM
        >kossy さん、
        私はラストの絵だと思いました。
        その後のダコタちゃんが心配になりましたもの(笑)


        >0120 Blogさん、
        お互い見てないほうのラストが気になりますねぇ〜(笑)
        極端に違うラストなのでしょうか〜?
        でも、そうじゃないと面白くないしね。
        管理人
        2005/04/26 8:27 PM
        こんばんは。
        アナザー版、観て来ました。
        通常版を観ないと比較が出来ないのですが、それ程過激とは思いませんでしたけどネ♪
        逆に、通常版がどんなものなのか気になります…。
        2005/04/26 8:08 PM
        一番の謎は、あのパラパラ漫画だと思います。
        明かに自分で手首を切っていたし・・・
        2005/04/25 8:28 PM
        >onox さん、
        最近ラストのどんでん返しが多いので、
        そんなに衝撃でもなかったですね。
        でも、鈍感だったから楽しめたけども(笑)
        管理人
        2005/04/25 8:10 PM
        たしかに,一発逆転なネタだろうって分かると
        衝撃が少なくなっちゃうかもしれませんね.
        しかも,衝撃がぜんぜんないと,なんだこれ?ってなっちゃうし・・・.

        個人的にあまり衝撃でもなかったので,なんだこれ?になっちゃったのですが(汗)
        2005/04/25 11:37 AM
        >cocoaさん、
        安達裕美に似てましたよねえ〜〜(笑)
        アナザバージョンのエンディングって、
        この絵が関係するんじゃないかと・・・!?
        だったら恐ろしいエンディングですよ。
        管理人
        2005/04/24 11:11 AM
        そうですねー、サスペンスでした。
        そうそう、確かに安達祐美ちゃんに似てたかも〜。

        あの絵、やばかったですよね。
        あの子なら、父を超える恐ろしいことが・・・ なーんて。
        2005/04/24 12:16 AM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/303
        ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
        | christina model nude | 2007/02/08 11:19 PM
        ■ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 「HIDE AND SEEK」 2005年・米 ■監督 ジョン・ポルソン ■製作 バリー・ジョセフソン ■製作総指揮 ジョー・カラッシオロ・Jr. ■脚本 アリ・シュロスバーグ ■音楽 ジョン・オットマン ■キャスト ロバ
        | 小六のB級A画館 | 2006/10/20 8:22 PM
        原題:Hide and Seek 決まって深夜2時6分に目覚める(我に返る)そして謎めいて恐ろしいことが起きている、なにがどうなのか訳の分からないまま、物語は進むサイコスリラー・・ 心理学者のデヴィッド・キャラウェイ(ロバート・デ・ニーロ)は、妻アリソン(エ
        | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/10 1:00 PM
        やっと仕事がひと段落して、DVDを借りようとしたら めぼしい作品は皆、貸し出し中。 「あ、これテレビCMで面白そうだった」と思い、借りてみました。 ニューヨークで暮らす心理学者のデビッドの妻が自殺してしまう。 娘のエミリーは心を閉ざしてしまい、デビッド
        | 映画、言いたい放題! | 2006/05/19 12:33 AM
        「ハイド・アンド・シーク」私も鑑賞したので、レビュー記事をTBさせてください!
        | しーの映画たわごと | 2006/02/24 4:31 PM
        うーん、観ている途中で「Six Sense」を思い出してしまった。 この手の映画には子供と大人を使う場合が多い。 それは子供には伝えるコミュニケーションとしてのツールが大人よりも
        | Kazu's CINEMA PARADISE | 2006/02/18 11:26 PM
        ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ ホラー?サスペンス? 「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 デニーロとダコタちゃんの共演で楽しみにしていました
        | サクっと | 2006/02/17 8:47 PM
        ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ いやぁ、オカルト心霊ホラーだと思っていたのに、、、サイコでしたか、、、実はホラーだと思って、期待していました。 期待はずれ、、、 さすが、ダコタ・ファニング ちゃん、ロバート・デ・ニーロ にも、負けて
        | 猫姫じゃ | 2006/01/25 12:19 PM
        既視感ありありで、正直ダレた。途中深い眠りに入っていたようで・・・。 昔に比べてデ・ニーロも最近は作品に恵まれていない気がするなぁ。 ダコタ嬢も、成長するにつれて段々、個人的に苦手な顔付き女優となりつつある・・・。 開花しきれない女優ファムケ・ヤン
        | 雑板屋 | 2006/01/23 6:14 AM
        ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングの二人が共演した映画「ハイド・アンド・シーク」をDVDで観ました。この映画は、劇場公開時には観ていませんでした。(公開は2005年4月でした。)ホラー系、恐い系映画が嫌いな私は、当時の予告編で「もう、いいかい?
        | GOOD☆NEWS | 2006/01/21 10:20 AM
        「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」 原題 : HIDE AND SEEK (2005年 米 101分) 監督 : ジョン・ポルソン 出演 : ロバート・デニーロ、ダコタ・ファニング
        | M's daily life | 2006/01/19 10:38 PM
        かなり早いところで、オチがわかってしまいました。。。もう少し、話にひねりが欲しかったなぁ。。。 父親役がロバート・デ・ニーロ、娘役がダコタ・ファニング、自殺した母親、怪しい隣人、父親の職業は心理学者、おかしくなっていく娘ってねぇ、、、出来すぎでしょ
        | ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/01/19 8:33 PM
        【邦題】ハイド・アンド・シーク〜暗闇のかくれんぼ〜 【Cast】Robert De Niro, Dakota Fanning, Famke Janssen, Dylan Baker, Robert John Burke 【Director】John Polson 【Length】1 hr. 45 min. 【Genres】Thriller 【Story】親を亡くし、田舎にやってき
        | azcar | 2005/08/27 1:39 AM
        今回観た映画はダコタ=ファニング、ロバート=デニーロ共演、ハイド・アンド・シーク
        | 日々邁進weblog 栄華を極める | 2005/05/19 10:45 PM
        ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ 「もう、いいかい?」「まあだだよ」「もう、いいかい?」「もういいよ……」 存在しないはずの「見えない友達」との<かくれんぼ>遊びに興じる少女エミリー。しかし、その「見えない何者か」が、ある一線を超えたとき、禁
        | HR BLOG | 2005/05/19 3:22 AM
        ホラーは一人で見るのイヤなのに結局一人で見てしまった。 でもオカルトホラーかと思っていたらサイコホラーだったので命拾い。結果論だけど。 やっぱり「家」って怖い。 恐怖体験をする時に場所なんて選ばないのかもしれないけど、いかにもな墓場より、何か出
        | ポップコーンにバターおかけしますか | 2005/05/11 2:58 AM
         1月28日アメリカ公開。日本では4月公開なので、日本の劇場でも予告編がかかっているだろう。アメリカでは、公開第一週の興行収入ランキング1位をゲットした。ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング主演のホラー映画。    手に汗握る。緊迫感とサプライズがあ
        | シカゴ発 映画の精神医学 | 2005/05/07 4:33 AM
        ★本日の金言豆★全日本かくれんぼ協会:「かくれんぼ」にはまった有志により構成。兵庫県温泉町を中心に全日本かくれんぼ大会を実施中。 本作は、子役が主演で、タイトルも”かくれんぼ”って字面は可愛いですけど、親子で観に行ける内容じゃございませんので一応念の
        | 金言豆のブログ | 2005/05/05 11:43 PM
        4月末に、時間が空いたので見てみました。ロバート・デ・ニーロの最新作であり、話題の子役ダコタ・ファニングも出ているホラー映画です。自分はホラーは怖くてダメなのですが(情けない)、嫁さんが「見てみる?」というので気が変わり鑑賞。…自分としてはあまり怖く
        | blog:ポケットアルバム | 2005/05/03 5:30 PM
        ロバートデニーロとダコタファニング共演のホラーサスペンス。 【ストーリー】 愛していた母の自殺がショックで引きこもりがちになったエミリーにチャーリーという見えない友達が出来た。存在しないはずの架空のチャーリーであったが奇妙な事件や殺人までが起きる。
        | No Cinema,No Life | 2005/05/03 11:02 AM
        「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」開映16:55@錦糸町シネマ8楽天地 「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」HIDE AND SEEK 2005年 アメリカ 配給:FOXジャパン 監督:ジョン・ポルソン 製作:バリー・ジョセフソン、ジョン・ロジャ
        | こまったちゃんのきまぐれ感想記 | 2005/05/01 9:58 PM
        この映画を見終わった時「午前2時5分でした」(マジ!)。映画館の趣向なのでしょう
        | RAKUGAKI | 2005/04/30 8:24 PM
        《ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ》 2005年 アメリカ映画 - 原
        | Diarydiary! | 2005/04/29 4:57 PM
        「ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ」★★☆ ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング主演 全米1位獲得で ロバート・デ・ニーロ、 ダコタ・ファニング主演と 聞けば、見たくなるハズ。 心に傷を深く負った少女、 回復を見守る父、 新しい家に引っ
        | soramove | 2005/04/28 9:56 PM
        「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 え?またですか?と多少ガッカリしたのが正直なところです。エイリアンか幽霊の仕業・・・でもない限り事件の核心を握っているのは間違い
        | るるる的雑記帳 | 2005/04/28 8:54 PM
        原題『HIDE AND SEEK』 主演ダコタ・ファニング、ロバート・デ・ニーロ、ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー 監督ジョン・ポルソン 脚本アリ・シュロスバーグ 製作2005年、アメリカ ゲームの顛末 心理学者であるデビッド(ロバート・デ・ニーロ)は、妻ア
        | a story | 2005/04/27 9:57 PM
        最近よくあるパターンのサイコサスペンス。途中、どんでん返しがあり、意外な人物の犯罪だとわかる。でも、この手の映画見てる人は、もう気づいてしまうかも。ネタバレすると、映画がおもしろくないので、下記はクリックしないでください。あらすじ>心理学者デビッドの
        | シネマ パラダイス♪ | 2005/04/27 9:16 PM
        ※今回はネタバレ無しで書いてます♪ こういうタイプの宣伝をする映画だと「何か有るゾ!」ってな感じで【マルコムの指輪】や、最近では【ヴィレッジの“彼ら”】の様に隠された“何か”をあら探ししながら観てしまいます。 「アレ怪しいな」とか「コレ変だぞ」とかね
        | 0120 Blog | 2005/04/26 8:02 PM
        ハイドアンドシーク/暗闇のかくれんぼ観てきました。 テレビのCM見て、急に思い立って観たので、内容も知らなくて・・・。 「結末の15分は、誰にも言わないでください。」なんてコメントがあるので、 シックスセンスのような映画?なんて思ったりして。 感想
        | Cafeアリス | 2005/04/26 1:42 AM
        今週の一本に、百恵紳之助による『 「ハイド・アンド・シーク」評/チャーリー!チャーリー!チャ、チャ、チャーリー!』を追加。 「ハイド・アンド・シーク」は、空想の友達「チャーリー」とかくれんぼをして遊ぶ少女の想いが現実の形となって暴走、次第に過激化してい
        | I N T R O + UptoDate | 2005/04/25 11:33 PM
        題名:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 時間:102分 監督:ジョン・
        | -PARADOX- | 2005/04/25 11:40 AM
         名優ロバート・デ・ニーロと,天才子役ダコタ・ファニングが共演するスリラー.相次いで実力派俳優と共演するダコタちゃんが,スリラーに,しかもあのロバート・デ・ニーロと共演ということで話題の作品.この前知ったのですが,スリラー作品にデ・ニーロが出演するの
        | Bardus Scriptor | 2005/04/25 11:38 AM
        というわけで、 昨日公開の ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ を見てきました。 っつーか、満席じゃなかった。 あまり人気ないのかなぁ。。。。   途中で展開が読めてしまって、そういう意味では期待はずれかも。 でも映像とかには
        | ボソっと言ってみっか・・・ | 2005/04/25 1:06 AM
        うーん、ダコタ・ファニングはやはり素晴らしい子役だね。はっきり言って、デニーロと親子ってのは孫みたいで無理があったけど、ストーリーは解り易く、ドキドキもしてホラー映画としてはまぁ面白かったです。どうも最近のデニ―ロがあまり好きじゃないんでそこは差し引
        | kaoritalyたる所以 | 2005/04/25 1:03 AM
        ダコタ・ファニングってすごい!!あの表情に、ゾクッとさせられる。何も起こらないのに、役者の魅力でささいなシーンが盛り上がっている。物語も感動はなかったが、怖い、怖い。心理的にジワッと来るものがありました。遊園地のお化け屋敷に行ったみたい。面白いけど、詰
        | こぶたのベイブウ映画日記 | 2005/04/25 12:18 AM
         多忙なダコタ・ファニングは学校の勉強をするヒマがあるのだろうか?語学だけは優れていそうなのだが、算数は苦手そうだ。eight and thousand・・・  前半は大きな事件が起きるでもなく、オフシーズンの避暑地と不気味な雰囲気を存分に味わえる内容。登場する人物の
        | ネタバレ映画館 | 2005/04/24 11:27 PM
        『もういいかーい』 『まだだよ』 何度も日本語で連呼するこの予告編を映画館で何回も見たので、ひょっとして相当面白いのかと思い「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」を観てきました。 ★ あまりに面白くなかったので最初からネタバレ全開で書きます。 ネタ
        | そーれりぽーと | 2005/04/24 3:14 PM
        そこにいるのは誰? ダコタちゃんの新作を観るたびに成長がうかがえるので「まぁ、見ない間にまた大きくなって」と親戚のおばさんのような気持ちになってしまう。 で、今回は名優デ・ニーロと共演。髪もブロンドから黒髪へと変身。相変わらずかわいいこと。劇中でもみん
        | ひるめし。 | 2005/04/24 2:03 PM
        邦題:ハイド・アンド・シーク 『母親が自殺し、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリーは、チャーリーという名の友達が出来るが、その姿は父親には見えなかった。この引越しから、奇怪な現象が起こるようになり・・・』 director ...John Polson David Callaway
        | なおのオススメ文芸。 | 2005/04/24 2:46 AM
        ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、 ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー、 エイミー・アーヴィング、ディラン・ベイカー 出演のサスペンス。 公開日:4月23日 ☆ストーリー☆ 彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶ったのだ。
        | ココアのお部屋 | 2005/04/24 12:08 AM
        TRACKBACK BOTTOM
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search