イン・ハー・シューズ

マイカルで一番大きなスクリーンだったので正直いってビックリしちゃいました。案の定お客さんはそんなにいなかったけど汗 私もまったく期待してなかったし。

でもね、凄くじわ〜、じわ〜とくるものがあって良かったんです!正直いってキャメロン・デイアス主演の作品だから中身かる〜いんじゃないかとおもってました。ところが一度緩んだ涙腺が止まらず・・・ハンカチだけではたりずにテイッシュまでだしてしまいました。キャメロン・デイアスの自分探しの旅に、またどんなにケンカしてもお互いに必要な姉妹、いないとおもっていた祖母の存在に・・・どっぷりとはまっちゃいました〜。

午前中は「エリザベスタウン」のスニーカーで始まり、午後からはヒールの靴。どちらも自分にぴったりあうサイズを見つけるのって大変だなぁ〜と思いました。ちなみに私は以前ムリしてヒールの靴を履いていたけど、、、コケちゃうし痛いから、今はスニーカーになっちゃいました。大股で歩く自分にはスニーカーがピッタリジョギング



2005/アメリカ
監督:カーティス・ハンソン
出演:キャメロン・ディアス
   トニー・コレット
   シャーリー・マクレーン  
   マーク・フォイアスタイン


2005/11/12 映画館にて鑑賞 ★★★★


以下、ネタバレ感想
キャメロン・デイアス主演ででこんなにも涙腺が緩むとは思ってもいませんでした。確かに劇中彼女は、プールサイドで切手ほどの布を羽織ったビキニをつけていましたが汗 これはこれであんなにリタイアした人達を楽しませてくれたからいいよね。もちろん見てるほうも目の抱擁になったし楽しい

優秀な弁護士として成功しいるけど肉体的にはコンプレックスを持っている姉と、ルックスだけが命!で難読症というコンプレックスを持っている妹、そして彼女たちの祖母の、自分を見つめる内容にどっぷりとはまっちゃいました。

ローズが上司のジムとつきあうようになってから、私はサイモンの存在に一目置いていたんですよぉー。あー、こいつはローズに気があるんだな!って。案の定、ジムは女にだらしない男だった!それに比べてサイモンの行動がなんとも温かなこと!強引にランチにさそったり、夕食にさそったり・・・でも、彼がローズに話す会話や行動が何故かじ〜んと温かく感じて涙がじわじわと出てきてしまう。。。一度こじれた仲だけど、きっと彼なら彼女のことを解ってくれる!っておもってました。

マギーは最初ルックスだけで生きているような女性だったのが、フロリダの祖母エラの元でリタイアした人達の面倒をみるようになって、やっと自分にピッタリあった靴を見つけられたのが良かったです。最初はあいかわらず自由気ままな暮らしだったのに、リタイアした人達と接してやっと自分を見つけた!ってことに涙。特にプロフェッサーに詩を読んで難読症を克服したり、女王蜂軍団の入れ知恵とはいえ姉のために嘘をついて婚約者を呼んだりとか・・・最後に姉の結婚式で詩を朗読したシーンには、ハンカチではたりずにテイッシュまで出してしまいました。お姉さんにとっては最高の結婚式のプレゼントだったと思います。。。

祖母のエラの存在がこれまたよかったです。なんったってあのだらしないマギーに働くことを教え、それによって彼女がほんとうの自分を見つけられたのだから。そして長いことネックになっていた娘の夫と会うことができたし。

エラを演じたシャーリー・マクレーン!!私的には憧れのおばあちゃま度No1です!彼女はニコラス・ケイジと共演の「不機嫌な赤いバラ」を見たのが始めてでした。それ以来お歳をめしたのにもかかわらず、かわいらしいおばあちゃまが好印象でファンになりました。今回の作品でも彼女のさっぱりとしたなかにも愛情のこもった演技が良かったです。




最後に姉妹の義母が娘の結婚式で焼き鳥を前に何もお皿に取るものがないのを見て・・・いままでのことがあっただけにざまーみろ!でしたジョギング

あーすっきりした!

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2005/12/05 20:39
>astak さん、
私も同感です!
  • 管理人
  • 2005/12/05 20:38
> yumiyanさん、
ひょっとしたら今年、一番涙腺が緩んだ作品かもしれません(^^;;
最後の詩の朗読は、涙と鼻水がとまらなくて困っちゃいましたわ(苦笑)
みんなあの義母には“ザマーミロ!”っておもうみたいね(^^;;
こんばんわ!TBさせてもらいますね!
この映画ほんとツボに来ましたね!
あの教授に出会って難読症を克服したり、自分にあった仕事も見つけることが出来て生きがいも見つけて。。
エラも、サイモンもローズも素敵な人達ばかりで♪
結婚式のサプライズの詩の朗読、思い出してまた涙・・・でした。
今年の作品で結構上位に食い込む映画です(*^_^*)
私も同じく、継母に「ざまーみろ」でした。
  • astak
  • 2005/12/04 20:46
よかったです!久々に感激しました
  • 管理人
  • 2005/11/19 21:47
>cocoaさん、
2カラムにしたので使用してなかたアクセサリーとか
はずしちゃいました。

意外にもいい作品で・・・
涙、涙・・・でした。
義母はやだったけど(苦笑)


> れいん さん、
鼻ズルズルしながら見てました〜。
温かい涙がこぼれましたよね。
サイモンはいい男でしたよね!
あんな優しく見守ってくれる人が欲しいわ!

こんばんは。
私もずっと一人で泣きながら観ていました(笑)。
すごくあたたかい涙が流せて、いい時間が過ごせた作品でした。
同じです!サイモンの行動や言葉・・・。私の中の本当に優しくて素敵な男性のまさに理想系でした!ルックスもあれくらいの方がいい。(笑)
シャーリー・マクレーンはいいですよね。他にも『マグノリアの花たち』や『迷子の大人たち』もお勧めです。『不機嫌な赤い薔薇』の前大統領夫人役もにくめない可愛らしさがありましたよね。大好きです。トニ・コレットは「ミュリエルの結婚」以来のファンです。彼女の演技力にはいつも脱帽です。
長くなってすみません。
この前から思ってたのですが、リニュですね。
アクセサリーとか減らしたんだぁ。と、思ってました。
カワイイ感じでいいですね♪

いやな継母でしたねぇ〜。
ほんとざまーみろです(笑)
思ってたよりもジーンとしていい映画でした。

  • 管理人
  • 2005/11/18 21:26
>charlotteさん、
私も泣きのツボにはまりました。
結婚式のエピソ−ドはみなさん共通の泣きのツボですね!

ハイヒールは凄くあこがれるけど・・・
やっぱ足が痛くてダメだわ(苦笑)
こんにちは。
等身大で無理なく生きたいなと思えて、かなり泣きのつぼにはまった作品でした。
結婚式でのエピソードもとても心温まるものでした。
ざまあみろ〜と思う気持ち、よ〜くわかります(笑)

疲れるけどそれでも靴はハイヒールはいてみたくなる、女性にとっては魅力的なものです…
  • 管理人
  • 2005/11/17 12:41
>八ちゃんさん、
ご老体といっしょに、
キャメロン・デイアスの水着姿にニンマリじゃなかったですかー(笑)
私、「アイ・アム・サム」はダメだったんだ(汗)
うはははは…
こっちの方が良かったです。
観終わった後の余韻と感激は「アイ・アム・サム」に似ていました。それ以来の映画です。感動モノとしては。
あいにくレディースデーに観てしまい恥かしかったですけど…
うはははは…
こっちの方が良かったです。
観終わった後の余韻と感激は「アイ・アム・サム」に似ていました。それ以来の映画です。感動モノとしては。
あいにくレディースデーに観てしまい恥かしかったですけど…
  • 管理人
  • 2005/11/16 20:32
> mimyさん、
あんな面倒見のいいお姉さん、
欲しいよなぁ〜〜(笑)

海外ドラマ、大好きです!
いまではほとんど民放は見なくなっちゃったくらい(苦笑)
どんなドラマを見てるのかなぁ〜?
  • mimy
  • 2005/11/16 13:53
はじめまして!
BlogPetに導かれてやってきました。

イン・ハー・シューズ、私もこの間見たばかりなのですが、トニー・コレットが私的には、かなりよかったです。

最後に継母がお料理食べられない場面は、私も「やったね♪」って思ってしまいました。

関連記事をTBさせていただきますね。

海外ドラマもお好きなんですねー。
私も大好きです。

また遊びに来ます♪
  • 管理人
  • 2005/11/16 12:36
>ミチさん、
思ってもいなほどいい作品でしたよね。
キャメロン・デイアスを見直しちゃいました。
あの料理はジャマイカ料理だったですか!?
焼き鳥がありましたよね〜〜、
それに前半にオスシも出たので日本食かな?っておもってたんだけど(笑)


>メビウスさん、
1番大きなスクリーンなのにお客さんポチポチ・・・
なんかもったいなかったなぁ〜〜(苦笑)
あんな妹はごめんだけど・・・
って、私はあんなお姉さんが欲しいわ(笑)
こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分の所のコロナシネマでも一番でかいスクリーンでの上映でしたね。
そこに女性多数、男性5人(自分も含む)と言う鑑賞だったんですよね〜(汗
やっぱりかなり女性の方に好感が持たれている映画みたいですね♪

マギーのような妹を持つと苦労しそうですけどね(笑
こんにちは♪
TBありがとうございました。
私も大好きな作品です!
キャメロン・ディアスの代表作になるかもしれませんね〜。
本当に彼女にこんなにやられちゃうとは!
継母がジャマイカ料理に手が出なかったのは面白かったです〜。
  • 管理人
  • 2005/11/14 12:34
>更紗さん、
最後の詩の朗読のシーンは、
鼻水じゅるじゅるでしたね〜(苦笑)
ひさびさに目が真っ赤にはれちゃいました。

シャーリー・マクレーンはどんな役でも粋でいいですね!
それから義母!!!
いや〜〜憎たらしかったですね!
食べるものがないシーンは、
ほんとざまーみろ!って気持ちでした(爆)
こんにちは、

>最後に姉の結婚式で詩を朗読したシーンには、ハンカチではたりずにテイッシュまで出してしまいました

私もです、涙だけではなく鼻水出るほど泣けちゃって
ティッシュ、ごそごそと出してしまいました。

出演している女優さんたちがよかったですよね。
シャーリー・マクレーンの祖母は粋でおしやれで素敵だし、
あのマギーを説教することなく、変化させていくのが上手でしたよね。
亡くなってしまう教授の話しもよかったですし、
とにかく一つ一つのエピソードが心に染みました。
そして、義母の食べるものないシーンは
私も「ざまーみろ」でした(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 映画、言いたい放題!
  • 2009/04/30 13:14
友人のお勧めです。 ルックスはいま一つだけど利口な姉 vs 美人だけどバカな妹という組合せの姉妹が、 いろいろあってお互いが成長して認め合う成長物語、 って、絵に描いたような話らしいけれど、 どうなんでしょうねぇ。。。( ^ _ ^; ローズはフィラデル
  • 純情ちらり。
  • 2006/12/19 23:52
イン・ハー・シューズ キャメロン・ディアス 昨日ビデオショップでこのDVDを借りて、帰ってから即3時間ぶっ続けで観ました。 2人の姉妹の愛情を描いた話です。 顔とスタイル以外とりえの無いマギー(キャメロン・ディアズ)が有能な弁護士の姉ローズ(トニ
  • Yuhiの読書日記+α
  • 2006/07/19 01:20
美人でスタイル抜群、男にモテモテの妹マギー(キャメロン・ディアス)と頭脳明晰の弁護士だけど容姿に自信がない姉ローズ(トニ・コレット)の姉妹関係を軸に、家族の絆を丁寧に描いている作品。 とても対照的な二人だが、妹のマギーは「読書障害」の為仕事も長続きせ
  • 文学な?ブログ
  • 2006/06/09 00:59
簡単に失われるような人間関係なら、最初からなかったと諦めた方がいい。人と人の本当の信頼は、一つや二つの事件では揺るがない。そのことを強く感じた映画でした。 女性弁護士ローズ(トニ・コレット)には、対照的な性格の妹マギー(キャメンロン・ディアス)がい
  • ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
  • 2006/05/25 14:22
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出4/脚本5/撮影3/音響3/音楽4/配役4/魅力5/テンポ3/合計35) 『
  • ヒューマン=ブラック・ボックス
  • 2006/04/23 19:25
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(122) イン・ハー・シューズ(2005年)-この映画は 映画館で観たかった。 映画を観るということは、ちょっとした賭けである。 千数百円という金銭と2時間前後というかけがえ
  • デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
  • 2006/04/22 17:53
監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン 公式サイト 評価:91点(100点満点) (ネタバレあります) キャメロン・ディアス主演なんだから、どうせ中身の
  • Blossom Blog
  • 2006/04/14 11:13
イン・ハー・シューズ IN HER SHOES 監督 カーティス・ハンソン 出演 キャメロン・ディアス トニ・コレット    シャーリー・マクレーン アメリカ 2005
  • ぶっちゃけ…独り言?
  • 2006/04/12 05:31
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 心地良い映画でした〜。 実はキャメお得意のラブコメかと思ってたんですけどね。 いつもよりも大人向けな。 そーゆー映画じゃなかったけど、これはこれで凄く良かったです。 前半はやや微妙。 姉妹二人
  • epiphany
  • 2006/02/08 11:56
【あらすじ】 弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、キャリアも資格も学歴もないマギーが、たったひとつ人に誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。遅まきながら自立の坂道
  • toe@cinematiclife
  • 2005/12/18 01:26
これ好きだわ〜。 この姉妹って私と同世代。 痛いな〜と思いつつ、そんな都合良い話無いでしょ〜と突っ込みを入れつつ、やっぱり泣いちゃった。 <STORY> フィラデルフィアの大手法律事務所で働く弁護士・ローズ(トニ・コレット)は、憧れの同僚・ジムと良い関係にな
  • シネクリシェ
  • 2005/12/11 09:32
 前半部面白味に欠け、中盤あたりからだんだん盛上がってきましたが、また終結部にかけて元に戻るというヘンな珍しい展開の映画でした。  そしてよ
  • CouchCinema*カウチシネマ / b
  • 2005/12/05 20:09
やっと観ました。久々に映画館で涙してしまいました。 題名の" In her shoes " は、「彼女(相手)の立場になって」という意味の慣用句。 「相手の立場になる=相手の思いを理解する」ことによって 自分が愛されていたこと、守られていたことに気付き、 立場が微妙に変
  • daily life
  • 2005/12/04 23:15
金曜日、 『IN HER SHOES』 を観てきました。 結構いいよ~って感想を聞いていたので少し期待♪ ちょっと久々のキャメロン・ディアス。最近は怖い顔ばっかりが取り沙汰されてるけど・・・・やっぱり厚化粧の時は怖かった聯 ルックスだけが取柄で、難読症である
  • お気楽日記♪
  • 2005/12/04 18:38
        青山界隈をお散歩しながら向かったのは六本木ヒルズ。         実は、この映画を観るのが本日の大目的。          そして、一人映画初体験♪ ちょっとドキドキ? この位置から昼間の東京タワー。 青い空に赤と白が綺麗!! と
  • 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
  • 2005/12/04 13:02
原題:In Her Shoes Just a little・・・この映画、地味に地味に少しずつ少しずつジワジワとハートに食い込んでくる。"ぴあ"で90点以上を付けているのも、なるほど頷ける。 高校出てから10年の妹、ナイスバディだが定職のないマギー(キャメロン
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
  • 2005/12/03 01:31
 2005年12月3日 『イン・ハー・シューズ』観賞レビュー! 原題 In Her Shoes 2005年/アメリカ/カラー/130min 配給:20世紀フォックス映画 11月12日より有楽座他全国公開中 ★ストーリー★ 30歳目前にして自分にぴったり合う 靴
  • 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
  • 2005/12/01 18:00
 久しぶりにシネコン(三条のMOVIX京都)に行ってびっくり。上映映画は「ハリ・ポッター」だらけなんだ。字幕版、吹き替え版がそれぞれ数スクリーン。もちろん、それは無視して「イン・ハー・シューズ」を観たんだが、客の中の男は数人。いやー女だらけ。水曜だか
  • 壺のある生活
  • 2005/11/29 12:18
イン・ハー・シューズ In Her Shoes (2005/アメリカ) ナイス・バディ! 監督 カーティス・ハンソン Curtis Hanson 脚本 スザンナ・グラント Susannah Grant 出演 キャメロン・ディアス Camer
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2005/11/25 00:37
11/12初日の数ある公開作品の中からひらりんがチョイスいたのはこちら。 こないだ見たDVD「普通じゃない」にも出てたキャメロン・ディアスが主演。 共演は「コニー&カーラ」が面白かった、トニー・コレット。 2005年製作のコメディ・ドラマ、131分もの。
  • 旅・旅・旅・・・・日本を世界をいつか一周してみたい!!
  • 2005/11/20 17:13
10月の最後の日に試写会で『イン・ハー・シューズ』を見に行ってきた。 ストーリは、マギー(キャメロン・ディアス)は、ゴージャスなルックスだけど、無職、無資格、、無収入。姉のローズ(トニ・コレット)は、成功した弁護士だけど堅物で恋はいつもうまくいかない。
  • ひるめし。
  • 2005/11/20 12:50
私たちは何度もすりむいて、自分だけの"靴"をみつける。 CAST:キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン 他 ■アメリカ産 131分 容姿端麗なんだけど働かないグータラな妹、バリバリのキャリアウーマンなんだけど容姿に自信がない姉のまったく
  • Cinema Galleria
  • 2005/11/19 00:23
ひとりっこの私には当然だけれど姉妹喧嘩の経験はない。兄弟姉妹がいなくて寂しいと思ったこともあるけれど、実際のところ「ひとりで気楽」そう思うことのほうが多かった。でもね、
  • ココアのお部屋
  • 2005/11/18 22:53
キャメロン・ディアス、 トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、 マーク・フォイアスタイン出演のヒューマン。 公開日:11月12日 ☆ストーリー☆ 30歳目前にして自分にぴったり合う靴がみつけられず、裸足でさまよい続けている。 この映画のヒロイン、
  • まぁず、なにやってんだか
  • 2005/11/18 21:48
姉妹が主人公の話でキャッチコピー「私たちは何度もすりむいて自分だけの靴を見つける」というのも良さそう。レディースディにぴったりの作品を観に行ってきました。これは予想以上のいい映画でした。感動して泣けるし、笑えるところもありの、大満足映画です。 姉の
  • 今日はどこへ行きましょうか
  • 2005/11/18 19:29
キャメロン・ディアス トニ・コレット 『イン・ハーシューズ』観て来ました。 私にも姉妹がいるけど、こんなに近い存在ではないので、ちょっとうらやましかったです ストーリー「ルックスは抜群だが、難読症で計算に弱い妹のマギー と、容姿に全く自信がなく、頭の
  • 注目の映画 &海外ドラマ!!
  • 2005/11/18 17:00
「メリーに首ったけ」「チャーリーズ エンジェル」のキャメロン・ディアスと「アバウト ア ボーイ」のトニ・コレットが姉妹役を演じている映画です。 もともとキャメロン・ディアスが好きで、見に行った映画でしたが、いい映画でした 正反対の姉妹役が二人によくマ
  • Chic & Sweet * びいず・びい
  • 2005/11/18 10:13
美人でスタイルバツグンのマギー(Cameron Diaz)。彼女がバーで男を見つめれば男は当然のように一杯おごってくれる。でも彼女は難読症で読み書きは苦手、定職もない。   姉のローズ(Toni Collette)はバリバリの弁護士だけど、ボーイフレンドの一人もいない堅物
  • シャーロットの涙
  • 2005/11/18 07:48
私達は何度もすりむいて、自分だけの靴をみつける・・・INTRODUCTION 弁護士として働く姉とは反対にキャリアもない主人公マギーが誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。若さというものは期限がある。 自分の登るべき道を四苦八苦して捜し求める彼女は、最近まで存在
  • 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
  • 2005/11/16 22:51
11月14日(月)TOHOシネマズ木曽川にて フィラデルフィアで弁護士をしているローズ(トニ・コレット)は、容姿に自信はないが、職場の同僚が新しい恋人となり、幸せな日々を送っていた。そこへ、義理の母親に家を追い出され、行き場を失った妹のマギー(キャメロン・
  • 八ちゃんの日常空間
  • 2005/11/16 17:46
IN HER SHOSE [池袋HUMAXシネマズ4/SC4] 公式サイト 「私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。」 キャメロン・ディアスが本物の女優になった - ってオイ、それじゃ今までは偽者だったんかよ!ってな訳で20世紀フォックスが送る本年度最高のヒュ
  • mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ
  • 2005/11/16 13:54
「In Her Shoes」にジムという登場人物がいるのですが、この人を見た瞬間、私の心の叫びは、 「あ、お父さん!」 そう、彼は「Point Pleasantの悪夢 」で主人公のクリスティーナを預かる家のお父さん、ベンでした。 でも、何だか他にも見た気がして、
  • mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ
  • 2005/11/16 13:54
金曜日の夜、「いぬのえいが」、土曜日の夜、「インファナルアフェア III」、そして、今日は「In Her Shoes」の3本を見ました。映画漬けなんて、珍しい週末でした。以下、各映画の感想を。。。 1.「いぬのえいが」 これは何本かの犬をテーマにした短編映
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2005/11/16 03:50
【監督】カーティス・ハンソン 【出演】キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン 【公開日】2005/11.12 【製作】アメリカ 【ストーリー】 マギーは
  • ミチの雑記帳
  • 2005/11/15 21:13
映画館にて「イン・ハー・シューズ」★★★★☆ 「女の子はステキな靴をはかなきゃダメ!靴がステキな人の元へ連れて行ってくれるから!」っていうのは漫画「花より男子」のなかで静さんがつくしに言った言葉。(実際フランスではそう言われているのかな?) 靴が好き
  • ö????ġ(o)
  • 2005/11/15 20:53
映画の最中に地震が!!!ちょっと長めの地震だったために、最初はわりと静かだった会場がだんだんザワザワと!!!でも、別に映画がSTOPすることはなく無事続いたのですが、これが大地震だったら!って考えてちょっと怖くなっちゃった。会場の中はもちろん真っ暗な
  • lunatic's 映画評
  • 2005/11/15 11:18
話は、弁護士でしっかり者だけど容姿にちょっと太めで容姿に自信がない姉ローズとスタイルは抜群だけど、自由奔放に生き、定職に就か(け)ずその日暮らし的に過ごす妹マギー、そして亡くなった母への接し方でボタンを掛け違えた父と祖母エラ、意地悪な継母などを中心に
  • Happyになれる映画を観よう♪
  • 2005/11/14 23:56
★★★★★☆彡 試写会(大阪・御堂会館)に行ってきました。 公開前なので、公式サイトに載ってる程度のあらすじと、ネタバレのない程度の感想を書きたいと思います。 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、
  • ☆ 163の映画の感想 ☆
  • 2005/11/14 21:12
なんか、久しぶりに感情移入して見ることの出来た作品でした。というのも、私には姉が1人いて2人姉妹だからなのかもしれません。 弁護士で外見的にコンプレックスを持つ姉ローズ(トニ・コレット)と難読症で自分に自身が持てず自堕落な生活をしている妹マギー(キャ
  • cinema village
  • 2005/11/13 15:42
コメント無きTBは削除させて頂きます。 05米 監督/カーティス・ハンソン 脚本/スザンナ・グラント 出演/キャメロン・ディアス トニー・コレット シャーリー・マクレーン あらすじ/マギーはゴージャスなルックスだけど、無職、無資格、無収入。 姉ローズは、成功