「ニュ−・シネマ・パラダイス」のDVD

噂で名作だということは知っていたので、ケーブるTVで放送されたときになんとなくチャンネルをあわせて見た、のが初めてでした。真夜中だというのに1人でワンワン泣きながら見てしまいました。

そして・・・
値段が高くて手がだせなかったDVDが、ようやく低価格で発売されたのでやっともう一度見ることができました。

トトのあどけない笑顔とアルフレードの映写室での交流。映画館で街のみんなが一喜一憂しながら見ている光景。外の壁に映像が映し出された瞬間の感動。トトの青年時代の恋。

そして街を離れて30年・・・
映画界で成功したトトがアルフレードのお葬式で故郷へ〜

一度見たとはいえ、だからかな?!どのシーンもとりとめもなく大粒の涙がポロポロとこぼれてくる・・・特に村の人々が楽しそうにパラダイスで映画を見ているシーンを見ただけで、何故か涙が・・・

最初に神父がキスの映像をアルフレードにカットさせていたのが、たんなるいじわる(笑)くらいにしかおもっていなかっただけに、らすとにキスの映像が出てきたときにはもう涙が止まらなかった。。。

アルフレードとの“これはお前にやる、だけど預かっておく”っていう約束、すっかり忘れていたもの。アルフレードのトトに対する想いを感じると胸がいっぱいになってくる。。。





スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2006/08/28 20:12
>0120 Blog さん、
あの音楽、
聞いただけでうるうる〜ですよね。
気がついたらDVD、
安くなってたので買ってしまいました(^^;)
  • 0120 Blog
  • 2006/08/27 22:16
ご無沙汰しています。
完全オリジナル版で2,500円ですか?良い買い物をなさいましたね♪

この作品は、私の中では何回観ても泣ける作品第1位です(笑)。

あのエンニオ・ モリコーネの音楽が流れただけで泣ける気分になれます。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 0120 Blog
  • 2006/08/27 22:06
今までに何度となく観て来たこの作品。 観ては涙し、故郷を思い感慨にふけり、甘酸っぱい青春の味を思い出す。 そして、ほとぼりが冷めた頃また観る・・・。 とは言え年に1度観ればイイ方で、今回のリバイバル上映はそんな私にとって、ナイスタイミング♪ 2005年
  • -
  • 2006/08/24 20:52
-
管理者の承認待ちトラックバックです。