父親たちの星条旗

2006/アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ(ドク)
   ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)
   アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)
   バリー・ペッパー(マイク・ストランク)
   ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)

1枚の写真の裏に隠されていた事実・・・

見終わったあとから徐々に感情がこみあげてくる・・・
イーストウッドらしい手腕で描かれていました。。。

以下、ネタバレ感想
どちらの国が善悪なのかといったことはまったくふれず、
1枚の写真から“英雄とは何か?”をと問うた、
クリント・イーストウッドらしい、
感情を抑えながらにも熱いものがある、
良質な作品でした。

ピューリッツア賞まで受賞した、
星条旗を掲げた有名な写真・・・
そういえば見たことがあるような。。。汗

どーみてもアメリカ軍が、
硫黄島を占拠して初めて掲げた感動の瞬間の写真、
そのようにみえるけど・・・

その舞台裏、真実を知る生き残った者たちにとっては、
どう思えたのでしょうか。

ほんとうの真実を黙りながら、
国債販売ツアーにかりだされた3人の苦悩、
その後の人生がなんともいえません。。。

戦場で戦った者にしかわからない、
ほんとうの恐怖や悲しみ、真実、
それらを人生の半分を黙りとおして亡くなったドク。
どんな想いだったのかとおもうと胸がいっぱいになりました。

またそのドクの最後を看取った息子と、
その家族の暖かい姿をみたら熱いものがこみあげてきました。


戦場シーンは、
「プライベート・ライアン」よりも凄い!
とたとえる人が多いけど、
まさにそのとおりです。
すざましい銃撃戦に砲弾の嵐・・・
“コーマン”(衛生兵)と叫ぶ嵐・・・
けっこうグロイ映像もでてきて、
“映画”ではなくて“戦争”だ!とおもえました。

特に日本側が・・・
日本軍がダァーーーーッツと攻めてくるようなシーンはなかったけど、
隠れていた洞穴や洞窟から、
銃口だけが静かに覗いて攻撃してくるシーンが、
アメリカ軍じゃないけどすごく不気味でした。

しかしエンドロール後の予告で、
それらの洞穴や洞窟のことや、
手榴弾で自決した日本兵のことを、
2作目の「硫黄島からの手紙」で描かれていることを知って、
ものすごく見たくなりました。

それになんたって世界の謙さんだもんね!

最後にエンディングに写った写真・・・
あれは実在の人物の写真だったのでしょうか?
だとしたらすごく似ています。


2006/10/28 映画館にて鑑賞 爆弾爆弾爆弾爆弾



ポール・ウォーカーが出ていたなんてまったくわかりませんでした!汗

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2006/11/15 17:16
> kazuponさん、
わたしも硫黄島ではかなりリンクしてることがあるとおもいます。
とくに穴とか洞窟のことがね〜。
それから戦闘シーンが売り物ではないところがいいですね。
でもすごい迫力あったけど。
多分硫黄島でかなりリンクして
いろんな事が浮き彫りになってくる
ような気がしてます^^
アメリカ側が思ってたた事が実は
違ってるとか・・。
戦闘シーンをど迫力で見せる部分も
ありますけど、それだけが
狙いの映画ではないのも良かった
気がしました^^
  • 管理人
  • 2006/11/08 21:26
>更紗さん、
いたいどこにいたのかまった気がつきませんでした。
ポール・ウォーカー(^^;;

手紙は絶対みたいですよね!
私もポールウォーカーに気づかなかったクチです。
バリーはすぐ分かるんだけどなー(笑)

とにかく手紙の方が楽しみになりました。
  • 管理人
  • 2006/10/28 20:51
>しんちゃん、
そうですよね、
この作品は3人が帰国してからの苦悩を描いている作品ですよね。
戦闘シーンはフラッシュバックでしたものね。

でも・・・すごかったなァ〜(^^;)

「硫黄島からの手紙」はなんか・・・
感情がたかぶりますね!
 私は「プレイベートライアン」の戦闘シーンのほうがすごかったように思いました(^^; 

 っていうか、この映画は戦闘シーンはやっぱ2の次で、帰国してからの3人の苦悩こそが作品のテーマでしたね

「硫黄島からの手紙」は号泣必至でしょうね(^^;
 

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2009/08/09 20:33
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ〜♪  確か教科書
  • CinemA*s Cafe
  • 2007/04/03 22:13
公式サイト 星条旗を掲げるあの写真の存在は知っていたのだけど、それが硫黄島での写真だったと言うことをこの映画を観て知った私。 ヒーローとしてアメリカに凱旋帰国することになった写真に写っているとさ
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2007/02/13 19:29
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によ
  • -
  • 2007/01/27 22:45
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • 共通テーマ
  • 2006/12/21 17:55
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
  • 利用価値のない日々の雑学
  • 2006/12/10 16:46
「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン〜」のイーストウッド(敢えて「ミリオン〜」のと言いた
  • 書きたいことを書くブログ
  • 2006/12/01 12:05
こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2006/11/21 13:44
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実
  • シネクリシェ
  • 2006/11/19 07:24
 『プライベート・ライアン』を思わせる激しい戦闘シーンが繰りひろげられますが、その実は『シン・レッド・ライン』のような戦争の無常観を表現した
  • ば○こう○ちの納得いかないコーナー
  • 2006/11/19 02:31
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き
  • やまたくの音吐朗々Diary
  • 2006/11/18 11:40
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミス
  • Thanksgiving Day
  • 2006/11/15 01:19
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたので、い
  • It's a Wonderful Life
  • 2006/11/12 11:10
最近「911」を扱った映画が2本公開されましたけど、 何故あんなテロを起こすに至ったかを描く視点の映画も観ないと 何となく事実を公平に判断出来ない気がしていました。 ところがこの「父親たちの星条旗」はアメリカ側の視点、 「硫黄島からの手紙」は日
  • シカゴ発 映画の精神医学
  • 2006/11/12 07:11
 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、...
  • cinema village
  • 2006/11/08 18:50
コメント無きTBは承認いたしません。 父親たちの星条旗ジェームズ・ブラッドレー 大島 英美 イースト・プレス 2006-09-27売り上げランキング : 1553Amazonで詳しく見る by G-Tools あらすじ/太平洋戦争時、日米がもっとも激しい死闘をくりひろげた硫黄島。 この山
  • 太陽がくれた季節
  • 2006/11/08 01:42
―&『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン〔侯孝賢〕)鑑賞前メモ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 11月4日の朝を迎えました。^^ 11月3日の「文化の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この3連休を使って、紅
  • ☆えみたんの日記帳☆
  • 2006/11/07 07:04
だいぶ書くのが遅れてしまった!! 先週映画「父親たちの星条旗」を観てきたよ♪ ストーリー 太平洋戦争の末期、硫黄島では日米軍による戦闘が開始されようとしていた。 アメリカ軍は当初、5日もあれば硫黄島は落ちると目していたのだが、その予想は外れ、日本軍を
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2006/11/07 05:18
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
  • CINEMANIAX!
  • 2006/11/06 21:12
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2006/11/05 22:07
★★★☆  三連休の初日というせいか、588座席を誇る「新宿ミラノ2」が、ほぼ満席状況であった。どうやらクリント・イーストウッド監督は、名監督の仲間入りというか、ブランド名となったようである。  イギオロギー色が強過ぎるためか、物語自体は非常に退屈で、
  • soramove
  • 2006/11/05 10:21
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。 「父親たちの星条旗」★★★★オススメ ライアン・フィ
  • ON THE ROAD
  • 2006/11/05 00:13
映像技術の進化とともに映画が変わりつつあるような気がする。 いや新しい力が生まれつつあるというべきかも。 この前観た『ワールド・トレードセンタービル』に続き、 今回も観終わった後にそんな印象を受けた。 あらすじなどは、 こちらの『父親たちの星条旗』公
  • 映画と本と音楽にあふれた英語塾
  • 2006/11/04 17:25
父親たちの星条旗 (監督 クリント・イーストウッド) 原題: Flags of Our Fathers (2006) 2006年10月28日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン8 E-14ウィンブル・シート 2006
  • ??
  • 2006/11/02 23:03
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日本の領
  • CHEAP THRILL
  • 2006/11/02 20:12
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。 スクリーンがでかくていい。 『父親たちの星条旗』は悪くはないがC
  • ナマケモノの穴
  • 2006/11/01 22:01
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦末期、後に硫黄島陥落のモニュメントとなった、“摺鉢山にアメリカ国旗を掲げる5人の海兵隊員と1人の海軍兵士の写真”のエピソードを基に、アメリカ側の視点で描く。その写真は、長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるために利
  • 欧風
  • 2006/11/01 19:59
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
  • 映画、言いたい放題!
  • 2006/11/01 12:53
特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 でもラッキー。(^^) 太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。
  • ★試写会中毒★
  • 2006/11/01 06:59
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリー・
  • きららのきらきら生活
  • 2006/11/01 06:51
 「父親たちの星条旗」公式サイト3日連続試写会の第一弾はこちらの作品でした☆「硫黄島2部作」の第一弾、"アメリカからみた硫黄島"。。。"硫黄島の戦い"1945年2月16日から約1ヶ月もの間繰り広げられた日米の攻防戦。太平洋戦争末期の激戦であり、硫黄島は太
  • しんのすけの イッツマイライフ
  • 2006/10/31 23:56
映画のジャンルに、 記録映画とドキュメンタリーと、 フェクションとノンフェクションがあるならば、 この「父親たちの星条旗」は、 限りなく記録映画を見ている気持ちになる、 ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。
  • Akira's VOICE
  • 2006/10/31 11:31
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
  • 観たよ〜ん〜
  • 2006/10/31 06:49
「父親たちの星条旗」を観てきました〜♪ 太平洋戦争の末期、硫黄島へ向かうアメリカ海兵隊。5日で終わるはずの戦闘が、攻略するんに5倍以上の日数を要するほどの徹底抵抗にあった。ちょうどアメリカ本国内では、長引く戦争に対する嫌悪感が噴出し始めていた・・・
  • travelyuu とらべるゆう MOVIE
  • 2006/10/30 16:55
アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、ジェシー・ブラッドフォード ケヴィン・チャップマン、ジョセフ・クロス、パメラ・フィッシャー 出演 1945年2月 第二次世界大戦は連合国側の勝利が決定的になっていた アメリカは日本の抵抗を収めるため 日本本土空襲を狙う基
  • ネタバレ映画館
  • 2006/10/29 08:56
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
  • メルブロ
  • 2006/10/29 00:31
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。舞台挨
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2006/10/28 23:19
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
  • 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
  • 2006/10/28 22:33
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の
  • 風と雲の郷(旅と読書と資格と・・)
  • 2006/10/28 22:14
 昨日は、会社帰りに、「父親たちの星条旗」の試写会を見てきた。劇場公開は10月28日からである。これは、第二次世界大戦における硫黄島での戦いを、アメリカの視点で見たものであり、日本側の視点で見た「硫黄島からの手紙」と対になる作品である。なお、「硫黄島
  • 極私的映画論+α
  • 2006/10/28 20:44
 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗
  • 試写会帰りに
  • 2006/10/28 20:39
『父親たちの星条旗』(FLAGS OF OUR FATHERS)鑑賞。戦争とはなんなのか、一体何の為に命を懸けて戦うのか。その空しさと命の尊さを強く問いかけられます。それぞれの国の立場、それぞれの視点からの硫黄島を描く2部作、日本側の『硫黄島からの手紙』を見て完結するはず
  • **Sweet Days**
  • 2006/10/28 19:01
監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジョン