トゥモロー・ワールド

2006/アメリカ
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン(セオ)
   ジュリアン・ムーア(ジュリアン)
   マイケル・ケイン(ジャスパー)
   クレア=ホープ・アシティ(キー)

ん〜・・・いまいち入っていけない世界でした。

以下、ネタバレ感想
18年間も子供が誕生しない世界・・・
そこに妊娠した女性が〜

ん〜〜非常に強いメッセージ性は感じられるんだけど、
とても未来が見えてこなかった。

だいたいなんで子供が生まれなくなったかもわからないし、
トゥモロー号に乗ってどこへ行ってどーすんだ?ってかんじでした。
ヒューマンプロジェクトそのものもよくわからないし。

それに子供が生まれても、1人じゃねぇ。。。
スミマセン。絶望的な考えで汗
でもあの親子は母子ともに徹底的に研究されるんじゃないかとおもいます。

キーが産気づいてから生まれるシーンが、
見ていてこれまた苦しいし気の毒でしかたありませんでした。
せめてもっときれいな場所で生ませてあげたかったわたらーっ

まるで戦争映画を見ているようなシーンにもかかわらず、
赤ちゃんを見た兵士たちが祈る姿をみて、
そりゃ〜じ〜んときましたが・・・
その反面、神でもないのに・・・
と複雑な気持ちでした。

そして一番ショックだったのは、

バットマンから執事を解雇されたのか!?

とおもわざるをえないマイケル・ケインを見てしまったことでしたびっくり

ほんと、ショックでしたよぉ〜悲しい

ラストの子供の笑い声だって・・・
未来ではなく、過去に子供がいた時代の声だとおもったくらいですあせあせ

近未来があんなにも荒廃しきったボロボロの世界で、
見ていて疲れるし、精神的にうけつけられなかった。。。


2006/11/22 映画館にて鑑賞 赤ちゃん赤ちゃん赤ちゃん

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2006/12/05 21:18
>にらさん、
えー!マイケル・ケイン、
「沈黙の要塞」にも出てたんですか〜!
見たことあるのに〜
あ、DVD持ってるかも(^^;)
今度みてみよっと。
マイケル・ケインさん、なんでもこなす人ですねぇ。

そういえば、ひと昔ほど前、『沈黙の要塞』でS・セガールにコテンパンにやられる悪役もやってました(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
  • 管理人
  • 2006/11/23 20:30
>メビウスさん、
はっきりしないことが多かったですね。
それと近未来が・・・
あんなにも荒廃しきっていて、
しかも半分戦争映画みたいだったので、
なんかしんどかったです(^^;;


執事は・・・
映画見終わってから知ったのですが、
あれがかのバットマンの執事を務めたマイケル・ケインか!とおもうと・・・
これまたショックでたまりませんでした(涙)
えふさんこんばんわ♪

なぜ女性に生殖機能が失われたのか?キーの夫は?トゥモロー号はあの後どこに?etcetc・・・

自分も原作未読なので、登場人物の過去も含めて、色々な点で不透明と言うか未消化部分が多かったので、その後の結末が気になりますけど、自分はエンドロール時に子供達の笑い声が聞こえた所に、かすかな希望を感じましたね。

と言うかえふさんは解雇されたバットマン執事の方にショックを受けたんですか・・・絶望的な未来の方じゃなく?(^▽^;)(笑

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 気ままな映画生活
  • 2009/06/20 13:12
とにかく説明不足感はありましたが、生殖機能を失った人類で形成されている 未来世界は納得がいきました。だが、肝心のストーリーの盛り上がりにかけました。 しかし、それを補うぐらい戦場の8分間の長回し映像には驚きました。
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2009/06/07 21:05
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバ
  • 映画、言いたい放題!
  • 2007/07/03 09:51
未読ですが原作は、 イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー 「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。 DVDで鑑賞。 西暦2027年。 人間に子供が生まれなくなって18年がたっている。 世界の都市はテロ、様々な疫病や内戦等
  • 猫姫じゃ
  • 2007/04/14 22:06
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う〜ん
  • ぶっちゃけ…独り言?
  • 2007/03/01 05:45
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う〜ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてるのかを楽しみ にしてたんですけど・・・ 何か、そんな事はどーで
  • デコ親父はいつも減量中
  • 2006/12/30 09:25
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ
  • ??
  • 2006/12/03 16:09
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままいけば、
  • CHEAP THRILL
  • 2006/11/30 23:01
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋で打
  • Op - opinion publishing
  • 2006/11/29 23:07
「トゥモローワールド」という映画が公開中である。舞台は2027年、イギリス。人類に子供が産まれなくなって18年。全人類が共有しうる悲しみのはずが、醜くも政治抗争を続ける人々。国家対難民という現イギリスを取り巻く社会現象を圧倒的なインパクトを持って描く、未来
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2006/11/29 02:11
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
  • カリスマ映画論
  • 2006/11/27 13:49
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
  • eclipse的な独り言
  • 2006/11/26 17:28
 昔、「エグゼクティブ・デシジョン」というカート・ラッセルとスティーブン・セガ
  • ねこのひたい〜絵日記室
  • 2006/11/24 15:38
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
  • travelyuu とらべるゆう MOVIE
  • 2006/11/23 20:18
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は反政府
  • sweet* Days
  • 2006/11/23 20:11
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きてい
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2006/11/23 19:58
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に
  • Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
  • 2006/11/23 18:46
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【あらす
  • 八ちゃんの日常空間
  • 2006/11/22 22:10
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。