スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    硫黄島からの手紙
    0
      2006/アメリカ
      監督:クリント・イーストウッド
      出演:渡辺 謙(栗林忠道中将)
         二宮和也(西郷)
         伊原剛志(バロン西)
         加瀬 亮(清水)
         中村獅童(伊藤中尉)


      日米双方の作品を見て、あらためてクリント・イーストウッドってすごいなぁ〜!とおもいました。

      ペン予告メモ
      ディパーテッド
      以前にも予告は見たけど、今日新たな予告が見れました。良くも悪くもハリウッド映画として仕上げてある、ってかんじ。楽しみです〜。


      以下、ネタバレ感想
      これハリウッド映画だよね!?とおもわず確認したくなるほどの邦画、いやハリウッド映画でした。これを見たらへたな邦画は見れません。靖国だの祖国のためだの天皇陛下バンザイ!だの(おまけに赤痢だとかも)、普通だったら滑稽に見えてしまうのに役者が上手いからか、脚本がいいのか、監督が上手いのか、とにかく純粋に日本として描かれていて良かったです。これを見たら「ラスト・サムライ」はなんだかメリケン臭くかんじてしまいました。

      「父親たちの星条旗」同様、クリント・イーストウッドは物語の構成が上手いなぁ〜!とおもいました。前作を見ていれば、何故アメリカ軍が上陸してもすぐに日本兵が撃って出てこなかったのか?とか、穴の中から不気味に覗いていた銃口とか、アメリカ軍が穴に向けて噴射した炎を反対に日本軍の穴の側から描いていたり、洞窟の中で自決していた日本兵のこと、やたら衛生兵がねらわれていたわけなど、すべてがリンクされていていました。

      そして冒頭のなにかを掘り起こした〜というところから(途中すっかりそんなこと忘れていたけど)、ラストに手紙が舞った瞬間、西郷が栗林中将から託された手紙を埋めていたやつだ!っておもったとき、胸がいっぱいになりました。

      栗林中将役の渡辺謙さんはもう何も言うことありません!家族宛に書いていた手紙の語りがとても優しそうなかんじで良かったです。たまたま今日Super!drama tvで「硫黄島からの手紙」スペシャルを放映していたのを録画してみたのですが、栗林中将の手紙に書かれていた台所のことやひよこのエピソードが自筆の手紙で書かれていたのを見て、そこまでリサーチして作り上げたクリント・イーストウッド監督に驚嘆しました。

      それからアメリカのことを知っている伊原剛演じるバロン西と武士道の塊みたいな中村獅童の演じる伊藤中尉の両者の対立するシーンもよかったです。ただ、中村獅童はその後のプライベートな問題が残念でしたが汗

      ビックリしたのが西郷役の二宮和也。ジャニーズの嵐というグループは知ってたけどそのメンバーだったなんて、パンフを読んでいて初めて知りました。ラストに彼の目から大粒の涙がこぼれたのと、敵兵が栗林中将の持っていたピストルを見てスコップを振り回した姿は、わたしもつられて涙をこぼしてしまいました。

      2作を見て、きっと生きて帰る!という希望を持って戦地に向かうアメリカ人と二度と祖国の地は踏めないと覚悟して戦場に赴く日本人とのメンタリティーの違いが感じとられたのがとっても印象に残ります。でもバロン西が“手当てをしろ”と言ったアメリカ兵が持っていた母親からの手紙をみて、アメリカ人のきもちも日本人のきもちも、みんな同じ気持ちだとおもいました。

      クリント・イーストウッドがこの作品を作らなければ、日本人でありながら硫黄島なんて知らなかっただろうとおもいます。学校の日本史では江戸時代までしかまともに教えてくれませんでしたから。そしてなによりもアメリカ人のクリント・イーストウッドがこのような作品を作ったのが悔しくもあり、うれしくもありました。

      76歳になったクリント・イーストウッドには、今後とも元気で今回のようなすばらしい作品をたくさん撮ってもらいたいとおもいました。



      2006/12/9 映画館にて鑑賞 馬馬馬馬

      バロン西の愛馬、かわいそうだったねぇ。。。

      2006/映画館鑑賞 | comments(9) | trackbacks(48)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        ケントさん、
        そうですよね、
        戦争映画というよりはむしろヒューマン映画でしたね。
        それだけ戦場にいる人間の心をよく描いていたとおもいました。
        それも日本人の気持ちをアメリカ人が・・・
        戦争に対する気持ちは、世界のどこでもきっとみなおなじなんでしょうね。。。
        管理人
        2006/12/29 11:30 PM
        こんにちは、ケントです
        またTBさせてください。
        戦争映画というよりヒューマン映画です。
        いつもどこでも弱者たちが犠牲になるのですね。
        そんな強いメッセージが聞こえました。
        ただ二宮クンのため口は、現代流で最初は歯車が噛み合わない感がありましたね。
        では良いお年をお迎えください(^^♪
        2006/12/29 5:59 PM
        >メビウスさん、
        二つの作品で一つ、ですよね。
        イーストウッドの作品としての作りかた、
        上手いですよねー。
        彼に作ってもらってよかったです。

        あ、念願のwiiやっと!!ゲットしました(爆)
        管理人
        2006/12/16 5:24 PM
        えふさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

        登場人物もオール日本人なので、ついつい邦画と思ってしまうのはえふさんだけじゃないと思いますよ。自分もレヴュー書く時に『【製作】日本』って書きそうでしたし(^^;)(笑

        1作だけ観てもそれはそれで面白いかもしれませんが、やはり2作とも観て双方の視点から真実を見出すこともこの映画の魅力の1つではないかと思いますね☆
        2006/12/13 7:33 PM
        >ミチさん、
        二本でひとつの作品ですよね。
        イーストウッドの監督としての手腕はさすがです。

        >ガガさん、
        日本側はただ攻めて、攻めて、
        攻めまくってるのかとおもいましたが、
        そうじゃなかったのですね。
        アメリカ人がよくあそこまで描けたと感心してしまいました。

        >更紗さん、
        二作はまったく別の作品なんだけど、
        二つでひとつの作品でしたね。
        イーストウッド、凄いです。
        管理人
        2006/12/12 8:46 PM
        こんばんは、
        二作が繋がって全部見終えると、なんとも言い表しにくい感情がわいてきました。
        上手くリンクさせて、繋げた手法に拍手です。
        2006/12/11 7:26 PM
        こんにちは。
        私もイーストウッドがこの作品を作らなければ、日本人でありながら硫黄島をじっくりと知りえることはなかったと思います。
        本当に素晴らしい監督、素晴らしい映画人ですよね。
        アメリカと日本の文化の違いやメンタリティーの違いを描き出しているところもオミゴトでした。
        2006/12/11 1:30 PM
        TBしたんですが、上手くいかなかったようです。
        私もクリント・イーストウッド監督の映画の構成は上手いな、と思いました。
        『父親ーー』を見た時は、日本側はただただアメリカを苦しめている存在で謎ですよね。それが、内部では作戦についてあんなに反目していて、栗林中将が批判されているとは思ってなかったし、伊藤中尉(獅童)とバロン西も対立してるって、夢にも思わなかったですね。
        馬、可哀想でしたね。連れてきちゃいかんですよ。
        その後、食べたのかしら...と不謹慎にも思ってしまいました。
        2006/12/10 8:48 PM
        こんにちは♪
        二部作がところどころで繋がっていて、二本見てこそ価値のある作品ですよね。
        いままでたくさんの戦争映画を見てきましたが、こういう描かれ方は初めてだったような気がします。
        イーストウッドに感謝です。
        2006/12/10 10:02 AM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/616
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/05/03 1:39 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/05/03 1:39 PM
         『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/26 8:51 PM
        硫黄島からの手紙はクリント・イーストウッドが日米の事を硫黄島を題材に 監督して2作をつくり日本の方を鑑賞したが少し長かったが満足したよ 俺は戦争映画を鑑賞する度に生まれるの遅くて良かったと思うばかりだが アメリカ人の監督やけど日本の戦争映画よりも思
        | 別館ヒガシ日記 | 2008/01/20 7:28 PM
        「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 2006年、硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。 それは61年前、この島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。 戦況が悪化の
        | 映画、言いたい放題! | 2007/06/16 3:39 AM
        クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、
        | あなたに読んでもらいたい本 | 2007/03/09 5:00 PM
        ????礬   ġ??å???? ?? 顢?? μ?? ???β礫μ ?ΰ???????α?ηи???θïи??Φ?? ?β??Ωä????κ?κ??β餹????ĥ餻????夲??о?β?????Τ???Ф?Żξδ????ġ  ?? ?? cyaz???β????ä?????ä?????Ф????ä?å?Ĥ????ξ?λ顢??????α??ä
        | 京の昼寝〜♪ | 2007/02/23 8:40 AM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/01/31 2:10 PM
        渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイダッシュ所属。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。渡辺謙の「謙」の名
        | 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! | 2007/01/25 4:34 PM
        監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イー
        | デコ親父はいつも減量中 | 2007/01/20 8:04 AM
        金利について、詳しく説明したサイトです。
        | 金利比較 | 2007/01/18 1:29 PM
        遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作年度 2
        | スーパーヅカン | 2007/01/07 5:44 PM
        ≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要
        | ナマケモノの穴 | 2007/01/03 9:53 AM
        私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏しい
        | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/01/01 9:53 AM
         そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日で陥落
        | とにかく、映画好きなもので。 | 2006/12/30 2:22 PM
        イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
        | はらやんの映画徒然草 | 2006/12/29 8:49 PM
        ★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが多く
        | ケントのたそがれ劇場 | 2006/12/29 5:58 PM
        太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
        | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2006/12/27 1:05 PM
         この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
        | シネクリシェ | 2006/12/26 3:28 AM
        公開前からアカデミー賞の呼び声が高かったクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」。「父親たちの星条旗」に続く2部作第2弾として、日本から見た硫黄島を描いています。いまや世界的な俳優になった渡辺謙をはじめ嵐の二宮和也、伊原剛志、中村...
        | ニュースをよむ! | 2006/12/25 8:59 PM
        さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た
        | 欧風 | 2006/12/21 8:15 PM
        原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗
        | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/12/20 12:18 PM
        「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押
        | 観たよ〜ん〜 | 2006/12/20 7:18 AM
        硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 H-2
        | 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/12/18 5:48 PM
        DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたど
        | CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/12/17 11:42 PM
         この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
        | よしなしごと | 2006/12/17 10:16 PM
        監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
        | MoonDreamWorks★Fc2 | 2006/12/16 3:44 PM
        第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
        | 水曜日のシネマ日記 | 2006/12/16 11:15 AM
        1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
        | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/12/14 10:41 PM
        12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れた。
        | CHEAP THRILL | 2006/12/13 7:31 PM
        【監督】クリント・イーストウッド 【出演】渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/裕木奈江/中村獅童 【公開日】2006/12.9 【製作】アメリカ 【ストーリー】 1944年6月。陸軍中将の栗林忠道は硫黄島へとやって
        | シネマをぶった斬りっ!! | 2006/12/13 7:26 PM
        映画DEデートの予定だったけど,あちらさんの仕事の関係で私一人で鑑賞してまいりました。・・・一作目「父親たちの星条旗」を観たときからある程度覚悟はしていたけれど,やっぱり一人で観てよかった。これ,誰かと一緒に観たら凹みすぎてきっと立ち上がれなかったと思
        | The Final Frontier | 2006/12/13 4:41 PM
        あえて、日本語タイトルと、英語タイトルを両方つけてみました。 前作「父親からの星条旗」を見たこともあり、早速見てきました。
        | つれづれなる・・・日記? | 2006/12/12 9:14 PM
         クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしそ
        | ?? | 2006/12/12 4:13 PM
        クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
        | Ĺ???????? | 2006/12/12 12:02 PM
                  公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる
        | Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/12/11 9:13 PM
        コメント無きTBは承認いたしません。 栗林忠道 硫黄島からの手紙栗林 忠道 半藤 一利 文藝春秋 2006-08売り上げランキング : 889Amazonで詳しく見る by G-Tools 監督/クリント・イーストウッド 出演/渡辺 謙 二宮和也 伊原 剛 あらすじ/五日間で落とせる。と考
        | cinema village | 2006/12/11 7:16 PM
         『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにして
        | Cold in Summer | 2006/12/11 2:13 PM
        イーストウッド、ありがとう。 人間ドラマ部分はストレート過ぎて好みではないところもあったけれど、社会派視点では感慨深かった。 お国のために命を投げ出すということ・・・最初からその空気に取り込まれて感傷的になってしまった『父親たちの星条旗』鑑賞時とは違
        | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/12/11 1:30 PM
        渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志主演 2005年、硫黄島発掘調査団は洞窟の中から多くの手紙を見つける その中には 60年前に硫黄島を連合軍から死守しようする 日本軍の兵士達が本土の家族に託した 届けられる事のない手紙でした 1944年 栗林陸軍中将が硫黄島に赴任
        | travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/12/10 7:06 PM
        反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんどないと
        | 諸葛川 | 2006/12/10 12:23 PM
         アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。ア
        | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2006/12/10 12:20 PM
        観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
        | Akira's VOICE | 2006/12/10 11:56 AM
        最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
        | ネタバレ映画館 | 2006/12/10 11:34 AM
        映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振る
        | ミチの雑記帳 | 2006/12/10 9:59 AM
        タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 『父
        | 勝手に映画評 | 2006/12/10 8:24 AM
        余は常に諸氏の先頭にある。
        | 悠雅的生活 | 2006/12/10 8:17 AM
        監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は島中
        | Sweet* Days | 2006/12/10 7:43 AM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search