ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 特別編

昨日NHKBSで「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 特別編」を放送していましたね!劇場版では未公開のシーンがあるので、前日に「二つの塔」のDVDを見てテンションあげながら楽しみにしていましたウィンク

わたしの記憶によると(間違ってたら失礼!)、かなりあるのとないのとではずいぶんとイメージが変わってしまうシーンがありました。特に最後の戦いで黒門の前に集結したときにフロドが身にまとっていた?!布を見せて“フロドは死んだ”といわれたとき。劇場版では“フロドが死んだ”ということは言わなかったので、指輪を葬るために頑張っているフロドにアラゴルンが“フロドのために”と言ったようにおもえた言葉が、もしかしたら死んでしまった!?“フロドのために”戦おう、と言ったようにも聞こえてきた。

それと死者の首をアラゴルンがあっさりと切り捨てたシーンもビックリしました。フロドの死でしゅんとなっていた兵たちの血気を高めるためなのか・・・少なくともわたしはこれで血がさわぎました!

おかげで劇場版を見たときとは違った感情がこみ上げて涙ポロポロでした〜。

よくファンタジー映画の宣伝では、“ロード・オブ・ザ・リング”を引き合いにだして宣伝する作品がありますが(今も公開中ネ汗)、わたしとしては軽々しく並べないでほしいです!あれほどのもの凄い戦闘シーンや登場人物一人一人の心情を丁寧に描いている作品と並ばせること事態、許せませぇーんぶー 同じドラゴンでも“ナズグル”のほうが凄いしたらーっ こんなに凄いものは、わたしが生きてる間にはもう出てこないとおもってます。きっぱり!

あ、肩を並べていいのは「スター・ウォーズ 6部作」です!これは4,5,6は正直いっていまいちなかんじもするのですが、なんたって20年にもおよぶ年月をかけて6作をひとつの物語にした構想には感服です。しかも・・・終わってみればただの宇宙のチャンバラ劇だとおもっていたのが、実はアナキンのパドメや子供にたいする「愛」の物語にグっと胸にこみ上げてくるもがあるじゃないですか。

この二つの作品を超えるなんて・・・もう考えられません!

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • GMOネットカード案内
  • 2007/01/10 09:55
GMOネットカードのご紹介です。
  • -
  • 2006/12/26 09:50
-
管理者の承認待ちトラックバックです。