スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    パフューム ある人殺しの物語
    0

      2006/ドイツ、フランス・スペイン合作
      監督:トム・ティクヴァ
      出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)
         レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)
         アラン・リックマン(リシ)
         ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)
         ジョン・ハート:ナレーション

      この時期、花粉症で鼻が機能しないのであの究極の香水はわたしにはきかなかったとおもいますたらーっ
      でも・・・パンフの表紙の裏のバラをこすると・・・バラの香りがしました!

      以下、ネタバレ感想
      ラストの処刑シーンであの究極の香水に陶酔できるかどうかが、この作品の評価の分かれるところでしょうか。

      原作では主人公が体臭がないことからあの香水を作るにいたったようっだけど、見てるときは自分に体臭がないことに気がついたのはわかったけども、それがあの香水作りになった経緯はほとんどわかりませんでした。香りで人の心を操ろう、という考えは後からパンフや他のブログの感想を見て、初めて知りました。このへんを丁寧に描いてくれればパーフェクトな作品になったとおもいます。

      だから、あの処刑シーンは突拍子もなくて・・・半分失笑。あの香水さえあればみんながひれ伏して世界を征服できるのねぇ〜。でもその反面どんな香りなのかすごい想像力をかきたてられてしまいました。なんだかんだいってもけっこう陶酔しちゃっている自分が、そこにはいました! 脱がなかったけどさったらーっ

      館内に香りこそ流れてこなかったけど、映像と音楽で香りの想像をかきたてられた作品は初めてでした!

      それにしてもグルヌイュの嗅覚は凄かった!森の中や街中でいろいろな匂いをかぎ分けるのを初め、嗅覚だけでローラを追って行ったのには驚いた。たぶん彼には殺しの概念がなかったのだとおもいます。頭の中は香りでいっぱいだったのだろうと思います。

      でもあの処刑シーンでの壇上で初めてプラム売りの娘を殺してしまったシーンを思い出して流した涙は印象的でした。やっぱり彼も人間かと。。。だからラストはあの香水を自分自身にかけてしまったのかなと・・・

      それにしても最後には自分が生まれた場所に戻ったあの嗅覚はほんと凄い!!

      2007/3/3 映画館にて鑑賞 チャペルチャペルチャペルチャペル




      グルヌイュ役のベン・ウィショーは、顔つきやダスティン・ホフマンを“マスター”と呼ぶあたりからアナキンとだぶってしまった。なかなか二枚目でした。
      しかし生まれた瞬間は、「テキサス・チェーンソービギニング」さながらきもい!!
      2007/映画館鑑賞 | comments(15) | trackbacks(62)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >ミカさん、
        映画だけ見たのでは、詳しいことはよくわかりませんよね(^^;;
        あちこちのブログを読ませてもらって、
        やっと真意がわかった、というかんじでした。
        でも、なんか魅かれてしまう魅力がありましたね〜〜。
        管理人
        2007/11/04 7:45 PM
        えふさん、こんばんは。
        あの究極の香水を作る理由、いろいろとあったんですか!?
        私はただ単に、臭いを保管したいからだと思ってました^^;
        ミカ
        2007/10/30 10:58 PM
        >ゆうさん、
        わたし、脱いでもいいかから、
        かいでみたかった!(爆)
        管理人
        2007/03/18 10:14 AM
        TBさせていただきました〜
        私もラストであの香りをかぎたかった。。。どうなるかは謎だけど。。
        ゆう
        2007/03/16 1:14 AM
        >小六さん、
        なんでこんなにも日本中が花粉の時期に
        公開するのかしらねぇ〜(苦笑)
        脱がれたら困るのか!?(爆)
        グルヌイユはなかなか二枚目俳優でしたね!

        >メビウスさん、
        スナイプ先生もまさかひれ伏してしまうとはおもえなかったです!
        そのときは意味がわからなくてキョトンとしていました(^^;;
        管理人
        2007/03/13 8:31 PM
        えふさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

        匂いを嗅いだ者を素っ裸(笑)にしてしまう究極の香水も、花粉症や鼻づまりを患わしている人には効果ないんでしょうね〜(^^;)
        処刑台を見ていたスナイプ先生も最初は香水が効いてなかった感じに見えて疑問に思いましたが、鼻づまりだったのかと思うと謎は全て解けたって感じですw
        2007/03/12 11:04 PM
        こんにちは。
        わたくしも、同じです。
        花粉症でマスク着用で観に行っちゃいましたからね。
        鼻バカなので、香りからは縁遠い状態でした。
        グルヌイユ、果てしなくキモイと思ってしまいましたが、実物の素の状態はなかなか二枚目な俳優だったので、これから一層人気が出そうな予感です。
        では、また〜
        2007/03/12 1:16 PM
        >Puffちゃん、
        グルヌイユの演技良かったですよねー。
        無言で背後からクンクンとしてる姿が(笑)
        ルパンはアニメのほうのルパンだよね!?
        いわれてみれば似合ってるかも(笑)
        管理人
        2007/03/11 10:21 AM
        こちらにもお邪魔致しまふ☆

        グルヌイユ、芸達者というか演技派ですよねー
        今でも背後からスウゥゥゥー・・・とする仕草が忘れられません。笑
        ワタクシ、ルパン三世役を是非推したいと思うのですが、どうでせうか・・・・・!?ウフフ
        2007/03/10 10:20 PM
        >八ちゃん〜!
        あのシーンはあのシーンですよ!(笑)
        すごかったですねー!ビックリしました!
        予告とか前知識とか全然なかったので驚きました!
        最初、なにやってんだか???
        笑っちゃいました&声失いました(爆)

        管理人
        2007/03/09 8:35 PM
        おはようございます〜。
        あのシーンにもびっくりです!のあのシーンってあのシーンですよね〜?
        ほんとびっくりです。TVスポットとか観ていないので、まさかあんな展開になるとは思ってもみなかったなぁ。予告編じゃ、単に究極の香水のお披露目シーンと思っていましたから(爆)
        あの中に鼻の利かない人はいなかったのだろーか。
        2007/03/07 9:18 AM
        >こべにさん、
        そうなんです。
        音と映像から香りを感じることができて、
        わたしもなんか感動でした(笑)
        ちょっとグロいかんじの映像もあったけど、
        おもしろかったです。

        > FLUFFY さん、
        あのパパ。
        ちょっと過保護すぎたような気もしたけど(^^;)
        なにもそこまでやらなくても・・・
        とおもったけど、、、
        ご愁傷さまでした〜。

        >睦月さん、
        パンフの隅っこに書いてあったんです(^^;)


        管理人
        2007/03/06 8:25 PM
        こちらにも!

        ≫でも・・・パンフの表紙の裏のバラをこすると・・・バラの香りがしました

        !!!!なんと!
        これ初めて知りました。
        今からやってみます(笑)。
        2007/03/05 11:50 PM
        あの嗅覚からは逃れられないですね・・・。
        それにしてもパパ。
        そんなに心配なら、爆睡している場合じゃないじゃん!カギもそんなとこに!・・・と
        変ないらだちを覚えてしまいました(^^ゞ

        この映画、いい匂いよりも
        悪臭を想像する方が多かった気がしますw
        FLUFFY
        2007/03/04 9:27 PM
        こんにちは!
        コメントありがとうございました!
        音と映像から香りを感じることが
        できて感激でした♪
        なんだかんだ云っても面白い映画でしたよね?!
        では、また遊びにきますね!



        2007/03/04 2:46 PM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/654
        18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった
        | 映画と写真のブログ | 2009/03/11 3:55 PM
        『パフュームある人殺しの物語』を観ましたパトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』を、『ラン・ローラ・ラン』『ヘヴン』のトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンス・ドラマです>>『パフュームある人殺しの物語』関連原題
        | おきらく楽天 映画生活 | 2008/12/03 10:48 PM
         『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/10/21 8:49 PM
        パフューム ある人殺しの物語posted with amazlet on 08.03.30ギャガ・コミュニケーションズ (2008/04/04)売り上げランキング: 560Amazon.co.jp で詳細を見る  パ...
        | cinema days 『映画な日々』 | 2008/03/30 5:22 AM
        パフューム ある人殺しの物語 PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン     アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド ドイツ フラン
        | Blossom Blog | 2007/10/30 10:59 PM
        井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに
        | はらやんの映画徒然草 | 2007/04/01 8:08 PM
        監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな
        | Subterranean サブタレイニアン | 2007/03/30 12:48 PM
        前評判で聞いてた通り、なかなか後味の悪い映画でした。前半は映像がグロく、後半は納得が行きません。ひれふすトコロまではまだ何とか分かるとしても、その後の行為に関しては意味が分かりません。映像に迫力はありましたけど。。…ラストなんてもってのほか。本当にあ
        | Tokyo Sea Side | 2007/03/30 1:38 AM
        ユーチューブでパフュームの動画が話題を呼んでいます。。。 映画 パフューム・・・ 世界各国でベストセラーとなった原作が待望の完全映画化です!!  奇想天外な香りの世界。。。
        | ユーチューブ動画FAN | 2007/03/26 2:47 AM
        パフューム ある人殺しの物語 上映時間 2時間27分 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド 評価 7点(10点満点) 会場 渋谷TOEI2  「ボビー」と同じく、日本のチラシに
        | メルブロ | 2007/03/25 1:26 AM
        監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろ
        | デコ親父はいつも減量中 | 2007/03/24 12:04 AM
         多分映画とは全く関係のないこと書くと思います。
        | eclipse的な独り言 | 2007/03/20 8:19 PM
        オフィシャルサイト 2006ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン ストーリー:18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長し
        | SSKS* | 2007/03/18 9:06 PM
        禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーンなんです。これらはまったくCGを使用せずに750...
        | 得ダネ情報サイト | 2007/03/18 2:17 AM
        監督は・・・‘赤毛のローラ’がお好きなのかしら・・・ 数年前に観たトム・ティクヴァ監督、ケイト・ブランシェット主演の「ヘブン」がお気に入りなので、物凄く期待して観に行った。 この映画・・・‘猟奇的殺人物語’ととるのか‘グロめのお伽話’ととるのか、い
        | future world | 2007/03/17 1:54 AM
        アカデミー賞最有力! その香りがほしい---- あまりにも純粋な動機から彼は、 少女達の命を摘み取っていく。。。 「羊たちの沈黙」を凌ぐ禁断の衝撃作!! 原作をやっと読み終えたのでさっそく 見に行きました。
        | Happy days*** | 2007/03/16 1:14 AM
        今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
        | ひらりん的映画ブログ | 2007/03/15 3:44 AM
        禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーン。これは、ごいすー。これらはまったくCGを使...
        | テンコモリウェブ | 2007/03/14 8:52 PM
         ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で
        | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2007/03/14 3:19 PM
        パフューム (映画)。。。 あのスピルバーグが映画化を熱望した全世界1200万部以上の 大ベストセラーが遂に完全映画化だそうです。。
        | webnews | 2007/03/14 3:21 AM
         究極の香水とは、なんと媚薬のことだったとは……。  とにかく結末がお粗末。そこに至るまではなかなかダークな雰囲気の秀作かと思いきや、最後の
        | シネクリシェ | 2007/03/13 4:05 AM
        期待値: 95%  ニオイフェチの男が主人公のサスペンス・ファンタジー映画。 ドイツのベストセラー小
        | 週末映画! | 2007/03/12 11:22 PM
        【監督】トム・ティクヴァ 【出演】ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド 【公開日】2007/3.3 【製作】ドイツ 【ストーリー】 18世紀のパリ。悪臭立ち込め
        | シネマをぶった斬りっ!! | 2007/03/12 10:54 PM
        その香りに世界はひれ伏す。
        | ひるめし。 | 2007/03/12 8:10 PM
        ■パフューム ある人殺しの物語 「PERFUME : THE STORY OF A MURDERER」 2006年・独/仏/スペイン ■監督 トム・ティクヴァ ■製作 ベルント・アイヒンガー ■製作総指揮 フリオ・フェルナンデス、アンディ・グロッシュ、サミュエル・ハディダ、マヌエル
        | 小六のB級A画館 | 2007/03/12 1:14 PM
        香水は、香りを楽しむだけでなく、使い方によってあなた自身の気分も変化させてくれるものです。やっぱり、素敵な香りは、人の心を気分の良いものにしてくれます。貴方が好きな香水はなんでしょう?人気のものや、流行のものをたくさんもっている人もいるでしょう。たく
        | 香水生活♪ | 2007/03/12 12:32 AM
        Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デ
        | 小部屋日記 | 2007/03/11 11:49 PM
        ≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめ
        | ナマケモノの穴 | 2007/03/11 8:38 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/03/11 6:51 AM
        公式サイト シネマイクスピアリ、公開4日目初回です。 シアター6(204席)、10:30分に到着。 意外と女性が多く、と言うか殆んど女性。 入場者数は3割程度です。
        | Puff's Cinema Cafe Diary | 2007/03/10 10:14 PM
        ???MOVX?????18Υ??档???Ĥ??θ????=???????硼?????ð??νΤ??ε?????¤?Τ??Τ??ξ?Υ?????????μ?ν?Ť?ä?ðŪ???????褦 ???ΰ????ã?????äðŪ????λ?????ä???????ä?Τ13Ф??ä??????ο?????λŻ??????塢???ä??γã???? ?γι????Υ??????
        | ?? | 2007/03/10 5:44 PM
        750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
        | ネット社会、その光と闇を追うー | 2007/03/10 11:29 AM
        注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。パフューム―ある人殺しの物語独語タイトル "Das Parfum : Die Geschichte eines Moerders"(2006年/ドイツ/トム・ティクヴァ監督/公式サイ...
        | 辛口だけれど映画が好きです | 2007/03/09 1:18 PM
        シリーズ3部作の完結編は、見どころに次ぐ見どころ。3時間23分という長さは、まったく苦にならず、結末では「旅の仲間」とともに、観客もシリーズとの別れを惜しむことになるだろう。邪悪な指輪を捨てに行くフロドとサムの過酷な旅がついにクライマックスを迎える一
        | 1-kakaku.com | 2007/03/09 11:16 AM
        観賞後の一言 『なんとも微妙・・・』『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』公式サイト制作データ;2006独/GAGA ジャンル;サスペンス上映時間;147分 指定;PG-12監督;トム・ティクヴァ出演;ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/ダスティン・ホフマン/アラ
        | ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK | 2007/03/08 12:52 PM
        原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシー
        | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/03/08 2:55 AM
        鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジン
        | PLANET OF THE BLUE | 2007/03/08 12:40 AM
        この度は、トラックバックをお受けいただき誠にありがとうございます!! 私のブログでは、女性タレント・グラビアアイドルの画像や芸能情報を配信してます  片瀬 那奈(かたせ なな)プロフィール出身:東京都生年月日:1981年11月07日血液型: A型身長:172cmス
        | タレント セクシー 名鑑 【タレント ウェブログ 画像集】 | 2007/03/07 11:24 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/03/07 10:06 PM
        東京フィルの生演奏付き試写会。 ゲストの芸人さんのパフォーマンスでアロマが流れ、 映画のタイトルにふさわしい、香つきの鑑賞となりました。 原作は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセラーで スピルバーグやスコセッシが映画化権を切望したそうだ。
        | 映画、言いたい放題! | 2007/03/07 12:25 PM
        「パフューム 〜ある人殺しの物語〜」を観てきました〜♪ 18世紀のパリ、悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が産み落とされた。その子の名は、ジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、驚異的な嗅覚を持ったグルヌイユは、ある日芳しい香りを持つ女性を
        | 観たよ〜ん〜 | 2007/03/07 7:55 AM
        ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton、1947年10月26日 - )はアメリカ合衆国の政治家、弁護士。ニューヨーク州選出上院議員 (民主党) を務める。 夫は、第42代大統領(1993年-2001年)のビル・クリントン。
        | 気になる言葉を辞書で調べてみました | 2007/03/07 1:52 AM
        Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんです
        | 八ちゃんの日常空間 | 2007/03/07 1:03 AM
        はじめまして。。TBより失礼致します。香水を取り上げているブログの紹介をしており、リンクさせて頂きましたm(__)m。よろしければときどき遊びにおこしいただければ、嬉しく思います。
        | 香りのファッションコーディネイト | 2007/03/06 9:45 PM
        ▼若い頃は、それを観て、人生が揺り動かされるような映画作品がいっぱいあった。 最近では、どんなに完成度の高い作品を観ても、二、三日経つと生活に埋没してしまう。 『パフューム』も、しばらくしたら忘れてしまうかも知れないが、観ている間、「これは、かなりキて
        | ミッドナイト・蘭の「元祖・天才バカ板!」 | 2007/03/06 9:30 PM
        処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
        | ネタバレ映画館 | 2007/03/06 9:14 PM
        スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会っ
        | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/03/06 3:40 PM
        映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名
        | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/03/06 8:14 AM
        製作年度:2006年上映時間:147分監督:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラーオススメ度:★★★★★ストーリー:18世紀のパリ。悪臭立
        | M[エム] | 2007/03/06 12:39 AM
        【映画的カリスマ指数】★★★★★  匂いをまとわぬ、香りの天才  
        | カリスマ映画論 | 2007/03/05 11:58 PM
        『 パフューム 〜ある人殺しの物語〜 』をみた。 原作は、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。 残念ながら原作は未読だけれど、予告編でみた知識のみで映画に臨む。 ものすごくリアルに美しい映像だった。詳しく知らないけれど{/ase/}、その当
        | My Style | 2007/03/05 11:13 AM
        『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世
        | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2007/03/05 12:43 AM
        天才と奇人は紙一重。 パフューム 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユ(Ben Whishaw)と名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだった
        | The Final Frontier | 2007/03/05 12:26 AM
        (原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、スゴい評判だよね。 確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ?
        | ラムの大通り | 2007/03/04 9:38 PM
        ☆「パフュームある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド、アンドレス・エレーラ、サイモン・チャンドラー 1738年7月17日、パリのセーヌ河沿岸に並ぶ魚市
        | りんたろうの☆きときと日記☆ | 2007/03/04 7:00 PM
        2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。
        | しょうちゃんの映画ブログ | 2007/03/04 3:23 PM
        パフューム ある人殺しの物語?? 2/16 @よみうりホール(試写会) 監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァ  原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」(文春文庫刊) 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン
        | シュフのきまぐれシネマ | 2007/03/04 2:32 PM
        血の流れない「ハンニバル」 香りの生存証明。
        | Akira's VOICE | 2007/03/04 10:52 AM
        18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
        | 悠雅的生活 | 2007/03/03 11:10 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/03/03 10:13 PM
        CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい
        | Sweet* Days | 2007/03/03 9:54 PM
        タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している。 描けないはずの“香り”が映像を通して描かれていると
        | そーれりぽーと | 2007/03/03 9:51 PM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search