リーピング


2007年/アメリカ
監督:スティーブン・ホプキンス
出演:ヒラリー・スワンク(キャサリン)
   デイビッド・モリッシー(ダグ)
   アイドリス・エルバ(ベン)
   アナソフィア・ロブ(ローレン)
   
今日はCSI:マイアミのDVDをもらうためにシネプレックスまで行ってきました!

第6話「嵐に咲くバラ」と第23話「マイアミーNY合同捜査」とオリジナルON AIR PROMOS「CSI:マイアミシーズン2」予告編、その他予告編集「CSI:マイアミ」「CSI:5」「CSI:Grave Danger」が収録。今晩はCSI祭りだよぉーん拍手

ペン予告メモ

ダイハード4.0
ブルースじきじきのご挨拶つき。
ロッキーともども頑張ってください!



ザ・シューター
まいった、こういう狙撃もの好きなんだなぁ〜。
なんかマーク・ウォルバーグがかっこよくみえる!


以下、ネタバレ感想
この作品、映画館でぜんぜん予告を見たことがなかったので直前まで存在すら知らなかった。そして昨日偶然にも夕食を食べてるときにCMでイナゴが飛んでいる予告を見て、“ふ〜ん、イナゴの大群がおしよせてくるホラー映画か!?”とおもってましたたらーっ

たしかにイナゴは出てきたけども、見てるうちに昆虫云々〜の作品ではないことがわかった。血の河や、旧約聖書の「十の災い」とか神父、サタンとか出てきてなんとなくそっち方面のオカルトか〜と汗

*そっち方面⇒「エクソシスト」たらーっ

たしかに見どころはイナゴの大群だったかもしれないけど、ストーリーにこれといった目新しさはないし、最後のオチもB級映画っぽいし、オスカー女優のヒラリー・スワンクが出るほどでもないかと・・・汗

この作品のテーマは、主人公が宗教活動をしていたときに夫と娘を殺されたために信仰を断ったゆえに、

アナタハ カミヲ シンジマッスカ?

ってことでしょうね〜たらーっ

わたし、信じないからダメでした・・・


2007/5/19 映画館にて鑑賞 おばけおばけ



B級なのか、オスカー女優がでるほどの作品なのか、はっきりせぇー!
っていう作品でした汗

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2007/05/25 22:09
>Puffちゃん、
これ、おもっていたのとぜんぜん違いましたね(苦笑)
イナゴ少女を強調しすぎですよ。
たんなるストーリー上での一部なのにね。
  • Puff
  • 2007/05/25 21:56
こちらにもお邪魔しますよ☆

この映画ねー、チラシや宣伝で観た感じと違っていたよね。
↑のフォト、ヒラリー・スワンクがやけにワイルドだし。笑
てっきりイナゴ少女の超常現象の映画と思ったら・・・
「エクソシスト」と、あと「オーメン」な感じもしたッス。


  • 管理人
  • 2007/05/25 21:25
>KOSSYさん、
一歩間違えれば・・・ラジー候補になりますよね(苦笑)
こんな映画にも出てしまうヒラリー・スワンクが好きです。
まさかラジー候補にはならないと思うけど、
ちょっと危険な冒険ですよね(笑)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 映画、言いたい放題!
  • 2009/03/03 14:46
何も考えたくない時に見たい映画シリーズの続き。(笑) 大丈夫か?私。( ^ _ ^; イナゴ少女のテレビCMが印象的でしたね。 “奇跡”と呼ばれる現象の真相を暴く第一人者である大学教授のキャサリンは 相棒のベンとともに小さな町・ヘイブンへとやってきた。
  • 『映画な日々』 cinema-days
  • 2008/06/25 00:15
リーピング オスカー女優、ヒラリー・スワンクが、 「神の奇跡」を解明する科学者を演じるオカルト・スリラー 個人評価 ★★☆ (自宅鑑...
  • cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
  • 2008/03/07 01:17
 リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こういう聖書とか宗教をモチーフにしたオカルトスリラーが大
  • 小部屋日記
  • 2008/02/05 15:11
The Reaping(2007/アメリカ)【DVD】 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク/デイビッド・モリセイ/イドリス・エルバ/アナ・ソフィア・ロブ イナゴ少女現る 前々から気になってたことと、「テラビシア」にでてるアナソフィア・ロブちゃん出
  • 八ちゃんの日常空間
  • 2008/01/16 16:27
ハムナプトラにも出てきた、「出エジプト記」の10の災いを題材にしています。つまり、イナゴの大群に人々が襲われるとかのパニック・ホラーとかではなく、かなり宗教概念の強いお話です。
  • 日々“是”精進!
  • 2007/11/23 21:06
リーピング 特別版オスカー女優、ヒラリー・スワンクが主演したオカルト・スリラー。ストーリーは・・・神の奇跡やアクマの所業と呼ばれる謎の現象を科学的に解明してきた大学教授のキャサリンは、ある日、元上司の神父から「あなたの身に危険が迫っている」という連絡
  • -
  • 2007/06/25 13:43
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • 週末映画!
  • 2007/05/30 23:25
期待値: 53%  「イナゴ少女、現る」のホラー・オカルト映画。 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モ
  • soramove
  • 2007/05/30 21:00
「リーピング」★★★ ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー主演 スティーヴン・ホプキンス 監督、2007年アメリカ 宗教と不思議な現象を研究している主人公は かつてアフリカで医療ボランティアをしていたとき、 蔓延する病気の生け贄で 夫と娘を失
  • 長谷川
  • 2007/05/29 22:37
このイラスト、手抜きではないんです(笑) サタンの「さ」。 虫は苦手だなー。 とくに外国の映画に出てくるバッタ系って、 えらいでかくて、気味が悪い。 実際にいるかどうかは知らないけど、 毎回、背筋がゾクゾクしてます。 怨霊ホラーは、最近、なに観ても、
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2007/05/29 20:55
監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、英語の次に得意だった科目が聖書学という更に似合わない過去をも持って
  • よしなしごと
  • 2007/05/26 14:16
 ちょっとラゾーナ川崎で買い物する用事があったので、その帰りに109シネマズに。ちょうど時間があうのがリーピングだったので観てきました。テレビCMを見ると、B級映画の臭いがぷんぷんしていたので不安だったんですけどね。
  • 映画観ないとあかんてぇ〜
  • 2007/05/26 11:36
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を
  • Puff's Cinema Cafe Diary
  • 2007/05/25 21:51
公式サイト シネマイクスピアリ、公開6日目初回です。 シアター2(175席)、11:20開始、15分前に到着。 公開週だというのに、何と! 自分一人だけでありましたーーー! 確かに前評判はあまり良くなかったけれど、そ
  • わかりやすさとストーリー
  • 2007/05/25 21:43
●「出エジプト記十の災い」の知識が必須の「信仰の物語」●作品の作り方としては素直。イスラエルの「過ぎ越しの祭り」の由来を知っている人はスグに観に行っても大丈夫。「いなご少女現る」って強烈コピーがたまらない(笑)。イナゴ大量発生シーンは迫力満点だ!
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2007/05/24 10:56
こんなの観ちゃった。 「見所はアナゴの大群!!」って言ったら笑われた{/ase/} 間違えた、イナゴの大群!! 最近ボケがたまにひどい(最近始まったことじゃないかも。。。) 深夜CM大量O.A中で見た人も多いだろうけど、 「この少女の秘密は劇場で!」みたいに言われ
  • そーれりぽーと
  • 2007/05/24 00:25
バッタの群れが人に襲い掛かる予告編に胸を躍らせて『リーピング』を観てきました。 ★★★ 昆虫の出てくるホラーっぽい映画という事で、『フェノミナ』を想像していたら全く違う。 10の災厄が題材のオカルト映画。 バッタのイメージが先行していたので、ヒラリー・
  • しょうちゃんの映画ブログ
  • 2007/05/23 23:54
2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、
  • ダイハード
  • 2007/05/23 23:43
ダイハードシリーズ4.0でも、ブルースウィリスがハードアクション
  • 映画専用トラックバックセンター
  • 2007/05/23 23:02
映画「リーピング」に関するトラックバックを募集しています。
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2007/05/23 22:57
史上最恐の少女が、生まれてしまった。武器は、1000,000,000匹のイナゴ!!。 アフリカのスーダン在住のコスティガン牧師(スティーヴン・レイ)の元で宣教活動に赴いたキャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は、ある事件が契機となり現在はル
  • 極私的映画論+α
  • 2007/05/23 22:45
 パンフによると・・・ 「リーピング」って 1.刈り取り 2.(善悪の)報いを受けること 3.世界の終末における最後の審判 って意味があるそうです。
  • ネタバレ映画館
  • 2007/05/23 22:37
あなたは奇跡を信じますかぁ?
  • 映画の感想文日記
  • 2007/05/23 22:25
2007年。WarnerBros. "THE REAPING". スティーヴン・ホプキンス監督。 ヒラリー・スワンク、その他出演。  かつてキリスト教の宣教師だったが、娘を失った事故で信仰を捨
  • ラムの大通り
  • 2007/05/23 21:32
(原題:THE REAPING) ----う〜っ。気持ち悪い絵だニャ。 川が真っ赤だ。 「うん。これは例のゼメキス&ジョエル・シルバーによる ホラー・レーベル“ダーク・キャッスル”作品。 このシリーズは普通B級が相場なのに、 なぜかオスカー女優ヒラリー・スワンクが主演。
  • 唐揚げ大好き!
  • 2007/05/23 21:18
? 『リーピング』 ? イナゴ少女、現る。 ? イナゴ少女、どぉーんっっっ!!! 確かにイナゴは出てくるけどね、十の災いで推した方が良かったんじゃない? かつて聖職者だったキャサリンがある事がキッカケで信仰を捨ててしまう。 M.ナイト.シャマランの『サ