スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    アポカリプト
    0

      2006年/アメリカ
      監督:メル・ギブソン
      出演:ルディ・ヤングブラッド(ジャガー・パウ)
         ダリア・ヘルナンデス(パウの妻)
         ジョナサン・ブリューワー(ブランテッド)
         モリス・バード(フリント・スカイ)
         カルロス・エミリオ・バエズ(タートル・ラン)

      なんか、、、役柄の名前、あってないような〜たらーっ

      以下、ネタバレ感想
      ジャングルの中で原住民に追っかけられている・・・

      そんな悪夢にうなされそう!!

      な、作品でした汗

      「パッション」のときはただひたすらに苦痛と感じてしまったけど、、、いや〜今回もけっこう苦痛だったのだけど、終わり方がきれいにまとまった感じでけっこう気分がスッキリとしました。

      あの船が現われた瞬間、オバカな私は“あ、コロンブスの新大陸発見だ!”とおもったけどたらーっ それはアメリカっだったけひやひや でもそれまであの広い密林の中で原住民が争っていたことが、急にちっぽけなことにおもえてしまった。

      村を襲い、いけにえの首をスパっと斬り、その首がピラミッドの頂上からコロンコロンと・・・ついでに首の無くなった胴体もコロン〜汗 いくらマヤ文明の儀式だといわれてもわたしには野蛮な行為としか見えないたらーっ

      ただいいほうに解釈すれば、メル・ギブソン監督の腕が上手いかと。

      密林の中を走ったりとかけっこう迫力のあるカメラワークでしたからねぇ〜。しかもふんどし姿の男たちがオノやナイフ、ヤリ、素手で争う映像の痛いこと!拳銃や爆弾と違って切実に“痛さ”を感じる&映像。

      と、聞こえはいいけど本能のままに戦ってるんじゃないかとおもったりしてたらーっ

      しかも後半になると“ランボー”と化するので、握り拳つくって心拍数は上がるは、見ていて面白いんだけど苦痛というへんてこなアドレナリンが出まくっちゃう〜汗 しかも凄い状況で子供まで生まれちゃうしたらーっ

      ただ逃げきったジャガー・パウが戻ったとき、家族が1人増えていたのが唯一、ホッとしました。

      題名の「アポカリプト」はギリシャ語で「新たな始まり」という意味だそうで、確かにスペイン人が上陸しマヤ文明が滅びゆく〜という意味でもありました。そしてジャガー・パウダー一家にとっても「新たな始まり」だったのでした。

      まぁ〜、痛い作品ではありましたが「アポカリプト」の意味が臨場感のある映像で(いい意味で)わかるという納得のいく作品でありました。そう思うと「パッション」では奥深い意味が理解できなかったのが残念でした。でもやっぱり「パッション」はもう見たくない汗


      2007/6/16 映画館にて鑑賞工具工具工具





      いつの時代も高貴な階級は腹ボテだ!しかも子供まで!!
      顔がアップになると鼻ピーが気になってしかたない!
      メル・ギブソン、次は頼むから痛くない作品を撮ってよぉたらーっ
      2007/映画館鑑賞 | comments(4) | trackbacks(25)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        ケビンさん、
        そうですね、メル・ギブソンのこだわりが感じる作品でした。
        特にあのカメラワークは・・・あんな迫力ある映像は彼らしいです。
        「パッション」はキリスト信者じゃない自分にとては、
        ただの拷問映画となってしまいました。
        ただ、ただ、苦痛でした。。。

        なぬ!「ランボー4」もスプラッター化してるんですか!?
        それは楽しみじゃぁ〜〜!

        管理人
        2007/07/06 9:15 PM
        こんばんは、えふさん。

        描写的に魘されそうな場面が多かったですが、メル・ギブソンの”こだわり”が感じられる作品でした。
        カメラワークもさることながら、衣装やメークにも凝っていましたね。
        全編マヤ語も雰囲気が出てました。
        『パッション』は未見ですが、あっちの方は予告観ただけで躊躇してしまい結局みてません。私はやはり『ブレイブハート』のような作品が好きですね。

        ランボーといえば、次回の『ランボー4』が『アポカリプト』に負けず劣らずスプラッター化してるらしいです。スタローンもギブソンの影響を受けたのでしょうか?
        2007/07/06 12:11 AM
        >由香さん、
        え〜!「ザ・ロック」放送していたのですか!?
        見ればよかった〜。
        ってDVD持ってるからいつでも見れるンだけど(^^;)

        悪夢にうなされそうな作品でしたが〜
        ぐっすりと眠れました(爆)
        でも最後がほんと希望のある終わり方だったので、
        終わってみればあまり苦痛ではなかったですね。
        昔の子は強いはずですよね(^^;;
        管理人
        2007/06/18 8:17 PM
        こんにちは!
        TB&コメントありがとうございました。
        昨晩えふさんお気に入りの『ザ・ロック』をTV放映していましたね。
        私も大好きでビデオを持っているのですが、ついつい観ちゃった!

        で・・・アポ狩りプト(笑)ですが、首グサッとか首ゴロゴロとか、心臓ドクドクとか・・・悪夢にうなされそうなシーンが沢山ありましたね。
        でも最後は希望があってホッとしました。赤ちゃんが無事に生まれて良かったし。流石昔の子は強いですね〜あそこで生まれるんだもの(汗)
        2007/06/17 10:38 AM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/689
        あらすじ誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け仲間とともに都会に連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは・・・。感
        | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/09/10 10:02 AM
         『マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる!』  コチラの「アポカリプト」は、6/16公開になったR-15指定のマヤ文明後期を舞台に壮大なスケールで繰り広げられるスリリングなアクション映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  「パッション」
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/26 8:50 PM
        つまんない記事タイトル付けてスイマセン{/dogeza/} 更新が止まった日付を見ればその日の飲酒量{/beers/}がある程度把握できるピロEKです{/face_ase2/} {/kaeru_fine/} 個人的に三連休の真中ですが、どこにも出かけていません{/down/} 子供は少し風邪気味、嫁は仕事
        | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2008/01/27 8:58 PM
        人気ブログランキングの順位は? マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる! 暗黒の昼―ジャガーを連れてくる男に気をつけろ。
        | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/07/08 11:14 PM
        前人未踏の神話アクション・アドベンチャー  『ブレイブ・ハート』(95)でアカデミー賞を受賞し、『パッション』(04)でセンセーションを巻き起こしたメル・ギブソン。映画監督してつねに新たな可能性を追求する彼が、再び衝撃的な作品を製作した。マヤ文明が崩
        | シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2007/07/05 11:50 PM
         すばらしい作品に出合うと、ほとんどの場合はその映画作家の他の作品を観たくなるものです。  しかしながらごくまれに、他の作品など観る気が起きない場合があります。  その作品がとびぬけて優れている場合、
        | シネクリシェ | 2007/07/04 8:03 AM
        ★★★★  英語を使わないハリウッド映画ということで、なかなか好感が持てる。舞台はマヤ文明後期の中央アメリカ。平和だった村は、未明にマヤ帝国の傭兵に焼き討ちされる。  そして目前で父親を殺され、捕虜となり連れ去られる主人公。彼は穴の中に残してきた妻子を
        | ケントのたそがれ劇場 | 2007/06/30 9:56 PM
        監督 メル・ギブソン 主演 ルディ・ヤングブラッド 2006年 アメリカ映画 138分 アクション 採点★★ 映画ってのは結局のところ娯楽の一つであるが故に、たとえ作り手の主義主張に多少相容れることが出来ない部分があったとしても、映画自体が面白ければ基本的には全く
        | Subterranean サブタレイニアン | 2007/06/29 1:40 AM
        メル・ギブソン監督のドM映画「パッション」の次の最新作は、闘争本能を呼び起す超ドS映画マヤ文明、崩壊前夜。中央アメリカのジャングルで狩猟民族として平和に暮らしていたジャガー・パウの村は、マヤ帝国の傭兵の襲撃を受け、干ばつを鎮めるための儀式の生贄として
        | シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー | 2007/06/28 8:21 PM
        「アポカリプト」★★★☆ メル・ギブソン監督 ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス出演 2006年、アメリカ、138分 まだ西洋文明が入り込む前の中南米、 マヤ文明が栄えていたが、 多くは生まれた海や山で自由に暮らしていた。 家族を養
        | soramove | 2007/06/27 8:09 PM
         アメリカ  アドベンチャー&アクション&サスペンス  監督:メル・ギブソン  出演:ルディ・ヤングブラッド      ダリア・エルナンデス      ジョナサン・ブリューワー      ラオール・トゥルヒロ 【物語】 誇り高き狩猟民族の血統を受け継
        | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2007/06/23 10:21 PM
        ☆「アポカリプト」 監督:メル・ギブソン 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード、カルロス・エミリオ・バエズ、アミルカル・ラミレス ジャガー・パウは、中央アメリカのジャングルで生きるハンターの子孫。
        | りんたろうの☆きときと日記☆ | 2007/06/22 3:28 AM
        2007年45本目の劇場鑑賞です。「パッション」「ブレイブハート」のメル・ギブソン監督作品。マヤ文明の衰退を壮大なスケールで描いたアクション・アドベンチャー。マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルを舞台に、狩猟民族の青年が過酷な運命に翻弄されながら家族を救
        | しょうちゃんの映画ブログ | 2007/06/19 8:47 PM
        映画「アポカリプト」に関するトラックバックを募集しています。
        | 映画専用トラックバックセンター | 2007/06/18 10:22 PM
        目に焼き付いて離れないシーンの数々。誰も知らない時代の、誰も知らないはずの話なのに、もの凄くリアルに感じるマヤのジャングルがスクリーンに映し出されます。人間対、人間、人間対動物、人間対大自然の、生と死を懸けたギリギリのせめぎ合い。狩猟民族の男達の体か
        | 試写会帰りに | 2007/06/18 10:00 PM
        走って、走って、走りまくる!彼らはいったい何処へ行こうとしているのか!?                               評価:★7点(満点10点) 2006年 138min
        | Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/06/18 9:14 PM
        期待値: 84%  メル・ギブソン監督のマヤ文明を題材にした映画。 ルディ・ヤングブラッド、ダリヤ・
        | 週末映画! | 2007/06/17 10:59 PM
        アポカリプト 上映時間 2時間18分 監督 メル・ギブソン 出演 ルディ・ヤングブラッド ダリア・エルナンデス ジョナサン・ブリューワー ラオール・トゥルヒロ 評価 7点(10点満点) 会場 スバル座    鑑賞した会場がスバル座なんですが、ここ結構お気
        | メルブロ | 2007/06/17 5:46 PM
        第一回自然界筋肉番付,勝者はジャガーさん!
        | Akira's VOICE | 2007/06/17 11:54 AM
        今週末は多忙なため映画館通いを諦めていたが、『通常料金でプレミアスクリーン+ポイントがたまっている』・・・根性だぁ〜〜〜走れ風のように『300』でパンツ男たちの勇姿を観た後は、フンドシ男の生き様を観るぞ〜〜〜【story】マヤ文明後期の中央アメリカのジャング
        | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/06/17 10:33 AM
        「アポカリプト」を鑑賞してきましたマヤ文明後期の中央アメリカで、マヤ族に襲われた部族の青年が命を懸けて戦う、メル・ギブソン監督の歴史アクション。本作は全てマヤ語で構成。R−15指定ストーリーは・・・密林の集落をマヤ族の傭兵が襲撃。襲われた村の青年ジャ
        | 日々“是”精進! | 2007/06/17 5:58 AM
        皆既日蝕の映像に少し違和感有り。すいません、いつもの突っ込みを入れさしてもらいま
        | Wilderlandwandar | 2007/06/17 12:50 AM
        メル・ギブソンがこれまで監督してきた作品、全部好き{/ee_1/} 『パッション』に続く新作を楽しみにしてたので、CM、劇場予告、公式サイトのトレーラー、 一切観ずに完全予備知識なしで挑みました〜。 あとで知ったけど先行上映で観てきた☆ 今回極力情報、画像抑えめ
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2007/06/16 10:24 PM
        300人むさ苦しいの腹筋に続くのは、数千人の生尻。 熱心すぎるキリスト教徒として知られるメル・ギブソンが、どうして異教の民を描いた映画を撮ろうと思い立ったのか。 マヤ文明自体に焦点を当てた映画も観たことが無くて、『アポカリプト』を興味津々で観てきました。
        | そーれりぽーと | 2007/06/16 10:19 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/06/16 10:17 PM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search