スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    グッド・シェパード
    0

      2006年/アメリカ
      監督:ロバート・デ・ニーロ
      出演:マット・デイモン(エドワード・ウィルソン)
         アンジェリーナ・ジョリー(クローバー)
         アレック・ボールドウィン(サム・ミュラック)
         タミー・ブランチャード(ローラ)
         ビリー・クラダップ(アーチ・カミングス)
         ロバート・デ・ニーロ(ビル・サリヴァン将軍)
         ウィリアム・ハート(フィリップ・アレン)
         ティモシー・ハットン(トーマス・ウィルソン)

      難しい・・・、長かった・・・、
      みなさん、そうつぶやいて席を立ちました。。。

      以下、ネタバレ感想
      なんか、よく理解できなかったよ、デ・ニーロ君。

      “CIA誕生にすべてを捧げた男の物語”っていうから、CIAが誕生するまでの苦悩にみちた物語だとおもってたのに、ふたを開けてみれば、いつCIAが誕生したのかもよくわからないまま終わっちゃったよ汗

      序盤、秘密をうちあけた大学のサークルの怪しい集会がCIAの始まりだとおもってしまった。マジでこれがのちのCIAなんだと汗 でもパンフを読んでいたら、それは大学内のエリートで構成された集団だと知って大汗でした汗汗 (しかもジョージ・ブッシュ・シニアもいたというのだから、当然信じられない!あの家系はそんなにも優秀なのか?)

      まぁ、途中で将軍に紹介されたのでそのときがきっかけだったのかと・・・今にしておもえば、ってとこですね。

      登場してくる人物も、CIAなのかイギリスの諜報部員なのか、区別つかなかったし。あ、ロシアだけはなんとなくわかりましたね。

      で、物語の最初と最後の重要なスパイ行為にしても、自分の息子が!という衝撃的な事実はあっても、では誰があのテープを?といった謎もあってすっきりできませんでした。いや、そればかりかエドワードの浮気写真を送ったのは誰なのか?それも疑問ですっきりしないです。

      どんなふうにしてCIAができたのかもよくわからなかったけど(っていうか気がついたらすでにCIAって存在があったような汗)、エドワードの父親が自殺したときの手紙をあの当時読んでいれば・・・彼はもっと違った人生を送っていたんだろうなぁ〜、とおもいました。

      全体的にかなり重圧な感じはあるものの、正直いってとても長く感じられた作品は久しぶりでした。


      2007/10/20 映画館にて鑑賞 マル秘マル秘


      役柄に関していえば、最初はデカプリオにオファーがいっていたそうだけども、彼にはまだまだこの役は若すぎるのでちょっとオジさんくささのあるマット・デイモンが適役だったとおもいます。

      が、、、やっぱりマット・デイモンといったら、ボーン・アルティメイタムを早く見たい!

      アンジェリーナ・ジョリーは、議員の令嬢の役なので、ま、いいんじゃないんですか〜。
      2007/映画館鑑賞 | comments(6) | trackbacks(19)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >ケビンさん、
        そうですね、CIAの誕生物語よりも、
        エドワードの苦悩に満ちた半生を描いているようでしたね。
        役柄に関していえば、やはりデカプリオでは若すぎるでしょうね〜。
        マットで適任だったとおもいます。
        あ、デ・ニーロは私も監督よりも役者のほうが好きかも(苦笑)
        管理人
        2007/11/29 8:32 PM
        こんばんは、えふさん。

        私もこの映画は長くそして頭を悩ますような感じで観終えました。
        パンフを見てずいぶん分かってきましたが、CIAの誕生云々よりもエドワードの半生と苦悩を描いた物語のほうがマッチしますね!その中で冷戦やCIAの誕生があったみたいな感じでした。

        ディカプリオではやはり合わないでしょうね。
        マット・デイモンは適任だったような気がします。
        デ・ニーロは監督よりも俳優としての方が好きですね。
        2007/11/26 12:15 AM
        >Anyさん、
        天下のCIA誕生物語なのに、
        単調すぎましたね〜〜(苦笑)
        そう!息子もいつの間にか大きくなって、
        CIAに入っちゃってるし。
        アンジーはあんな大きな息子がいるようには見えないし。
        だっていつまでも綺麗だし(笑)

        わたしはやはり「アビエイター」よりもこちらのほうが長かったな。

        明日はボーン、見に行ってきますよ〜♪

        管理人
        2007/11/09 9:43 PM
        えふさん、こんばんは♪
        TB&コメント感謝です!

        私も CIAの誕生をもっと劇的に描いた作品かと思ってました。
        時代背景や登場人物など、
        鑑賞前に予備知識を入れた方が楽しめる作品かもしれないですね〜
        時代が行き来してる割にマット君があまり変わらず???のシーンも...
        いつの間にか、ヒョロヒョロの息子君もCIA入りしちゃったしね(笑)
        何だかんだ言いつつ、結局はラストまで惹き込まれてしまいましたが。
        でも、マット・デイモンといえば、やはり「ボーン〜」ですね☆

        因みに私は「アビエイター」が長かったぁ〜
        2007/11/08 10:20 PM
        >migさん、
        いや〜〜、長かったですね(汗)
        この役はおっさんくさいマットでよかったとおもいます。
        デカプじゃ、かる〜くなりそう!?
        管理人
        2007/10/28 10:51 AM
        こんにちは☆

        これ、ほんと長く感じる1本でした〜、、、
        ディカプでも確かにいいかもだけど、
        マットで適任でしたね☆
        2007/10/26 10:41 AM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/735
        あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く・・・。感
        | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/02/11 7:05 AM
         『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  製作
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/22 9:56 PM
        ロバート・デ・ニーロ13年ぶりの監督第2作  『ゴッドファーザー PART II』と『レイジング・ブル』で2度のアカデミー賞を受賞し、“現代最高の名優”と謳われるロバート・デ・ニーロ。その妥協のない演技スタイルによって”デ・ニーロ・アプローチ”という言葉を生
        | シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2007/11/26 12:04 AM
        マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。
        | ひらりん的映画ブログ | 2007/11/22 2:53 AM
         静謐な映像の中にも緊迫感をたたえた、予想以上の佳作でした。  2時間半を超える長尺の作品ですが、まったく冗漫さを感じさせません。  静かなるハードボイルドとでもいうべき作品でしょうか。  『ゴッドフ
        | シネクリシェ | 2007/11/11 9:42 AM
        【THE GOOD SHEPHERD】 監督 ロバート・デ・ニーロ  製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ   脚本 エリック・ロス  製作年度 2006年  日本公開  2007年10月20日   上映時間 2時間47分  製作国 ア
        | +++ Candy Cinema +++ | 2007/11/06 10:23 PM
        「グッド・シェパード」を鑑賞してきました。以前からCIAやスパイものには興味があったし、キャストもマット・デイモンが主演、他にはアンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、ウィリアム・ハート、ロバート・デ・ニーロなどが出演していて、かなり豪華
        | Yuhiの読書日記+α | 2007/11/06 1:20 AM
        人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。
        | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/10/28 11:20 PM
         アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通う
        | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2007/10/28 12:21 AM
        F・F・コッポラ製作でロバート・デ・ニーロ監督作の「グッド・シェパード(原題:
        | Wilderlandwandar | 2007/10/27 1:02 PM
        ▼最近、暇も、金も、そして、近場に混まない映画館もあるものだから、何の予備知識もなく映画を観に行く。 ロバート・デ・ニーロ監督作の『グッド・シェパード』だ。 デ・ニーロは、私くらいの年齢だと、なんともカリスマを感じる役者なのだが、最近は、どうも活躍がお
        | ミッドナイト・蘭の「元祖・天才バカ板!」 | 2007/10/27 9:37 AM
        タイトルの『グッド・シェパード』とは新約聖書で"よい羊飼い" ヨハネによる福音書には"わたし=イエスは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。"とある。 内容は全く気にかけずに、デニーロが『レイジング・ブル』以来 13年ぶりの監督作っていう興味
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2007/10/26 10:41 AM
        ロバート・デ・ニーロ監督、CIA誕生秘話と一人の男の苦悩。「グッド・シェパード」公式サイトあらすじ:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード
        | かいコ。の気ままに生活 | 2007/10/25 9:38 PM
        公開日 2007/10/20監督:ロバート・デ・ニーロ出演:マット・デイモン/アンジェリーナ・ジョリー/アレック・ボールドウィン 他【あらすじ】エドワードはイエール大学に在学中軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で諜報任務に従事。終戦後、OSSの延
        | Good job M | 2007/10/24 5:52 AM
        『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元
        | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/10/23 11:39 AM
        グッド・シェパード 182本目 上映時間 2時間47分 監督 ロバート・デ・ニーロ 出演 マット・デイモン アンジェリーナ・ジョリー アレック・ボールドウィン タミー・ブランチャード ビリー・クラダップ ロバート・デ・ニーロ 評価 5点(10点満点) 会場 
        | メルブロ | 2007/10/23 12:01 AM
        《グッド・シェパード》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − THE GOO
        | Diarydiary! | 2007/10/22 8:22 PM
        【THE GOOD SHEPHERD】2007/10/20公開(10/20鑑賞) CIA誕生のお話ときたら、スパイ映画好きはやっぱり気になる。でも・・・家庭は夫婦がスパイ同士ならうまくいくのかな。(おいっ)
        | 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/10/21 9:46 PM
        誰も信じるな。良き羊飼いよ。
        | 悠雅的生活 | 2007/10/21 7:12 PM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search