ベオウルフ 呪われし勇者

JUGEMテーマ:映画

2007年/アメリカ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:レイ・ウィンストン(ベオウルフ)
   アンソニー・ホプキンス(フロースガール)
   ジョン・マルコビッチ(アンファース)
   ロビン・ライト・ベン(ウィールソー)
   クリスビン・グローバー(グレンデル)
   アンジェリーナ・ジョリー(グレンデルの母)


見えそうで見えないもどかしさといったら・・・たらーっ


イクスピアリでべオウルフ/呪われし勇者 Digital 3Dが上映されていたので見てきました!去年見たナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーデジタル3-Dは、あまり3Dといった感じがしなかったのですが、今回は立体映画として映像設計されているため、終始自分の目の前で槍が飛んできたり、コインがなげだされればおもわず手を伸ばしてしまったり、空を飛んでいれば木立にぶつかりそうになりおもわず体をよけたりと、とにかく3Dを堪能してきました。ネズミが走ってきたときにはおもわず顔をよけちゃったわよたらーっ

そればかりではなく、見せ方が上手いですね〜。ベオウルフが素っ裸で戦うシーンなんて、下半身が上手く隠れていて憎い作りです。見えそうで見えないので、そこの兵士、じゃまよっ!と心の中で叫んでしまいましたたらーっ

物語はベオウルフというよりも・・・女の誘惑に負けた男の性といったほうが似合っていたような。まぁ〜たまたまベオウルフに的を絞ったような気もしましたね〜。ベオウルフのしもべ、ウィグラーフでこの呪いも断ち切るのか!と思いきや・・・お前もかよっ!っていう最後で。。。汗

どっちかというと映像的には300のほうが迫力あって良かったけど、こちらはラストのドラゴンとの戦いが、迫力あって見入ってしまいました。

2007年/12/5 映画館にて鑑賞 おばけおばけおばけ


アンジーのしっぽはお尻から・・・とおもってたけど、髪の毛からだったのネ。






スポンサーサイト

Comments

こんばんは、えふさん。

いいですね、3D。
私も3Dで観ていたら、もっと迫力あったかも。
物語的には良かったのですが、やっぱり『300』の方がビジュアル的にも優れていたと思います。
レイ・ウィンストンもかなり男前に撮れていたようで、本人もびっくりしていたそうですよ。

アンジーのしっぽ、髪からでしたか・・!?
ハイヒールの方に目がいってしまって、覚えてなかったです〜〜。
  • 管理人
  • 2007/12/24 16:46
> 0120 Blogさん、
たしかにのっぺりとしていましたよね。
わたしはあまり気にならなかったけど。
しかし、ほんと上手く大事なところが隠されていましたよね。
なにもそこまでしなくても・・・(爆)

>睦月さん、
そう、ヒールはいてたのは意外でしたね!
なんでやねー!?
でもあのプロポーションだったら、
ヒールはかないとさまにならないかも!?
わたし的には、なんかのっぺりとしたって言うか・・・動きがしっくりこないと言うか・・・、処理の仕方がイマイチ納得できませんでした。
でも、ドラゴンとの戦いは迫力がありましたね!

そうそう、ベオウルフが裸で戦うシーン。
あまりに上手に隠されていたので、余計に注目してしまい、そんな自分に笑ってしまいました。

わたしも戦闘の迫力・凄さについては“300”が優っていると思います!
  • 睦月
  • 2007/12/18 14:50
えふさん、こんにちわ。
ご無沙汰しておりました。

≫アンジーのしっぽはお尻から・・・とおもってたけど、髪の毛からだったのネ

ええ!?そうだったんですね!?
今初めて知りました・・・。
ちなみに、魔物アンジーの足元にさりげなくヒールがついていたのも
面白かったです(笑)
  • 管理人
  • 2007/12/12 20:59
>八ちゃ〜ん〜、
めがね4つとは凄いですね!(笑)
わたしはまだ2つですよ。
槍は目の前に飛んできてすごかったですよね。

>migさん、
え!ヴィゴも裸で格闘ですか!?
なんかえれぇー楽しみ(爆)
女性はあっても、男の人が素っ裸ってことは、
あまりないので〜(笑)

  • mig
  • 2007/12/10 23:15
えふさん☆

こんばんは♪
コメントTBありがとう☆
3Dの方がやっぱり楽しめそう。
この映画でもハダカで戦ってたけど、
クローネンヴァーグの新作ではヴィゴがサウナでハダカの格闘をするんですよ〜。
(日本ではまだ未公開作品)
ハダカで戦うのが秘かなブーム?(笑)
今年も「ナイトメアー」観ちゃったからめがねが4つになってしまいました。笑
「ルイス〜」も観るつもりなので、さすがに今回は捨てちゃいました…汗

槍にはほんとあせりましたよ〜

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • あず沙の映画レビュー・ノート
  • 2009/02/14 15:12
2007 アメリカ 海外アニメ アクション(アニメ) 作品のイメージ:切ない、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、怖い 出演:レイ・ウィンストン、アンジェリーナ・ジョリー、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ (有名な伝説、しかも何度もリメイクされて
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2008/12/31 20:30
あらすじ6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功するが・・・。感想『ポーラー・
  • 『映画な日々』 cinema-days
  • 2008/12/23 01:31
ベオウルフ/呪われし勇者 パフォーマンス・キャプチャーを 駆使して豪華キャストの演技を デジタル化、 英国最古の英雄叙事詩を活写。 個...
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2008/07/06 22:27
先日、某レストランで「よろしかったら書いてください」と言われて渡された短冊に、ガンダムのイラスト付きで宇宙の平和{/hiyo_please/}を願っておいたピロEKです{/face_nika/} 因みに息子は「弟の病気がなおりますように」{/hiyo_please/}と書いていました{/face_ase
  • 噂の情報屋
  • 2008/02/18 20:17
「指輪物語」のルーツとして知られる イギリス文学最古の英雄叙事詩「ベオウルフ」をベースに、 ロバート・ゼメキス監督が革新的な映像技術を駆使し 幻想的な世界を壮大に描いたアクション・ファンタジー。 最強の勇士が凶悪な怪物たちと壮絶な戦いを繰り広げています。
  • 映画館で観ましょ♪
  • 2008/02/03 14:34
水曜日がレディースデイのいつもの映画館。 なんの下調べも無しに入ったら... どんな手段(割引)も使えない3D上映! メガネを渡され、 最...
  • KINTYRE’SDIARY
  • 2008/02/03 10:55
110.ベオウルフ/呪われし勇者■原題:Beowulf■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:114分■日本語字幕:太田直子■鑑賞日:12月28日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ロバート・ゼメキス□脚本・製作
  • よしなしごと
  • 2008/01/11 03:06
 今回はベオウルフ/呪われし勇者を観てきました。いつも行く映画館ではこの映画を上映しているシアターは広いだけで音響良くないし、椅子が狭いし・・・。でも自由席で広いので後ろに人が座る可能性はほとんどなく、椅子を蹴られる心配もないので、映画の世界に没頭は
  • eclipse的な独り言
  • 2008/01/03 07:28
 あの・・・パフォーマンス・キャプチャーっていうんですか。声の出演者に似ていなけ
  • シネマのある生活〜とウダウダな日々
  • 2007/12/29 00:15
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01〜03)にも匹敵する壮大なストーリー、『300』(06)をも凌駕する刺激に満ちたアクション。 最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす! 最新の映像技術のもとに初めて実現した驚異のアクション・フ
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2007/12/28 01:36
今週の週末レイトショウは・・・ 久しぶりの映画の日・ファーストデーが土曜日に巡ってきたので・・・ 1000円の日はポイント加算のない「チネチッタ」はやめて・・・ 「TOHOシネマズ川崎」で観てきました。
  • 映画と秋葉原と日記
  • 2007/12/22 17:16
『ベオウルフ/呪われし勇者』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 古代デンマーク。時の王フロースガールは、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルに悩まされていた。その討伐に戦士ベオウルフは立ち上がる・・・・・・・・・・・・。 ●コラム
  • りんたろうの☆きときと日記☆
  • 2007/12/18 15:03
☆「ベオウルフ/呪われし勇者」 監督:ロバート・ゼメキス 出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ、ロビン・ライト・ペン、ブレンダン・グリーソン、クリスピン・グローバー、アリソン・ローマン、アンジェリーナ・ジョリー 6世
  • シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
  • 2007/12/14 19:38
永遠に続く、「男の哀しい性(さが)」■ストーリー舞台は古代デンマーク。そこは怪物が闇躍する世界。王国のどんな戦士たちでも適わなかった怪物を倒した、ベオウルフ。海を越え、名を馳せたベオウルフの次なる獲物は、怪物の母親。実はこれは罠だった。美しき怪物の母親
  • しょうちゃんの映画ブログ
  • 2007/12/12 01:01
■邦題:ベオウルフ/呪われし勇者 ■原題:BEOWULF ■上映時間:114分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:アクション、アドベンチャー、ファンタジー ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公開:2007/12/01 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場5
  • たいむのひとりごと
  • 2007/12/11 18:20
3Dではなく、普通のフィルム上映を鑑賞。フィルムでも十分立体感に溢れているわけで、目の焦点をスクリーンの先に合わせて見ると、3D上映モドキが楽しめた(字幕が読めなくなるので直ぐにやめたけど)。3Dでは
  • Sweet*Days**
  • 2007/12/11 14:08
監督:ロバート・ゼメキス CAST:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、アンジェリーナ・ジョリー 他 6世紀のデンマーク。フローズガール王(アンソニー・ホプキ...
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2007/12/11 11:23
【BEOWULF】2007/12/01年公開(12/01鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作:ロバート・ゼメキス出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、アンジェリーナ・ジョリー 実写に近いアニメなのか、アニメに近いCGなのか・・・ん?ラストで
  • 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
  • 2007/12/11 00:33
原題:Beowulf いかにも本物っぽくないものがいっぱい登場してくる・・だけどいつのまにかすっかりそのデジタルシネマの、英国文学最古の英雄叙事詩の、世界に浸れる・・ ここは6世紀のデンマーク、老国王フローズガール(アンソニー・ホプキンス)が王妃ウ
  • メルブロ
  • 2007/12/11 00:06
ベオウルフ/呪われし勇者 189本目 上映時間 1時間54分 監督 ロバート・ゼメキス 出演 レイ・ウィンストン アンソニー・ホプキンス ジョン・マルコヴィッチ アンジェリーナ・ジョリー 評価 5点(10点満点) 会場 新宿バルト9  休日が映画の日という
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2007/12/10 23:16
怪物が出てたりしてるみたいで ぜんぜんそそられなかったけど、 ゼメキス監督ということだけで観てきました〜! え?コレって人もぜーんぶCGだったの?! イギリス文学の「指輪物語」にも影響を与えたという歴史上最古の英雄叙事詩を、 『ポーラー・エクスプレス
  • 八ちゃんの日常空間
  • 2007/12/10 22:32
役者の動きをキャプチャしてCG描画するというパフォーマンス・キャプチャによる作品。実写のようで実写でなく、アニメのようでアニメでもなさそうな面白い作品に仕上がっています。円偏光方式のドルビー 3Dによる立体映画です。
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★
  • 2007/12/10 22:16
全編CG映像かぁ〜『ポーラ・エクスプレス』っぽいのかなぁ〜と、思いながら鑑賞へ―【story】507年、デンマーク。最高の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、フローズガール国王(アンソニー・ホプキンス)の国を襲う忌まわしき怪物グレンデル(クリスピン・グロー
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2007/12/10 22:15
 『この誘惑が、世界をもてあそぶ。』  コチラの「ベオウルフ 呪われし勇者」は、英国文学最古の英雄叙事詩「ベオウルフ」をロバート・ゼメキス監督が、パフォーマンス・キャプチャーによって映画化した12/1公開のアドベンチャー・ファンタジーなのですが、早速観
  • CinemaCollection
  • 2007/12/10 22:14
BEOWULF世界を巻き込む‘呪い’の連鎖はひとりの女の誘惑から始まる。映時間114分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2007/12/01ジャンルアクション/アドベンチャー/ファンタジー【解説】最強の勇士が凶悪な怪物たちと壮絶な闘いを繰り広げるアクショ