エリザベス ゴールデン・エイジ


2007年/イギリス
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット(エジザベス1世)
   ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)
   クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)
   リス・エヴァンス(ロバート・レストン)
   ジョルディ・モリャ(スペイン国王フェリペ2世)
   アビー・コーニッシュ(ベス・スロックモートン)
   サマンサ・モートン(スコットランド女王メアリー・スチュアート)


内容的にはいまいちプロテスタントとかカトリックとかいった違いや、歴史的な出来事がそれにどう絡んで影響しているかとか、理解できないで見ていたけど、ケイト・ブランシェットの女王としての気品ある気高い演技とその豪華なかつら衣装に目がくらみました!

正直、歴史的背景云々〜はよく把握できてないのでおいといて、それでも女王としての、英国に身を捧げたヴァージンクイーンとしての心の苦悩と葛藤はとてもよく伝わってきました。ケイト・ブランシェットが見事に演じていました〜。

ローリーを侍女のベスにとられてしまった嫉妬心やスペインの無敵艦隊を迎え撃つ心境など、ほんと彼女の演技は素晴らしかった!私だったら今年のオスカー主演女優賞は彼女に決まりです!

いったい、いくつのかつらと衣装を身にまとったのか!?とおもうほどの豪華絢爛の衣装でしたが、無敵艦隊を迎え撃つ時の甲冑姿の女王が一番印象に残りました。

女でありながら・・・一国の国を統治する女王として・・その姿はNHKの大河ドラマの日本の戦国の武将の殿様のようである雄姿ある姿に感動しました!

しかし・・・
それでも一生に一度でいいからあの豪華絢爛な衣装を身にまとって、



わたしは女王よっ!



と叫んで見たいわったらーっ

2008/2/16 映画館にて鑑賞 王冠2王冠2王冠2王冠2



いつの時代でも、海賊は女性の心を盗むものだなぁ〜。









スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2008/04/06 11:39
>ケビンさん、
エリザベスのあの衣装はダレもが目につきますよね。
しかも豪華で何着もとっかえひっかえ。
うらやましい〜〜(笑)
こんにちは、えふさん。
コメントありがとうございました。

エリザベスの衣装やヘアスタイルがコロコロ変わるのも女性にとっては見所ですね。
当時のこういう貴族階級の方々はドレスを何着も着こなすのが普通だったんでしょうね。
特にエリザベスは服狂いとかいわれてたそうですから、その数は、ドレスは2000着、靴は300足も所有していたらしいってすぎすぎですね。
かつらは80個くらい所有していたそうですから、ということは囚人80人分の髪が刈られたんでしょうね。

私もケイトの甲冑姿のシーンが一番好きでした。
  • 管理人
  • 2008/03/01 21:33
>yumiyanさん、
ほんとォ〜、
女王であるために女として生きられない姿が、
なんともかわいそうでしたね。
ベスに自分の姿を映していたんでしょうね。
こんにちわ。
クイーンの衣装、ほんとキレイだったし、戦いの時はかっこよかったですよね。
女王であるがために女性として生きられない、たった一度のキスをお願いして、一生の宝としてこれから生きていく。。なんて私には出来ません。
というか、ほんと、上流階級の人はアウトローな男性にイチコロなんですね〜。
  • 管理人
  • 2008/02/22 21:37
>睦月さん、
わたしも歴史的大作というよりは、
エリザベスの精神的な面から描いた、
ということでとてもよかったです。
そういう意味でケイトの演技はほんと、
すばらしかったですね。

あのズラと豪華衣装、
一度は身にまとってみたいですね〜(苦笑)
  • 睦月
  • 2008/02/19 11:37
こんにちわ

≫いつの時代でも、海賊は女性の心を盗むものだなぁ〜。

ウヘヘヘ。まったくです(笑)。

歴史大作としてはいまひとつだったかもしれませんが、
エリザベスの精神的側面をすごく克明に表現してて、私は満足できた
作品でした。私も前髪クルクルのズラつけてみたーい!
  • 管理人
  • 2008/02/18 20:16
>ななさん、
そういえば戦闘シーンの白馬にまたがったときは、
ロンゲでしたね!
あれもズラ?!(爆)

海賊って・・・ほんともてますね!

>由香さん、
ケイトの演技は素晴らしかったですね。
物語はいまいちわからなくてもそんなことを吹き飛ばす
演技でしたね〜。

甲冑姿もなかなかのものでしたね。
こんばんは!
ちょっと物語は分かり難かったですね〜
でもケイトが素晴らしかったので最後まで惹き込まれました!
それに豪華な衣装が素敵でしたね〜
私はドレスが似合いそうにないので、甲冑を着てみたいな♪苦しそうだけど(汗)
えふさん こんばんは TBありがとうございました。

ケイトさんのかつらの種類,すごかったですね。
かつらかぶるために,自毛はあんなに短いのですね。
どのかつらも似合っててさすが〜って感じでした。

>いつの時代でも、海賊は女性の心を盗むものだなぁ〜。
まったく,まったく。ワイルドさに惹かれるのかしらね。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • おきらく楽天 映画生活
  • 2009/03/08 22:14
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGE
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2009/03/03 20:46
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界
  • 『映画な日々』 cinema-days
  • 2009/02/27 01:13
エリザベス : ゴールデン・エイジ イングランド女王エリザベス1世(1533-1603)の 人生を描いた『エリザベス』('98)の続編 個人評価 ★★☆ (...
  • Memoirs_of_dai
  • 2008/08/23 00:42
トップは孤独だ! 【Story】 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが...
  • KINTYRE’SDIARY
  • 2008/04/13 20:38
29.エリザベス:ゴールデン・エイジ■原題:Elizabeth:TheGoldenAge■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:114分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月8日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:シェカール・カプール□脚
  • 銅版画制作の日々
  • 2008/03/30 22:25
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世   3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から1
  • cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
  • 2008/03/09 23:36
もう1本観たのが、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。もう、この映画の世界観を存分に楽しんできました。イングランドをその威厳で統治を続けるエリザベス1世だが、無敵艦隊を擁するスペインや王位継承権を主張するスコットランド女王の
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2008/03/04 20:44
3月2日(日) 15:40〜 日比谷スカラ座 料金:1250円(チケットフナキにて前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『エリザベス ゴールデン・エイジ』公式サイト 前作でウォルシンガムに暗殺されたメアリーが生きている!!城に幽閉されて。 しかし、史実とし
  • 映画でココロの筋トレ
  • 2008/03/04 11:23
ケイト・ブランシェット出演作ってだけで観たくなりましたー。 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス 上映時間:114分
  • デコ親父はいつも減量中
  • 2008/02/29 23:54
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
  • 2008/02/24 22:47
人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。
  • アートの片隅で
  • 2008/02/24 10:17
「エリザベス/ゴールデン・エイジ」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 舞台挨拶試写会と言っても、登場したのは大地真央でした。 スモークの中から、金色の豪華なドレスを着て大地真央が登場しました。 さすが元宝塚トップ女優ですねぇ、なんだか妙に似合っていま
  • Art- Mill  あーとみる
  • 2008/02/23 17:56
エリザベス・ゴールデンエイジHP http://www.elizabeth-goldenage.jp/ エリザベス1世ーWikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/エリザベス1世_(イングランド女王) 大英帝国の歴史物語となれば、それはも
  • 蛇足帳~blogばん~
  • 2008/02/20 22:07
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】
  • 2008/02/20 21:44
{/hiyo_en2/}ここが女子大の中でも最難関とされるお茶の水女子大よ。 {/kaeru_en4/}あんな真正面に警備員がいちゃあ、男は入りづらい。最難関て言われるのもわかる気がするな。 {/hiyo_en2/}いえ、そういう意味じゃないんだけど。 {/kaeru_en4/}しかし、男を寄せつけな
  • スワロが映画を見た
  • 2008/02/20 21:21
原題:ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 製作年度:2007年 製作国:イギリス/フランス 上映時間:114分 配給:東宝東和 監督:シュカール・カプール 原作...
  • そーれりぽーと
  • 2008/02/18 21:12
ケイト・ブランシェットのはまり役は、どうもエリザベス1世らしい。 アカデミー主演女優賞、ゴールングローブ賞主演女優賞にノミネートの『エリザベス』から10年経ち、今回、続編の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』で、また両方にノミネートの快挙! 実は主演女優
  • お父さん、すいませんしてるかねえ
  • 2008/02/18 00:01
見ているうちに気づいたんですが、これ、続編ですね。 あらすじを簡単に 女王に即位後も悩み多きエリザベス。 財政上の問題もさることながら、私生児の彼女の王位継承に反対する声が根強くあった。 国内にはまだ国教会に反対するカトリック教徒の力が大きく、その象徴
  • future world
  • 2008/02/17 23:20
前作「エリザベス」の続編、再びケイト・ブランシェット主演ということで期待の一作。 時代は16世紀後半、エリザベス1世がイギリス女王の座に〜 側近から持ち込まれる結婚話を交わす日常、カトリック対プロテスタントなる宗教問題、スコットランドに幽閉されてる
  • Sweet*Days**
  • 2008/02/17 17:04
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...
  • 唐揚げ大好き!
  • 2008/02/17 08:06
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』   敵は、外にも中にも――   そして私の心にも。   ■アメリカ大陸から帰還したばかりの航海士ローリーとの出会い。新世界の心躍る冒険談を熱く語る彼に惹かれていくエリザベス。身分の違いを超え、彼女に尊敬以上の感情を
  • 日々“是”精進!
  • 2008/02/17 07:52
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞してきました主演のケイト・ブランシェットを一躍スターに押し上げた1998年の歴史ドラマ「エリザベス」。そのラストで戴冠式に臨んだエリザベスが、その後に迎える黄金時代の幕開けを描いた続編。本作では、イングランドが
  • クマの巣
  • 2008/02/17 02:35
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」観てました(機内上映で)。 パキスタン人のシェカール・カプールとオーストラリア人のケイト・ブランシェットが組んだ「エリザベス」の続編が登場です。 まあ史劇を観に行くと思
  • ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
  • 2008/02/17 01:35
息を呑むような美しい衣装は、まるで肖像画そのもの。 王宮や教会の荘厳かつ厳粛な雰囲気 晩餐会の華麗でありながら、華美ではない装飾 それでいて、宮廷絵巻にとどまらない、数奇な運命をたどるイングランド女王1世の、心の内面を深く描いた作品は、胸にすごい迫力
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2008/02/17 01:08
強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
  • 2008/02/17 00:23
『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、今回は女王の“黄金時代”を描いた歴史大作。主演はもちろん前作に続いて、エリザベス一世を演じるために生まれてきたかのようなケイト・ブランシェット。その他にジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュ、クライヴ
  • 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
  • 2008/02/16 22:57
◆プチレビュー◆エリザベス1世の心の葛藤を描く華麗な歴史劇。存在感のある演技を披露するブランシェットが魅力的だ。 【75点】  16世紀末の英国。プロテスタントの女王エリザベス1世は、カトリックの強国スペインとの勢力争いの渦中にいた。国内外の陰謀が渦巻
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2008/02/16 22:07
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜