スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    インクレディブル・ハルク
    0

      2008/アメリカ
      監督:ルイ・レテリエ
      出演:エドワード・ノートン(ブルース・バナ−)
         リヴ・タイラー(ベティ・ロス)
         ティム・ロス(エミル・ブロンスキー)
         ウィリアム・ハート(ロス将軍)


      なんでズボンが破けないのか?わかったわっ!!


         

      前作では肝心な部分だけが破けないのでたらーっ突っ込んで楽しんでいたけど、今回は前もって伸縮性のあるズボンをはいていたことを知って、ちょっぴりすっきりしましたたらーっ

      最近エドワード・ノートンをスクリーンで見ないなぁ〜!?とおもってたら・・・こんな人体実験をしてたのねぇ〜!と、突っ込みどころを替えているぅ〜〜たらーっ

      しかし、あいかわらずあの緑の怪物は気色わるかったですね。せめて・・・スパイダーマンのゴブリンくらいにしてくれりゃ〜〜少しは愛着があったかもしれない汗

      特に緑の怪物が2匹でてくると〜なんかへんてこりんな感じ。特にブロンスキーの背中ににヒレがあるのって〜あれは半漁人かいっ!?それにこの怪物がアップになるのと、いかにもCGですっ!っていう映像はちっとなぁー汗

      それにベティを岩の砦に連れて行って遠吠えこく姿はまるで・・・




      キング・コングじゃ〜ん!




      でも、緑の怪物がでてくるシーン以外は、けっこう良かったんですよね〜。冒頭の軍がハルクを捕獲するシーンとかSWAT映画でもみてるようだったし。エドワード・ノートンの演技も渋かったし。とにかく緑の怪物がもっとかっこよければ文句つけようがなかったんです!! それだけにもったいなぁ〜。

      ラストにアイアンマンのロバート・ダウニーJrが現れたのには驚きでしたね!憎い演出でした〜。


      2008/8/2 映画館にて鑑賞 ニョロニョロニョロ



      メールMr.ブルーってどんなに凄い人かとおもってたけど・・・がっかり汗

      小雨主人公の名前がブルースって・・・バットマンもだっ!

      魚ダークナイトでもそうだったけど、上映が終わったあと館内には“ポ〜ニョ〜♪ポーニョ〜♪”と・・・せっかくのアクションを楽しんだ後に流れてくると体がふぬけ状態になるからやめてくれぇ〜〜!
      2008/映画館鑑賞 | comments(8) | trackbacks(21)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >ケビンさん、
        ほんと〜
        ハルクってヒーローっていうかんじじゃないんですよね。
        それゆえ前回もただの緑の怪物くらいにしかおもえなくて・・・
        他のアメコミ作品は見ていてけっこう爽快感があったのにたいして、
        この作品はあまりいい気分になれなかたから〜
        でも、今回はわりと良かったですね。
        前回のがらっと作品の雰囲気が変わった気がします。
        管理人
        2008/08/22 8:30 PM
        こんばんは、えふさん。

        前作は不評だったけど今回はいいのではと思って観にいきました。
        もともとハルクってヒーローって感じじゃないんだよね。
        ただ暴走する怪物っていうような・・・

        でもベティが危険にさらされた時にふいに正気に戻る感じが悲哀を帯びていて切ない気持ちになりました。

        今後はアイアンマンとのコラボやその他のマーベルキャラとどう絡んでいくのかが楽しみですね。
        2008/08/21 11:55 PM
        >睦月さん、
        キングコングにちょっと似てるシーンがありましたね(笑)

        やっぱりズボンが破けないのは気になってましたね!
        前回ではそればっかりがすごーく気になってしかたなかったけど、
        今回はわりと良い出来だったのであまり気にしないで見れました。
        まぁ〜少しはフォローしてあったけどね。
        管理人
        2008/08/06 8:05 PM
        こんばんわ。ダークナイトへのコメントありがとうございました。
        こちらに失礼いたします。

        これ、キングコングに似てましたよね(笑)。
        あの遠吠えしかり、ラブストーリーしかり(苦笑)。

        人間が変身して巨大化したりするキャラだと、上着は破けるのに
        ズボンは絶対に破れないという摩訶不思議な現象が納得いかなかった
        けれど(笑)、この作品ではそのへんのフォローがしてあって
        面白かったです(爆笑)。
        睦月
        2008/08/04 1:50 AM
        >migさん、
        そうだね〜
        ダークナイトとはしごする人、多かったかもね(笑)
        アメコミ総出演の作品なんてほんとに企画あるんですか?!
        いや〜〜すごいっすねー!
        楽しみですわ。

        >たいむさん、
        どーも緑の怪物がいまいちでねー(苦笑)
        人間のときの面影もないし。
        もうちょっと怪物をセンスよくしてくれたらいいのに。

        >ゆかりんさん、
        相手の怪物は全部破けてたみたいだったのに、
        ハルクはズボンだけは破けないんですよね(笑)
        全部みせちゃったら大変なのはわかるけどね〜(爆)


        管理人
        2008/08/03 5:26 PM
        いくら伸縮性があるといっても・・・どれだけ伸びるんだ(笑)
        ハルクになった時がちと引きました、、、
        も、もうちょっと面影があるくらいにならんかったのでしょうかね。
        私としてはフツーでした^^;
        2008/08/03 3:22 PM
        >なんでズボンが破けないのか?わかったわっ!!
        あはははは。
        太ったおばさんに何で当ててるんだろう?って思ったけど、納得でした!

        >緑の怪物がもっとかっこよければ
        うん、もう少しハンサムさんにしてほしいですね(^^)
        2008/08/03 9:07 AM
        えふさんコメントTBありがとー

        この二つを一気に観た方多くてちょっとコメント
        たまっちゃってるため(わたしのblog)
        こちらにまとめて失礼しまーす。

        あのズボンねー 笑っちゃった。
        いくら伸縮性あるっていってもラストであんな大きくなったからだなのに
        はち切れてなかったよ(笑)

        アメコミ皆総出演で戦わせてみたいわ〜
        って思ったらいずれマーベルでそういう企画やるみたいですね。
        たのしみ。
        2008/08/03 1:40 AM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/841
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2009/03/08 3:39 AM
        監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート 評価:81点 公式サイト この前に見た「ハンコック」も、この「ハルク」も、人間ではない何かが暴れま
        | デコ親父はいつも減量中 | 2008/09/07 9:20 PM
        人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
        | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/08/30 2:20 AM
         現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレ
        | シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2008/08/21 11:56 PM
        8月15日(金) 21:15〜 チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだ
        | ダイターンクラッシュ!! | 2008/08/19 11:55 PM
        レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
        | 20XX年問題 | 2008/08/15 2:06 PM
        監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
        | Sweet*Days** | 2008/08/09 12:44 AM
        今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
        | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2008/08/07 4:34 AM
         エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒー
        | 銅版画制作の日々 | 2008/08/05 7:12 PM
        前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あった
        | honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2008/08/04 6:42 AM
        記事投稿日2008年7月24日 21:49 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。  心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ
        | シネマ親父の“日々是妄言” | 2008/08/03 10:43 PM
        悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味
        | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/08/03 10:38 PM
        マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
        | はらやんの映画徒然草 | 2008/08/03 7:07 PM
        アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
        | 水曜日のシネマ日記 | 2008/08/03 4:09 PM
        【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
        | 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/08/03 3:16 PM
        怒らせたらエライ事になります。  
        | Akira's VOICE | 2008/08/03 12:53 PM
         アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍
        | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2008/08/03 11:46 AM
        思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化
        | たいむのひとりごと | 2008/08/03 8:59 AM
        (原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハ
        | ともやの映画大好きっ! | 2008/08/03 8:48 AM
         『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!も
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/03 7:15 AM
        「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑)
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2008/08/03 1:36 AM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search