ソウ5

JUGEMテーマ:映画

2008年/アメリカ
監督:デヴィッド・ハックル
出演:ジュリー・ベンツ
   ミーガン・グッド
   ショウニー・スミス
   トビン・ベル スコット・パターソン
   コスタス・マンディロア
   

いったいいつまで続くンだ?
ちょっと肌寒くなったこの季節に毎年見るのが楽しみになっていたんだけども、さすがにジグゾーは前回で亡くなったし、ここまでだらだらとシリーズ化ってのもなんなわけで、だいぶ興味が薄れてしまった汗 まっ、とりあえずハリポタと一緒で公開されるたびに惰性的に見てるってかんじです〜たらーっ

惰性的に見てると言ったわりには、物語はけっこう上手くつくってあって関心しました。(先日見たD−ウォーズがあまりにもおそまつな物語だったもんでよけいにそう感じちゃった汗)まぁ〜けっきょくは過去のタネあかしだったんだけどネ。それでも一応前作見てると、そういうことだったのか〜!ってちょっと納得できた。

で、今回の新たなゲームの対象となった人、ご愁傷様でした唖然 考えようによっては全員が生き残れたようですが・・・まぁ〜自分があのメンバーだったら当然、他人を押しのけて生き残りたい!っておもったかもしれませんたらーっ

今回もビジュアル的にグロいの痛いのって〜・・・それだけは毎回健在ですね。まったくよくも毎回こんなグロ痛いネタを考えつくもんだ!と関心しちゃいます。

そういえば・・・すっかり忘れていたけどジグゾーが奥さんに残した箱の中身は何だったのでしょうか!?


2008/12/3 映画館にて鑑賞 唖然撃沈困惑

スポンサーサイト

Comments

  • JIGSAW
  • 2009/01/17 01:47
まずジグソウの理論は更生である。必ず生き残ることができるのである。しかし失敗すれば確実に死ぬ。そこが奥が深い。
シリーズ初のSAWはめちゃくちゃおもしろかった。最初からすべてが謎だらけ。仕掛けもただ足に鎖がはまっているだけの現実性のあるシンプルさがいい。ゴードンの演技がまたリアル。ラストに驚愕。
SAW2はジグソウのマシューズに対する「最後まで私と話をしていれば息子は助かる」というような内容が最初意味わかんないけど最後までみて納得。時系列がトリック。最初のデスマスクで死んだ男の装置にわざと工場名をしるして、天井には「マシューズ近くで見ろ」とすべてがジグソウの計算通りである。
SAW3はまさか死ぬとはおもわなかったが内容的にはいままでのシリーズとくらべて浅い。SAW4のつなぎという感じだろう。
SAW4はまた時系列が複雑である。ラストに最初頭を悩ます。まさかの3と同時進行していたというトリック。しかもよくよく考えると一番最初のシーンで後継者ホフマンがテープを聞くというのが最後のシーンなのだから鑑賞者への一種の挑戦である。
また今までは「生きるか死ぬか」という選択権だったが今回は「救うか救わないか」である。救わなければならないというリッグの執念が邪魔して救えない。自分は自分でしか救えない。めちゃくちゃ深い。あの髪が抜かれる女のゲームは内容が実に深い。
SAW5はいままでのおさらいって感じ。やはり監督が変わると映画も激変して今回は駄作。
内容は浅く、結局、箱の中身も分からず、「いったいジグソウの本当の後継者は誰?」とCMしときながらあれはほぼ確実に後継者はホウマンである。
SAWシリーズにはかかせないラストも微妙で、あの最後の仕掛けなんて一般人が作るのは無理があるだろうに。結局何も進展せずに6へと続く。
ただ懐かし映像満載だった。
まいSAWシリーズに順位をつけるなら、1,4,2,3,5かなやっぱり最後に死体が起き上がるラストには優るものはないでしょう。
  • 管理人
  • 2008/12/13 20:16
> バラサ☆バラサさん、
私はナルニアはまだ、大丈夫です。

やはり惰性で見に行ってる人、
多いんでしょうかね〜(苦笑)
まったく「ハリポタ」と同じですね。まだ二本目ですが「ナルニア」もそうです。

ほとんどの人が惰性で見に行って、「もうやめろ」と文句言っているのが笑えます。
  • 管理人
  • 2008/12/07 19:52
>ゆかりんさん、
ここまでくると半分惰性的に見ちゃいますよね〜(苦笑)
わたしの場合、
毎回よくグロいシーンを考えるなー
っておもいましたけど。
そろそろ終わりにしてもいいですよね(苦笑)
私もえふさんも同じく、ハリポタ同様で惰性的で観ております^^;
今回はグロいシーンが少なくて助かりましたけどお話的にはいまいちでした。
次で終わりでいいかなー。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • よしなしごと
  • 2008/12/17 01:13
 ソウ4が公開されてからもう1年がたつんですね〜。そろそろソウシリーズは冬の恒例映画となりつつありますね。と言うわけで今年の冬もソウ5を観てきました。。
  • MESCALINE DRIVE
  • 2008/12/08 01:21
ジグソウのゲームから二人の男が生還を果たした。ひとりは英雄となり、ひとりは冷や飯を食う羽目となった。 ジル・タックは法律事務所を訪れた。かつて夫だった男が彼女に遺した品を受け取る為だ。死して時の人となったジョン・クレイマーの箱には何が入っていたのだろ
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2008/12/07 18:10
【SAW V】R-152008/11/28公開(11/28鑑賞)製作国:アメリカ監督:デヴィッド・ハックル出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル 、マーク・ロルストン、カルロ・ロタ
  • Akira's VOICE
  • 2008/12/07 11:01
5人で生き残るんジャー!!  
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2008/12/07 09:14
12月4日(木) 21:10〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買っていない) 『SAW5』公式サイト もう5作目かよ。 4作目が3作目の復習が望ましいものだったので、今回は復習しておこうかと思ったが、結局、復習せずに観賞。そ
  • 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
  • 2008/12/06 23:28
いつまでやるつもりだと本気で質問したくなる人気シリーズ第5弾。殺人ゲームの仕掛人ジグソウの本当の後継者の誕生と暗躍を描く、種明かし的な1本だ。お決まりの残酷描写は冒頭から全開状態ですさまじい。“参加者”は、密室で死のゲームを強制される5人の男女、元妻
  • ともやの映画大好きっ!
  • 2008/12/06 22:30
(原題:SAW V) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ジグソウが繰り広げる殺人ゲームを題材にしたシチュエーション・スリラーのシリーズ第5弾。 ジグソウ(トビン・ベル)の罠に掛かってしまうものの何とか危機を脱し、一命を取り留めたFBI捜査官スト
  • Wilderlandwandar
  • 2008/12/06 22:30
11月の風物詩(ちょっと違う?)SAWの季節がやってきました。1の時から劇場で鑑賞している大好きなシリーズで楽しみにして
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2008/12/06 21:21
もうシリーズ第5弾!! このシリーズ大ファンのわたくし、今年も当然のごとく観てきました{/m_0151/} 毎年11月の恒例映画となった「ソウ」 気がつけば、1作目から試写で観させてもらってるのだけど(1などは気に入ったのでその後劇場でも観た{/hikari_blue/}) 今
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡
  • 2008/12/06 21:02
 『ジグソウが遺した【遺言と遺品】 真の後継者は誰なのか?』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ソウ」 ・シリーズ第2弾「ソウ2」 ・シリーズ第3弾「ソウ3」 ・シリーズ第4弾「ソウ4」  コチラの「ソウ5」は、ソウ!1年ぶりのソウ祭!大開催ですよ