ワールド・オブ・ライズ


2008年/アメリカ
監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ 
   ラッセル・クロウ
   カリス・ファン・ハウテン
   ヴィンス・コロシモ マーク・ストロング
   オスカー・アイザック
   マイケル・ガストン

 じゃない、、、
を強調していたからディカプリオとクロウが嘘をつきまくってスリリングなスパイ活動をすることを決めつけて見ていたら・・・これといった伏線があるわけでもなく、ただ淡々とあまりにも淡白すぎる物語の進行ぐあいに眠気が襲ってきちゃった汗 しかもめったに上映中に時計なんて見ないのだけども、つい見てしまったら、まだ1時間しかたっていないし・・・

そんなわけで眠気と戦っていたら、ディカプリオが拷問で指を工具でやられた瞬間、急に体がピクッとして目覚めちゃったわっ!いやぁ〜、アレは痛かったですねーびっくり でも、その頃はすでにもう終盤でしたね〜たらーっ 結局、スパイも女のためかよー、ってかんじでしたが。。。

ただ、現地で体を張っていたディカプリオに対し、子供の世話をしながら指令をだしていたクロウの対比がなんだか憎かったですね〜。それと24で衛星画像の凄さはわかっていたけども、それ以上に鮮明にわかる映像で追っかけていたのは凄かったなー。敵は裏をかいて砂煙でまいたのも“やるなー”とおもったけど。

まぁ〜、いわゆる役者の演技は悪くないんだけど・・・っていう感想ですね。勝手にエンタメ性を期待してしまっていたし。。。


2008/12/20 映画館にて鑑賞 工具工具工具

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2009/01/04 16:57
>mezzotint さん、
あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

もっとエンタメ性のある作品かと
おもってたんですけどね〜
ちょっと自分の好みから外れちゃいましたね。
えふさま
明けましておめでとうございます!
本年も昨年同様、宜しくお願い致します。
眠気は起こらず、何とか最後まで観たのですが。
どうも今ひとつって感じです。
レオ君の演技は良かったと思いますが・・・。
リドリー・スコット曰く、政治的メッセージな
作品ではないとのこと。スパイ映画なので、楽しんでみてほしいというお話でした。それにしても
ちょいと複雑な内容だと思うのですが。
どうなのでしょうね?
  • 管理人
  • 2008/12/27 20:50
>きららさん、
うつらうつら・・・
としてたらいきなりガツーン!ときちゃいましたね。
痛かったっすねー(汗)
おかげで目覚めましたわ(苦笑)
こんばんは♪
あ、私もちょこっと眠たくなってしまったところありました。
そしてディカプの拷問でびくってしましたー☆痛かったです。。

緊迫したシーンが多かったので、ディカプとあの女性のシーンがなんだかホッとしたなぁ。。。
  • 管理人
  • 2008/12/24 20:45
>アイマックさん、
わたしもリドリー・スコットは好きなんですけどね〜、
今回はちょっと飽きてしまいました(汗)

>ミチさん、
そうなんです。
悪くはなかったんだけど、
普通〜というかまじめすぎて退屈してしまいました。
指のシーンは痛かったですね(涙)
こんにちは♪
うん、悪くはなかったけど、思ったよりも普通って感じでした。
この手の題材を見慣れてしまったのかもしれません(汗)
指が・・・のシーンは痛そうだったなぁ。
結局二本とも失くしてしまったのかな(汗)
こんばんは!
眠くなったのは、展開が早くて、もりあがりが少なかったかも。^^;
現場の過酷さを見て見ぬふりのクロウの冷たさは印象的でしたね。
リドリー・スコットは好きなのでおもしろかったです。
  • 管理人
  • 2008/12/21 11:22
>ゆかりんさん、
エンタメ性を想像していたので、
淡々とした任務に眠気が襲ってきました(苦笑)
スパイはみんな“女”でひどいめにあっていますね!
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
こんばんは♪
ありゃ眠気に襲われちゃいました?
確かに淡々とした感じではありましたよね。

>スパイも女のためかよー、ってかんじでしたが。。。
全くです^^;
だからスパイには女はダメだって言ってるのにぃ(笑)

私は結構楽しめちゃったクチです。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • シネマ・ワンダーランド
  • 2009/09/12 13:57
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米
  • Addict allcinema 映画レビュー
  • 2009/08/26 08:53
どっちの嘘が、世界を救うのか。 【関連記事】 ワールド・オブ・ライズ壁紙1 壁紙2 壁紙3 壁紙4
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2009/08/23 08:36
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こ
  • KINTYRE’SDIARY
  • 2009/06/21 18:28
103.ワールド・オブ・ライズ■原題:BodyOfLies■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□製作:ドナルド・
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2009/06/07 07:54
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命
  • You got a movie
  • 2009/01/18 23:02
監督    リドリー・スコット 脚本    ウイリアム・モナハン キャスト  レオナルド・デカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング  名匠リドリー・スコット監督、レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウの2大スターが競演と
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
  • 2009/01/11 01:59
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★
  • 2009/01/08 18:19
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのた
  • cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
  • 2009/01/07 13:12
だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい印象はなかった作品でした。 ********************
  • 銅版画制作の日々
  • 2009/01/03 22:41
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・
  • C’est joli〜ここちいい毎日を〜
  • 2009/01/02 00:11
ワールド・オブ・ライズ’08:米 ◆原題:BODY OF LIES◆監督: リドリー・スコット「アメリカン・ギャングスター」「グラディエーター」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ ◆STORY◆ロジャー・フェ
  • 観たよ〜ん〜
  • 2009/01/01 14:45
「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました〜♪ テロリスト組織のボスを追うCIA局員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるホフマン(ラッセル・クロウ)からイラクからヨルダンに行き、ヨルダン情報局のハニ(マーク・ストロング)と協力するように
  • soramove
  • 2008/12/30 00:06
「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分 ー硬派な映画ながら見応えアリ  過剰な演技ほどは伝わるものは少ないー リドリー・スコットにラッセル・クロウとくれば
  • クマの巣
  • 2008/12/27 14:23
「ワールド・オブ・ライズ」、観ました 中東で活躍するCIAの工作員フェリスはテロ組織の幹部捕獲という危険任務を帯びる。アメリカ本国か...
  • -
  • 2008/12/24 23:02
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • +++ Candy Cinema +++
  • 2008/12/24 22:21
【BODY OF LIES】 【監督】 リドリー・スコット     【原作】 デイビッド・イグネイシアス    【脚本】 ウィリアム・モナハン  ...
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2008/12/23 23:00
リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな〜。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督
  • おきらく楽天 映画生活
  • 2008/12/23 21:32
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 
  • 日々“是”精進!
  • 2008/12/23 15:03
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコット&ラッセル
  • きららのきらきら生活
  • 2008/12/23 09:42
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映
  • Yuhiの読書日記+α
  • 2008/12/22 00:17
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・
  • ★試写会中毒★
  • 2008/12/22 00:08
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点) 監  督:リドリー・スコット キャスト:レオナルド・ディカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング       ゴルシフテ・ファラハニ       オスカー・アイザック
  • かいコ。の気ままに生活
  • 2008/12/21 21:00
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました〜現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がす
  • 小部屋日記
  • 2008/12/21 16:47
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマ
  • たいむのひとりごと
  • 2008/12/21 11:06
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
  • 2008/12/21 10:01
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、
  • シネマ親父の“日々是妄言”
  • 2008/12/21 05:29
記事投稿日時 2008年11月27日01:33 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。    レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。こ
  • めでぃあみっくす
  • 2008/12/21 00:15
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行
  • ラムの大通り
  • 2008/12/21 00:10
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったも
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2008/12/20 22:16
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。