MW−ムウ−


2009年/日本
監督:岩本仁志
出演:玉木 宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋 凌

ムウって・・・いったい何のことかもよくわからず、妖怪人間かとおもってました なんか予告も怪しい雰囲気だったしねぇ。島で生き残った二人の少年がなんらかの原因で妖怪人間になったかと。賀来が結城は人間じゃない、とか言っていたし、いつ変身するんだろう?とマジでおもっていたよー

最初のタイでのホテルから列車、バイクで・・・といったアクションシーンは素直に面白かったですね。特にホテルで帽子をかぶっておなじ格好で大人数がエレベーターから出てきたシーンは「トーマスクラウン・アフェアー」を思い出しちゃった。それと体が重たそうな石橋凌が必死に走って追っかけてる姿は褒めてあげたかった。

ただ舞台が日本へ移ってからなんかちゃっちくなっちゃった感じ。特に最後の東京基地での米軍、なさけない〜! いつの間にか忍び込んで盗めるなんて。玉木宏と山田孝之の役もイメージ的には逆だったほうが似合っていたかもしれない。山田孝之の神父様って、私的にはおもいっきりイメージではなかった・・・つーか髪は短くして欲しかった!

望月大臣がムウに関与して隠ぺいしていた、ということを知って、ちょうど日米の日本への核持ち込み密約のニュースを知ったばっかりだったので「ムウ」とかぶってしまった。事実かどうかは別にして、まだまだ国が隠ぺいしていそうな事件ってありそう!?だよな

結城が生きていたってことは・・・やはり人間ではないよなー!



2009/7/4 映画館にて鑑賞 



石田ゆり子の最後が死に顔のドアップとは・・・

石田ゆり子に反論した新聞社の人が風間トオルだったなんて・・・ふ、老けたぁ〜!

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2009/07/12 11:39
>亮さん、
原作がある映画化は難しいですよね。
それぞれ思い入れがあるし。
特にあそこを省かれた!とか。
私は知らなかったぶん、
へんなほうに想像してしまいましたが(笑)
  • 2009/07/10 06:12
こんにちは。
いつも拝見してますが、コメントは初めてです。
私もこの映画を見ましたが、原作を知っていて期待していただけに、非常に残念な結果でした。
もうちょっとどうにかなったように思います。

妖怪人間! かなり笑えました。
  • 管理人
  • 2009/07/05 20:11
>yukarinさん、
マジで妖怪人間かとおもってましたよー(汗
山田くんと玉木くん、
ふたりのイメージが役柄と反対だったんですよね。
なのでいまいちしっくりこなかったですね。
米軍は情けなかったし。

>KLYさん、
わたしは玉木さんは、
オリオンの艦長イメージがあたので、
今回の悪役が・・・どうもいまいちね〜(苦笑)

米軍は、最後情けなったのに、
石田ゆり子のシーンは・・・
え?!マジ!?ってかんじでしたね(苦笑)
  • KLY
  • 2009/07/05 02:02
こんばんは〜^^
玉木くんは「真夏のオリオン」の艦長よりこっちの方が全然好きでした。話に矛盾点とか、意味が解らないところが殆どないという、全体的に丁寧に脚本が作ってある印象でした。
っていうか、石田ゆり子さんが殺されるシーンで「おいおい、日本の領土で米軍がなにしてくれてんだよ!」ってちょっとムカっときたり^^;
こんにちはーっ!
妖怪人間に笑いました(笑)
山田くんの神父様は合わなかったですねー。
でも玉木くんの悪役っぷりは好きでした。いつも良い役ばかりのイメージだったし。
東京基地での米軍はほんと情けないですね。
そんな簡単に入れちゃうなんてどうよ^^;
スケールが大きい設定なだけに難しいようですね。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • シネマDVD・映画情報館
  • 2009/09/14 22:02
漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。彼を救済しようと
  • Addict allcinema おすすめ映画レビュー
  • 2009/09/09 23:26
世界を変えるのは、破壊か、祈りか。 【関連記事】 「MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜」 発売予定日は2009年11月6日
  • ノルウェー暮らし・イン・London
  • 2009/08/05 21:58
原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW−ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 ところが!! 私が原作を知らないからだろうか? 2時間
  • よしなしごと
  • 2009/08/02 11:58
 手塚治虫原作のMW −ムウ−を観てきました。
  • honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
  • 2009/08/02 00:44
手塚治虫氏の生誕80周年記念作品。 いつもなら悪役を演じる山田孝之が善人で、玉木宏が悪役っていう意外なキャスティング。 役作りの為に7kgダイエットした玉木さんの殺人鬼役は、人を殺すことになんの痛みも感じない冷徹で計算高く残忍な人間性がよく表現されてい
  • 『映画な日々』 cinema-days
  • 2009/07/26 20:37
16年前の離島の惨劇 隠蔽された真実の公表と復讐にはやる青年と それを見守る青年。生き残った二人の運命は... 【個人評価:★★】 (劇場...
  • 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
  • 2009/07/23 17:56
[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。 その島
  • soramove
  • 2009/07/21 11:29
「MW -ムウ-」★★★ 玉木宏 、山田孝之 主演 岩本仁志 監督、2009年、129分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知り
  • 京の昼寝〜♪
  • 2009/07/20 09:32
□作品オフィシャルサイト 「MW(ムウ)」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル ■鑑賞日 7月
  • はらやんの映画徒然草
  • 2009/07/20 07:06
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、
  • ★試写会中毒★
  • 2009/07/19 18:15
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)      試写 にて鑑賞     2009年7月4日公開  監  督:岩本仁志 キャスト:玉木宏       山田孝之       石田ゆり子       石橋凌、他 ■内容■  16
  • 粋な提案
  • 2009/07/18 02:29
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
  • 映画な日々。読書な日々。
  • 2009/07/15 00:42
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握
  • ペパーミントの魔術師
  • 2009/07/14 16:38
MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shi
  • 花ごよみ
  • 2009/07/10 16:18
手塚治虫の作品MW(ムウ)を映画化。 過去の凄惨な事件の復讐(ふくしゅう)のため、 悪魔の心を持つに至った主人公、 結城美智雄を玉木宏が演じます。 同じ事件を共有する幼なじみの神父、 賀来裕太郎には、山田孝之。 監督は岩本仁志。 16年前の悪夢に関
  • Peaceナ、ワタシ!
  • 2009/07/09 23:52
- 世界を変えるのは、破壊か。祈りか。 - 『MW-ムウ-』を観てきました! 先月放送のスピンオフドラマ『MW-ムウ-第0章 悪魔のゲーム』が、意外とおもしろかったので、つい映画館へ・笑 原作は70年代の作品だそうですが、過激な描写で他の手塚治虫作品とは一線を画し
  • オールマイティにコメンテート
  • 2009/07/09 01:08
「MW-ムウ-」(PG12指定)は手塚治虫原作の映画で映像化不可能と言われた作品で、16年前にある島の住人600人が忽然と消え、その仕業は政府によってもみ消された。そしてその島には2人の少年が生き延び16年後に青年となっていた。青年となった2人の青年は対照的な
  • 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ
  • 2009/07/08 18:17
{/映画/}16年前、ある島の島民が全滅。だが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。一人は復讐のための殺人鬼に、一人は神父に成長。そして事件の元凶の「MW」をめぐって二人は対立し……{/映画/} あちこちで酷評{/悲しい/}を目にするこの「MW」。手塚治虫の原作で、つま.
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
  • 2009/07/08 03:49
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
  • ★ Shaberiba 
  • 2009/07/06 20:07
憎しみは人をモンスターに変える・・。
  • そーれりぽーと
  • 2009/07/06 00:09
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。 ★★★ しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。 知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。 原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の
  • +++turbo addiction+++
  • 2009/07/05 22:15
「MW−ムウー」見てきたよー!! :*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*: http://mw.gyao.jp/ なんだか映画館混んでたけど、なに? エヴァのせいなの・・・?
  • だらだら無気力ブログ
  • 2009/07/05 16:14
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件に
  • 空想俳人日記
  • 2009/07/05 06:18
自らを 無くか有りかの 存在論  いきなり「MW」(ムウ)を観てきた。いくら手塚治虫生誕80周年の映画化だとしても、この作品がロングランになるとは思えない。手塚ファンでも、大人向け作品を嫌う人たちもいる。そして、案の定、映画館で、もともと手塚ファ
  • かいコ。の気ままに生活
  • 2009/07/05 02:26
試写会で 観てきました。「MW-ムウ-」公式サイト手塚治虫 禁断の問題作「MW(ムウ)」を映画化。原作は未読です。大量虐殺から生き残った子供二人、一人は神父に、一人は殺人鬼に・・ていう設定からして わくわく。玉木宏は殺人鬼だけど、事件に関与した者への復讐だ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2009/07/05 02:01
1970年代に連載されていた手塚治虫の漫画を生誕80周年を記念して実写化した作品。主演は『真夏のオリオン』が公開中の玉木宏と『鴨川ホルモー』の山田孝之。共演に石橋凌、石田ゆり子、品川徹、半海一晃、鶴見辰吾といったベテラン勢が顔を揃えています。監督は
  • アートの片隅で
  • 2009/07/04 23:56
手塚治虫原作の漫画を映画化したさくひんですね。 前半30分の誘拐事件は、日本の映画とは思えないスリリングな雰囲気で、引き込まれます。 撮影監督がハリウッドで活動している日本人だそうで、この前半は見応えがありました。 しかしその後は、イマイチ、、、 漫画
  • ラムの大通り
  • 2009/07/04 23:48
----この映画って手塚治虫の原作だよね。 新しくなった新宿ミラノでの完成披露で観たんだって? 舞台挨拶が盛り上がっていたみたいじゃニャい? 「うん。ゲストが沢山。 ステージ前から吹きあがるドライアイスで一瞬あたりは真っ白に。 白い霧が晴れるとそこには出演者
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
  • 2009/07/04 23:34
日本が誇る漫画家・手塚治虫の偉大さは確認できても、映画化が成功したとは言い難い。物語は、16年前、ある島の島民全員が死滅した事件を発端に、生存者の壮絶な復讐と、鍵である謎の物質“ムウ”による世界滅亡の危機を描くものだ。話は荒唐無稽だが、善も悪
  • さとうれおはオレだけか
  • 2009/07/04 23:13
MW-ムウ- 37点 なにが問題作なのかわからない。これなら適当なハリウッド映画のストーリーと大して変わらないのでは? 子供の頃の描写も少ないし二人の関係がなんとなく察していくしかないのも腹立たしい。 玉木寄りの内容で多少喋りが固い気がしたが水から上がって来
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2009/07/04 21:21
公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌世界を変えるのは、破壊か、祈りか。+あらすじ+16年前、ある島の島民全員が死亡し
  • 日々“是”精進!
  • 2009/07/04 21:19
MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタ