スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    サブウェイ123
    0

      2009年/アメリカ
      監督:トニー・スコット
      出演:デンゼル・ワシントン
          ジョン・トラボルタ


      トニー・スコットXデンゼル・ワシトンXジョン・トラボルタ!!!

       この組合せ、なんかすごくそそらせられました〜!

      はっきりいってデンゼル・ワシントン、肥えたなぁ〜。昔のジョン・トラボルタみたい。デスクに座りっぱなしの役だから!?とおもってたけど、ホーム勤務とか運転手とかいろいろと経歴があって出世していた人だったのね。

      このあたりの話とか、のちのちなんでも日本の車両購入にあたって賄賂をもらってたとか、そのへんの話を引き出すジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンの会話のやりとりが見ていて引き込まれましたね。この二人、会話がじつに上手いのよね〜

      ただ、最後にどんでん返しとはいかなくても、何かあっと驚く事がある!?とおもっていたので、けっこう普通の強盗犯捕まえるみたいな終わり方でしぼんでしまいました。しかもなんで59分!?なんで1000万ドル!?なんか犯人の要求というか本当の目的がさっぱりでしたね。それだけにちょっと残念な作品となってしまいました。


      2009/9/4 映画館にて鑑賞 




      暴走した1車両が地上で止まるシーンは、スパイダーマンが止めてくれるかとおもっちゃった

      パソコンで彼女と映像のやりとりをしていたカップル、彼女のところに警察は行かなかったのかよ!?

      市長が人質と交換って話が出た時、代わってやれよー!とおもったんですが!

      2009/映画館鑑賞 | comments(9) | trackbacks(25)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >かめさん、
        いまごろデンゼルは体引き締まってるんでしょうか!?
        役作りなら・・・引き締まってるでしょうね(苦笑)
        管理人
        2009/09/19 8:27 PM
        こんにちは、

        デンゼル・ワシントンのメタボも役作りなので、すでに体は絞めたと思いますよ。
        トラボルタの巨大化した顔は、役作りではないと思いますが。
        2009/09/14 10:23 AM
        >yukarinさん、
        てっきりラスト何かある!?
        とおもいましたよねー。
        ちょっとがっかりでしたが、
        トラボルタの悪役が同じくかっこよかったので
        ヨシとします(笑


        >たいむさん、
        二人の会話がおもしろくて、
        そこは引き込まれましたねー。
        市長はなんだか悪だくみがありそうな市長でしたねー。

        >KLYさん、
        デンゼルさん、メタボでしたねー。
        なんか普通のオヤジっぽく見えちゃった(苦笑)
        ライダーのカウントダウンは、
        けっこう緊張感がよぎってよかったです。

        >migさん、
        トラさんとデンゼルさんの共演は、
        それだけでおいしかたですね。
        予告で知っただけでワクワクしちゃいましたもん。
        管理人
        2009/09/11 8:29 PM
        えふさん
        こんにちは

        トラさんとデンゼルの共演ってだけでも楽しいし、
        つっこみどころ(地下鉄職員があそこまでやる?!)とかはおいといて
        楽しめちゃった♪
        2009/09/06 8:33 AM
        デンゼルワシントンがすごいオヤジでしたよねぇ。『アメリカン・ギャングスター』の彼は格好良かったのになぁ。まあ、あの時はラッセルもかっこよかったけど。あれ?今じゃ両方メタボ??(笑)
        とにかく2人の会話の緊迫感に引き込まれた感じです。ライダーがずるいんですよ、切れるとすぐカウントダウンするんですもん。(笑)
        2009/09/06 12:48 AM
        こんにちは。
        2人の会話劇には引き込まれましたね!

        私も市長には「え〜」って思ったのだけど、存外に勘が良かったりもして、アホアホじゃないラストに嬉しくなりました。

        面白かったです!
        2009/09/05 9:04 PM
        こんにちは♪
        私も何かある!と思ってたので最後はいまひとつ感で終わりました^^;
        期待しすぎたー(泣)
        でもジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンの会話は面白かったし、ジョン・トラボルタの悪人顔がカッコ良く見えたのでまぁいいです(笑)
        2009/09/05 4:32 PM
        >にゃむばななさん、
        犯人たちの意図がよくわからなかったですね。
        気がついたらそこらへんの強盗犯みたいな結末で・・・
        デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの会話がすごく良かったので、残念でした。。。
        管理人
        2009/09/04 10:22 PM
        犯人グループの描き方がちょっとイマイチでした。
        なんかジョン・トラボルタだけが目立ってましたし。
        オリジナルは結構面白い構成になってますよ。
        2009/09/04 10:15 PM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
         アメリカ  サスペンス  監督:トニー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ジョン・トラヴォルタ      ジョン・タートゥーロ      ルイス・ガスマン 【物語】  午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバーは、ペラム発
        | 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing | 2009/09/15 10:08 AM
        フリーパスポートで見放題なのでこちら「サブウェイ123 激突(THE TAKING OF PELHAM 1 2 3)」も
        | Wilderlandwandar | 2009/09/09 9:14 PM
        安全管理は万全に。  
        | Akira's VOICE | 2009/09/09 10:25 AM
        「サブウェイ 123 激突」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ主演 トニー・スコット監督、105分、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★              
        | soramove | 2009/09/09 7:59 AM
        《サブウェイ123 激突》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − THE TA
        | Diarydiary! | 2009/09/08 8:05 PM
        午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。 1...
        | 心のままに映画の風景 | 2009/09/07 11:37 PM
        平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よき記憶がなくなるんだけれど^^; 眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?
        | いい加減社長の日記 | 2009/09/06 7:47 PM
         『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4
        | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/09/06 6:33 PM
        ☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しなくてはならな
        | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2009/09/06 3:14 PM
        {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1974年の『サブウェイ・パニック』を 『トップガン』他数々の名作&大作を送り出してきた名匠、 トニー・スコット監督(65)がリメイク! (兄はリドリー・ス
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2009/09/06 8:31 AM
        1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉すること
        | だらだら無気力ブログ | 2009/09/06 2:07 AM
        デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました〜【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と
        | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/09/05 10:51 PM
        -----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェイ」だから、てっきりその車
        | ラムの大通り | 2009/09/05 10:42 PM
        公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。
        | 佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/09/05 9:09 PM
        これはスゴイ!・・なんて月並みな言葉になってしまうけれど、ホント緊迫感に満ちた約2時間を堪能。≪地下鉄職員VSハイジャック犯、二人の頭脳が激突するサスペンス・アクション≫の宣伝どおり、リアルタイムに進
        | たいむのひとりごと | 2009/09/05 9:08 PM
        映画『サブウェイ123 激突』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。ホントは3.5点。 硬派な男たちのドラマです。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの2大スターがオヤジパワー全開で闘います。ハラハラドキドキの地下鉄パニック映画でち
        | ディレクターの目線blog | 2009/09/05 8:10 PM
        記事投稿日時 2009年8月27日0:30 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャース
        | シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/09/05 7:19 PM
        【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・
        | 労組書記長社労士のブログ | 2009/09/05 6:18 PM
        昨日は、uhb映画試写会 『サブウェイ123/激突』に行ってきました。 あのジョ
        | つれづれなるままに | 2009/09/05 5:47 PM
        サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化
        | 日々“是”精進! | 2009/09/05 5:47 PM
        原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドル
        | 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/09/05 4:23 PM
        『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リ
        | LOVE Cinemas 調布 | 2009/09/05 5:02 AM
        <<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡す
        | 映画君の毎日 | 2009/09/04 11:20 PM
        原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたこと
        | めでぃあみっくす | 2009/09/04 10:17 PM
        昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれ
        | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/09/04 9:56 PM
        TRACKBACK BOTTOM
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search