クリスマス・キャロル


 3Dメガネをかけると目頭がずしーんと重たく感じるので今日は普通の字幕版を鑑賞。でもアバターは絶対に3Dで見たいな!今日、新しい予告編も見れたし、興味津々な作品ですね。

序盤、なんだか物語がつまらなくて退屈してしまった。だって、金の亡者の偏屈じいさんのスクルージばっかり見ていても、ちぃーとも楽しくないし でも3人の精霊が現れて、過去、現在、未来のスクルージを見てるうちにだんだんと物語の中に入っていけました。

特に一晩明けてのスクルージの変わりようは笑ってしまった。あんなにドケチだった人が、七面鳥やお金を寄付したり愛そうが良くなったりして、人間ってあそこまで変われるのか?と。まぁ〜未来のあんな姿の自分を見たら誰でも変われるか!?ある意味、凄いクリスマス・プレゼントだとおもいました。


2009/11/14 映画館にて鑑賞 



恥ずかしながら始めてチャールズ・ディケンズの名作だと知った。。。文学少女じゃないもんで


ジム・キャリーは苦手キャラだったんだけど、彼だとかんじさせないのが良かった。

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2009/11/17 20:32
>KLYさん、
メガネかけていても、
ちゃっちいけど軽い3Dメガネはあるんですよね。
力を加えるともげちゃうけど。
しかもそれはお持ち帰りできる!
だから以前もらったのをとっておいてそれを持参していけば良かったかと。
でも年末の大掃除で捨ててしまった。
当時は3Dがはやるとは思えなかったし(汗
3Dを楽しむ以前に重たくて苦痛なんですね(涙
なんとかしてほしい。。。

>たいむさん、
まぁ〜あれだけのことがあれば、、、
普通は変われるんでしょうね(苦笑
あれで変われなかったら、
ほんとに偏屈爺さんですわ。
こんにちは。
>一晩明けてのスクルージの変わりよう
あれだけコワイ体験をすれば、心も入れ替えますよねw
みんなハッピーなラストは素直に嬉しくなりました。

でも、お伽噺なら、約束を無視して地獄に落ちる・・とかありそうなんだけど〜(笑)
  • KLY
  • 2009/11/16 23:53
ああ、眼鏡かけてたら3D眼鏡は辛いよねぇ。私もおととしの今頃までは
20年以上眼鏡してたんで気持ちは良く解ります。
物語自体は特筆すべきものはないんで、完全に3Dを楽しむ作品になって
ますから、3Dで観れてないと今ひとつになってしまうのも無理ないかと
思います。眼鏡かけてる人用のは何とか開発してほしいですよね。
  • 管理人
  • 2009/11/15 19:16
>アイマックさん、
回収される3Dメガネは重たいですよね。
私は映画を見るときはメガネをしてるので、
その上にさらに3Dメガネをかけると
重たいしずれるし・・・
いやんなっちゃいます(涙
これから3Dが増えるようですが、
メガネももっと改良してもらいたいものです。

物語のほうは、
ちょっと退屈しちゃいましたね。
こんばんは!
3Dははじめてみたんですが、メガネ重いよね。
確かに退屈して、眠りそうになったところも・・
中盤から映像もおもしろくなりますね。
ディケンズは二都物語(だったかな?)を読んだことありますよ。
古くさくてつまんなかったです。。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • そーれりぽーと
  • 2009/11/16 23:58
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹
  • いい加減社長の日記
  • 2009/11/15 21:57
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル 」を鑑賞。 スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。 スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。 「UCとしまえん 」は、そう
  • だらだら無気力ブログ
  • 2009/11/15 14:00
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★
  • 2009/11/14 21:59
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、