イングロリアス・バスターズ




 タランティーノ監督作品というと、だらだらとした会話に耐えられず睡魔に襲われて途中で寝ちゃうのはわかってるけど、どうしても見たくなるから不思議だ。案の定、今日も第3章から4章にかけてぽっかりと記憶が抜けてた 酒場でバンバン撃ち合うシーンで体がビックとして目が覚めた自分に笑っちゃった。タランティーノ作品で寝てないのはキルビルとスキヤキ・ウエスタン ジャンゴくらいだなぁ。ちなみに一番好きなのはフロム・ダスク・ティル・ドーン

ぽっかりと記憶が飛んでいたのにもかかわらず、最初のフランスで逃げた少女が最後の映画館での復讐にすんなりと結びついて全編見た!という感じがするから不思議だ。それからヒトラーもひどいことをしていたけど、ブラピ率いる「イングロリアス・バスターズ」もナチの頭の皮を剝ぎとったりしてビックリしたわ 野球のバットを振ってた奴も残酷だったよなぁ〜

最後に映画館が炎上しちゃうのは圧巻でした〜。


始まる前に2012の宣伝で、地面が陥没して飛行機で飛び立つまでのシーンが5分くらい流れていてあまりの凄さに見入ってしまったけど、ふと、明日見た時の楽しみがなくなっちゃうじゃないかぁーっ!とおもって途中から目をつぶっていた。けっこうな見せ場を安易に流さないで欲しいな


2009/11/20 映画館にて鑑賞 卍卍

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2009/12/04 20:13
>メビウスさん、
タラちゃんのあの長ったらしい会話は名物ですね。
わかってはいるんですけど、
どーしても睡魔が襲ってきてしかたありません(汗
酒場のシーンはビクット体が反応しましたがね(笑
えふさんこんばんわ♪

本作でも長ったらしい会話劇は良くも悪くも絶好調でしたねぇ・・。まああれがタラ作品の持ち味の1つなものの、デスプルーフの時は自分も睡魔に襲われてしまったから今回も不安だったのですが、本作はなかなかに緊張感が伴っている会話劇だったので自分は逆に見入っちゃってましたね〜。

>酒場でバンバン撃ち合うシーンで体がビックとして目が覚めた

これ分かりますw確かにいきなり始まりますもんねアレ。もしかしてタラもそれを見越して盛り込んだ可能性も否定できません(笑
  • 管理人
  • 2009/11/23 18:59
>migさん、
頭の皮を剥ぎとるシーン、
もろ〜見えて驚きました★

>えいさん、
フロム・ダスク・ティル・ドーンばロドリゲス監督でしたっけ!?
タラちゃんは出演していただけか?!
ちょっと懐かしい映像でもありましたね。

>アイマックさん、
お約束で寝ちゃいました(爆
どーもダラダラと長い会話が苦手です(苦笑)

>にゃむばななさん、
あの会話はタラ監督の独特な作法ですね。
わたしはどーにもこーにも眠たくなってしかたありませんが(苦笑

>yukarinさん、
同志ですなー(爆
ぽっかりと記憶がなくても見た気分になれるのには
なんだか笑っちゃいました(笑


>KLYさん、
ブラピのイタリア人役、
容姿も違和感なかったですね。
タラ監督に出演するとはおもってもいなかったけど、
案外すんなりとはまってましたね。

>亮さん、
わたしは緊張感どころか・・・
ダラダラしすぎてうとうとでした(爆
最後は派手にやってくれましたが。
  • 2009/11/23 09:20
こんにちは。
昨日、見てきました。
なかなか緊迫感もあって、楽しめましたよ。
あのラストは、賛否が分かれるところでしょうけど、個人的にはおもしろかったです。
  • KLY
  • 2009/11/21 23:55
個人的にはショシャナと若い将校の話がどうでもよかったかなぁって思いました。ただショシャナとバスターズのストーリー的な交わりがあるのに、本人たちが出会わない構成には意表をつかれ、やられたって感じです。
偽イタリア人のブラピのシーンは泣くほど笑いました。(笑)
こんばんは♪
えふさんと同じで笑っちゃった。
私もあの頃睡魔に襲われました^^;
目覚めも一緒で、ちゃんと観た気分なのも(笑)
ラストの映画館の大爆発はお見事でした〜

あの会話劇をだらだらしたものと捉えちゃうと辛いですよね。

私はQT作品の魅力はあの会話劇にあり!と思っている人間なので、あの数々の会話劇が一番面白かったです。
そしてそのシーンでのカメラワークもね。
こんにちは!
寝ちゃいましたか!笑
会話劇が好きなので私は2時間半、楽しめましたー。
戦争映画でも趣向がちがって、おもしろかったです。
こんにちは。

ぼくも『フロム・ダスク・ティル・ドーン』は
オモシロかったですね。
ロドリゲス監督のなかでも傑作の部類だと思います。

この映画、映画でナチズムをやっつけちゃう。
この発想がまずいいです。
しかも映画のテイストが、全体的に60年代。
懐かしかったです。
  • mig
  • 2009/11/21 00:08
えふさんこんばんは★


>ナチの頭の皮を剝ぎとったり

やっぱりタラ映画ならでは、だよね★
ナチをこらしめてヒトラーをやっつけて
最高にすかっとするオチ♪

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • ラムの大通り
  • 2009/11/20 21:49
-----今日の映画は 日本でも人気が高いクエンティン・タランティーノ監督の新作 『イングロリアス・バスターズ』。 主演は、あのブラッド・ピット。 で、第二次世界大戦を背景にしているんだって。 じゃあ、これって戦争映画? 思わず聞きたくなるところだけど、そう一
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2009/11/20 21:34
待ちに待ったタランティーノ、最新作{/ee_1/} 1978年の『地獄のバスターズ』に着想を得てタランティーノが長年ずっと暖めていた本作。 作り上げるにあたっては、相当な数の戦争映画を観たんだとか。 全米では、8/21から公開し週末3日間で興収3760万ドル(約36億円
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2009/11/20 21:34
前回のタラの「デス・プルーフ」プレミアの際には ありえないことにタラちゃんのお隣に座って、しゃくれあごが視界に入りながら観たmigですが そのタランティーノ最新作、 「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア行って来ました〜{/kirakira/} いよいよ日本で
  • 日々“是”精進!
  • 2009/11/20 20:06
(CD)オリジナル・サウンドトラック イングロリアス・バスターズ/(オリジナル・サウンドトラ...「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞してきました「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・