スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    カールじいさんの空飛ぶ家
    0


      おやつはカール♪ じゃなくてチョコレートです

      カールと聞くと、どうしてもおやつはカ〜ル♪を思い出す。。。が、今回のおやつはチョコレートでしたね。

      感動系かな〜?とおもってたらけっこう笑っちゃって楽しかったです。特に後半の犬たちがたくさん出てきたあたりから吹き出しちゃいました。首輪になにやら怪しい装置をつけていて喋ってる。。。これってもしかしたらバウリンガルか!?と想像したら笑えた、笑えた ダグの行動もおかしかったけど、リーダーの犬の装置が緩んでいてこれがまたおかしい声ったらありゃしない。このときばかりは吹き替えで良かったとおもったのでした。字幕だったらこの犬たちの会話の楽しさがわからなかったかもしれないものね。

      って、これじゃ〜犬が主人公みたぃ

      カールじいさんと妻のエリーとの出会いから結婚して妻の死までの喜びや悲しみをセリフなしで見せる冒頭は心温まるシーンでした。が、やっぱり早く空飛ぶが家が見たい!とおもっていると、無数の風船が煙突から出てきたときにはなんだか喜んでしまいました。気球のように大きな一つの風船ではなく、子供が持つ無数の風船、ってとこがポイントですね。この発想は凄いよなぁー、と感心。

      が、あの冒険家が見事に夢をブチ壊してくれました。風船をバンバン撃つなよなぁ〜。でも空飛ぶ家が降り立ったのがパラダイスの滝でホッとしました。


      当初は3Dで見る予定だったけど、ちょうどいい上映時間がなかったので普通の吹き替えで見ました。きっと空を飛ぶシーンは飛び出していたんだろうな〜。

      3Dどいえば、部屋をあさっていたら昔イクスピアリでもらった3Dメガネが出てきた しかも2個 アバターはこれを持参してみようかな〜。こっちのほうが軽くていいのよ。



      2009/12/5 映画館にて鑑賞 


      同時上映は「晴れ ときどき くもり」っていうんですね。こちらも会話がまったく無かったけどラストはホロリときましたね〜。

      いったい風船はいくつあったのかなぁー?

      2009/映画館鑑賞 | comments(13) | trackbacks(17)
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        >メビウスさん、
        個性的なキャラがたくさんでてきて飽きなかったですね。
        とくに犬たちのキャラが強烈で、個人的にはとても楽しませてもらいましたわ(爆
        あの風船は3万個ですか〜
        想像できない数だな〜(笑
        でも夢があって良かったです。
        管理人
        2009/12/25 6:34 PM
        えふさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

        この映画って一応カールじいさんが主人公ではあるものの、ラッセル坊やをはじめ、あのデカイ鳥や犬のダグなど周りも個性的なキャラクターたちばかりだから、秀逸な内容と併せて全然飽きさせないんですよねぇ・・。冒頭で感動し、合間に適度な笑い、最後は冒険アクションと詰めに詰め込んだ娯楽要素も好感持てますね♪
        それと風船の数は約3万個と自分は聞いてますね。でもあれくらいの家を持ち上げるにはその1000倍くらいは必要なんだとか?と、途方も無い・・・
        2009/12/23 7:26 PM
        >ともやさん、
        見ためは普通のとかわらないけど、
        プラスチックだからすぐもげちゃいそう〜
        ダグはかわいくてたまらんかったですね(笑


        >yukarinさん、
        初めての3Dどうでした?
        今回の声優は良かったですね。
        とくに犬たち(爆
        もうさいこーにおかしかったわ。

        >KLYさん、
        冒頭のシーンはほんとにすばらしかったですね。
        あのシーンだけでもひとつの作品としてOKでした。
        今はどうかわからないけど、
        イクスピアリでは3Dメガネもらえたんだよね〜。
        管理人
        2009/12/12 3:14 PM
        冒頭のカールとエリーの人生の追憶。優しい音楽に乗せたあの映像はそれだけで、心に直接訴えかけるものでした。もう涙が止まりません…。
        そしてそれがクライマックスへの布石だとは。カールと過ごした毎日がエリーにとっての冒険だった――人生って、生きていくことを冒険だと受け止められるなんて、なんて素敵な人生だったんだろう。
        3D眼鏡って昔は普通に配っていたんですってね〜。でも場所によってはまだ赤青の3D眼鏡もあるらしいですよ。@@
        KLY
        2009/12/06 11:29 PM
        こんばんは♪
        初めての3D作品でしたー。字幕は大変そうなので吹替え版で観ましたが声優陣はうまい人だったので正解でした。
        うふふ、ワンコのリーダーは笑えましたねー。装置が直ったらイイ声でビックリ。
        でもカールじいさんが元気になってくれて良かったです♪
        エリーとのシーンはうるうるしちゃったもんで。
        2009/12/06 10:15 PM
        こんばんは、えふさん♪
        わぁお、イクスピアリの3Dメガネって、普通のメガネと変わらないですね。
        これなら街中でもかけられますね。
        そうすれば世界が3Dで…、えっ、元から世界は3Dだって?

        それにしても犬のダグがめっちゃ可愛かった〜。
        あれはたまらんですよ〜♪
        2009/12/06 8:32 PM
        >佐藤秀さん、
        ちゃんとモデルがいたんですね。

        >ナドレックさん、
        犬の活躍にすっかり魅惑させられました(笑
        3Dだと空から飛び出してくるんじゃないかとおもったんですけどね〜。

        >亮さん、
        てっきり感動系〜とおもっていたら、
        おかしくておかしくて噴き出しちゃいましたわ(爆
        一度3Dでご覧になるのもいいかとおもいます。

        > latifaさん、
        わたしも“おやつはカ〜ル”が頭から離れなくてこまりました(苦笑
        チーズ味、塩味、カレー・・・
        味のことまで頭に浮かびました(笑
        管理人
        2009/12/06 11:44 AM
        えふさん、こんにちは!私も「カールおじさん」と聞くと、どうしてもお菓子のカールを連想しちゃって困ります。
        しかも、カールおじさんと、この映画のおじさん、全然雰囲気ま逆だし(^^ゞ

        latifa
        2009/12/06 7:59 AM
        こんにちは。
        もう、ご覧になられたのですね!
        感動作かと思いきや、それだけでなく、笑えるシーンもあるんですか。
        これは、ますます期待できます。
        自分は3Dで観たいと思ってるので、観ることができるのがいつになるか分かりませんが、とても期待しています。

        最近忙しくて、こちらに伺うことができていませんでした。
        でも、こちらは、いつ伺っても、楽しい情報が満載ですね。
        いつもありがとうございます。
        2009/12/06 7:45 AM
        コメント及びTBをいただき、ありがとうございました。
        本作、実はしっかり犬の映画でしたね。
        犬それぞれの個性や地位をちゃんと描き分けていて感心しました。

        ところで私は3Dで観ましたが、あんまり飛び出す演出はありませんでした。
        2Dよりも画像がややくっきり、という程度でしょうか。
        2009/12/05 7:32 PM
        ちなみにカールのモデルはスペンサー・トレーシーみたいです。
        2009/12/05 7:22 PM
        >にゃむばななさん、
        チャールトン・ヘストン・・・どことなく似てますね(苦笑
        狙ってったんじゃないでしょうか?!
        管理人
        2009/12/05 7:06 PM
        あの冒険家チャールズ・マンツって、どことなくチャールトン・ヘストンを連想させてくれるような感じがしました。
        もしかしてそれも狙ってのことなんですかね?
        2009/12/05 6:15 PM
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://peko.jugem.cc/trackback/979
        【監督】ピート・ドクター 【声の出演】エドワード・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/ジョン・ラッツェンバーガー/エリー...
        | シネマをぶった斬りっ!! | 2009/12/23 7:25 PM
        《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − UP 愛す
        | Diarydiary! | 2009/12/14 7:47 PM
        これも1週間遅れのレビュー記事。 ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、少なめかなぁ。 「カールじいさんの空飛ぶ家 」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。 (C) WALT D
        | いい加減社長の日記 | 2009/12/13 8:17 PM
        {/kaeru_en4/}ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 {/hiyo_en2/}冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 {/kaeru_en4/}いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーシ
        | 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2009/12/09 10:49 PM
        評価:★★★★[4/5] 字幕版の3Dを初体験!
        | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2009/12/08 7:19 PM
        喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
        | Akira's VOICE | 2009/12/07 6:58 PM
        原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡
        | 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/12/06 9:47 PM
        (原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家
        | ともやの映画大好きっ! | 2009/12/06 7:32 PM
        まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
        | ポコアポコヤ 映画倉庫 | 2009/12/06 7:54 AM
        主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動に満ちている。78歳のカールは一人暮らしの孤独な老人。最愛の妻エリーに先立たれ、住み慣れた我が家を奪われそうになった時、妻と憧れ夢見ていたのに果たせなかった
        | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/12/05 11:49 PM
        原題:UP監督:ピート・ドクター脚本・共同監督:ボブ・ピーターソン声の出演:エド・アズナー、クリストファー・プラマー試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>78歳のカールは、一人暮らしの孤独な老人。彼には、「いつか叶えよう」と亡き
        | NiceOne!! | 2009/12/05 9:08 PM
        試写会にご縁がありまして見てきました。ピクサーのアニメはウォーリー以来、2回目の鑑賞です。アメリカでの評判は良いらしくア
        | Wilderlandwandar | 2009/12/05 8:59 PM
        {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよ
        | 我想一個人映画美的女人blog | 2009/12/05 8:40 PM
        公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
        | 佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/12/05 7:09 PM
         末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
        | 映画のブログ | 2009/12/05 6:54 PM
         客入りは1〜2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の
        | masalaの辛口映画館 | 2009/12/05 5:12 PM
        カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました〜!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人
        | 日々“是”精進! | 2009/12/05 5:07 PM
        TRACKBACK BOTTOM
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        twitter
        2019年映画館鑑賞リスト
        15.アリータ★★★☆
        14.翔んで埼玉★★★★
        13.女王陛下のお気に入り★★★
        12.シティーハンター★★★★
        11.ファーストマン★★★
        0.アクアマン★★★★
        9.メリーポピンズリターンズ★★★
        8.フロントランナー★★★☆
        7.サスペリア★★☆
        6.マイル22★★★★
        5.ミスター・ガラス★★★☆
        4.マスカレードホテル★★★☆
        3.クリード炎の宿敵★★★★
        2.ワイルド・ストーム★★★
        1.ボヘミアン・ラプソディ
        search