ラブリーボーン
0


    これは、私が天国に行ってからのお話。

    マジで天国に行ったお話、かとおもったら・・・
    天国と地上の狭間でうだうだしていたお話でした

    個人的に不評だった「かいじゅうたちのいるところ」よりは
    ファンタジーについていけたけど、なんていったらいいのか・・・
    天国に行く前に家族たちに自分を殺した犯人の元へ導いていくものだとばっかりおもっていたので、
    スージーがいつまでも天国と地上の狭間にうだうだうだと留まってるのがイラついちゃった。

    それに妹が犯人の家に忍び込んで証拠を見つけたとき、
    見つかっちゃう!捕まっちゃう!
    っていうシーンでスージーが助けてくれのかとばっかりおもっていたのに、
    何もしなかったのにしらけちゃった。
    妹の手助けくらいしてやれよなぁ〜。

    きわめつけは、
    最後犯人が金庫を穴に捨てる時、
    名前は忘れたけど後にレイと仲良く!?なった彼女にのり移ったシーン。
    てっきりレイに“犯人はあいつよ!”と知らせるのかとおもったのに、
    キスしたかっただけだとは。。。

    やり残したことがひとつある、
    というのはレイとキスしたかったことかよ

    なんか完全にトーンが冷めちゃった。。。

    スージーの遺体はあのまま金庫で捨てられたままだし・・・
    肝心の犯人は不甲斐ない最後・・・

    殺された子供たちがひとりひとり出てきたシーンとか、
    子供を殺された親の気持ちをおもうと
    ウルウルしちゃうシーンもあったけど、
    すっきりと席を立つことができませんでした。

    ただ、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンの映像は美しかったし、
    スーザン役のシアーシャ・ローナンはめちゃくちゃかわいかったです。


    2010/1/30  ★★★☆☆







    グランマ役のスーザン・サランドン、ぶっとびキャラだったわ。

    犯人はブレスレッドについていた家のチャームだけ持っていたのに、意味なかったみたいね。

    ピータージャクソン監督、あいかわらず痩せた体をキープしてる!コツを教えてもらいたいわ。

     

     

     

    2010/映画館鑑賞 | comments(11) | trackbacks(17)
    entry_bottom
    スポンサーサイト
    0
      - | - | -
      entry_bottom
      Comment
      >ケビンさん、
      そうそう!
      ルースとコンタクトしたのは、
      てっきり犯人を教えるためだとおおってたので、
      キスしたかった、って知ったときは唖然としちゃいました(汗

      つぐないは見てないのですが、
      シアーシャちゃんはとてもかわいかったですね。
      管理人
      2010/03/06 3:56 PM
      こんばんは、えふさん。

      思うところは一緒のようで、いつあの霊感少女ルースとコンタクトして犯人を追いつめるのだろうと待っていたのに、キスだけの為に使われたあの娘の立場は……_| ̄|○ililil

      物語の中のいろんなことが無駄に放置されっぱなしな感じでした。

      「つぐない」で評価が高かったシアーシャだけにこの作品ではちともったいなかったですね。
      2010/02/28 10:33 PM
      >yukarinさん、
      いろいろと突っ込みどころが多かったもんで(汗
      でもシアーシャちゃnはほんとかわいかったですね。
      それだけで許されてしまう(笑

      >KLYさん、
      ほんとーいまいちすっきりしませんでしたね。
      みんなの行動になんか納得いかないんですよね。
      つーかお話がついていかない。。。

      >亮さん、
      わたしはいまいち感でした。
      でも好きな人はいるとおもいますよ〜。

      >にゃむばななさん、
      キスをしたかった・・・
      ってことでひいちゃいました(汗
      その瞬間のスージーの顔は良かったんですけどね。
      ただ作品的には・・・

      >ノラネコさん、
      ピーター・ジャクソン、
      迷ってたんでしょうかね〜?!
      はっきりとした方向性がないあいまいなかんじとうけとられましたね。
      映像は美しかったのにちっともったいなかったな。

      >由香さん、
      そうなんです!
      もの凄い肩透かしを食らった気分で、
      なんだか腑に落ちないです。
      まぁ〜14歳の子供目線だから仕方ないのかな〜(苦笑
      管理人
      2010/02/01 8:33 PM
      こんにちは〜♪

      私もえふさんと同じような感想を持ちました。
      シアーシャ・ローナンちゃんは可愛かったけど、、、「きっとこうなるだろう・・・」と思ったことがことごとく違っていて、何だか肩透かしばかりでした。
      こんなに伏線が活かされていないと感じた映画は珍しいですぅ〜(汗)
      2010/02/01 3:51 PM
      私的にはまあまま好きな作品でしたが、作り手の迷いも強く感じる作品でした。
      まあ原作を読むと、よくもこんな映画化しにくい本に手をだしたなあと、違う意味で感心してしまいました。
      もちろん本としては素晴らしい作品で、読むとこの映画に感じた疑問はかなり解消します。

      ノラネコ
      2010/01/31 11:01 PM
      私はこの映画の裏側ばかり考えながら映画を見ていたので、あのラストもあまり気になりませんでしたね。
      むしろキスをしたあとのスージーの表情に萌えました。
      2010/01/31 5:30 PM
      なるほど。
      こんな作品なのですね。
      うーん、観ようか悩んでいたのですが、
      時間の関係上ちょっと先延ばししようかな。
      良い情報、ありがとうございます。
      2010/01/31 8:00 AM
      えふさんこんばんは^^
      私もいま一つすっきりしてません。
      何だか登場人物一人一人の関係が希薄というか、それぞれが独立しちゃってて、それぞれの行動がもたらす結果に他の人が絡まない…。
      シアーシャちゃんはめっちゃ美人だったんですけどねぇ。(笑)
      KLY
      2010/01/30 11:10 PM
      こんばんは♪
      えふさんはイマイチだったようで・・・
      妹が危険を冒してまで証拠を見つけてきたのに何もなしかよ〜とは思いましたが^^;
      シアーシャちゃんが可愛いのと天国と地上の映像がキレイだったのが良かったかな。
      2010/01/30 10:34 PM
      >ともやさん、
      まあ〜14歳だったら、
      〇〇できなかったことが心残りなのはわかりますが・・・
      それにしても唖然としてしまいました(汗

      それよりピーター・ジャクソンのあの細さのキープのほうが驚きでしたわ。
      管理人
      2010/01/30 7:37 PM
      こんにちは、えふさん♪
      いや〜、ともやももし14歳でこの世を去っていたら、○○ができなかったことを悔やんで悔やんで悔やみまくったでしょうね(笑)。
      あの辺の肩すかしの数々は、『この映画で感動なんかさせないぞ』っていう監督の思惑があったのかもしれませんね(笑)。

      ピーター・ジャクソン、ほんと別人ですもんね。
      専属トレーナーでも付けたのかしらん?
      2010/01/30 5:21 PM
      コメントする









      entry_bottom
      Trackback
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作
      | シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2010/02/28 10:25 PM
      《ラブリーボーン》 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 −原題
      | Diarydiary! | 2010/02/04 8:53 PM
      2010年最初の感動大作―観て来ました〜【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛
      | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/02/01 3:32 PM
      ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
      | ノラネコの呑んで観るシネマ | 2010/01/31 10:02 PM
      The Lovely Bones◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ殺された。彼女は美しく不思議な場所へ辿り着く。ここは天国? スージーは
      | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2010/01/30 11:57 PM
      原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシ
      | 映画鑑賞★日記・・・ | 2010/01/30 10:23 PM
      手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
      | 悠雅的生活 | 2010/01/30 9:50 PM
      製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督ピーター・ジャクソンとビッグネームで煽られちゃったら期待しないわけにはいきませんよね。予告編の段階で既に物語の重要どころが明らかにされちゃってるような気がしないでもないけど、本編にはそれよりもっと凄いドラマが
      | カノンな日々 | 2010/01/30 9:42 PM
      大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オ
      | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2010/01/30 9:29 PM
      近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を書くと反感買うかもしれないけど、ぶっちゃけ感動なんて全
      | そーれりぽーと | 2010/01/30 7:29 PM
      原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン試写会場 : よみうりホール公式サイトはこ
      | NiceOne!! | 2010/01/30 7:21 PM
      独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
      | SOARのパストラーレ♪ | 2010/01/30 6:56 PM
      『私の名前はスージー・サーモン、お魚みたいな名前でしょ』愛らしい14歳のスージー・サーモン、お誕生日にはカメラを貰って、将来の夢はカメラマン。学校でひとつ年上のレイに片思い中。弟と妹がひとりずついて、パパの趣味はビンの中に帆船を作ること。おばあちゃんは
      | まてぃの徒然映画+雑記 | 2010/01/30 6:35 PM
      公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ローズ・マクアイヴァー、マイケル・インペリオリ、リース・
      | 佐藤秀の徒然幻視録 | 2010/01/30 5:33 PM
      ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立っ
      | 日々“是”精進! | 2010/01/30 4:37 PM
      生と死を繋ぐファンタジー。  
      | Akira's VOICE | 2010/01/30 4:26 PM
      (原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り
      | ともやの映画大好きっ! | 2010/01/30 4:14 PM
      TRACKBACK BOTTOM
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      PR
      recent_entry
      archives
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      LINK
      PROFILE
      MOBILE
      qrcode
      twitter
      2019年映画館鑑賞リスト
      15.アリータ★★★☆
      14.翔んで埼玉★★★★
      13.女王陛下のお気に入り★★★
      12.シティーハンター★★★★
      11.ファーストマン★★★
      0.アクアマン★★★★
      9.メリーポピンズリターンズ★★★
      8.フロントランナー★★★☆
      7.サスペリア★★☆
      6.マイル22★★★★
      5.ミスター・ガラス★★★☆
      4.マスカレードホテル★★★☆
      3.クリード炎の宿敵★★★★
      2.ワイルド・ストーム★★★
      1.ボヘミアン・ラプソディ
      search