フェノミナン2

ジョン・トラボルタ主演の「フェノミナン」のアナザストーリーだそうです。だからWOWOWの番組表で見つけたとき、タイトルにひきつけられてみました。私はてっきり続編かとおもっていたのですが、見たら完璧なまでのリメイク版でした。


のどかな町で暮らしていた主人公が、ある日UFOらしき光を見てから超人的ともいえる能力をもち、傷を治したり、地震を予知したり、私にはさっぱりわからない難し〜い暗号を解いたりとか、脳に腫瘍が・・・ということまでもがトラボルタ主演のときとまったく同じ展開なんですのよ。ラストはちょっと違ったようですが。


でも私はなぜかこっちのほうが人間味があって好きだったりして。トラボルタを有名になりすぎちゃてから前作を見たからかもしれない。今回の主人公は名前すら知らない人だったけども、そのほうがかえって自然体で見れてよかったわ。


2005/5/3 WOWOWにて録画鑑賞

ベスト・フレンズ・ウェディング

WOWOWの番組表を見ていて、ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアスの共演の作品を発見したので見ました。


ジュリア・ロバーツが有名になった「プリティーウーマン」1990年から「エリン・ブロコビッチ」2000年の間の中間の作品でした。オスカーを獲るまでかなりの歳月がかかったはずです汗いえ、オスカーを獲ること自体凄いことなのですが、「ベスト・フレンズ・ウェディング」はオスカーの“オ”の字も浮かんでこないドタバタコメディーでした。


昔の恋人の結婚を知ったジュリアが彼のことをまだ好きなので、結婚をぶち壊そうとするどーでもいいコメディ(苦笑)昔の恋人もなんだか彼女を好きみたいな・・・お互い煮え切らなくてもどかしい〜。見ていてお互い“はっきりせぇー!”ってな感じ(苦笑)


昔の恋人の婚約相手がッキャメロン・ディアス。プロ野球球団のオーナーの金持ちお嬢様。ピッタリ〜!でも、案外“金持ち令嬢”って雰囲気がなくていい感じだったのだけども、カラオケがぁ・・・す、すごいオンチでした。(ほんとうはもっと上手よね!?)


まぁ〜暇つぶしに見るにはお気軽でいいかも♪


1997/アメリカ
監督:P・J・ホーガン
出演:ジュリア・ロバーツ
   キャメロン・ディアス

2004/11/22 WOWOWにて録画鑑賞 ★★

ブロンド・ライフ

ジョリ姐さんがブロンドでラブコメというのでレンタル屋さんでチェックしていた作品。でも見たのはWOWOWで汗


ん〜〜ジョリ姐さんは、こーいうラブコメよりもやっぱナイスバディをいかした官能映画とかアクション映画のほうがいいと思いました(苦笑)どんなにかっこよくスーツを着こなしていても、どうしてもあの唇と胸に目がいってしまうんですものォ。


特に今回のようなローカル局のリポーターが出世して、全米ネットワークのリポーターになるっていうの・・・ミシェル・ファイファーの「アンカーウーマン」ぽかった。もちろんあんなに感動しなかったけども。だって、コメディーだものねぇ(苦笑)


リポートであと1週間で死ぬ!って浮浪者に予言されたのに・・・それが意外とあたる預言者だったのに、ジョリ姐さんが死にそうで死なないって・・・いうのがねぇ〜なんだかなぁ。。。



2002/アメリカ
監督:スティーブン・ヘレク
出演:アンジェリーナ・ジョリー
   エドワード・バーンズ


2004/11/20  WOWOWにて録画鑑賞 ★★

ブラック・キャデラック

その昔見た「ロードキラー」を思い出しました。

最初は何故なのかわからないけど、黒いキャデラックに追われる若者3人たち。なんで追われるのか?しつっこく追ってくるブラックキャデラックにけっこうサスペンス性を感じました。


2002/アメリカ
監督:ジョン・マーロウスキー
出演:ランディ・クエイド
   シェーン・ジョンソン


2004/7/31 WOWOWにて録画鑑賞 ★★★

以下ネタバレ感想
Continue Reading

ベッカムに恋して

私もベッカム様に恋してましたよー。日韓ワールドカップの“ベッカムヘア”に(^-^; だから当然とさか頭のベッカム様がでてくるのかと思ったら、坊主頭のポスターのベッカム様〜(苦笑) まぁ〜、ベッカム様が主役ではないのだから仕方がないか。。。

ベッカム大好き!サッカー大好き!というインド系イギリス人の女子が主役でちょっと意外でしたが、ラストは将来の夢と恋の希望がある!というなんかとってもさわやかな作品でした。インド人のしきたりや風習、それに人種差別も含んでいていましたがスポ根らしく(いえ、そんなに根性ものではないのですが)ほんとにさわやかでした。

ただ、恋にかんしてはちょっとさわやかすぎたなぁ〜(笑) それとベッカムに恋してじゃなくて、監督に恋してだよねぇ。私もあの監督、好きだし(^.^)

ラストのベッカム様は・・・アレ本物なのかしらねぇ?!

2002/イギリス/アメリカ/ドイツ
監督:グリンダ・チャーダ
出演:バーミンダ・ナーグラ
   キーラ・ナイトレイ
   ジョナサン・リス=マイヤーズ
   
   デイヴィッド・ベッカム・・・?

2004/6/4 WOWOWにて録画鑑賞 ★★★

ベッカムに恋して

私もベッカム様に恋してましたよー。日韓ワールドカップの“ベッカムヘア”に(^-^; だから当然とさか頭のベッカム様がでてくるのかと思ったら、坊主頭のポスターのベッカム様〜(苦笑) まぁ〜、ベッカム様が主役ではないのだから仕方がないか。。。

ベッカム大好き!サッカー大好き!というインド系イギリス人の女子が主役でちょっと意外でしたが、ラストは将来の夢と恋の希望がある!というなんかとってもさわやかな作品でした。インド人のしきたりや風習、それに人種差別も含んでいていましたがスポ根らしく(いえ、そんなに根性ものではないのですが)ほんとにさわやかでした。

ただ、恋にかんしてはちょっとさわやかすぎたなぁ〜(笑) それとベッカムに恋してじゃなくて、監督に恋してだよねぇ。私もあの監督、好きだし(^.^)

ラストのベッカム様は・・・アレ本物なのかしらねぇ?!

2002/イギリス/アメリカ/ドイツ
監督:グリンダ・チャーダ
出演:バーミンダ・ナーグラ
   キーラ・ナイトレイ
   ジョナサン・リス=マイヤーズ
   
   デイヴィッド・ベッカム・・・?

2004/6/4 WOWOWにて録画鑑賞 ★★★

フロム・ダスク・ティル・ドーン

これ、最初の強盗シーンはほんと、つまらなかったのよ。でも、途中から・・・180度変わっちゃってから私の大好きなジャンルに突入してしまって、血が騒ぎましたぁ〜。どんな風に180度変わったかというのは、、、いや〜ちょっとお恥ずかしいのでポリポリ f  ̄. ̄*) 知ってる人は知ってるはずなので、あえて書きません(笑)

たぶん、有名になってしまったジョジクルがこーゆう作品に出るのはもう後にも先にもないことでしょう(笑)ジョジクルが出てなかったら、みなっかたであろう作品だし。あ、いや、やっぱり見たであろうジャンルだな(^^;; ジョジクル目当てだけで見て、痛い目にあった人はきっとたーくさんいるだろうな(笑)

あと、1回目に見たときはタランティーノがジョジクルの弟役で出ていたなんてちっともしらなかったわぁん!でも、タランティーノの脚本っては、どこかうなずけるわね(笑)


1996/アメリカ
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ハーヴェイ・カイテル
   ジョージ・クルーニー
   クエンティン・タランティーノ

2004/5/14  WOWOW録画にて鑑賞 ★★★★

フロム・ダスク・ティル・ドーン

これ、最初の強盗シーンはほんと、つまらなかったのよ。でも、途中から・・・180度変わっちゃってから私の大好きなジャンルに突入してしまって、血が騒ぎましたぁ〜。どんな風に180度変わったかというのは、、、いや〜ちょっとお恥ずかしいのでポリポリ f  ̄. ̄*) 知ってる人は知ってるはずなので、あえて書きません(笑)

たぶん、有名になってしまったジョジクルがこーゆう作品に出るのはもう後にも先にもないことでしょう(笑)ジョジクルが出てなかったら、みなっかたであろう作品だし。あ、いや、やっぱり見たであろうジャンルだな(^^;; ジョジクル目当てだけで見て、痛い目にあった人はきっとたーくさんいるだろうな(笑)

あと、1回目に見たときはタランティーノがジョジクルの弟役で出ていたなんてちっともしらなかったわぁん!でも、タランティーノの脚本っては、どこかうなずけるわね(笑)


1996/アメリカ
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ハーヴェイ・カイテル
   ジョージ・クルーニー
   クエンティン・タランティーノ

2004/5/14  WOWOW録画にて鑑賞 ★★★★

フェノミナン

あの、「フェイス・オフ」や「ソード・フィッシュ」で拳銃をバンバン撃ってアクションしてたジョン・トラボルタが・・・ファンタチックな作品に主演でした〜。最近の作品しか見てない私にはちょっとものたりない感じもしましたが、トラボルタの別な顔も見れてよかったです。

38歳の誕生にUFO?!らしき怪しい光を見てから不思議な力が身についてしまった!という役にあのトラボルタ〜〜ですのよ。異性人がお出迎えにくるのかと思ったのだけど、思わぬ事実が発覚しまして。。。

最初はちょっと退屈な感じで見ていたのですが、不思議な力を身につけてから子供を救ったり地震を予知したりと、このときのトラボルタのとまどいの表情が私にはとっても新鮮でした。この作品じゃなきゃ、見れないかも。私の知っているトラボルタのイメージからかけ離れていてそれが意外にも引き込まれてしまいました(^-^;

ラストは予想もしていなかった転回となり、ちょっとしんみりと・・・切なさを感じました。


1996/アメリカ
監督: ジョン・タートルトーブ 
出演: ジョン・トラヴォルタ 
    キラ・セジウィック 
    フォレスト・ウィッテカー 
    ロバート・デュヴァル 

2004/4/1 WOWOWにて録画鑑賞 ★★★

フェノミナン

あの、「フェイス・オフ」や「ソード・フィッシュ」で拳銃をバンバン撃ってアクションしてたジョン・トラボルタが・・・ファンタチックな作品に主演でした〜。最近の作品しか見てない私にはちょっとものたりない感じもしましたが、トラボルタの別な顔も見れてよかったです。

38歳の誕生にUFO?!らしき怪しい光を見てから不思議な力が身についてしまった!という役にあのトラボルタ〜〜ですのよ。異性人がお出迎えにくるのかと思ったのだけど、思わぬ事実が発覚しまして。。。

最初はちょっと退屈な感じで見ていたのですが、不思議な力を身につけてから子供を救ったり地震を予知したりと、このときのトラボルタのとまどいの表情が私にはとっても新鮮でした。この作品じゃなきゃ、見れないかも。私の知っているトラボルタのイメージからかけ離れていてそれが意外にも引き込まれてしまいました(^-^;

ラストは予想もしていなかった転回となり、ちょっとしんみりと・・・切なさを感じました。


1996/アメリカ
監督: ジョン・タートルトーブ 
出演: ジョン・トラヴォルタ 
    キラ・セジウィック 
    フォレスト・ウィッテカー 
    ロバート・デュヴァル 

2004/4/1 WOWOWにて録画鑑賞 ★★★