プレデターのDVD



プレデター アルティメット・エディション 2枚組デジパック ¥3,980のがぬぁんと!¥1,980で売り出されていたので即買いました〜。1枚買ったらもう1枚もらえるというキャンペーンもやっていたのでどうしょようかと思っていたのですが、買わずにいてよかったですゥー!

シュワちゃん率いるコマンドー部隊がジャングルで目に見えないカメレオン!?みたいな敵と戦う!凄く好きなんですのよォ〜(^-^; 後半のシュワちゃん対プレデターはなんともいえぬ緊張感が感じられ、必見です。あ、このてのプレデター(化け物)が好きな人だけね(^_^;) いや〜それにしてもあのプレデターの素顔は醜いですねー(苦笑)でもこのプレデターの目から見た熱を探知する視覚効果の映像を見たときは、“いったいこいつは何者なんだ?”って思いましたよォ〜(笑)

このプレデターはちゃんと人が気ぐるみを着て中にはいって演技していたんですね。ゴジラと一緒だわ〜(笑)全編監督による音声解説もついていて、特典映像満載。低価格で買えてラッキー♪

プレデターのDVD



プレデター アルティメット・エディション 2枚組デジパック ¥3,980のがぬぁんと!¥1,980で売り出されていたので即買いました〜。1枚買ったらもう1枚もらえるというキャンペーンもやっていたのでどうしょようかと思っていたのですが、買わずにいてよかったですゥー!

シュワちゃん率いるコマンドー部隊がジャングルで目に見えないカメレオン!?みたいな敵と戦う!凄く好きなんですのよォ〜(^-^; 後半のシュワちゃん対プレデターはなんともいえぬ緊張感が感じられ、必見です。あ、このてのプレデター(化け物)が好きな人だけね(^_^;) いや〜それにしてもあのプレデターの素顔は醜いですねー(苦笑)でもこのプレデターの目から見た熱を探知する視覚効果の映像を見たときは、“いったいこいつは何者なんだ?”って思いましたよォ〜(笑)

このプレデターはちゃんと人が気ぐるみを着て中にはいって演技していたんですね。ゴジラと一緒だわ〜(笑)全編監督による音声解説もついていて、特典映像満載。低価格で買えてラッキー♪

オーシャン・オブ・ファイヤー



アラゴルン・・・いえヴィゴ・モーテンセン、さすらいの旅人がほんとによく似合いますねぇ(笑) 

アラブ王室所有の純潔で高貴な血統の馬だけが出場できる権威ある耐久レース“オーシャン・オブ・ファイヤー”。そんな凄い血統の馬が出場するレースに、白と茶のまだら模様の馬に乗ってフランク・ホプキンス(ヴィゴ・モーテンセン)がレースに出場するのですが・・・

砂漠の中の過酷なレースシーンをもっと描いて欲しかったですね。全編レースシーンかと思ったのだけど、途中でいろいろな話があって色をつけすぎた感じがしました。ちょっと物語としては浅く感じました。でも、いいんです。ヴィゴ目当てで見に行ったのだから(^^;; しかし、砂漠ならではの映像や流砂に追われるシーン、イナゴの大群、砂漠に仕掛けられた罠などの見せ所はありました。

あとまだら馬の“ヒダルゴ”!こいつがこの作品の中で誰よりもいい表情をするんですよー。フランク・ホプキンスと最後のお別れの時に、ちょっと振り返った目とか(;_;)ウルウル〜

馬といえば=競馬=ギャンブル、というイメージ真っ先に浮かんでくるのですが、高貴な馬の血統って・・・はっきりいって私の血筋よりももの凄いのですね!(汗)ま、負けたわァ〜(--;

最後にやっぱりアラブ諸国とうのは、女性は顔を見せないとか、異教徒に触ると未来が読めなくなる、アラーの神のおかげ・・・とかそういった独特の習慣があるのを感じました。いまさらですが、、、そういう地域に欧米諸国が横槍いれても・・・と、思いました〜。


2004/4/17 映画館にて鑑賞 ★★★
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ヴィゴ・モーテンセン
   オマー・シャリフ
   ズレイカ・ロビンソン
   ルイス・ロンバート

英国人女は・・・いやな奴だったなぁー(苦笑)

オーシャン・オブ・ファイヤー



アラゴルン・・・いえヴィゴ・モーテンセン、さすらいの旅人がほんとによく似合いますねぇ(笑) 

アラブ王室所有の純潔で高貴な血統の馬だけが出場できる権威ある耐久レース“オーシャン・オブ・ファイヤー”。そんな凄い血統の馬が出場するレースに、白と茶のまだら模様の馬に乗ってフランク・ホプキンス(ヴィゴ・モーテンセン)がレースに出場するのですが・・・

砂漠の中の過酷なレースシーンをもっと描いて欲しかったですね。全編レースシーンかと思ったのだけど、途中でいろいろな話があって色をつけすぎた感じがしました。ちょっと物語としては浅く感じました。でも、いいんです。ヴィゴ目当てで見に行ったのだから(^^;; しかし、砂漠ならではの映像や流砂に追われるシーン、イナゴの大群、砂漠に仕掛けられた罠などの見せ所はありました。

あとまだら馬の“ヒダルゴ”!こいつがこの作品の中で誰よりもいい表情をするんですよー。フランク・ホプキンスと最後のお別れの時に、ちょっと振り返った目とか(;_;)ウルウル〜

馬といえば=競馬=ギャンブル、というイメージ真っ先に浮かんでくるのですが、高貴な馬の血統って・・・はっきりいって私の血筋よりももの凄いのですね!(汗)ま、負けたわァ〜(--;

最後にやっぱりアラブ諸国とうのは、女性は顔を見せないとか、異教徒に触ると未来が読めなくなる、アラーの神のおかげ・・・とかそういった独特の習慣があるのを感じました。いまさらですが、、、そういう地域に欧米諸国が横槍いれても・・・と、思いました〜。


2004/4/17 映画館にて鑑賞 ★★★
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ヴィゴ・モーテンセン
   オマー・シャリフ
   ズレイカ・ロビンソン
   ルイス・ロンバート

英国人女は・・・いやな奴だったなぁー(苦笑)

シェイド



カモにされちゃいましたー!(汗)
いやーほんと、すっかり私は騙されちゃいましたわ。

伝説のギャンブラー“無敗のディーン”にシルベスター・スタローン。葉巻を吸ってあの太い声が伝説のギャンブラーの貫禄が出ていました。この彼に勝負を挑むヴァーノン、ミラー、ティファニーの3人。どんな駆け引きをするのかか?と思ったのですが・・・( ;^^)ヘ・・・見事に騙されちゃいました。でも、それがかえってなんだか気持ちよかった。

最後に1対1でシルベスター・スタローンと勝負するのがヴァーノン(スチュアート・タウンゼント)ちょっとうわ目づかいに見上げるときの顔がなかなかいい男ではないですか!(*^_^*)そう思っていたら・・・シャーリーズ・セロンの彼氏だった・・・授賞式の時、隣に座っていた彼氏だったのね!?(;_;)

2003/アメリカ
監督:ダミアン・ニーマン
出演:シルベスター・スタローン
   スチュアート・タウンゼント
   ガブリエル・バーン

2004/4/16 映画館にて鑑賞 ★★★

シェイド



カモにされちゃいましたー!(汗)
いやーほんと、すっかり私は騙されちゃいましたわ。

伝説のギャンブラー“無敗のディーン”にシルベスター・スタローン。葉巻を吸ってあの太い声が伝説のギャンブラーの貫禄が出ていました。この彼に勝負を挑むヴァーノン、ミラー、ティファニーの3人。どんな駆け引きをするのかか?と思ったのですが・・・( ;^^)ヘ・・・見事に騙されちゃいました。でも、それがかえってなんだか気持ちよかった。

最後に1対1でシルベスター・スタローンと勝負するのがヴァーノン(スチュアート・タウンゼント)ちょっとうわ目づかいに見上げるときの顔がなかなかいい男ではないですか!(*^_^*)そう思っていたら・・・シャーリーズ・セロンの彼氏だった・・・授賞式の時、隣に座っていた彼氏だったのね!?(;_;)

2003/アメリカ
監督:ダミアン・ニーマン
出演:シルベスター・スタローン
   スチュアート・タウンゼント
   ガブリエル・バーン

2004/4/16 映画館にて鑑賞 ★★★

ディボース・ショウ



ジョージ・クルーニーが離婚訴訟の敏腕弁護士。きゃ〜ダンディーでキザな役がたまりませんでしたわァ〜(*^_^*) でも、鏡の前でニタ〜〜っと歯のチェックをしていたのは笑えましたけど。“芸能人は歯が命”と言うけど、あちらの弁護士は“歯が命”なんですねぇ〜(笑) それと彼のボスが数回出てくるのですが、これがまたボスに会ったときのジョジックルの表情が・・・た、たまりませんでした(笑) ボス⇒見てのお楽しみですゥ。

そしてお相手役のキャサリン・ゼタ=ジョーンス、これまたお美しい〜〜!今まさに脂がのったハリウッド女優のオーラが漂ってました。でも、彼女の役は、金持ちと結婚して夫の浮気現場をとらえて財産をもらっちゃう、“離婚太り”の女! 羨ましい〜次々と男を手玉にとるテクニック・・・あたしにもできたらいいなァ〜(^。^;)

離婚訴訟の敏腕弁護士ジョジクルと離婚太りのキャサリンが恋におちる展開はなんとなく途中で読めたけど、相手を騙したりコミカルだったりしとことでわりと面白かったです。ジョジクルファンなら必見!ってとこでしょうか。


2003/アメリカ
監督:ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
   ジェフリー・ラッシュ
   ビリー・ボブ・ソートン

2004/4/16 映画館にて鑑賞 ★★★

ディボース・ショウ



ジョージ・クルーニーが離婚訴訟の敏腕弁護士。きゃ〜ダンディーでキザな役がたまりませんでしたわァ〜(*^_^*) でも、鏡の前でニタ〜〜っと歯のチェックをしていたのは笑えましたけど。“芸能人は歯が命”と言うけど、あちらの弁護士は“歯が命”なんですねぇ〜(笑) それと彼のボスが数回出てくるのですが、これがまたボスに会ったときのジョジックルの表情が・・・た、たまりませんでした(笑) ボス⇒見てのお楽しみですゥ。

そしてお相手役のキャサリン・ゼタ=ジョーンス、これまたお美しい〜〜!今まさに脂がのったハリウッド女優のオーラが漂ってました。でも、彼女の役は、金持ちと結婚して夫の浮気現場をとらえて財産をもらっちゃう、“離婚太り”の女! 羨ましい〜次々と男を手玉にとるテクニック・・・あたしにもできたらいいなァ〜(^。^;)

離婚訴訟の敏腕弁護士ジョジクルと離婚太りのキャサリンが恋におちる展開はなんとなく途中で読めたけど、相手を騙したりコミカルだったりしとことでわりと面白かったです。ジョジクルファンなら必見!ってとこでしょうか。


2003/アメリカ
監督:ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
   ジェフリー・ラッシュ
   ビリー・ボブ・ソートン

2004/4/16 映画館にて鑑賞 ★★★

タイムリミット

*ラスト、ちょいとネタバレしてますのでご注意!*


デンゼル・ワシントンのラブシーン、初めてみましたよー(笑)
そんなことはどうでもいいのですが、最初はマット・リー・ウィトロック(デンゼル・ワシントン)の不倫の情事ばっかりだったので、ちょっとかったるかったんですよね。

でも、爆発事件が起こってから突如ハラハラドキドキものに変わりました!不倫関係や保険金の受取人、署に保管していた大金の使用・・・これらのことがどう考えても、犯人はマットだ!っていってるようなもんなんだもの。

この事件を刑事に昇格したばかりのマットの別居中の妻アレックスが、マットと一緒に捜査することになったのだけど、それがこれまたハラハラドキドキものでねぇ(苦笑)

特に、携帯電話の通話記録をファックスで送ってもらうシーンなんて・・・必死に偽装工作しているマットの姿が冷や汗タラ〜リ(;^_^ 〜〜でしたわ。そのほかにも顔を見られてしまった人とのニアミスとかも冷や汗ものでした。 

でも、ラストでマットに拳銃を向けた人の動機が・・・“貧乏がイヤだった!”っていうのが・・・解せない!(苦笑)

2003/アメリカ
監督:カール・フランクリン
出演:デンゼル・ワシントン
   エヴァ・メンデス
   サナ・レイサン

2004/4/10 映画館にて鑑賞 ★★★

【予告】
パッション
あのイエス・キリストの最後を描いたのですよね!?
ん〜よく似ていたわ、キリストが(笑)

タイムリミット

*ラスト、ちょいとネタバレしてますのでご注意!*


デンゼル・ワシントンのラブシーン、初めてみましたよー(笑)
そんなことはどうでもいいのですが、最初はマット・リー・ウィトロック(デンゼル・ワシントン)の不倫の情事ばっかりだったので、ちょっとかったるかったんですよね。

でも、爆発事件が起こってから突如ハラハラドキドキものに変わりました!不倫関係や保険金の受取人、署に保管していた大金の使用・・・これらのことがどう考えても、犯人はマットだ!っていってるようなもんなんだもの。

この事件を刑事に昇格したばかりのマットの別居中の妻アレックスが、マットと一緒に捜査することになったのだけど、それがこれまたハラハラドキドキものでねぇ(苦笑)

特に、携帯電話の通話記録をファックスで送ってもらうシーンなんて・・・必死に偽装工作しているマットの姿が冷や汗タラ〜リ(;^_^ 〜〜でしたわ。そのほかにも顔を見られてしまった人とのニアミスとかも冷や汗ものでした。 

でも、ラストでマットに拳銃を向けた人の動機が・・・“貧乏がイヤだった!”っていうのが・・・解せない!(苦笑)

2003/アメリカ
監督:カール・フランクリン
出演:デンゼル・ワシントン
   エヴァ・メンデス
   サナ・レイサン

2004/4/10 映画館にて鑑賞 ★★★

【予告】
パッション
あのイエス・キリストの最後を描いたのですよね!?
ん〜よく似ていたわ、キリストが(笑)